大原 一興 (オオハラ カズオキ)

OHARA Kazuoki

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

教授

生年

1958年

研究分野・キーワード

建築計画,ファシリティマネジメント,高齢者住宅,医療福祉施設,博物館,エコミュージアム

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0003-2306-3445

写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【学術関係受賞】 日本建築学会賞(論文)   2011年

    【著書】 エコミュージアムへの旅  1999年12月

    【論文】 Challenges of Japanese ecomuseums in the beginning of 21th century, Generativity of ecomuseum  2017年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 福祉転用による建築・地域のリノベーション(分担)   2018年03月

    【著書】 Ecomuseums and cultural landscapes State of the art and future prospects  2018年01月

    【著書】 住みつなぎのススメ(編著)  2012年10月

    【論文】 Open Air Museums in Japan - Gaze from Europe (in English and Serbian)  2016年01月

    【論文】 Challenge of Super-aged Residential area and Renovating Vacant house into Community Space in I residential area, Kamakura, Japan  2016年10月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年

    横浜国立大学   工学部   建築学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1983年04月
    -
    1987年03月

    東京大学  工学系研究科  建築学  博士課程  単位取得満期退学

  • 1981年04月
    -
    1983年03月

    横浜国立大学  工学研究科  建築学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学修士 -  横浜国立大学

  • 工学博士 -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   教授  

  • 2005年04月
    -
    2011年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   教授  

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   助教授  

  • 1998年04月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

  • 1996年04月
    -
    1998年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究科   助教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年11月
    -
    2006年12月

      ニューカッスル大学(英国)   建築計画造園学部   客員研究員

  • 2006年06月
    -
    2006年11月

      王立工科大学(スウェーデン)   建築学部   客員教授

  • 1997年03月
    -
    1997年07月

      ルンド大学(スウェーデン)   建築学部   客員教授

  • 1987年04月
    -
    1991年03月

      東京大学   工学部建築学科   助手

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1981年
    -
    継続中
     

    日本建築学会

  • 1990年04月
    -
    継続中
     

    日本老年社会科学会

  • 1995年03月
    -
    継続中
     

    日本エコミュージアム研究会

  • 1984年
    -
    継続中
     

    日本医療福祉建築協会

  • 2014年04月
    -
    継続中
     

    ICOM 国際博物館会議

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 博物館学

  • 環境老年学

  • 都市計画・建築計画

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 建築士(1級)

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年08月
    -
    2019年03月

    東京建築士会ヘリテージマネージャー研修

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 保健医療福祉施設の計画に関する研究

    研究期間:  - 

  • 博物館,エコミュ-ジアムの計画に関する研究

    研究期間:  - 

  • 高齢者の生活環境に関する研究

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 金山町(山形県最上郡)における「域学連携」事業への取り組み

    大原 一興, 大野 敏 (担当: 単著 )

    横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院  2019年

    CiNii

  • 北欧流「ふつう」暮らしからよみとく環境デザイン(分担執筆)

    北欧環境デザイン研究会 (担当: 共著 , 担当範囲: ミュージアムの中に住む )

    彰国社  2018年05月 ISBN: 4395321097

  • 福祉転用による建築・地域のリノベーション(分担執筆)

    森一彦他 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 空き家を活用した多世代交流の場づくり )

    学芸出版  2018年03月 ISBN: 4761532386

  • Ecomuseums and cultural landscapes -State of the art and future prospects

    Raffaella Riva (ed), Kazuoki Ohara et al. (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Challenges of Japanese ecomuseums in the beginning of 21th century, Generativity of ecomuseum )

    Maggioli Editore  2018年01月 ISBN: 978-88-916-2496-3

  • 観光資源としての博物館(分担執筆)

    (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 野外博物館 pp.81-84 )

    芙蓉書房出版  2016年03月

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 高齢者の生活拠点移動に関する建築計画的研究

    大原 一興

      1989年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 住民福祉活動拠点確保における空き家活用に関する研究 -空き家情報が集積する場としての成年後見人の可能性-

