小川 昌文 (オガワ マサフミ)

OGAWA Masafumi

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 音楽教育

職名

教授

生年

1957年

研究キーワード

音楽教育学、合唱指導者

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0001-8432-9601

写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Dreaming, Becoming, and Being a Music Teacher in Japan: An Insider's View of the Relationship between a Music Teacher's Career Path and Education Policy   2013年08月

    【論文】 「マイミュージック」を育て、培い、養う音楽授業 ー授業をクリエイトするために不可欠なものー  2015年03月

    【国際会議発表】 2016 World Arts Education Summit, World Alliance for Art Education Conference  2016年12月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 音楽教育学、音楽教育実践、および合唱指揮者。
    音楽教育の思想と哲学、音楽教育カリキュラム、世界の音楽教育の比較研究、
    音楽教員養成

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年

    インディアナ大学   音楽研究科   音楽教育   博士課程   修了

  •  
    -
    1984年

    東京芸術大学   音楽研究科   音楽教育専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 1977年4月
    -
    1981年3月

    東京芸術大学   音楽学部   声楽   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(音楽教育) - インディアナ大学

  • 芸術学修士 - 東京芸術大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   音楽教育   教授  

  • 2017年4月
    -
    2021年3月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   音楽教育   教授  

  • 2006年4月
    -
    2017年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   音楽教育   教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   高度教職実践専攻(教職大学院)   教科教育・特別支援教育プログラム   芸術・身体・特別支援グループ 音楽   教授  

  • 2011年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   教育実践専攻   教育デザインコース 音楽   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年5月
    -
    2018年8月

      ベトナム教育訓練省   学校教育改革機構   コンサルタント

  • 2006年4月
    -
    2012年3月

      東京音楽大学   音楽学部   講師

  • 2004年4月
    -
    現在

      都留文科大学   教養学部学校教育学科   講師

  • 1997年4月
    -
    2006年3月

      上越教育大学   学校教育学部   教授

  • 1994年4月
    -
    1997年3月

      茨城大学   教育学部   助教授

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1984年4月
    -
    現在
     

    日本音楽教育学会

  • 2012年10月
    -
    現在
     

    日本合唱指揮者協会

  • 2013年4月
    -
    現在
     

    日本コダーイ協会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 科学教育  / 音楽科教育

  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学  / 音楽教育学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭免許(専修・1種・2種)

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 唱法の問題と音楽カリキュラム

    研究期間:

  • 音楽科における日本型教育の海外展開

    共同研究  

    研究期間: 2016年6月 - 2019年3月

     詳細を見る

    ベトナム、インドネシア、マレーシアにおける器楽教育普及の理論確立と普及のための実践 ベトナムにおける第2次音楽科学習指導要領の改訂、開発

  • 音楽教育の哲学的研究

    研究期間:

  • 19世紀のアメリカの音楽教育がわが国に与えた影響

    研究期間:

  • 日米の音楽科教員における実践指導力に関する比較研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 東京都の専門教養音楽科

    小川昌文( 担当: 監修)

    協同出版  2012年1月  ( ISBN:9784319421534

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 最新初等科音楽教育法

    小川昌文( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 「歌唱」の意義と留意点)

    音楽之友社  2020年3月  ( ISBN:978-42768210126

     詳細を見る

    総ページ数:256   担当ページ:52-53   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    音楽科における「歌唱」の意義と留意点について、教員が身につけなければならないスキルと指導のポイントについて論述した。

  • 最新中等科音楽教育法

    小川昌文( 担当: 単著 ,  範囲: コンセプチュアル・ラーニング)

    音楽之友社  2020年3月  ( ISBN:978-42768210197

     詳細を見る

    総ページ数:239   担当ページ:183   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    アメリカの音楽教育のコンセプチュアルラーニングについて解説した。

  • 音楽教育ハンドブック

    小川昌文( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 教員養成課程では「移動ド唱法」をどう教えるべきか)

    音楽之友社  2019年10月  ( ISBN:9784276311404

     詳細を見る

    総ページ数:247   担当ページ:224-225   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    「教員養成課程では「移動ド唱法」をどう教えるべきか」というテーマで執筆。実際の初等教員養成における問題と解決方法について実践を踏まえた方法を提案した。

