中山 穣 (ナカヤマ ジョウ)

NAKAYAMA Jo

所属組織

先端科学高等研究院

職名

特任教員(助教)

研究分野・キーワード

安全工学、リスクマネジメント

関連SDGs




出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    横浜国立大学   工学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2017年03月

    横浜国立大学  環境情報学府  博士課程  修了

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    横浜国立大学  環境情報学府  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年09月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(助教)  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2020年08月

      東京大学   環境安全本部   助教

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中
     

    日本機械学会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本リスク学会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本火災学会

  • 2011年04月
    -
    継続中
     

    安全工学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会システム工学・安全システム

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 有機ハイドライド・アンモニアの合成と利用プロセス

    中山穣,三宅淳巳 (担当: 共著 , 担当範囲: 第I編総論 第3章 水素エネルギーキャリアの安全性評価 )

    株式会社シーエムシー出版  2021年04月 ISBN: 978-4-7813-1600-0

  • 大規模エネルギー貯蔵システムの安全性評価に関する技術的課題と社会実装への展望

    中山穣,塩田謙人,伊里友一朗,三宅淳巳 (担当: 共著 )

    国立研究開発法人科学技術振興機構低炭素社会創造センター  2021年03月

  • 日本能率協会総合研究所技術予測レポート

    中山穣,伊里友一朗,三宅淳巳 (担当: 共著 )

    日本能率協会総合研究所  2021年02月

論文 【 表示 / 非表示

  • Intentions of university students and staff members to re-enter chemical storage buildings immediately after a major earthquake: A case study in Japan

    Koshiba Yusuke, Nakayama Jo

    INTERNATIONAL JOURNAL OF DISASTER RISK REDUCTION   57   2021年04月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Chemical hazard perception and post-evacuation behavior following a major earthquake: A case of electrical engineering and chemistry students

    Koshiba Yusuke, Chiba Keiji, Nakayama Jo

    Journal of Environment and Safety ( 大学等環境安全協議会 )  11 ( 2 ) 37 - 40   2020年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>It is unsafe to immediately return to an evacuated science or engineering building that stores and handles chemicals after a major earthquake. A questionnaire-based survey was conducted targeting students at a national university in Japan to explore chemical hazard perception and post-evacuation behavior of non-chemistry background students following a major earthquake. The survey incorporated 11 situational questions, and the participants rated the extent to which they were likely to return to their building after a major earthquake in each situation. The results indicated that the students were likely to return if they had evacuated without their personal belongings, and majority of the students did not recognize the risks associated with chemical hazards.</p>

    DOI CiNii

  • How Knowledge about or Experience with Hydrogen Fueling Stations Improves Their Public Acceptance

    Hienuki Shunichi, Hirayama Yoshie, Shibutani Tadahiro, Sakamoto Junji, Nakayama Jo, Miyake Atsumi

    SUSTAINABILITY   11 ( 22 )   2019年11月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Security risk analysis of a hydrogen fueling station with an on-site hydrogen production system involving methylcyclohexane

    Nakayama Jo, Kasai Naoya, Shibutani Tadahiro, Miyake Atsumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY   44 ( 17 ) 9110 - 9119   2019年04月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • 化学物質管理におけるリスクコミュニケーション

    竹田 宜人, 熊崎 美枝子, 中山 穣, 本間 真佐人

    安全工学 ( 安全工学会 )  58 ( 6 ) 375 - 379   2019年

    共著

     概要を見る

    <p>横浜国立大学は文部科学省リスクコミュニケーションのモデル形成事業において,大学院向けのリスクコミュニケーションに関するカリキュラムを作成した.本論では,その一部分であるリスクコミュニケーションの我が国における導入と発展について,化学物質管理分野に重点を置き歴史的に俯瞰する. リスクコミュニケーションとは,不確実性のあるリスクの管理措置を検討する過程における対話である.工学者としてリスクコミュニケーションを理解するには,ISO31000 リスクマネジメント規格やIRGC におけるリスクガバナンスの枠組みを学ぶ必要がある.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 水素ステーションのフィジカルリスクアセスメント

    中山穣

    火災   70 ( 1 ) 18 - 23   2020年03月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 高速道路における燃料電池自動車事故に対する緊急対応策の提案

    中山穣

    高速道路と自動車   62 ( 12 ) 44 - 46   2019年12月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 実験室における火災の予防 ~燃焼の原理に基づく安全の視点~

    中山穣

    環境安全   161   16 - 19   2019年06月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 大学における防火防災への取組み

    中山穣, 小柴佑介

    火災   69 ( 3 ) 34 - 37   2019年06月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 今、大学で地震が発生したら―私たちが実践する防災対策―

    中山穣

    現代化学   574 ( 1 ) 62 - 65   2018年12月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 意思決定プロセスの最適化のための国際共有リスク認知力向上モジュールの開発

    国際共同研究強化(B)

    研究期間:  2019年10月  -  継続中  代表者:  飯本 武志

  • 不安全な一時避難後行動に影響を及ぼす要因の多角的解明と防災教育への実装展開

    挑戦的研究 (萌芽)

    研究期間:  2019年06月  -  継続中  代表者:  小柴 佑介

  • エネルギー政策プラットフォームに資する水素ライフサイクルのフィジカルリスク評価

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2015年04月  -  2017年03月  代表者:  中山穣

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • リチウムイオン電池等の循環・廃棄過程における火災事故実態の解明と適正管理対策提案(3-2101)

    提供機関:  環境省  環境再生保全機構令和3年度環境研究総合研究費

    研究期間: 2021年04月  -  2024年03月  代表者:  寺園淳

  • 石油コンビナート防災と消防戦略立案を支援するリスクアセスメントシステムの開発

    提供機関:  総務省  令和3年度消防防災科学技術研究推進制度

    研究期間: 2021年04月  -  2023年03月  代表者:  伊里友一朗

  • リスクトレードオフに基づくエネルギーキャリアパイプラインのフィジカルリスク評価

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人ENEOS東燃ゼネラル研究奨励・奨学金 2020年度研究助成事業

    研究期間: 2021年04月  -  2022年03月 

  • 東京大学 若手研究者国際発信事業(短期)

    提供機関:  東京大学 

    研究期間: 2019年06月  -  2019年07月  代表者:  中山穣

  • 化学物質の対話型リスクコミュニケーションの推進に関する研究

    提供機関:  経済産業省  経済産業省 平成31年度化学物質安全対策「レスポンシブル・ケアの更なる促進に関する調査研究」

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月  代表者:  熊崎美枝子

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会 出版センター

    2019年04月
    -
    継続中

    学協会   委員

  • 日本機械学会 産業・化学機械と安全部門

    2019年04月
    -
    継続中

    学協会   運営委員会委員

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 防火防災のための化学物質リスクマネジメント~東京大学の事例紹介~

    東京工業大学化学生命科学研究所安全衛生講演会2019 

    2019年12月
     
     

  • 東京大学における化学物質管理と最近の問題点

    第13回化学物質管理担当者連絡会 

    2019年09月
     
     

  • 改正労働安全衛生法―特に、化学物質に関して―

    横浜国立大学安全衛生シンポジウム 

    2019年03月
     
     

  • 水素を使ったエネルギー研究の最前線

    福井県美浜町エネルギー環境教育体験会「きいぱす」 

    2018年09月