大谷 英雄 (オオタニ ヒデオ)

OHTANI Hideo

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

教授

生年

1955年

研究分野・キーワード

安全工学,社会システム工学

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1978年

    東京大学   工学部   反応化学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1983年

    東京大学  工学系研究科  反応化学  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   教授  

  • 2005年01月
    -
    2006年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   教授  

  • 2001年04月
    -
    2004年12月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   助教授  

  • 1992年04月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

  • 1989年04月
    -
    1992年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年04月
    -
    1989年03月

      通商産業省工業技術院化学技術研究所   保安環境化学部   研究員

  • 1986年06月
    -
    1986年12月

      米国商務省標準局火災研究所   客員研究員

  • 1983年04月
    -
    1987年03月

      石川島播磨重工業株式会社技術研究所   流熱部   研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本火災学会

  •  
     
     
     

    安全工学会

  •  
     
     
     

    日本燃焼学会

  •  
     
     
     

    国際火災安全科学学会

  •  
     
     
     

    日本化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会システム工学

  • 安全工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 半導体材料ガスの爆発危険性評価

    研究期間:  - 

  • タンク火災の消火シミュレーション

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

  • 化学プラントのリスク・アセスメント

    研究期間:  - 

  • 新規消火剤の開発

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 火災便覧第4版

    日本火災学会 (担当: 分担執筆 )

    共立出版株式会社  2018年11月 ISBN: 978-4-320-07721-8

  • 安全な実験室管理のための化学安全ノート

    日本化学会 (担当: 分担執筆 )

    丸善株式会社  2016年07月 ISBN: 978-4-621-30056-5

  • 実践・安全工学

    新井充、飯塚義明、大谷英雄、古積博、田中則章、土橋律、松永猛裕、三宅淳巳、若倉正英 (担当: 共著 , 担当範囲: 第10章 安全法規 )

    化学工業日報社  2012年07月 ISBN: 9784873266121

    Amazon

  • リスク学用語小辞典

    日本リスク研究学会 (担当: 分担執筆 )

    丸善株式会社  2008年01月 ISBN: 978-4-621-07849-5

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 高分子物質の自然対流下における燃焼に関する研究

    大谷英雄

      1983年03月

    未設定   単著

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「リスク」と「夢」

    大谷英雄

    安全工学   58 ( 1 ) 1   2019年02月  [依頼有り]

    その他記事   単著

  • 危険物取扱者の将来

    大谷英雄

    Voice-消防試験研究センターだより ( 消防試験研究センター )  ( 362 ) 2 - 3   2017年09月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 可燃性化学物質の安全管理

    大谷英雄

    SE(セイフティ エンジニアリング) ( 公益財団法人総合安全工学研究所 )  44 ( 2 ) 4 - 9   2017年06月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • Prediction of hot zone temperature and its extension rate up to boilover

    Hideo Ohtani, Yoshiyuki Kato

    The Catalyst ( JOIFF )  - 10-14   2014年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • 危険物の火災・爆発について

    危険物と保安 ( 全国危険物安全協会 )    2013年10月

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本火災学会学会賞

    2011年05月16日    

  • 安全工学協会論文賞

    1995年    

  • 日本火災学会内田奨励賞

    1995年    

  • 安全工学協会論文賞

    1981年    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 燃焼中の固体可燃物上のフェロセンの挙動に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  大谷英雄

     概要を見る

    本研究で申請した設備の示差熱・熱重量同時測定装置を購入し、燃焼抑制効果を有すると見込まれる固体の化学物質について熱分析を実施した。 当初は申請したとおり、鉄化合物であるフェロセンを対象として考えていたが、フェロセンは実験室規模の小規模火炎に対して放出している段階では消火効果を発揮できていたものの、消火剤メーカーの実験施設で、ある程度規模の大きい通常の消火器の検定に使用される火炎に対してはうまく消火効果を発揮できないことが明らかとなった。これは、本研究の申請書でも記述しているとおり、粉末が小さすぎると火炎に到達できないため、消火器に充填して使用するにはある程度の粉末粒径を必要とすることによると考えられる。そこで、現状ではフェロセンより消火効果の大きいフェロセン誘導体や他の金属化合物に探索範囲を広げて消火効果を有する金属化合物を探索している段階である。フェロセン誘導体については合成する必要があり、合成できた物質を同定するためにも購入した熱分析装置は有用である。 消火効果がフェロセンよりも高そうな有望な物質としてはフェロセン誘導体などが考えられ、消火能力について検討を始めている。 また、本研究とは直接の関連はないが、フェロセンについても、消火剤として消火器から放出した場合に、空中に均一に分散できればより強力な消火効果を発揮できるものと考えられ、水中にフェロセンを均一に分散した水溶液をウォーターミストとして放出する方法についても検討を進めている。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • アルカン/亜酸化窒素/不活性ガス混合気における爆発上限界の予測手法の開発

