大野 かおる (オオノ カオル)

OHNO Kaoru

所属組織

研究推進機構

職名

非常勤教員

関連SDGs




学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年3月

    東北大学   理学研究科   物理学   博士課程   修了

  •  
    -
    1981年3月

    東北大学   理学研究科   物理学   修士課程(博士前期課程)   修了

  •  
    -
    1979年3月

    東京理科大学   理学部   物理   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士 - 東北大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2023年9月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   研究推進機構   非常勤教員  

  • 2001年4月
    -
    2021年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   教授  

  • 2000年5月
    -
    2001年3月

    専任   横浜国立大学   工学部   教授  

  • 2019年4月
    -
    2021年3月

    併任   横浜国立大学   国際戦略推進機構   基盤教育部門長  

  • 2018年4月
    -
    2021年3月

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   数物・電子情報系理工学専攻   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1999年5月
    -
    1999年8月

      米国カリフォルニア大学   バークレー校物理学科   文部省在外研究員

  • 1995年12月
    -
    1996年6月

      米国カリフォルニア大学   バークレー校物理学科   文部省在外研究員等

  • 1993年8月
    -
    1993年9月

      アレキサンダー・フォン・フンボルト財団   研究員(マインツ大学物理学科)

  • 1990年10月
    -
    2000年4月

      東北大学   金属材料研究所   助教授

  • 1990年7月
    -
    1990年9月

      アレキサンダー・フォン・フンボルト財団   研究員(マインツ大学物理学科)

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2003年
    -
    現在
     

    ナノ学会

  • 1991年
    -
    現在
     

    日本金属学会

  • 1979年
    -
    現在
     

    日本物理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 半導体、光物性、原子物理

  • ナノテク・材料 / ナノ構造化学

  • 自然科学一般 / 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理

  • ナノテク・材料 / 複合材料、界面

  • 自然科学一般 / 数理物理、物性基礎

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 分子動力学法と格子気体模型の橋渡しをするポテンシャル繰り込み理論の研究

    経常研究  

    研究期間:

  • 第一原理多体摂動論に基づく電子励起状態の研究

    経常研究  

    研究期間:

  • 高分子ネットワークのモンテカルロシミュレーション

    経常研究  

    研究期間:

  • ナノ物質の第一原理計算

    科学研究費補助金  

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 第一原理計算の基礎と応用 : 計算物質科学への誘い

    大野 かおる ( 担当: 単著)

    共立出版  2022年  ( ISBN:9784320035478

    CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 23の先端事例がつなぐ計算科学のフロンティア

    [編集]理化学研究所中村特別研究室[監修]中村振一郎, 牧野内昭武, 安達泰司, 杉本学[著者]中村振一郎, 大野かおる他24名( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第2部 量子計算科学のフロンティアの「第7 章第一原理フェーズフィールド法で材料組織を予測する」を単著で担当)

    近代科学社  2020年1月  ( ISBN:9784764906082

     詳細を見る

    総ページ数:336   担当ページ:83-93   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 計算ナノ科学 : 第一原理計算の基礎と高機能ナノ材料への適用

    大野かおる(著/文 | 編集), 中村 振一郎(著/文), 水関 博志(著/文), 佐原 亮二(著/文)( 担当: 単著)

    近代科学社  2019年7月  ( ISBN:9784764950306

     詳細を見る

    総ページ数:272   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    第一原理計算を使いこなす!
    理論、実験に次ぐ「第三の科学」と言われてきた計算(機)科学は昨今、理論や実験に先駆けて様々な現象を予測、発見するための不可欠な分野となっている。物質物性科学・工学の世界では、量子論に基づく第一原理計算によって、ナノスケールの構造・性質のきわめて正確な予測が実現している。
    本書では、第1章で第一原理計算の理論的なベースとなる多体電子論の解説を行い、第2章ではそれを実際に計算するためのアルゴリズムの紹介をカーボン材料の応用例を使って行う。第3章では、特に環境問題の範疇で実現が叫ばれる炭素固定技術を第一原理計算で探る取組みを、第4章では、第一原理計算が成功を収めたいくつかの事例を、それぞれ紹介する。

  • Computational Materials Science: From Ab Initio to Monte Carlo Methods

    Kaoru Ohno, Keivan Esfarjani, Yoshiyuki Kawazoe( 担当: 共著)

    Springer  2018年6月  ( ISBN:3662565404

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:427   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Excitons