  • 最新中等科音楽教育法

    小川昌文( 担当: 分担執筆 ,  範囲: コンセプチュアル・ラーニング)

    音楽之友社  2019年3月  ( ISBN:978-4276820180

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:238   担当ページ:183   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Early Nineteenth Century American Influences on the Beginning of Japanese Public Music Education: An Analysis and Comparison of Selected Music Textbooks Published in Japan and the United States

    小川昌文

    インディアナ大学(アメリカ合衆国)   2000年5月

    未設定   単著    [査読有り]

     詳細を見る

    19世紀にわが国は音楽を学校の教科として採用し、音楽科教育が開始された。明治12年にルーサー・ホワイティング・メーソンが音楽取調掛の音楽教師として米国より招聘され、わが国の音楽科教育の礎が築かれた。本論文は、当時の音楽教育が米国からどれくらいの影響を受けたのか、理念、教材、指導法の3つの観点から、当時出版された音楽教科書、指導書の分析をもとに考察したものである。

論文 【 表示 / 非表示

  • Music Education for “Musically Talented Children” in Japan: A Career Path Toward Professionals and Three Music Education Organizations

    Masafumi Ogawa

    International Journal of Social Sciences and Artistic Innovations   1 ( 1 )   7 - 17   2021年12月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Social Sciences and Artistic Innovations (IJSSAI)   単著  

    Abstract:
    Japan has been one of the leading countries in Asia, where many world-class music professionals are continually produced. As an insider, the author has witnessed and experienced how “musically talented children” are raised in Japan for more than three decades. The purpose of this paper is, therefore, to articulate the career path for becoming professional classical musicians from infants through college period. The findings are four folds: (1) piano is the most popular instrument, to begin with from early age, (2) most young children participate in music competitions, (3) there are three critical periods when young children have to decide whether they continue to study music or quit, (4) Two music universities, the Tōhō Gakuen Music School and the Tokyo National University of the Arts are the top schools in producing professional musicians, particularly in the piano, the violin, and the composition fields. In addition, the systems of three notable music education organizations, the Suzuki Methods, the TōhōMusic School for Children, and the PTNA, are explained.

  • Instrumental Music Education in the New Curriculum-Challenges and Strategies from a Japanese Perspective

    Masafumi Ogawa

    Culture-Art Education in the Context of International Integration and Industry Revolution 4.0   45 - 85   2020年11月  [査読有り]  [招待有り]

    J-GLOBAL

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ベトナム国立芸術教育大学   単著  

    The purpose of this paper is to discuss about the benefit of introducing instrumental music education into general school curriculum and reason why it is necessary from Japanese perspective. The discussion begins with the general trends of music education globally, followed by a brief history of instrumental music education in Japan.
    -Recents trends concerning music education in the world
    -Introducing instrumental music education into school curriculum: Japan's case
    -Vietnam's music education reform and implementation of instrumental music education
    -Conclusion

  • Making Children Happy through Music: A Universal Mission of Music Teachers in the Classroom

    Masafumi Ogawa

    ISME Legacy Conference 2019 Proceedings & Abstracts Book   69 - 79   2019年10月  [査読有り]  [招待有り]

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   単著  

    Keynote address ISME legacy conference September 6th, 2019. Istanbul, Turkey

    Making Children Happy through Music:
    A Universal Mission of Music Teachers in the Classroom