    中村 美安子, 大原 一興, 藤岡 泰寛

    日本建築学会計画系論文集 ( 日本建築学会 )  ( 769 ) 537 - 546   2020年03月

    共著

     概要を見る

    <p> This research examines the possibility of securing the base of social support activities of community residents by utilizing vacant houses. Social support for community residents relies on volunteer participation. Although it is different from the support provided by specialized organizations, etc. and has more flexibility, the financial base is often weak. To secure the base for social support activities, free or low-priced rent is indispensable. Public facilities, welfare facilities, schools, vacant houses in the area, etc. are among possible local resources, but there are many restrictions on public facilities. Using vacant houses is considered a highly realistic method that can be widely adopted.</p><p> The increase of vacant houses in the community has become a problem, and there is a growing interest in using them. These are often inherited properties, which remain neither rented nor occupied by owners. One says that these properties are left untouched because of the attachment to the family home, or the burden of dismantling costs. Therefore, rather than expecting rent income, many owners prefer leaving their property unused. It would be easier for financially weak community social support activities to secure a base if some of these vacant houses are available free of charge or at a low price.</p><p> However, the conditions are not yet ready for obtaining information on rentable vacant houses. Until now, real estate agencies and activists' networks provided information, but these sources are not enough. Therefore, to find new locations of vacant houses with clearly identified owners, we conducted a survey on adult guardians in Kanagawa prefecture to examine the potential of adult guardians as "a field for inflow of vacant house information".</p><p> As a result, adult guardians are indeed "a field for inflow of information" and many owners are interested in community activities. The possibility of securing free or low-priced rent is high. With guardians' understanding, owners can be aware of the needs for vacant houses utilization. Also, in order to gain the understanding of the owners on a free or a low-priced rent, there are at least three conditions. (1) Clearing up of the leftover baggage, basic repair, maintenance of the building by weeding and ventilation, etc., shall not burden the ward with out-of-pocket expenses. (2) For cases when there is a need to vacate the property, the contract must make provision for immediate handover to avoid concerns about trouble over withdrawal.(3) In order to deal with concerns over the tenant's identity, the contractor should be the Municipal Social Welfare Council, etc. The owner's reassurance is a necessary collateral. Of these, one can say that (2) and (3) are common in that general lenders tend to feel anxious about rental, but (1) is not put on the market base. In the case of lending free of charge or at a low price, the intention to avoid the owner's burden is quite natural. We can say that these are the conditions required to community welfare activists, in order for guardians and family courts to be able to tell if "it is in the benefit of the ward".</p>

    DOI CiNii

  • 出づくりの村「語り部」による二拠点型居住の伝承〈修正版〉:長野県阿智村清内路集落におけるエコミュージアム活動から

    大原 一興, 藤岡 泰寛, 江水 是仁

    住総研研究論文集・実践研究報告集 ( 一般財団法人 住総研 )  46 ( 0 ) 201 - 211   2020年  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    山間にある長野県阿智村清内路集落では,集落中心部には耕地が確保できないため,日当たりの良い斜面の高地に耕作地を求め,そこに夏の間一定期間過ごす「出作り」をしてきた。この風習の現代的な継承のために,経験者による「語り部」の可能性が考えられる。現在では本来の出作りも語り部もほとんど消滅した。本論文ではかつての生活の想起,出作り民家の実態と生活の変化と経緯などを総体的に記録し,先行研究の上にこの地域遺産の地図上へのプロットを作成し空間の実態を明らかにした。伝統的な出作りが衰退する中,本宅と山の家との二拠点の存在を活かし新しい生活スタイルを示唆する家も見られた。また,その地域文化の伝承を進めるエコミュージアムとしての活動実態の調査およびその可能性についても考察した。

    DOI CiNii

  • 出づくり文化の継承におけるエコミュージアムの役割の考察:長野県阿智村清内路集落におけるエコミュージアム活動から その2

    大原 一興, 藤岡 泰寛, 江水 是仁

    住総研研究論文集・実践研究報告集 ( 一般財団法人 住総研 )  46 ( 0 ) 179 - 188   2020年  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    山間にある長野県阿智村清内路集落では,集落中心部には耕地が確保できないため,日当たりの良い斜面の高地に耕作地を求め,そこに夏の間一定期間過ごす「出作り」をしてきた。この風習の現代的な継承のために,経験者による「語り部」の可能性とエコミュージアムの仕組みが考えられる。現在では本来の出作りも語り部もほとんど消滅している。この数年の出作りの家の動向について記録しリストを再整理し,とくに山の家と里の家の距離やコミュニティ関係など,二拠点居住のもつ意義についても考察した。また,その地域文化の伝承を進めるために語り部に対するエコミュージアムの役割についても考察した。

