新田見 匡 (ニッタミ タダシ)

NITTAMI Tadashi

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

生物学的廃水処理、固液分離、微生物群集解析

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Candidatus Monilibacter spp., common bulking filaments in activated sludge, are members of Cluster III Defluviicocccus (Tadashi Nittami, Simon McIlroy, Elizabeth M. Seviour, Sarah Schroeder, and Robert J. Seviour)   2009年10月

    【論文】 Influence of temperature, pH and dissolved oxygen concentration on enhanced biological phosphorus removal under strictly aerobic conditions  2011年12月

    【学術関係受賞】 WET Excellent Paper Award  2012年06月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

    東京大学  新領域創成科学研究科  環境学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(環境学) -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2020年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   特別研究教員  

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   助手  

  • 2020年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院工学府   機能発現工学専攻   准教授  

  • 2020年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   准教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年08月
    -
    2019年10月

      ラトローブ大学   微生物学専攻   客員研究員

  • 2018年05月
    -
    2018年09月

      ラトローブ大学   微生物学専攻   客員研究員

  • 2016年10月
    -
    2018年03月

      成蹊大学   理工学部   客員研究員

  • 2007年10月
    -
    2008年07月

      ラトローブ大学   バイオテクノロジーリサーチセンター   客員研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2004年
    -
    継続中
     

    日本水環境学会

  • 2016年05月
    -
    継続中
     

    日本生物工学会

  • 2013年05月
    -
    継続中
     

    日本癌学会

  • 2008年
    -
    継続中
     

    化学工学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境技術・環境負荷低減

  • 生物機能・バイオプロセス

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 活性汚泥の固液分離

    環境研究  

    研究期間:  - 

  • 生物学的栄養塩除去

    環境研究  

    研究期間:  - 

  • 微生物燃料電池

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

  • 活性汚泥の微生物生態

    研究期間:  - 

論文 【 表示 / 非表示

  • Influence of the flow velocity on membrane-aerated biofilm reactors: Application of a rotating disk for local flow control

    Tadashi Shoji , Ryuya Itoh , Tadashi Nittami , Tatsuto Kageyama , Miyuki Noguchi , Akihiro Yam … 全著者表示

    Biochemical Engineering Journal ( Elsevier )  164   107771-1 - 107771-12   2020年12月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Effects of platelet-rich plasma on in vitro hair follicle germ preparation for hair regenerative medicine

    Tatsuto Kageyama , Ayaka Nanmo , Lei Yan , Tadashi Nittami , Junji Fukuda

    Journal of Bioscience and Bioengineering ( Elsevier )  130 ( 6 ) 666 - 671   2020年12月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • An efficient oxic-anoxic process for treating low COD/N tropical wastewater: Startup, optimization and nitrifying community structure

    Seow Wah How, Tadashi Nittami, Gek Cheng Ngoh, Thomas P. Curtis, Adeline Seak May Chua

    Chemosphere ( Elsevier )  259   127444-1 - 127444-9   2020年11月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • The community compositions of three nitrogen removal wastewater treatment plants of different configurations in Victoria, Australia, over a 12-month operational period

    Petrovski Steve, Rice Daniel T. F., Batinovic Steven, Nittami Tadashi, Seviour Robert J.

    APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY ( Springer )  104 ( 22 ) 9839 - 9852   2020年09月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • 異なる温度条件下における海洋性Anammox細菌の脱アンモニウム能

    田中孝国 , 柴田真輝 , フーレイチア , 田中昭雄 , 押木守 , 金田一智規 , 新田見匡

    工業用水   ( 661 ) 69 - 75   2020年07月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 海洋に流出した窒素除去を目的とした海洋性Anammox細菌の研究

    田中孝国,押木守,金田一智規,新田見匡

    分離技術 ( 分離技術会 )  51 ( 1 ) 32 - 41   2021年02月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 活性汚泥のバルキングと糸状性細菌