    Masafumi Ogawa, D.M.E.
    Yokohama National University, Japan

    Abstract

    My speech is about an issue of music teachers. I would like to explore if there is a common theory of music teachers regardless of difference in politics, educational systems. I limit my argument primarily within the general school curriculum.
    In my previous keynote speech at the Silk Road Music Education Conference, I have checked national music standards in twelve countries and found that objectives of music standards could be categorized into at least five domains each of which is continuously linked each other namely; (1) Music experience & literacy, (2) Cultural identity, (3) Aesthetics, (4) Morals, and (5) Patriotism. From this result, it is certain to say that intrinsic objectives are seen in most Western countries whereas Eastern countries tend to have more extrinsic objectives.
    I chose eight music teachers around the world to compare how similar or different between them. The countries I selected are China, Korea, Taiwan, Vietnam, Indonesia, the United States, Norway, and Japan. Regardless of difference of nations as well as teaching styles, it could be true that all music teachers were trying hard to make friendly atmosphere in the classrooms. Teachers are doing their best to have their students enjoy and learn music. As far as I have observed music classes of the world, any music teachers are not different among nations regardless of political, educational, and social backgrounds.
    It is inevitable that national curriculum policy or educational purpose sometimes conflicts with individual teacher’s philosophy or mottos of music teaching. Music teachers in Japan may not be an exception. I would posit three fundamental flaw of music education and school system in Japan. First, music itself is not the purpose music education in Japanese schools. Second, Japanese music teachers are forced to follow the curriculum guidelines or school tradition. Third, Japanese school music teachers suffer under harsh working condition. Japanese teachers in Japan have to spend much more time in life guidance, non-academic matters than preparation for teaching. Teachers often have to work even holidays to attend local events without salary.
    From the discussion above, we come to a new conclusive statement. Although the gsational curriculum and education system are different nation by nation, but music teachers are essentially the same. Why so? Because every music teacher is willing to teach music of what they have and wishes to improve musical skills and knowledge so that the students could enjoy music making and listening.
    I would like to propose that the universal mission of music teachers is to make children happy through music. This is the mission that any music teachers in the world must achieve. Why this mission? Because it is also the mission of music by itself. Happiness, I believe, is one of the purposes of what humans are doing music. If this mission fails, any teaching theory or latest technology are meaningless. Happiness, by what I mean, is not just being joyful or cheerful. It also includes healing mind, consolation, and deep satisfying feeling.
    How can we achieve that mission? To answer this, let me propose two key words, these are “Flow” and “My music.” “Flow” is a moment when human is most creative and happiest. It is most precious and important thing to experience state of “flow” when we are doing music. Thus in music class, to make “flow” state, teachers must give students appropriate tasks matching their skill levels. Music teachers must have “My Music” and teach “My Music” to students, not anything else. The term “My Music” was coined by me as an essential component of music teachers. Whenever music teachers teach music, the music materials must be belonged to both teachers and students, and perhaps local cultures. And teaching music is a process of becoming “My Music” of students.
    When setting educational objectives in the music curriculum, it might bear great risk of that music, teachers, and students become slaves of that curriculum. We definitely need theories of music teachers because music teachers must improve their musical skills and knowledge continually in order to make better teaching performances.
    Music teacher’s duty is not just teaching music, but teaching how to live wise, how to think deeply, and how to grow to his/her maximum possibilities through and with music. Only music teachers are able to change students’ lives through music for the future. Music teachers are not the soldiers of political forces, nor state curriculum guardians. Music teachers are always for the students as Thomas Regelski states “the service should benefit the students, not the teacher and not the programs as though they were autonomous ends in themselves. Music education in schools, regardless of educational systems, political states, nor economical status of nations, should be education in music, not music in education. And music teachers always play the central role in this structure.

  • Dreaming, Becoming, and Being a Music Teacher in Japan: An Insider's View of the Relationship between a Music Teacher's Career Path and Education Policy

    Masafumi Ogawa

    ARTS EDUCATION POLICY REVIEW   114   149 - 156   2013年8月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

    The article intends not only to reveal aspects of the real lives of music students and teachers but also to tie the music education policies to music teachers' minds and behaviors. The career path was divided into three periods: from young age until high school, time during college as a music education major, and time as a music teacher in the public schools. The case study analysis reveals that it is likely that educational policy is introduced at the college level for the first time, permeates music teachers' live gradually throughout their careers, and almost becomes invisible for in-service music teachers as they internalize it.