    DOI CiNii

  • 高齢期の自立生活継続に資する予防的住宅改修に関する研究:新潟市と大分県におけるリフォーム補助制度からの考察

    藤岡 泰寛, 田中 稲子, 大原 一興

    福祉のまちづくり研究 ( 一般社団法人 日本福祉のまちづくり学会 )  22 ( 0 ) 1 - 11   2020年  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>地域包括ケアシステム実現のために、介護が必要になっても可能な限り自宅で生活できる環境を整えることは重要である。本研究では、バリアフリー化とヒートショック対策を促進する住宅改修を「予防的住宅改修」と定義し、主に自立高齢者を対象とした自治体独自の住宅改修支援制度の運用実態に着目する。新潟市の事例から全体傾向を把握し主に量的側面の分析を、大分県の事例から主に質的側面の分析を行った。その結果、介護保険住宅改修や自己資金のみによる住宅改修に加えて、自治体による改修補助制度も有効な改修促進策となる可能性が指摘できた。一方で、改修内容の必要性・妥当性判断等に工夫の余地があることなどを指摘した。</p>

    DOI CiNii

  • 空き家活用による住民福祉活動拠点の確保に関する研究:-生活支援に取り組む住民福祉活動拠点に適した空き家の条件-

    中村 美安子, 大原 一興, 藤岡 泰寛

    日本建築学会計画系論文集 ( 日本建築学会 )  84 ( 758 ) 839 - 848   2019年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>In Japan, the aging rate is expected to increase up to 33.4% and the rate of one-person households up to 37.2% in 2035. Since it is deemed that the current social system cannot afford such circumstances, interest is growing on local communities and resident welfare activities, both from local and political points of view. Local interest is also growing on the utilization of increasing vacant houses. According to the Housing and Land Survey 2013, the total number of vacant houses in Japan is 8.2 million which accounts for 13.5% of total houses in Japan. Among the vacant houses, besides holiday houses and houses for rent or sale, the rate of "other houses" including the problematic vacant houses is rapidly increasing from 32.1% in 2003 to 35.4% in 2008 and to 38.8% in 2013. Many are individually owned houses inherited from deceased parents to children who already owns their houses and left unsold or unoccupied due to the owners' affection to their family homes or to matters of demolition costs. Therefore, such owners are assumed to hold the vacant houses until any compelling reasons occur to sell them.</p><p>The problem of the difficulty in securing community activity bases may be reduced if vacant houses can be rented free or at low cost. This is a beneficial way for both the local area and the community activity because utilizing vacant houses as community activity bases may solve vacant house problems, community activities may proceed smoothly assimilating into local communities by using pre-existing houses and the expected free or low rent is suitable to financially fragile community activities.</p><p>To define the conditions of vacant houses suitable for activity bases, we made a survey on the District Volunteer Center, an institution of the District Council of Social Welfare of Chigasaki City, Kanagawa Prefecture which is a precedent example of using vacant houses for activity bases. The results showed that the ideal conditions of vacant houses for community activity bases were to have "independent office space", "volunteer lounge space" and "space for multi-purpose use". Many of the vacant houses were second-hand housings. The merit of using a second-hand vacant house is that the rent may be free or low, however, on the other hand, there is a demerit of a possibility of moving out due to request for evacuation from the owner. If this demerit is taken merely as a risk, utilizing vacant houses may not proceed. It is therefore essential to develop an environment where information on vacant houses is accessible, making smooth relocation to better housings at any time. Information on vacant houses is hard to obtain, however, if opportunities are provided to meet owners suffering from handling their vacant houses and willing to rent to someone who can take care of such houses, there may be a chance to use such houses as community activity bases at free of charge or at low rent. Measures for approaching owners of vacant houses should be discussed in the future. Information on vacant houses are currently obtained through networks of the members of community activities or through real estate agents. Developing further measures may solve the problems of insufficient information and the members' anxiety of relocation that may become a blockade of discussing the utilization of vacant houses. It is required to recognize where the information on vacant houses is accumulated and to structure a system of obtaining and providing information that may organically connect various accumulation points.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 国際委員会セッション ICAMT 建築・博物館技術国際委員会

