大原 一興 (オオハラ カズオキ)

OHARA Kazuoki

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

教授

生年

1958年

研究キーワード

エコミュージアム、ファシリティマネジメント、医療福祉施設、建築計画、高齢者住宅、博物館

地域連携

https://www.chiiki.ynu.ac.jp/nexturbanlab/000061.html

YNU研究拠点

地球環境対応型の未来都市デザイン研究拠点

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0003-2306-3445

写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【受賞】 日本建築学会賞(論文)   2011年

    【著書】 生活視点の高齢者施設―新世代の空間デザイン― (編著)  2005年09月

    【著書】 エコミュージアムへの旅  1999年12月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【国際会議発表】 Japanese Museum Architecture (Key note)(ICAMT/ICOM, 25th ICOM General Conference)   2019年09月

    【論文】 福祉施設と制度-高齢者施設を例として-  2021年03月

    【論文】 エコミュージアムに関する国際会議等における議論の経緯 50 年間を振り返って(エコミュージアム研究)  2021年12月

    【国際会議発表】 In-home and In-community Approaches for Intergenerational Living in Aged Suburban Housing Area in Japan(NKG25 Nordic Gerontology Congress, Reykjavik)  2021年06月

    【国際会議発表】 Creating Sustainable Community and Heritage through Ecomuseum: Trial Discussion on Strengthening, Local People’s Attachment and Social Capital through Museological Actions in Community(Eleventh International Conference on the Inclusive Museum “Museums, Heritage & Sustainable Tourism”)  2019年11月

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学教授

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1983年4月
    -
    1987年3月

    東京大学   工学系研究科   建築学   博士課程   単位取得満期退学

  • 1981年4月
    -
    1983年3月

    横浜国立大学   工学研究科   建築学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  •  
    -
    1981年

    横浜国立大学   工学部   建築学   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学修士 - 横浜国立大学

  • 工学博士 - 東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   教授  

  • 2005年4月
    -
    2011年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   教授  

  • 2001年4月
    -
    2005年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   助教授  

  • 1998年4月
    -
    2001年3月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

  • 1996年4月
    -
    1998年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究科   助教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年11月
    -
    2006年12月

      ニューカッスル大学(英国)   建築計画造園学部   客員研究員

  • 2006年6月
    -
    2006年11月

      王立工科大学(スウェーデン)   建築学部   客員教授

  • 1997年3月
    -
    1997年7月

      ルンド大学(スウェーデン)   建築学部   客員教授

  • 1987年4月
    -
    1991年3月

      東京大学   工学部建築学科   助手

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1981年
    -
    現在
     

    日本建築学会

  • 1990年4月
    -
    現在
     

    日本老年社会科学会

  • 1995年3月
    -
    現在
     

    日本エコミュージアム研究会

  • 1984年
    -
    現在
     

    日本医療福祉建築協会

  • 2018年6月
    -
    現在
     

    ICOM-ICAMT 国際博物館会議-博物館建築技術委員会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画  / 建築計画・都市計画

  • その他 / その他  / 環境老年学

  • その他 / その他  / 博物館学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 建築士(1級)

  • 東京建築士会 東京ヘリテージマネージャー

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 保健医療福祉施設の計画に関する研究

    研究期間:

  • 博物館,エコミュ-ジアムの計画に関する研究

    研究期間:

  • 高齢者の生活環境に関する研究

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 金山町(山形県最上郡)における「域学連携」事業への取り組み

    大原 一興, 大野 敏( 担当: 共著)

    横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院  2021年3月 

    CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 都市科学事典

    横浜国立大学都市科学部(編)( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 5-2-4 都市の公共施設再編と脱施設化, 5-3-4 都市居住のインクルーシブデザイン)

    春風社  2021年3月  ( ISBN:9784861107344

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 福祉施設の設計 障害者・子ども・高齢者 地域との共生を目指して

    二井清治,二井るり子他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 福祉施設のこれまでとこれから)

    彰国社  2020年12月  ( ISBN:9784395321599

     詳細を見る

    担当ページ:088   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 金山町(山形県最上郡)における「域学連携」事業への取り組み

    大原 一興, 大野 敏( 担当: 共著)

    横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院  2019年3月 

    CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 北欧流「ふつう」暮らしからよみとく環境デザイン(分担執筆)

    北欧環境デザイン研究会( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ミュージアムの中に住む)