    新田見匡

    生物工学会誌 ( 日本生物工学会 )  95 ( 3 ) 140   2017年03月  [査読有り]  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • 用排水中の微量成分処理技術の現状と課題 (特集 水環境技術の課題と対策--液体清澄化と排水処理の最新技術)

    松本 幹治, 新田見 匡

    化学装置 ( 工業調査会 )  46 ( 8 ) 28 - 35   2004年08月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    CiNii

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 疎水性PTFE膜、サポート材付き疎水性PTFE膜、処理液の製造方法、膜分離活性汚泥法における活性汚泥およびろ過膜の選定方法、膜分離活性汚泥法におけるファウリングの抑制方法、ならびに、被処理液の処理方法

    特願 2013-125948 

    新田見匡,松本幹治,本居学,瀬戸口善宏

  • 窒素除去用水処理プラントの活性汚泥中の微生物

    特願 2003-148188  特開 2004-344138 

    新田見匡、味埜俊、伊藤、三木理

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • WET Excellent Paper Award

    2012年06月30日    

  • The 4th IWA-ASPIRE Conference & Exhibition Best Poster Award

    2011年10月05日    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ファージと生理活性物質による標的糸状性細菌の特異的制御と活性汚泥の固液分離向上化

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  2023年03月  代表者:  新田見匡

  • ファージを用いたコウレオスリックス属糸状性細菌の選択的制御

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    研究期間:  2018年04月  -  2022年03月  代表者:  新田見匡

  • 微生物燃料電池と嫌気性アンモニア酸化を組み合わせた次世代下水処理法の開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  新田見 匡

  • 糸状性コウレオスリックス属細菌の制御による下水処理活性汚泥の固液分離向上化

    基盤研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2019年03月  代表者:  新田見 匡

  • 糸状性微生物の制御による廃水処理施設における固液分離障害とリン除去悪化の解消

    若手研究(B)

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月  代表者:  新田見 匡

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 微生物燃料電池に窒素除去機能を付加した省・創エネ型都市下水処理法の開発

    提供機関:  (公財)中部電気利用基礎研究振興財団  (公財)中部電気利用基礎研究振興財団 研究助成

    研究期間: 2016年04月  -  2017年09月  代表者:  新田見匡

  • コークス炉廃水などの高濃度アンモニア含有廃水を対象とした 微生物燃料電池の開発

    提供機関:  地方自治体  前田記念工学振興財団研究助成

    研究期間: 2014年04月  -  2015年03月  代表者:  新田見匡

  • 横浜市の都市下水処理施設において固液分離障害とリン除去悪化を誘引する微生物の制御

    提供機関:  地方自治体  公益財団法人横浜学術教育振興財団平成25年度研究費助成

    研究期間: 2013年08月  -  2014年03月  代表者:  新田見匡

  • 硝酸塩または亜硝酸塩を添加して馴養した活性汚泥中の亜硝酸塩還元酵素遺伝子(nirS)の解析

    提供機関:  地方自治体  平成17年度(財)横浜工業会 研究助成金 海外派遣助成

    研究期間: 2005年07月  -  2005年07月  代表者:  新田見匡

  • 硝酸および亜硝酸で馴養された活性汚泥中のnirK遺伝子の解析

    提供機関:  地方自治体  財団法人横浜学術教育振興財団平成16年度海外渡航費助成

    研究期間: 2004年07月  -  2004年07月  代表者:  新田見 匡

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 異なるpH条件下における海洋性Anammox細菌群の特性

    岡 悟史,田中 孝国,押木 守,金田一 智規,新田見 匡

    第23回化学工学会学生発表会  (オンライン)  2021年03月06日   公益社団法人化学工学会

  • バルキング活性汚泥に優占するtype1863糸状性細菌に特異的なFISH プローブの開発

    新田見 匡,甲田 柾紀,加藤 愛,武田 穣,金田一 智規,飛野 智宏,栗栖 太

    第55回日本水環境学会年会  (オンライン)  2021年03月   公益社団法人日本水環境学会

  • Correlation between Dominant Filament Kouleothrix (type 1851), the Settleability of Activated Sludge Biomass, and Other Operating Factors in a Domestic A2O Plant in Japan