    大原一興

    第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019報告書 ( ICOM国際博物館会議 )    78 - 79   2020年03月  [査読有り]  [依頼有り]

    会議報告等   単著

  • 福祉施設のこれまでとこれから

    大原一興

    ディテール3月号別冊「福祉施設の設計」 ( 彰国社 )    88 - 88   2020年03月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 国際博物館会議ミラノ大会特別プログラム:エコミュージアムとコミュニティミュージアム

    大原一興

    エコミュージアム研究 ( 日本エコミュージアム研究会 )  ( 23 ) 54 - 66   2019年03月  [依頼有り]

    会議報告等   単著

  • 日常生活に浸透して計画しつづけること(建築計画委員会活動報告)

    大原一興

    建築雑誌 ( 日本建築学会 )  ( 1715 ) 50 - 51   2018年09月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 墓地の風景 「不在所有」の問題

    ACe建設業界 ( 日本建設業連合会 )    24   2017年11月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 高齢者向け住宅・居住施設の情報収集・提供システムの構築ノウハウ(横浜国立大学登録知財)

    特許 K09001

    佐藤哲、大原一興

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会賞(論文)

    2011年05月30日   日本建築学会   脱施設化の流れにおける現代の施設計画に関する一連の研究  

    受賞者:  大原一興

  • 第15回住総研 研究選奨

    2017年06月30日   住総研   出づくりの村「語り部」による二拠点型居住の伝承 -長野県阿智村清内路集落におけるエコミュージアム活動から-  

    受賞者:  出づくりの村エコミュージアム研究委員会(主査:大原一興)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • いえのミュージアム概念による居住環境の保全継承の方法論

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  2024年03月  代表者:  大原一興

  • 縮小社会における総合的・中長期的な空き家対策に向けた実証的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  2023年03月  代表者:  田村 誠邦

  • 超高齢化住宅地の持続的再生に向けた福祉転用マネジメントの有効性に関する実証的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  2023年03月  代表者:  森一彦

  • 異世代シェア型地域居住モデル構築を通じた郊外住宅地の介護予防力向上に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  藤岡 泰寛

  • 住民福祉活動の拠点確保における空き家活用方策に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  中村 美安子

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • エコミュージアムとコミュニティミュージ アムの国際フォーラムinかながわ

    提供機関:  民間財団等  大林財団2018年度国際会議助成

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月  代表者:  大原一興

  • 出づくり文化の継承におけるエコミュージアムの役割の考察 阿智村清内路集落におけるエコミュージアム活動から その2

    提供機関:  地方自治体  住総研住宅研究助成

    研究期間: 2017年06月  -  2018年09月  代表者:  大原一興

  • 出づくりの村「語り部」による二拠点型居住の伝承 長野県阿智村清内路集落におけるエコミュージアム活動から

    提供機関:  地方自治体  住総研住宅研究助成

    研究期間: 2015年06月  -  2016年09月  代表者:  大原一興

  • 地域包括ケアにおける特別養護老人ホームの役割に関する研究

    提供機関:  公益社団法人 全国老人福祉施設協議会  老施協総研 調査研究助成事業

    研究期間: 2011年05月  -  2012年03月  代表者:  大原一興

  • 明治期の盲唖院における視覚・聴覚障害者のコミュニケーション空間の成立と変遷に関する史的研究-京都盲学校資料室所蔵史料を対象に-

    提供機関:  民間財団等  福武学術文化振興財団平成20年度「歴史学・地理学研究助成」

    研究期間: 2009年04月  -  2010年03月  代表者:  大原一興

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Creating Sustainable Community and Heritage through Ecomuseum: Trial Discussion on Strengthening, Local People’s Attachment and Social Capital through Museological Actions in Community

    Kazuoki Ohara

    Eleventh International Conference on the Inclusive Museum “Museums, Heritage & Sustainable Tourism”  (Buenos Aires, Argentina)  2019年11月09日   Inclusive Museum