    彰国社  2018年5月  ( ISBN:4395321097  [査読有り]

     詳細を見る

    総ページ数:152   担当ページ:116-119   記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 高齢者の生活拠点移動に関する建築計画的研究

    大原 一興

    東京大学大学院工学系研究科博士論文   1989年3月

    学位論文(博士)   単著    [査読有り]

  • 精神障害をもつ老人の生活拠点とケアシステムに関する研究

    大原 一興

    横浜国立大学大学院工学研究科修士論文   1983年3月

    学位論文(修士)   単著    [査読有り]

論文 【 表示 / 非表示

  • 学生入居と高齢者の暮らしの関係に関する研究

    藤岡 泰寛, 大原 一興

    日本建築学会計画系論文集   88 ( 814 )   3225 - 3234   2023年12月

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会   共著  

    <p>The purpose of this research is to clarify the relationship of student inhabitation on the elderly life. Focusing on the trial of intergenerational inhabitation in the aged UR housing estates community, the following points were clarified from the questionnaire survey and the hearing survey.</p><p>1.Evaluation for “Students live here” was high among all generations,and the students interacted more deeply with the residents over time.</p><p>2.Elderly single-person households expected students to help with household problems and to have someone to talk to, and also expected students to play a role as a safety net.</p>

  • 丘陵郊外住宅地における高齢者の健康と建築環境に関する研究:

    吉田 直子, 大原 一興, 李 鎔根, 藤岡 泰寛

    日本建築学会計画系論文集   88 ( 814 )   3215 - 3224   2023年12月

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会   共著  

    <p>This study surveyed 1,067 older adults aged 65 years or older living in a hilly suburban residential area and used the total score of the Kihon Check List as an indicator of frailty to examine the relationship between the built environment, frailty, and outgoing behavior. The results showed an association between frailty and having about 6-8 steps at the entrance approach. In addition, an association was found between having about 9-11 steps and frequency of going out for those aged 80 years and older. </p>

  • エコミュージアム参加者の居住地域に関する意識についての研究

    髙橋 知, 大原 一興, 藤岡 泰寛

    日本建築学会計画系論文集   88 ( 813 )   2932 - 2941   2023年11月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会   共著  

    <p>This study aims to clarify aspects of attachment formation to local community by surveying ecomuseum participants in Chigasaki City. Most of the participants are people who migrated from outside the city when they were young and are now elderly.</p><p>They become attached to their residential neighborhoods through the following three stages.</p><p>1. the stage in which the individual’s intellectual interests are satisfied by learning.</p><p>2. the stage of gaining a sense of fulfillment from working with others in the community.</p><p>3. the stage of realizing one’s own individuality and realizing the relationship with the community in which one lives.</p>

  • 地区社会福祉協議会における空き家を活用した活動拠点の現状―市町村社会福祉協議会調査から―

    中村美安子,大原一興,藤岡泰寛

    神奈川県立保健福祉大学誌   20 ( 1 )   61 - 69   2023年3月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

    その他リンク: https://kuhs.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=238&item_no=1&page_id=13&block_id=21

  • Factors Influencing the Preference for Homes as the Location for Long-term Care in the Japanese Population

    Shigekazu Ukawa, Yusuke Kato, Yonggeun Lee, Kazuoki Ohara and Kazuhiko Mori

    The Open Public Health Journal   16   1 - 7   2023年  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 特集 2019年度全国大会報告

    大原一興、井上敏 他

    エコミュージアム研究   ( 25 )   1 - 62   2021年3月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等   出版者・発行元:日本エコミュージアム研究会   共著  

    pp.1-3 2019年度全国大会の概要
    pp.17-22,35-37,51-54 海外発表者の抄訳
    pp.38-33 第2部神奈川国際フォーラム報告
    pp.55-62 資料:神奈川県内エコミュージアム4事例の紹介

  • 国際委員会セッション ICAMT 建築・博物館技術国際委員会

    大原一興

    第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019報告書   78 - 79   2020年3月  [査読有り]  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等   出版者・発行元:ICOM国際博物館会議   単著  

  • 福祉施設のこれまでとこれから

    大原一興

    ディテール3月号別冊「福祉施設の設計」   88 - 88   2020年3月  [査読有り]  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:彰国社   単著  