    大野 かおる( 担当: 分担執筆)

    IntechOpen  2018年3月  ( ISBN:978-953-51-38

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

    Print ISBN 978-953-51-3869-3, Chapter 4: DOI: 10.5772/intechopen.69854

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 表面の臨界現象の理論的研究

    大野 かおる

    1984年3月

    学位論文(博士)   単著  

     詳細を見る

    東北大学大学院理学研究科物理学専攻
    表面を持つ半無限系のスピン系を考え、その系の示す臨界現象を1/n展開と高温展開の方法で解析した。
    (手書き)pp1-252

  • 高密度金属水素のセルフコンシステントバンド計算

    大野 かおる

    1981年3月

    学位論文(修士)   単著  

     詳細を見る

    東北大学大学院理学研究科物理学専攻
    混合基底法の第一原理計算プログラムを一人で作成し、それにより高密度金属水素のfcc, bcc, hcp相のバンド計算を行った。
    (手書き)pp1-60

論文 【 表示 / 非表示

  • Electronic and optical properties of C60/Ti2CT2 and C60/Ti3C2T2 (T = F, OH, or O) Heterostructures

    Hajiahmadi Zahra, Khazaei Mohammad, Ranjbar Ahmad, Mostafaei Alireza, Chertopalov Sergii, Kuehne Th … 全著者表示

    COMPUTATIONAL MATERIALS SCIENCE   228   2023年9月

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Superlattice MAX Phases with A-Layers Reconstructed into 0D-Clusters, 1D-Chains, and 2D-Lattices

    Khazaei Mohammad, Bae Soungmin, Khaledialidusti Rasoul, Ranjbar Ahmad, Komsa Hannu-Pekka, Khazaei S … 全著者表示

    JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C   127 ( 30 )   14906 - 14913   2023年7月

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Electron-capture decay rate of 7Be encapsulated in a C70 fullerene cage

    Ohtsuki Tsutomu, Kuwahara Riichi, Ohno Kaoru

    PHYSICAL REVIEW C   108 ( 1 )   2023年7月

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Operation characteristics of a disk-type rotating detonation engine

    Ishii K., Ohno K., Kawana H., Kawasaki K., Hayashi A. K., Tsuboi N.

    SHOCK WAVES   33 ( 3 )   267 - 274   2023年4月

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Electronic structure analysis of light-element-doped anatase TiO2 using all-electron GW approach

    Ishikawa Takashi, Sahara Ryoji, Ohno Kaoru, Ueda Kyosuke, Narushima Takayuki

    COMPUTATIONAL MATERIALS SCIENCE   220   2023年3月

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 全電子混合基底法プログラムTOMBOを活用した材料科学

    佐原亮二、小野頌太、大野かおる

    まてりあ(日本金属学会会報)   53 ( 9 )   400 - 404   2014年9月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:まてりあ(日本金属学会会報)   共著  

    全電子混合基底法に基づく第一原理計算プログラムTOMBOを活用した材料科学計算結果の紹介。
    ミニ特集「材料科学における第一原理計算の進展」

  • 6員環の幾何学的特徴に依存する 1次元ピーナッツ型フラーレンポリマーの電子状態

    野田祐輔,大野かおる

    ナノ学会会報   11 ( 1 )   21 - 25   2012年10月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   共著  

    若手優秀ポスター賞受賞記事
    第一原理計算に基づき、1次元ピーナッツ型フラーレン・ポリマーの金属性と半導体性の違いを6員環構造の違いで説明した。

  • π共役デンドリマーの電子ダイナミクス計算

    兒玉泰伸, 大野かおる

    ナノ学会会報   8 ( 1 )   15 - 21   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   共著  

    若手優秀ポスター賞受賞記事

  • C60のなかは魔法の空間?!──軌道電子に影響を受ける原子核壊変を観測

    大槻勤、廣瀬健太郎、大野かおる、森里嗣生

    化学同人   62 ( 11月 )   30 - 35.   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   単著  

  • 展望》放射性同位元素をプローブとしてフラーレンに異種原子挿入の可能性を探る

    大槻勤、大野かおる

    Isotope News   ( 11月 )   2 - 8.   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   共著  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞

