西野 耕一 (ニシノ コウイチ)

NISHINO Koichi

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

教授

生年

1960年

研究分野・キーワード

熱・流体工学、熱・流体計測

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.me.ynu.ac.jp/faculty/thermo/nishino/nishino.html


出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    東京大学   工学部   産業機械工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    東京大学  工学系研究科  舶用機械工学専攻    修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年08月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   教授  

  • 2001年04月
    -
    2004年07月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   助教授  

  • 1996年04月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究科   助教授  

  • 1994年04月
    -
    1996年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

  • 1990年04月
    -
    1994年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1989年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

  • 1986年06月
    -
    1986年08月

      米国スタンフォード大学   リサーチアシスタント

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    (社)日本機械学会

  •  
     
     
     

    (社)可視化情報学会

  •  
     
     
     

    (社)日本伝熱学会

  •  
     
     
     

    日本マイクログラビティー応用学会

  •  
     
     
     

    (社)日本流体力学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 流体工学

  • 熱工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • マイクロ光画像計測による希薄高分子溶液の乱流抵抗低減機構の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • 温度駆動表面張力対流の不安定性とその微小重力実験

    特殊法人等における新たな基礎研究推進制度  

    研究期間:  - 

  • 多次元流体計測手法の開発研究

    新規産業創出型産業科学技術研究開発  

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • PIVハンドブック(第2版)

    西野耕一 外 (担当: 分担執筆 )

    森北出版株式会社  2018年05月 ISBN: 978-4-627-67182-9

  • 流れ場のフルボリューム計測と攪拌乱流への適用

    西野耕一, 矢野大志, 高橋壱尚 (担当: 共著 , 担当範囲: 共同執筆のため抽出不可。 )

    最近の化学工学66 多様化するニーズに応えて進化するミキシング  2017年01月

     概要を見る

    化学工学で幅広く見られる攪拌乱流を対象として、複雑乱流場のフルボリューム計測であるステレオPIVとトモグラフィックPIVを取り上げ、計測原理、システム構成、データ解析などを記述したもの

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 三次元画像処理流速計を用いた壁面乱流の準秩序構造に関する研究

    西野 耕一

      1989年12月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学大学院 工学系研究科 舶用機械工学専攻 壁面乱流の準秩序構造の解明を目的とする研究成果をまとめたもので、三次元画像処理流速計の開発、それを用いた二次元チャネル乱流の乱流統計量の測定、瞬時速度場データべースの解析による準秩序乱流構造の時空間特性の把握を述べたものである。

論文 【 表示 / 非表示

  • Numerical study on the effects of convective and radiative heat transfer on thermocapillary convection in a high-Prandtl-number liquid bridge in weightlessness

    Yano Taishi, Nishino Koichi

    ADVANCES IN SPACE RESEARCH   66 ( 8 ) 2047 - 2061   2020年10月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Turbulence energetics in an axisymmetric impinging jet flow

    Chandra Shekhar and Koichi Nishino

    Physics of Fluids ( AIP Publishing )  31 ( 055111 ) 055111-1 - 055111-20   2019年05月  [査読有り]

    単著

    DOI

  • Flow Visualization of Axisymmetric Steady Marangoni Convection in High-Prandtl-Number Liquid Bridges in Microgravity

    YANO Taishi, NISHINO Koichi

    International Journal of Microgravity Science and Application ( 日本マイクログラビティ応用学会 )  36 ( 2 )   2019年04月

    共著

     概要を見る

    Microgravity experiments on Marangoni convection in a liquid bridge of high-Prandtl-number fluid so-called Marangoni Experiment in Space (MEIS) and Dynamic Surf (DS) were performed on board the International Space Station (ISS) to understand the Marangoni convection instability. This study reports the internal flow patterns and velocity profiles of the axisymmetric steady Marangoni convection observed in these projects for various Prandtl numbers (Pr = 67, 112 and 207), and for various liquid bridge geometries. The classical three-dimensional particle tracking velocimetry (3-D PTV) is customized for the microgravity experiments, and the spatial structures of the Marangoni convection in liquid bridges are measured with good accuracy. The details of the measurement method currently used, and the results of the 3-D PTV are discussed in this study.

    DOI CiNii

  • Effect of radiative heat transfer on thermocapillary convection in long liquid bridges of high-Prandtl-number fluids in microgravity

    Shitomi Nobuhiro, Yano Taishi, Nishino Koichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEAT AND MASS TRANSFER   133   405 - 415   2019年04月

    共著

    Web of Science DOI

  • Turbulence characteristics of radially-confined impinging jet flows

    C Shekhar,K Nishino

    International Journal of Heat and Fluid Flow   75   278 - 299   2019年02月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • In focus: JEREMI, Advancements in understanding Marangoni instabilities and particle accumulations under μ-g conditions

    European Low Gravity Research Association (ELGRA) Newsletter.     2016年12月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    日欧共同宇宙実験として準備が進められているJEREMI(Japanese European Research Experiment on Marangoni Instabilities)について、欧州微小重力研究機構(ELGRA)のニュースレターに掲載されたもの。