  • The Roles of Music Teacher in General Education in Asian Countries: Crossing Beyond the Boundary of Nations and Ideology

    Masafumi Ogawa

    미래음악교육연구   6 ( 3 )   151 - 167   2021年12月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 書評:Transforming Music Education, Estelle R. Jorgensen著

    音楽教育研究ジャーナル   ( 25 )   100 - 109   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   単著  

  • 学校音楽教育とNHK全国学校音楽コンクール

    日本合唱指揮者連盟セミナー記録   10   2003年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   単著  

  • 合唱と音楽教育の問題を考えるII

    日本合唱指揮者連盟セミナー記録   9   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   単著  

  • 合唱と学校音楽教育の問題を考えるI 教員養成と学校現場の実態

    日本合唱指揮者連盟セミナー記録   8   34 - 42   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   単著  

  • トマス・レゲルスキー教授を囲んで-最近のアメリカ合衆国における音楽教育研究の動向について

    音楽教育研究ジャーナル   ( 8 )   34 - 42   1997年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   単著  

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学女声合唱団Dancing Dolphins指揮

    小川昌文

    2022年3月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:旭区文化芸術ホール音楽ホール  

  • 女声アンサンブルThe Mermaids 東京都ヴォーカルアンサンブルコンテスト 金賞1位

    小川昌文

    2022年2月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:浜離宮ホール  

  • 国際コダーイ協会国際大会(マレーシア)での合唱指揮

    小川昌文

    2019年8月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:マレーシアクチン市ウォーターフロントホテル  

    女声アンサンブルThe Mermaidsを指揮。5曲を演奏

  • 東京都ヴォーカルアンサンブルコンテスト

    小川昌文

    2019年2月 - 2020年3月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:浜離宮ホール  

    女声アンサンブルThe Mermaidsを指導、指揮。2019年2月は女声クラシック現代部門で銀賞、2020年3月は同部門で銅賞を受賞した。

  • 女声アンサンブル The Mermaids リサイタル 指揮・監督

    小川昌文

    2015年3月

     詳細を見る

    作品分類:芸術活動   発表場所:横浜市長浜ホール  めぐろパーシモンホール  

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 幼少接続期の音楽教育を担う教師養成プログラムの国際比較研究

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:尾見 敦子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究では、幼小接続期の音楽教育の普遍的な理念・教育内容・方法についての我が国への示唆を得るために、諸外国における「幼小接続期の音楽教育を担う教師の養成プログラム」の比較検討を行う。調査対象はハンガリー、フィンランド、エストニアである。この3か国は歴史的・文化的に異なる背景をもつが、幼小接続期の音楽教育を重視し、音楽経験の諸領域、すなわち聴く・歌う・動く・即興・鑑賞の力点やバランスに特色をもった教師養成プログラムが存在する。3か国の教師養成のプログラムを(1) ナショナルカリキュラム(訳出)(2) 教師養成校のカリキュラムの全体像(調査とインタビュー)(3) 教師養成の主要な授業(参観とインタビュー)(4) 教育実習の授業(同前)の順に分析する。分析の観点は、音楽教師の専門性を形作っている3要素、すなわち①ミュージシャンシップ②発達の理解③教材と教授法である。以上の比較・分析をもとに総合的な考察を行う。

  • 音楽の協同性に着目した幼小接続の音楽活動プログラムの実証的研究

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:尾見敦子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    本研究では音楽の協同性に着目した、幼小接続の音楽活動プログラムの創出を目的とした。①音楽による人間教育の系譜をもつ諸外国の実践・研究資料を収集し、②幼小接続期の音楽教育理念,音楽指導の特徴,4か国のナショナル・カリキュラムの共通点・相違点を明らかにした。③ベテランの保育者の中に経験的に構築されたわらべうたのカリキュラムや教授法を明らかにし、④保育者,小学校教師,養成校の音楽教員を対象とした講習会を実施し、発達の見方,発達に適った教材と指導法の共有を図った。⑤この知見を活かし、わらべうたを中心とした総合的な「表現」活動と,ピアノ演奏の「鑑賞」活動から成る音楽プログラムを創出した。

  • 日米の小・中学校における音楽科教員の実践的指導力に関する比較研究

    2007年 - 2008年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:小川昌文

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • ICレコーダーとMIDI端子付ピアノを用いた音楽の基礎能力向上システムの研究

    2004年 - 2006年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:池田京子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 明治期の音楽科教育における19世紀前半のアメリカ合衆国の音楽教育の影響