    浅野詞保,小柴佑介,大谷英雄

    第52 回安全工学研究発表会  (アオーレ長岡)  2019年11月28日   安全工学会

  • パーフルオロカルボン酸鉄の合成とその燃焼抑制効果

    角熊祐司,小柴佑介,大谷英雄

    第52 回安全工学研究発表会  (アオーレ長岡)  2019年11月28日   安全工学会

  • 金属dppf 錯体の燃焼抑制効果

    渡邉佳菜,小柴佑介,大谷英雄

    第52 回安全工学研究発表会(  (アオーレ長岡)  2019年11月28日   安全工学会

  • 有毒ガス漏えい事故時における工業団地周辺住民の避難意思とフェイス項目の関係性の検討

    金奉賛,小柴佑介,大谷英雄

    第52 回安全工学研究発表会  (アオーレ長岡)  2019年11月18日   安全工学会

  • フェロセン含有マイクロエマルションの消火性能に及ぼす油相の影響

    入谷拓也,小柴祐介,大谷英雄

    第51回安全工学研究発表会  (石川県 地場産業振興センター)  2018年11月29日   安全工学会

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新規消火剤の研究開発

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  産業災害のリスクリテラシー演習

  • 大学院環境情報学府  産業災害のリスクリテラシー

  • 大学院環境情報学府  化学物質のハザード評価演習Ⅳ

  • 大学院環境情報学府  化学物質のハザード評価演習Ⅲ

  • 大学院環境情報学府  化学物質のハザード評価演習Ⅱ

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 長崎大学   安全工学セミナー

  • 芝浦工業大学   安全性工学概論

  • 総務省消防大学校   火災の性状(危険物・化学火災)

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • NEDO技術委員会

    2019年06月
    -
    2021年03月

    その他   NEDO技術委員

  • 危険物施設の風水被害対策のあり方に関する検討会

    2019年06月
    -
    2020年03月

    政府   委員

  • 認定事業者等調査委員会

    2019年05月
    -
    2021年04月

    その他   評価委員

  • 危険物貯蔵所に係る完成検査マニュアル例作成検討委員会

    2019年05月
    -
    2020年03月

    その他   委員

  • 鋼製地下タンク等FRP内面ライニング施工事業者認定委員会

    2019年04月
    -
    2021年03月

    その他   委員長

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 第9回基準油脂分析試験法セミナー

    日本油化学会  (東京理科大学森戸記念館) 

    2009年11月
     
     

     概要を見る

    化学実験室の安全管理について講演した。

  • 化学安全スクーリング2009-化学実験室における安全管理指導者の養成

    日本化学会  (日本化学会(東京)) 

    2009年08月
     
     

     概要を見る

    化学実験室における安全管理について講演

  • 化学安全スクーリング2008-化学実験室における安全管理指導者の養成

    日本化学会  (日本化学会(東京)) 

    2008年08月
     
     

     概要を見る

    化学実験室における安全対策について講演

  • 模擬講義「燃焼と化学」

    工学部  (横浜国立大学) 

    2007年08月
     
     

     概要を見る

    オープンキャンパスの行事である高校生向けの模擬講義として燃焼現象とそれに関係のある化学の問題、化学以外の問題について講義を行った。

  • 化学安全スクーリング2007-化学実験室における安全管理指導者の養成

    日本化学会  (東京大学) 

    2007年08月
     
     

     概要を見る

    日本化学会防災専門委員会の行事として大学、研究所等の化学実験室の安全管理に携わっている管理者向けの防災教育講演会の講師を担当した。

全件表示 >>