  • 国際博物館会議ミラノ大会特別プログラム:エコミュージアムとコミュニティミュージアム

    大原一興

    エコミュージアム研究   ( 23 )   54 - 66   2019年3月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等   出版者・発行元:日本エコミュージアム研究会   単著  

  • 墓地の風景 「不在所有」の問題

    ACe建設業界   24   2017年11月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本建設業連合会   単著  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 高齢者向け住宅・居住施設の情報収集・提供システムの構築ノウハウ(横浜国立大学登録知財)

    佐藤哲、大原一興

     詳細を見る

    出願人:佐藤哲、大原一興

    特許番号/登録番号:K09001  発行日:2009年5月26日

    出願国:国内  

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会賞(論文)

    2011年05月   日本建築学会   脱施設化の流れにおける現代の施設計画に関する一連の研究  

    受賞者:大原一興

  • 第12回キッズデザイン賞 奨励賞 キッズデザイン協議会会長賞

    2018年08月   キッズデザイン協議会   「発達障害のある子どもの公共トイレに関する研究」  

    受賞者:西村顕(代表者)、野口典子、大原一興

  • 第15回住総研 研究選奨

    2017年06月   住総研   出づくりの村「語り部」による二拠点型居住の伝承 -長野県阿智村清内路集落におけるエコミュージアム活動から-  

    受賞者:出づくりの村エコミュージアム研究委員会(主査:大原一興)

  • 第9回キッズデザイン賞 奨励賞

    2015年08月   キッズデザイン協議会   「知的・発達障害のある子どもの行動特性に配慮した 住空間の提案」  

    受賞者:西村顕(代表者)、野口典子、大原一興

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 縮小社会における総合的・中長期的な空き家対策に向けた実証的研究

    2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:田村 誠邦

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 超高齢化住宅地の持続的再生に向けた福祉転用マネジメントの有効性に関する実証的研究

    2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:森一彦

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • いえのミュージアム概念による居住環境の保全継承の方法論

    2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:大原一興

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 異世代シェア型地域居住モデル構築を通じた郊外住宅地の介護予防力向上に関する研究

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:藤岡 泰寛

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 住民福祉活動の拠点確保における空き家活用方策に関する研究

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:中村 美安子

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • エコミュージアムとコミュニティミュージ アムの国際フォーラムinかながわ

    2019年4月 - 2020年3月

    民間財団等  大林財団2018年度国際会議助成

    代表者:大原一興

  • 出づくり文化の継承におけるエコミュージアムの役割の考察 阿智村清内路集落におけるエコミュージアム活動から その2

    2017年6月 - 2018年9月

    地方自治体  住総研住宅研究助成

    代表者:大原一興

  • 出づくりの村「語り部」による二拠点型居住の伝承 長野県阿智村清内路集落におけるエコミュージアム活動から

    2015年6月 - 2016年9月

    地方自治体  住総研住宅研究助成

    代表者:大原一興

  • 地域包括ケアにおける特別養護老人ホームの役割に関する研究

    2011年5月 - 2012年3月

    公益社団法人 全国老人福祉施設協議会  老施協総研 調査研究助成事業

    代表者:大原一興

  • 明治期の盲唖院における視覚・聴覚障害者のコミュニケーション空間の成立と変遷に関する史的研究-京都盲学校資料室所蔵史料を対象に-

    2009年4月 - 2010年3月

    民間財団等  福武学術文化振興財団平成20年度「歴史学・地理学研究助成」

    代表者:大原一興

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 当代日本生态博物馆的意义与挑战

    大原一兴

    “活态遗产的在地化传承”国际研讨会  2023年11月  复旦大学 贵州省文物局 石阡县人民政府

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:石阡县楼上村 黎平县地扪村 榕江县大利村   国名:中華人民共和国  

  • 空き家・空き部屋を活用した地域包括ケアシステム構築の試み

    大原一興  [招待有り]

    第19回韓中日居住問題国際会議  2022年11月  韓国住居環境学会、中国防止産業協会、日本居住福祉学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:祥明大学 ソウル   国名:大韓民国  

  • Factors that Influence the Preference for Home as the Location for Long-Term Care in the Japanese Population

    Ukawa S, Kato Y, Yonggeun L, Ohara K and Mori K

    7th International Conference on Public Health 2021(ICOPH 2021)  ICOPH

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sri Lanka  

  • In-home and In-community Approaches for Intergenerational Living in Aged Suburban Housing Area in Japan

