西野 耕一 (ニシノ コウイチ)

NISHINO Koichi

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

教授

生年

1960年

研究分野・キーワード

熱・流体工学、熱・流体計測

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.me.ynu.ac.jp/faculty/thermo/nishino/nishino.html


出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    東京大学   工学部   産業機械工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    東京大学  工学系研究科  舶用機械工学専攻    修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1989年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

  • 1986年06月
    -
    1986年08月

      米国スタンフォード大学   リサーチアシスタント

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    (社)日本機械学会

  •  
     
     
     

    (社)可視化情報学会

  •  
     
     
     

    (社)日本伝熱学会

  •  
     
     
     

    日本マイクログラビティー応用学会

  •  
     
     
     

    (社)日本流体力学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 流体工学

  • 熱工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • マイクロ光画像計測による希薄高分子溶液の乱流抵抗低減機構の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • 温度駆動表面張力対流の不安定性とその微小重力実験

    特殊法人等における新たな基礎研究推進制度  

    研究期間:  - 

  • 多次元流体計測手法の開発研究

    新規産業創出型産業科学技術研究開発  

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • PIVハンドブック(第2版)

    西野耕一 外 (担当: 分担執筆 )

    森北出版株式会社  2018年05月 ISBN: 978-4-627-67182-9

  • 流れ場のフルボリューム計測と攪拌乱流への適用

    西野耕一, 矢野大志, 高橋壱尚 (担当: 共著 , 担当範囲: 共同執筆のため抽出不可。 )

    最近の化学工学66 多様化するニーズに応えて進化するミキシング  2017年01月

     概要を見る

    化学工学で幅広く見られる攪拌乱流を対象として、複雑乱流場のフルボリューム計測であるステレオPIVとトモグラフィックPIVを取り上げ、計測原理、システム構成、データ解析などを記述したもの

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 三次元画像処理流速計を用いた壁面乱流の準秩序構造に関する研究

    西野 耕一

      1989年12月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学大学院 工学系研究科 舶用機械工学専攻 壁面乱流の準秩序構造の解明を目的とする研究成果をまとめたもので、三次元画像処理流速計の開発、それを用いた二次元チャネル乱流の乱流統計量の測定、瞬時速度場データべースの解析による準秩序乱流構造の時空間特性の把握を述べたものである。

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of radiative heat transfer on thermocapillary convection in long liquid bridges of high-Prandtl-number fluids in microgravity

    Shitomi Nobuhiro, Yano Taishi, Nishino Koichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEAT AND MASS TRANSFER   133   405 - 415   2019年04月

    共著

    Web of Science DOI

  • Turbulence characteristics of radially-confined impinging jet flows

    C Shekhar,K Nishino

    International Journal of Heat and Fluid Flow   75   278 - 299   2019年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Effect of interfacial heat transfer on basic flow and instability in a high-Prandtl-number thermocapillary liquid bridge

    T Yano, M Hirotani, K Nishino

    International Journal of Heat and Mass Transfer   125   1121 - 1130   2018年10月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Convective mixing of miscible liquids in a rotor-stator spinning disk reactor

    Hitoshi Toma and Koichi Nishino

    Chemical Engineering Journal ( Elsevier )  346   329 - 339   2018年08月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Convective mixing of two miscible liquids injected into a rotor-stator spinning disk reactor (RS-SDR) has been studied using an LIF technique and CFD simulations. The fluids are ammonia water and fluorescein ammonia water solutions. The RS-SDR has a rotor 100mm in diameter and a thin circular cavity 0.10–0.15mm in height between the rotor and stator. Laminar flow conditions for rotation speeds up to 120 rpm and total flow rates up to 8 mL/min are considered. The fluorescein solution is injected from the second off-center hole into the cavity filled with the ammonia water supplied from the central hole. The LIF technique visualizes a spiral streak pattern formed downstream of the second injection hole. This streak pattern is analyzed to calculate the local mixedness of the two fluids. It is determined that the mixedness increases for lower flow rates, while it is less sensitive to rotation speed and cavity height. The CFD simulations indicate that the spiral streak pattern is deformed and stretched in the radial direction to form a densely layered structure of the two fluids. The development of the mixedness along the streak pattern is correlated well with Reinlet/Recavity, where Reinlet and Recavity are the Reynolds numbers for the injected flow and the azimuthal flow in the cavity, respectively. This Reynolds number ratio is shown to be related to the Rossby number and the position and radius of the second injection hole. The proposed correlation is based on a linear combination of injection mixing and rotation mixing. The mixedness decreases with Reinlet/Recavity because the injection mixing decreases with Reinlet while the rotation mixing increases with Recavity.

    DOI

  • Terrestrial and microgravity experiments on onset of oscillatory thermocapillary-driven convection in hanging droplets

    Takumi Watanabe, Tomohiko Takakusagi, Ichiro Ueno, Hiroshi Kawamura, Koichi Nishino, Mitsuru Ohnishi, Masato Sakurai, Satoshi Matsumoto

    International Journal of Heat and Mass Transfer ( Elsevier )  123   945 - 9556   2018年08月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Thermocapillary-driven convection in a hanging droplet is experimentally investigated under normal- and micro-gravity conditions. A droplet is hung on a heated cylindrical rod facing downward, and another rod cooled is placed just beneath the droplet to create the designated temperature difference between both ends of the droplet. A transition of the flow field from a two-dimensional axisymmetric `steady' flow to three-dimensional time-dependent `oscillatory' ones by increasing temperature difference is realized. The oscillatory flow is accompanied with thermal waves due to so-called hydrothermal wave (HTW) instability, which propagates over the free surface at a constant frequency. The present study aims to understand the transition conditions of the flow from the steady to the oscillatory ones, and to characterize the convective field inside the droplet with the HTW by imposing a range of temperature differences. We discuss the transition condition and the flow fields in the oscillatory regimes after the transition obtained in the terrestrial and on-orbit experiments in `Kibo,' the Japanese Experiment Module aboard the International Space Station.