    1994年 - 1995年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:小川昌文

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 北欧・ポーランドにおける音楽教育に関する学術交流プログラム

    2022年3月

    海外  EUエラスムス+学術交流基金

    代表者:小川昌文

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

    ①日本における音楽芸術文化と芸術教育の講義と実習
    ②ポーランド・ノルウェー・フィンランドにおける音楽科を中心とした教員養成制
    度と実際についての研究計画:
    (1) 日本伝統音楽(歌舞伎、文楽等)の主として音楽面からの講義
    (2) 日本の学校音楽教育の歴史と現状に関する講義
    (3) 日本の合唱文化の紹介とワークショップ
    (4) 現地の教員との共同研究の企画と実施

  • 初等音楽教育段階における標準指導要領及び総合器楽学習プログラムの開発

    2016年6月 - 2019年3月

    YAMAHA株式会社  共同研究(ヤマハ株式会社)

    代表者:小川昌文

     詳細を見る

    主に東南アジア(マレーシア、インドネシア、ベトナム等)に向けた、日本型教育(音楽教育)を展開するため標準学習指導要領および総合器楽学習プログラムについて開発するもの

  • 北欧における芸術教育博士課程の調査・研究:ノルウェー、フィンランド、デンマークの主要大学のカリキュラムと実際

    2013年4月 - 2015年3月

    地方自治体  東京学芸大学連合大学院博士課程博士課程研究プロジェクト

    代表者:小川昌文

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Music Education for “Musically Talented Children” in Japan: A Career Path Toward Professionals and Three Music Education Organizations

    小川昌文  [招待有り]

    2021藝術才能教育國際論壇:「潛藝適才.課程前瞻」  2021年10月  國立臺灣師範⼤學⾳樂學院⾳樂學系

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:國立臺灣師範⼤學   国名:台湾  

  • The Development of School Music Education in Japan from 1880 to 2020

    Masafumi Ogawa  [招待有り]

    I.ULUSLARARASI SANAT SEMPOZYUMU  2021年11月  KOCAELi 0NiVERSiTESi GUZEL SANATLAR FAKULTESi

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Istanbul, Turkey   国名:トルコ共和国  

  • Instrumental Music Education in the New Curriculum: Challenges and Strategies from a Japanese Perspective

    Masafumi Ogawa  [招待有り]

    Culture-Art Education in the Context of International Integration and Industry Revolution 4.0  TRƯỜNG ĐẠI HỌC SƯ PHẠM NGHỆ THUẬT TRUNG ƯƠNG

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Hanoi, Vietnam (online participation)   国名:ベトナム社会主義共和国  

    The purpose of this paper is to discuss about the benefit of introducing instrumental music education into general school curriculum and reason why it is necessary from Japanese perspective. The discussion begins with the general trends of music education globally, followed by a brief history of instrumental music education in Japan.
    -Recents trends concerning music education in the world
    -Introducing instrumental music education into school curriculum: Japan's case
    -Vietnam's music education reform and implementation of instrumental music education
    -Conclusion

  • The Roles of Music Teacher in General Education in Asian Countries : Crossing Beyond the Boundary of Nations and Ideology

    Masafumi Ogawa  [招待有り]

    Multi Cultural Music Education in the Asian Region  2020年5月  Association for Future Music Education, Korea

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:その他  

    開催地:Online (Konkuk University)   国名:大韓民国  

    As the world is rapidly changing politically and economically, the same is for the music education. Changes are seen in every aspect of music education such as technology, music materials, curriculum. But there is something that has never changed in music education from its beginning until today. That is the fact that there is a person who teaches music and one who learns music from that person. The former is called music teacher, and the latter student. I believe that this relationship has never been changed no matter where music is taught in the world. Music has been played, taught, and transmitted everywhere in the earth and music must be taught before it is performed. Where there is music, there is music education. Therefore, I believe that music teachers are the most important agent for carrying music tradition and maintaining the music culture.
    157
    2020 International Conference of AFME on Multicultural Music Education in the Asian Region
    Today, music is a part of school curriculum in general schools in most of Western countries. This is also so in Asian in some countries including Japan, Korea, China, Taiwan, Malaysia, Philippine, Vietnam, Indonesia. Each country is different politically, economically, socially, and culturally. Some countries are under capitalism, whereas some are either under socialism or communism. It is natural to think that the education system of each country varies. Consequently, music education as general education is different both in policy, curriculum and practices.
    My questions are twofold; first, what is the role of music teacher in general education, and second whether the role of music teacher in general education is the same or different despite political, economic, social and cultural difference among nations? Before I give the answers to these questions, I would like to provide seven characteristics of music education in general education of the world, which I have experienced and found.