    Kazuoki Ohara

    NKG25 Nordic Gerontology Congress, Reykjavik  NKG

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Reykjavik  

  • エコミュージアムに関する国際会議等における議論の経緯 40年間を振り返って

    大原一興

    日本エコミュージアム研究会研究大会  日本エコミュージアム研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:online  

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高齢者の住宅に関する研究

  • 認知症高齢者のグループリビングと地域ケアに関する研究

  • 博物館の来館者行動に関する研究

  • 都市型エコミュージアムに関する研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 長寿社会のまちづくりについての共同研究プロジェクト

    提供機関: 鎌倉市・今泉台町内会・LIXIL    国内共同研究  

    研究期間: 2013年01月  -  2016年3月 

  • 横浜型キャリア教育プログラムの検討開発調査

    提供機関: 横浜市  その他  

    研究期間: 2007年09月  -  2008年3月 

  • 居住者調査に基づく高齢者住宅計画モデルの研究

    提供機関: 竹中工務店  国内共同研究  

    研究期間: 2007年09月  -  2007年12月 

  • 小規模高齢者福祉施設の調査研究

    提供機関: 積水化学  国内共同研究  

    研究期間: 2004年11月  -  2005年5月 

  • 都市型エコミュージアムに関する研究

    提供機関: New Castle Upon Tyne University  国際共同研究  

    研究期間: 2002年  -  現在 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2023年度   Prospects of Architecture, Infrastructure, Engineering & Ecosystem Science

  • 2023年度   デザインスタジオⅢ

    都市科学部

  • 2023年度   建築理論演習

    都市科学部

  • 2023年度   デザインスタジオⅢB

    都市科学部

  • 2023年度   デザインスタジオⅢA

    都市科学部

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 居住福祉論

    機関名:法政大学

  • 高齢社会の生活環境

    機関名:放送大学面接授業

  • 福祉環境・工学論

    機関名:目白大学

  • 建築計画特論

    機関名:東京大学 建築学科

  • 都市自然と市民文化の将来

    機関名:横浜市立大学

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 横浜市福祉のまちづくり推進会議

    2005年07月 - 現在  会長

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • 神奈川県バリアフリー街づくり推進県民会議

    2011年01月 - 現在  委員長(2019~)

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

  • ICOM/ICAMT(建築と博物館技術国際委員会)

    2022年10月 - 2025年9月  顧問advisor

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • 日本福祉のまちづくり学会 未来型UD戦略特別研究委員会

    2021年04月 - 現在  委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 横浜市バリアフリー検討協議会

    2012年01月 - 現在  座長

     詳細を見る

    委員区分:自治体 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 基調講演 地域遺産のまるごと継承

    役割:講師

    戦争遺跡全国ネットワーク  第26回戦争遺跡保存全国シンポジウム横須賀おっぱま大会  2023年9月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 学術団体, 市民団体, 行政機関

    種別:講演会

  • フォーラム「生態博物館と文化資源の保存・活用」

    役割:出演, パネリスト, 講師, 運営参加・支援

    東京藝術大学未来創造継承センター  2023年8月

  • 講演 BF,UDからインクルーシブデザインへ

    役割:講師

    杉並建築士会  杉並建築士会総会  2023年8月

  • 2022年度 文理融合公開講座横浜建築都市学第2回「地域のエコロジー」

    役割:パネリスト, 講師

    横浜国立大学  2022年11月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 社会人・一般, 市民団体, メディア

    種別:公開講座

  • 日本建築学会福祉施設小委員会公開研究会「居住支援協議会」

    役割:コメンテーター, 助言・指導, 企画

    日本建築学会福祉施設小委員会  2022年2月

全件表示 >>

ベンチャー企業設立 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人 かながわ居住福祉推進機構

    2012年3月9日

    医療・福祉(その他)

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2024年3月
      附属図書館長   (その他の主要活動)

  • 2020年04月
    -
    2024年3月
      教育研究評議会委員   (全学委員会)

  • 2021年04月
    -
    現在
      全学障がい学生支援室運営委員会委員   (全学委員会)

  • 2019年04月
    -
    2020年3月
      建築都市文化専攻長   (部局内委員会)

  • 2011年04月
    -
    2013年3月
      建築都市文化専攻長   (部局内委員会)