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • In focus: JEREMI, Advancements in understanding Marangoni instabilities and particle accumulations under μ-g conditions

    European Low Gravity Research Association (ELGRA) Newsletter.     2016年12月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    日欧共同宇宙実験として準備が進められているJEREMI(Japanese European Research Experiment on Marangoni Instabilities)について、欧州微小重力研究機構(ELGRA)のニュースレターに掲載されたもの。

  • 流れの計測・可視化

    日本機械学会誌 ( 日本機械学会 )  117 ( 1149 ) 523   2014年08月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    日本機械学会誌の機械工学年鑑における「流れの計測・可視化」を執筆し、平成25年度の当該分野の研究開発状況をまとめた記事。

  • 特集記事 第2章 これまでのマランゴニ液柱対流研究

    松本聡, 藤村薫, 今石宣之, 上野一郎, 西野耕一

    International Journal of Microgravity Science and Application   31 ( Supplement, ) S13 - S35   2014年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    温度差駆動の液柱マランゴニ対流の不安定性に関するこれまでの研究の進展を概説した特集記事。概要(はじめに、流体力学的安定性とは、液柱マランゴニ対流不安定性の現状)、物理モデル(液柱マランゴニ対流の線形・弱非線形安定性解析、低Pr液柱の数値解析、Sパラメータ)、参考文献より構成さる。

  • 特集記事 第4章 MEIS

    松本聡, 西野耕一, 上野一郎, 矢野大志, 河村洋

    International Journal of Microgravity Science and Application   31 ( Supplement ) S51 - S79   2014年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    温度差駆動の液柱マランゴニ対流の不安定性に関する宇宙実験として実施されたMEIS(Marangoni Experiment in Space)について概説した特集記事。MEIS実験、宇宙実験用装置、実験運用、実験成果、参考文献より構成される。

  • 表面張力流の宇宙実験と学生チームの貢献

    Koichi NISHINO, Taishi YANO

    日本機械学会 関東支部のニュースレター ( 一般社団法人日本機械学会 )  116 ( 34 ) 6   2013年07月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」で行われている液柱マランゴニ対流の実験について、学生員にも分かりやすく解説した原稿。

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会熱工学部門部門一般表彰貢献表彰

    2003年03月    

  • 日本機械学会論文賞

    1989年03月    

  • 日本機械学会論文賞

    1987年03月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大スケール表面張力流の不安定性と動的界面変形の影響

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  継続中 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Space experiments and application of PIV techniques for the study of instability mechanisms of thermocapillary convection

    Koichi Nishino,Taishi Yano

    ISPIV17 (The 12th International Symposium on Particle Image Velocimetry, 2017.19-21)   2017年06月22日  

  • Application of subgrid stress model to volumetric PIV results for estimation of turbulence dissipation rate in a stirred mixer

    Chandra SHEKHAR, Kazunari TAKAHASHI, Takuya MATSUNAGA, Koichi NISHINO

    Proceedings of the 11th International Conference on Heat Transfer, Fluid Mechanics and Thermodynamics  2015年07月  

     概要を見る

    攪拌槽乱流で得られたトモグラフィックPIVの測定結果を対象として、サブグリッド応力モデルを適用することによって、乱流エネルギーの散逸率を評価することを論じたもの。PIV結果から直接に評価した散逸率は、真の散逸率より50%程度の過小評価になる可能性があることを示した。

  • Numerical evaluation of influence of internal ribs on heat transfer in flat plate film cooling

    Yukiko AGATA, Toshihiko TAKAHASHI, Eiji SAKAI, Koichi NISHINO

    Proceedings of ASME Turbo Expo 2013: Turbine Technical Conference and Exposition  2013年06月03日  

     概要を見る

    ガスタービン翼の全面膜冷却をモデル化した平板を対象として、壁面熱流束を数値解析(detached eddy simulation)で評価した結果を発表したもの。吹き出し孔下流の熱伝達率について、数値解析結果と実験結果を詳細に比較し、妥当な数値解析が行われていることを示した。doi:10.1115/GT2013-95450

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 熱・流体計測手法の開発と応用

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • Particle Image Velocimetryを応用した粒子計測に関する研究

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2002年  -  2002年 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  熱流体システム製作B

  • 大学院理工学府  熱流体システム製作A

  • 大学院理工学府  熱流体システム設計B

  • 大学院理工学府  熱流体システム設計A

  • 大学院理工学府  乱流現象論

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
     
     
    日本マイクログラビティ応用学会「学生口頭発表最優秀賞」   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:工学府 博士課程前期2年 山崎紘一郎 発表題目:懸下液滴内温度差マランゴニ対流に対する外部電場の影響の解析 http://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/21351/detail.html

  • 2018年07月
     
     
    COSPAR 2018 Zeldovich Medal受賞   (その他特記事項)

     概要を見る

    受賞者:矢野 大志 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/20594/detail.html

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • (社)日本機械学会流体工学部門講習会「実験流体力学-マイクロ流れの基礎と応用」

    (社)日本機械学会流体工学部門  (東京) 

    2004年07月
     
     

     概要を見る

    マイクロ流れ計測について講演した