  • Making Children Happy through Music

    Masafumi Ogawa  [招待有り]

    International Society for Music Education World Legacy Conference   International Society for Music Education

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Istanbul, Turkey   国名:トルコ共和国  

    Keynote address ISME legacy conference September 6th, 2019. Istanbul, Turkey

    Making Children Happy through Music:
    A Universal Mission of Music Teachers in the Classroom

    Masafumi Ogawa, D.M.E.
    Yokohama National University, Japan

    Abstract

    My speech is about an issue of music teachers. I would like to explore if there is a common theory of music teachers regardless of difference in politics, educational systems. I limit my argument primarily within the general school curriculum.
    In my previous keynote speech at the Silk Road Music Education Conference, I have checked national music standards in twelve countries and found that objectives of music standards could be categorized into at least five domains each of which is continuously linked each other namely; (1) Music experience & literacy, (2) Cultural identity, (3) Aesthetics, (4) Morals, and (5) Patriotism. From this result, it is certain to say that intrinsic objectives are seen in most Western countries whereas Eastern countries tend to have more extrinsic objectives.
    I chose eight music teachers around the world to compare how similar or different between them. The countries I selected are China, Korea, Taiwan, Vietnam, Indonesia, the United States, Norway, and Japan. Regardless of difference of nations as well as teaching styles, it could be true that all music teachers were trying hard to make friendly atmosphere in the classrooms. Teachers are doing their best to have their students enjoy and learn music. As far as I have observed music classes of the world, any music teachers are not different among nations regardless of political, educational, and social backgrounds.
    It is inevitable that national curriculum policy or educational purpose sometimes conflicts with individual teacher’s philosophy or mottos of music teaching. Music teachers in Japan may not be an exception. I would posit three fundamental flaw of music education and school system in Japan. First, music itself is not the purpose music education in Japanese schools. Second, Japanese music teachers are forced to follow the curriculum guidelines or school tradition. Third, Japanese school music teachers suffer under harsh working condition. Japanese teachers in Japan have to spend much more time in life guidance, non-academic matters than preparation for teaching. Teachers often have to work even holidays to attend local events without salary.
    From the discussion above, we come to a new conclusive statement. Although the gsational curriculum and education system are different nation by nation, but music teachers are essentially the same. Why so? Because every music teacher is willing to teach music of what they have and wishes to improve musical skills and knowledge so that the students could enjoy music making and listening.
    I would like to propose that the universal mission of music teachers is to make children happy through music. This is the mission that any music teachers in the world must achieve. Why this mission? Because it is also the mission of music by itself. Happiness, I believe, is one of the purposes of what humans are doing music. If this mission fails, any teaching theory or latest technology are meaningless. Happiness, by what I mean, is not just being joyful or cheerful. It also includes healing mind, consolation, and deep satisfying feeling.
    How can we achieve that mission? To answer this, let me propose two key words, these are “Flow” and “My music.” “Flow” is a moment when human is most creative and happiest. It is most precious and important thing to experience state of “flow” when we are doing music. Thus in music class, to make “flow” state, teachers must give students appropriate tasks matching their skill levels. Music teachers must have “My Music” and teach “My Music” to students, not anything else. The term “My Music” was coined by me as an essential component of music teachers. Whenever music teachers teach music, the music materials must be belonged to both teachers and students, and perhaps local cultures. And teaching music is a process of becoming “My Music” of students.
    When setting educational objectives in the music curriculum, it might bear great risk of that music, teachers, and students become slaves of that curriculum. We definitely need theories of music teachers because music teachers must improve their musical skills and knowledge continually in order to make better teaching performances.
    Music teacher’s duty is not just teaching music, but teaching how to live wise, how to think deeply, and how to grow to his/her maximum possibilities through and with music. Only music teachers are able to change students’ lives through music for the future. Music teachers are not the soldiers of political forces, nor state curriculum guardians. Music teachers are always for the students as Thomas Regelski states “the service should benefit the students, not the teacher and not the programs as though they were autonomous ends in themselves. Music education in schools, regardless of educational systems, political states, nor economical status of nations, should be education in music, not music in education. And music teachers always play the central role in this structure.