  • Sitting Space in Museum

    Ikue Masuda, Kazuoki Ohara

    ICAMT/ICOM, 25th ICOM General Conference  (Kyoto)  2019年09月02日   ICOM

  • Japanese Museum Architecture (Key note)

    Kazuoki Ohara  [招待有り]

    ICAMT/ICOM, 25th ICOM General Conference  (Kyoto)  2019年09月02日   ICOM (International Council of Musems)

  • Inter-generational Living in Aged Suburban Housing Area

    Kazuoki Ohara

    ENHR2018 international conference,Uppsala  (Uppsala)  2018年06月21日   ENHR

  • Actual Circumstance and Problems of Elderly Housing Policy in Japan

    大原一興  [招待有り]

    World Human Rights Cities Forum 2016 in Gwangju  (Gwangju,Korea)  2016年07月22日   WHRCF

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 老年社会科学

    編集委員 

    1995年
    -
    1997年
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 認知症高齢者のグループリビングと地域ケアに関する研究

  • 博物館の来館者行動に関する研究

  • 高齢者の住宅に関する研究

  • 都市型エコミュージアムに関する研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 長寿社会のまちづくりについての共同研究プロジェクト

    提供機関: 鎌倉市・今泉台町内会・LIXIL    国内共同研究  

    研究期間: 2013年01月  -  2016年03月 

  • 横浜型キャリア教育プログラムの検討開発調査

    提供機関: 横浜市  その他  

    研究期間: 2007年09月  -  2008年03月 

  • 居住者調査に基づく高齢者住宅計画モデルの研究

    提供機関: 竹中工務店  国内共同研究  

    研究期間: 2007年09月  -  2007年12月 

  • 小規模高齢者福祉施設の調査研究

    提供機関: 積水化学  国内共同研究  

    研究期間: 2004年11月  -  2005年05月 

  • 都市型エコミュージアムに関する研究

    提供機関: New Castle Upon Tyne University  国際共同研究  

    研究期間: 2002年  -  継続中 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院都市イノベーション学府  インターンシップ(建築計画)

  • 大学院都市イノベーション学府  環境心理学

  • 大学院都市イノベーション学府  環境行動論

  • 大学院都市イノベーション学府  環境行動特論

  • 教養教育科目  都市と建築

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 法政大学   居住福祉論

  • 東京大学   ジェロントロジー講座「高齢者のための住まい」

  • 東京大学 建築学科   建築計画特論

  • 筑波大学   建築計画特講

  • 京都大学   環境地球工学演習

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 横浜市福祉のまちづくり推進会議

    2005年07月
    -
    継続中

    自治体   会長

  • 神奈川県バリアフリー街づくり推進県民会議

    2011年01月
    -
    継続中

    自治体   委員長(2019~)

  • 杉並区都市計画審議会

    2000年04月
    -
    継続中

    自治体   委員

  • 横浜市バリアフリー検討協議会

    2012年01月
    -
    継続中

    自治体   座長

  • 世田谷区地域密着型サービス運営協議会

    2006年01月
    -
    継続中

    その他   副会長

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 羽沢横浜国大駅開業を契機とした地域と大学のさらなる連携強化

    横浜国立大学 

    2019年11月
     
     

  • JICA博物館とコミュニティ集中コース

    国立民族学博物館 JICA  (国立民族学博物館) 

    2018年10月
     
     

     概要を見る

    講師

  • YY講座「2025年 超高齢社会の未来を考える」

    公開講座運営委員会 

    2018年07月
    -
    2018年09月

  • DAIKEN高齢者建築セミナー

    NPO環境持続建築 

    2018年07月
     
     

  • 北欧のライフスタイル

    住環境研究所 

    2018年07月
     
     

全件表示 >>

ベンチャー企業設立 【 表示 / 非表示

  • 杉並区居住支援協議会

    2016年11月

    公務

  • 一般社団法人 かながわ居住福祉推進機構

    2012年03月09日

    医療・福祉(その他)

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2022年03月
      附属図書館長   (その他の主要活動)

  • 2019年04月
    -
    2020年03月
      建築都市文化専攻長   (部局内委員会)

  • 2011年04月
    -
    2013年03月
      建築都市文化専攻長   (部局内委員会)