    Nittami T, Rice D, Suzuki K, Takeda M, Tobino T, Kurisu F, Petrovski S, Seviour R J

    8th IWA Microbial Ecology and Water Engineering Specialist Conference (MEWE 2019)  (Hiroshima, Japan)  2019年11月  

  • Nitrospira Dominated the Nitrifying Community in a low-DO-Anoxic-Oxic Process in the Tropics

    How S W, Ngoh G C, T. , Nittami T, Curtis P, Chua A S M

    8th IWA Microbial Ecology and Water Engineering Specialist Conference (MEWE 2019)  (Hiroshima, Japan)  2019年11月  

  • Quantification of Comammox Nitrospira in a Low-DO-Oxic-Anoxic Reactor Treating Tropical Wastewater

    How S W, Ngoh G C, T. , Nittami T, Curtis P, Chua A S M

    8th IWA Microbial Ecology and Water Engineering Specialist Conference (MEWE 2019)  (Hiroshima, Japan)  2019年11月  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Journal of Water and Environment Technology

    Associate Editor 

    2015年08月
    -
    継続中
     

  • 水環境学会誌

    編集企画部会委員 

    2011年09月
    -
    2015月08日
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • ファージを用いた細菌の選択的制御

    提供機関: ラトローブ大学  国際共同研究  

    研究期間: 2018年05月  -  継続中 

  • インドにおける廃水処理

    提供機関: インド工科大学  国際共同研究  

    研究期間: 2015年08月  -  2016年03月 

  • マレーシアにおける廃水処理

    提供機関: マラヤ大学  国際共同研究  

    研究期間: 2014年03月  -  継続中 

  • グリコーゲン蓄積細菌を標的としたFISHプローブの開発

    提供機関: オールボー大学  国際共同研究  

    研究期間: 2013年04月  -  2015年04月 

  • 活性汚泥の糸状性バルキング

    提供機関: ラトローブ大学  国際共同研究  

    研究期間: 2008年10月  -  継続中 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  生物化学工学特論

  • 理工学部  移動および速度論A

  • 理工学部  基礎化学工学

  • 理工学部  粉粒体工学

  • 理工学部  化学応用EP研究実習Ⅰ

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • Water and Environment Technology Conference 2020 (WET2020)

    2020年11月
     
     

    学協会   Scientific Committee (Committee member)

  • 化学工学会横浜大会

    2019年08月
     
     

    学協会   大会実行委員

  • Water and Environment Technology Conference 2019 (WET2019)

    2019年07月
     
     

    学協会   Scientific Committee (Committee member)

  • Water and Environment Technology Conference 2018 (WET2018)

    2018年07月
     
     

    学協会   Scientific Committee (Committee member)

  • Water and Environment Technology Conference 2017 (WET2017)

    2017年07月
     
     

    学協会   Scientific Committee (Committee member)

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 上下水道の未来を担う「若い力」に期待 ~コロナ禍を乗り越え、新たなステップに進む年へ~

    水道産業新聞  水道産業新聞 

    2021年01月
     
     

     概要を見る

    【次代を担う学識者からの上下水道 未来への提言】 教員:新田見匡 准教授(横浜国立大学大学院) 提言:運転管理技術の体系化・標準化を -活性汚泥の細菌叢の分析を日常的に- 掲載年月等:水道産業新聞, 2021(R3)年1月1日, 第5466号 p.7

  • 横浜サイエンスフロンティア高校サタデーサイエンス

    2009年11月
     
     

     概要を見る

    講師

  • 横浜国立大学一日体験物質工学教室

    (横浜) 

    2009年08月
     
     

     概要を見る

    講師

  • 横浜国立大学一日体験物質工学教室

    (横浜) 

    2005年08月
     
     

     概要を見る

    講師

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中
      理工学部教務・厚生委員   (部局内委員会)