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • World Journal of Music Pedagogy (ISSN: 2774-2210)

    Editorial Board Member 

    2021年2月
    -
    現在
     

  • 日本声楽発声学会

    理事、編集委員長 

    2007年4月
    -
    2017月3日
     

  • 音楽教育実践ジャーナル 第10号

    編集担当 

    2007年4月
    -
    2008月3日
     

  • 日本音楽教育学会

    編集委員 

    2006年5月
    -
    2008月4日
     

  • 音楽教育実践ジャーナル第8号

    編集担当 

    2006年4月
    -
    2007月3日
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • ベトナムにおける初等・中等教育への器楽教育の導入・定着化に向けた教員養成体制の構築とルール形成

    提供機関: 日本貿易振興財団(JETRO)  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2017年05月  -  2019年3月 

  • 初等音楽教育段階における標準指導要領及び総合器楽学習プログラムの開発

    提供機関: ヤマハ株式会社  国内共同研究  

    研究期間: 2016年06月  -  2019年3月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   日本と世界の音楽

    国際交流科目

  • 2022年度   中等教科教育法(音楽Ⅳ)

    教育学部

  • 2022年度   中等教科教育法(音楽Ⅱ)

    教育学部

  • 2022年度   卒業研究

    教育学部

  • 2022年度   初等教科教育法(音楽)

    教育学部

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 初等音楽科指導法

    2004年4月 - 現在 機関名:都留文科大学教養学部初等教育学科

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 音楽教材研究演習

    2004年4月 - 現在 機関名:都留文科大学教養学部初等教育学科

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月
    -
    2018年08月
    ベトナム教育訓練省外国人コンサルタント   (その他特記事項)

     詳細を見る

    World Bankの支援により、ベトナム政府の教育改革、学習指導要領の作成に 日本人として唯一外国人コンサルタントとして関与した。

  • 2019年04月
    -
    2019年09月
    教育学部基礎演習   (クラス担任)

     詳細を見る

    8組(20人)

  • 2018年05月
     
     
    学長賞 東京学芸大学連合大学院学校教育学研究科   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    学長賞受賞:清水稔(博士課程2年)

  • 2014年03月
    -
    2019年03月
    指導した学生の学位取得   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    論文博士:大澤智恵、 課程博士:戸谷登貴子、清水稔

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • ベトナム政府教育訓練省一般教育改革機構

    2017年05月 - 2018年8月  外国人コンサルタント

     詳細を見る

    委員区分:政府 

    ベトナム政府の要請により、ベトナムの音楽科学習指導要領の改訂に従事した。

  • World Joural of Music Pedagogy

    2021年01月 - 現在  Editorial Board 編集査読委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

    https://journals.caraka-khatulistiwa.org/wjmp/about/editorialTeam


    ISSN: 2774-2210 (Print)
    ISSN: 2774-2237 (Online)

  • 教科用図書検定調査審議会第5部会

    2011年04月 - 2013年3月  専門委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • Teacher Training Workshop at National University of Art Education,

    役割:講師

    ベトナム教育訓練省、在ベトナム日本大使館、横浜国立大学、ヤマハ株式会社、ベトナム国立芸術教育大学  Teacher Training Workshop at National University of Art Education,  ベトナム国立芸術教育大学、ベトナム ハノイ  2019年3月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者

    種別:セミナー・ワークショップ

    ベトナムの現職音楽教員、ベトナム芸術教育大学学生を対象とした、音楽教育のワークショップ

  • Accessing international experience in teaching musical instruments in schools

    役割:講師

    ベトナム教育訓練省、在ベトナム日本大使館、横浜国立大学、ヤマハ株式会社、ベトナム国立芸術教育大学  ベトナム国立芸術教育大学 ベトナム ハノイ  2019年3月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