    2020年03月   田中貴金属記念財団   貴金属に関わる研究  

    受賞者:大野かおる

  • Marquis Who's Who in the World

    2018年07月   Marquis Who's Who   Marquis Who's Who in the WorldにBiography掲載  

    受賞者:大野かおる

  • Best Poster Presenter Award

    2017年12月   アジア計算材料学コンソーシアム   Ge希薄磁性半導体の磁化メカニズムの第一原理的理解  

    受賞者:大野 かおる, 新屋 ひかり

  • 2017 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award

    2017年04月   Marquis Who's Who   2017 Albert Nelson Marquis Lifetime Achievement Award  

    受賞者:大野かおる

  • 日本金属学会優秀ポスター賞

    2004年09月    

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 孤立系および結晶の統一的電子励起状態・ダイナミクス精密第一原理計算手法の開発

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:大野かおる

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 全電子混合基底法パッケージプログラムの開発と公開

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:大野かおる

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • グリーン関数法に基づく電子励起ダイナミックス計算コードの開発

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    代表者:大野かおる

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 強相関電子系のための全電子第一原理GWΓコードの開発

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  萌芽研究

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 最先端計算技術による新機能分子素子の設計・開発

    2009年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:大野 かおる

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 第一原理計算と実験との融合による新規ナノカーボン材料創製に関する検討

    2016年8月 - 2017年2月

    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構  NEDO「新規ナノ炭素材料開発技術に関する検討」の受託研究

    代表者:大野かおる

  • 高信頼性構造材料

    2016年4月 - 2020年3月

    文部科学省  文部科学省ポスト「京」重点課題7(東京大学物性研究所からの委託)

  • 計算科学技術推進体制構築の研究活動支援

    2014年4月 - 2015年3月

    文部科学省  HPCI戦略プログラム分野2「新物質・エネルギー創成」CMSI(東京大学物性研究所)の受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • TOMBO Seminar

    Kaoru Ohno  [招待有り]

    PCoMS TOMBO Seminar  計算物質科学人材育成コンソーシアム(PCoMS)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東北大学金属材料研究所  

  • extended quasiparticle theory and its applications

    Kaoru Ohno  [招待有り]

    Workshop on Density Functionals for Many-Particle Systems: Mathematical Theory and Physical Applications of Effective Equations  National University of Singapore (NUS)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:National University of Singapore (NUS)  

  • Feasibility of the Γ Point Only GW Calculation for Periodic Systems Using TOMBO

    Kaoru Ohno, Tsubasa Aoki  [招待有り]

    10th International Conference of the Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS-10)  the Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS-10)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Hong Kong  

  • TOMBO Tutorial

    Kaoru Ohno  [招待有り]

    10th International Conference of the Asian Consortium on Computational Materials Science (ACCMS-10)  City University of Hong Kong

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:City University of Hong Kong  

  • TOMBO Seminar

    Kaoru Ohno  [招待有り]

    PCoMS TOMBO Seminar  計算物質科学人材育成コンソーシアム(PCoMS)

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:コルマ京橋ビル オフィス東京 ルームT3  

    計算物質科学人材育成コンソーシアム(PCoMS)主催 TOMBO Seminarの主講師を務めた:師: Kaoru Ohno (Yokohama National Univ.)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ナノ材料の計算機シミュレーション

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 樹脂溶液シミュレーション

    国内共同研究  

    研究期間: 2005年07月  -  2007年9月 

  • 第一原理計算を用いた計算機材料設計

    国内共同研究  

    研究期間: 2004年07月  -  2006年6月 

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 特別研究員等審査委員会及び国際事業委員会

    2016年08月 - 2017年7月  書面審査員・書面評価員

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • 日本物理学会

    2005年04月 - 2007年3月  代議員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • ナノ学会

    2000年04月 - 2021年5月  理事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

    http://www.ac-square.co.jp/nano/organization.html

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 全学公開講座「コンピュータによる予測技術の最前線」

    役割:講師

    広報・渉外課  YY公開講座「コンピュータによる予測技術の最前線」  横浜国立大学 教育文化ホール  2017年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生, 教育関係者, 社会人・一般

    種別:公開講座

    平成29年8月29日(火)YY講座第2回目「物質を自在に設計する計算技術」の講演

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • 合金構造の予測、正確な計算モデル、横浜国立大学

    日本経済新聞 及び、日本経済新聞電子版  日本経済新聞 及び、日本経済新聞電子版  2019年8月

  • 金属組織の構造変化、実験データなしで高精度予測、合金設計の効率化に道、横国大と物材機構

    鉄鋼新聞  2019年8月

  • パラメータなしで合金構造を予測

    日刊産業新聞  2019年8月