  • 流れの計測・可視化

    日本機械学会誌 ( 日本機械学会 )  117 ( 1149 ) 523   2014年08月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    日本機械学会誌の機械工学年鑑における「流れの計測・可視化」を執筆し、平成25年度の当該分野の研究開発状況をまとめた記事。

  • 特集記事 第2章 これまでのマランゴニ液柱対流研究

    松本聡, 藤村薫, 今石宣之, 上野一郎, 西野耕一

    International Journal of Microgravity Science and Application   31 ( Supplement, ) S13 - S35   2014年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    温度差駆動の液柱マランゴニ対流の不安定性に関するこれまでの研究の進展を概説した特集記事。概要(はじめに、流体力学的安定性とは、液柱マランゴニ対流不安定性の現状)、物理モデル(液柱マランゴニ対流の線形・弱非線形安定性解析、低Pr液柱の数値解析、Sパラメータ)、参考文献より構成さる。

  • 特集記事 第4章 MEIS

    松本聡, 西野耕一, 上野一郎, 矢野大志, 河村洋

    International Journal of Microgravity Science and Application   31 ( Supplement ) S51 - S79   2014年03月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    温度差駆動の液柱マランゴニ対流の不安定性に関する宇宙実験として実施されたMEIS(Marangoni Experiment in Space)について概説した特集記事。MEIS実験、宇宙実験用装置、実験運用、実験成果、参考文献より構成される。

  • 表面張力流の宇宙実験と学生チームの貢献

    Koichi NISHINO, Taishi YANO

    日本機械学会 関東支部のニュースレター ( 一般社団法人日本機械学会 )  116 ( 34 ) 6   2013年07月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」で行われている液柱マランゴニ対流の実験について、学生員にも分かりやすく解説した原稿。

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会熱工学部門部門一般表彰貢献表彰

    2003年03月    

  • 日本機械学会論文賞

    1989年03月    

  • 日本機械学会論文賞

    1987年03月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 大スケール表面張力流の不安定性と動的界面変形の影響

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  継続中 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Space experiments and application of PIV techniques for the study of instability mechanisms of thermocapillary convection

    Koichi Nishino,Taishi Yano

    ISPIV17 (The 12th International Symposium on Particle Image Velocimetry, 2017.19-21)   2017年06月22日  

  • Application of subgrid stress model to volumetric PIV results for estimation of turbulence dissipation rate in a stirred mixer

    Chandra SHEKHAR, Kazunari TAKAHASHI, Takuya MATSUNAGA, Koichi NISHINO

    Proceedings of the 11th International Conference on Heat Transfer, Fluid Mechanics and Thermodynamics  2015年07月  

     概要を見る

    攪拌槽乱流で得られたトモグラフィックPIVの測定結果を対象として、サブグリッド応力モデルを適用することによって、乱流エネルギーの散逸率を評価することを論じたもの。PIV結果から直接に評価した散逸率は、真の散逸率より50%程度の過小評価になる可能性があることを示した。

  • Numerical evaluation of influence of internal ribs on heat transfer in flat plate film cooling

    Yukiko AGATA, Toshihiko TAKAHASHI, Eiji SAKAI, Koichi NISHINO

    Proceedings of ASME Turbo Expo 2013: Turbine Technical Conference and Exposition  2013年06月03日  

     概要を見る

    ガスタービン翼の全面膜冷却をモデル化した平板を対象として、壁面熱流束を数値解析(detached eddy simulation)で評価した結果を発表したもの。吹き出し孔下流の熱伝達率について、数値解析結果と実験結果を詳細に比較し、妥当な数値解析が行われていることを示した。doi:10.1115/GT2013-95450

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 熱・流体計測手法の開発と応用

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • Particle Image Velocimetryを応用した粒子計測に関する研究

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 2002年  -  2002年 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 理工学部  エネルギー工学Ⅱ

  • 理工学部  エネルギー工学Ⅰ

  • 理工学部  熱移動論

  • 大学院理工学府  乱流現象論

  • 大学院理工学府  エネルギー機械システム設計

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年10月
     
     
    日本マイクログラビティ応用学会 「学生口頭発表 最優秀賞」   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:有信潤哉氏(大学院理工学府博士課程前期2年) 指導教員:西野耕一 教授 授与機関:日本マイクログラビティ応用学会(2019年10月23日~25日に東北大学工学部にて開催された 第31回学術講演会(JASMAC-31)) 発表タイトル:「微小重力条件下の液柱マランゴニ対流に対する周囲気体流動とふく射伝熱の影響」 受賞日:令和元年10月30日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/23246/detail.html

  • 2018年10月
     
     
    日本マイクログラビティ応用学会「学生口頭発表最優秀賞」   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:工学府 博士課程前期2年 山崎紘一郎 発表題目:懸下液滴内温度差マランゴニ対流に対する外部電場の影響の解析 http://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/21351/detail.html

  • 2018年07月
     
     
    COSPAR 2018 Zeldovich Medal受賞   (その他特記事項)

     概要を見る

    受賞者:矢野 大志 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/20594/detail.html

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • (社)日本機械学会流体工学部門講習会「実験流体力学-マイクロ流れの基礎と応用」

    (社)日本機械学会流体工学部門  (東京) 

    2004年07月
     
     

     概要を見る

    マイクロ流れ計測について講演した