    “Benefits of Learning Musical Instruments in the School Curriculum: Elementary through Secondary School Levels” Lecture

  • Symposium on Early Childhood Music Teacher Education

    役割:講師

    Hanoi National College of Education  ベトナム ハノイ Hanoi National College of Education  2017年7月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    Music Education in Japanese Pre-Schools, 基調講演

  • 掛川文化クラブ音楽教育講習会

    役割:講師

    特定非営利活動法人「掛川文化クラブ」  特定非営利活動法人「掛川文化クラブ」音楽教育講習会  静岡県掛川市)静岡県教育総合センター  2021年11月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者, 研究者, 学術団体, 市民団体

    種別:講演会

    2
    目的
    • 掛川市内各小学校、中学校、高等学校の音楽指導担当教諭の情報交換及びネットワー
    ク作り
    • 生徒の芸術活動の意味を理解すると共に、その支援の在り方について考える機会とする
    • 現在の芸術教育が抱える問題を理解し、今後の芸術教育の姿について考える
    • 学校内外において、生徒の自主的な芸術活動が行われる環境作りを考える

  • 免許更新講習

    役割:講師

    横浜国立大学  移動ド唱法の理論と実践  オンライン  2021年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:公開講座

    移動ド唱法の理論と実践を教育現場にどう活かすかについて6時間の集中講義を行った。

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • Akademia Dialogu: Spotkanie z prof. Masafumi Ogawą

    Uniwersytet Kazimierza Wielkiego w Bydgoszczy  Uniwersytet Kazimierza Wielkiego w Bydgoszczy  https://www.youtube.com/watch?v=gN_K60hzWv8&t=294s  2022年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    W dniach 7-11 marca 2022 roku w Katedrze Badań nad Edukacją Estetyczną na Wydziale Pedagogiki oraz na Wydziale Edukacji Muzycznej Uniwersytetu Kazimierza Wielkiego w Bydgoszczy gościł prof. Masafumi Ogawa z Yokohama National University w Japonii. W ramach Akademii Dialogu porozmawialiśmy z prof. Masafumi Ogawą m.in. o różnicach w edukacji muzycznej w Polsce i Japonii i zmianach spowodowanych pandemią.

  • ラジオ特集番組出演

    NHK ラジオ2  特集番組「音楽教科書で世界一周  NHKラジオ番組  2012年12月

     詳細を見る

    特集番組「音楽教科書で世界一周」構成、出演 NHK ラジオ 第2放送 2012年12月31日6:45pm-9:15pm.

  • ラジオ特集番組出演

    NHKラジオ第2放送  世界の音楽教科書  NHK ラジオ放送  2013年12月

     詳細を見る

    特集番組「世界の音楽教科書」構成、出演 NHK ラジオ 第2放送 2013年12月30日7:00pm-10:00pm.

  • Music Education in Japan (Special Interview with David Hebert)

    Western Norway University, Grieg Academy Music Education Research Group  Grieg Academy Music Education Research Group  https://www.youtube.com/watch?v=MuPX-ANAW0A 

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  • カジミエシュ・ヴィエルキ大学公式訪問(EU エラスムスプラスプログラム)

    Kazimierz Wielki University Poland  Official Home Page  https://pedagogika.ukw.edu.pl/jednostka/wydzial_pedagogiki/aktualnosci/66380/prof-masafumi-ogawa-z-yokohama-national-university-gosciem-ukw  2022年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    2022年3月7日~11日、ビドゴシュチュのカジミエシュ・ヴィエルキ大学教育学部・音楽教育学部美学教育学科は、横浜国立大学から小川雅文教授を迎えました。対話アカデミーの一環として、小川雅文教授にポーランドと日本の音楽教育の違いやパンデミックによる変化について m.in て話を聞きました。

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    現在
      教育学研究科高度教育実践専攻 芸術・身体部会 副代表   (部局内委員会)

  • 2016年04月
    -
    現在
      東京学芸大学連合大学院教育学研究科芸術系教育講座代表委員   (その他の主要活動)