尾島 司郎 (オジマ シロウ)

OJIMA Shiro

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 英語教育

職名

教授

研究分野・キーワード

第二言語習得, 臨界期, 言語脳科学

ホームページ

http://ojima-lab.ynu.ac.jp/index.html

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-2740-692X

写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 An ERP study of second language learning after childhood: effects of proficiency   2005年08月

    【論文】 Neural correlates of foreign-language learning in childhood: A 3-year longitudinal ERP study  2011年01月

    【論文】 Age and amount of exposure to a foreign language during childhood: behavioral and ERP data on the semantic comprehension of spoken English by Japanese children  2011年06月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1998年03月
    -
    1998年12月

    University of Melbourne   Faculty of Arts   Department of Linguistics & Applied Linguistics   卒業

  • 1994年04月
    -
    1998年03月

    岡山大学   教育学部   中学校教員養成課程 外国語(英語)専攻   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2005年01月

    University of Essex  Graduate School, Department of Language & Linguistics  PhD by Supervised Research  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(Ph.D.) -  エセックス大学(イギリス)

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   英語教育   教授  

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   英語教育   准教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   教育実践専攻   教育デザインコース 英語   教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   高度教職実践専攻(教職大学院)   教科教育・特別支援教育プログラム   言語・文化・社会グループ 英語   教授  

  • 2017年04月
    -
    2021年03月

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   教育実践専攻   教育デザインコース 英語   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

      慶應義塾大学   理工学部   非常勤講師

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

      立命館大学   生命科学部・スポーツ健康科学部   非常勤講師

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

      滋賀大学   教育学部 英語教育講座   准教授

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

      滋賀大学   教育学部 英語教育講座   講師

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

      慶應義塾大学   理工学部   非常勤講師

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2013年
    -
    継続中
     

    日本神経科学学会

  • 2013年
    -
    継続中
     

    日本英語学会

  • 2013年
    -
    継続中
     

    日本言語学会

  • 2013年
    -
    継続中
     

    言語科学会

  • 2013年
    -
    継続中
     

    大学英語教育学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 言語学

  • 外国語教育

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭1種免許

  • TOEFL-PBT 647

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 生成文法理論に基づく第二言語習得研究

    研究期間: 1997年04月  -  2005年01月

  • 脳機能計測を用いた第二言語習得研究

    脳科学研究  

    研究期間: 2001年10月  -  継続中

  • 言語の発達・脳の成長・言語教育に関する統合的研究

    JST社会技術研究プログラム(RISTEX)  

    研究期間: 2005年  -  2009年

  • 子どもの第二言語習得および小学校英語に関する研究

    研究期間: 2005年04月  -  継続中

  • 「論理と感性の先端的教育研究拠点」における言語と認知に関する研究

    科学技術振興調整費による中核的研究拠点(COE)育成  

    研究期間: 2010年04月  -  2012年03月

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 第二言語習得論と英語教育の新展開

    尾島司郎, 藤原康弘(著、編集) 青山聡, 岩中貴裕, 大場浩正, 小橋雅彦, Sachiko Takahashi, 竹野純一郎, 伊達正起, 野口正樹, 松浦加寿子, Nobuyoshi Miyasako, 米崎里, Hirokazu Yonezaki, Barry O’Sullivan(著) (担当: 共著 , 担当範囲: 編者、まえがき、第4章「脳機能計測で探る第二言語習得」を単独執筆 )

    金星堂  2020年03月 ISBN: 978-4764711990

     概要を見る

    テクノロジーの発展により、生きている人間の脳の活動を非侵襲的に可視化することが可能になった。脳機能計測は母語に続いて第二言語の脳内処理にも応用され、第二言語の習熟度が上がると脳活動がシステマティックに変化することが分かった。最近では日本人小学生の英語学習を調べる大規模な脳科学プロジェクトが実施され、英語学習開始年齢よりも生涯英語接触時間の重要性が指摘された。

    Amazon

  • 第二言語習得研究モノグラフシリーズ3 言語習得研究の応用可能性 ―理論から指導・脳科学へ

    白畑知彦、須田孝司(著、編集) 須田孝司, 鈴木一徳, 平川眞規子, 近藤隆子, 横田秀樹, 白畑知彦, 松村昌紀, 奥脇奈津美, 中川右也, 尾島司郎(著) (担当: 共著 , 担当範囲: 「第二言語を学ぶ脳:日本人英語学習者の脳機能計測研究」(page 211-248)を単独執筆 )

    くろしお出版  2019年06月 ISBN: 978-4874248065

     概要を見る

    言語は脳で学ばれているという認識のもと、脳機能を調べる具体的な手法を解説しながら、日本人が第二言語として英語を学習するプロセスについて調べた4つの脳機能計測研究を紹介した。具体的には、成人被験者で英語習熟度の効果を調べたERP(事象関連脳電位) 研究、小学生の脳活動に見られる英語能力の発達パターンを調べたERP研究、小学生の英語学習開始年齢と総学習時間の効果を調べたERP研究、小学生の英単語復唱に関連する脳領域を調べたNIRS(近赤外線分光法)研究である。

    Amazon

  • 理論言語学史

    畠山 雄二 (著、編集)  本田謙介、田中江扶、藤田耕司、酒井智宏、藏藤健雄、尾島司郎(著) (担当: 共著 , 担当範囲: 第V部「生物言語学」(page 223-267)を単独執筆 )

    開拓社  2017年09月 ISBN: 9784758922470

     概要を見る

    人間の言語能力に関連して行われてきた生物学的研究の歴史を、進化、脳、動物、発達、遺伝などの観点から概観した。特に、生物言語学の誕生、言語獲得の生物学的条件、言語起源論、言語脳科学の誕生、言語の障害と言語の天才、動物研究の貢献、極小主義的な言語起源論、言語脳科学の発展などのテーマを論じ、最近盛んになってきた生物言語学という研究領域がどのように形成されたのかについて統合的なストーリーを提示した。

    Amazon

  • Future Trends in the Biology of Language

    Ojima S, Otsu Y, Connolly J, & Thierry G (著、編集) Momoi T, Fujita E, Pinheiro AP, Niznikiewicz M, Gonçalves ÓF, Hashimoto T, Nakatsuka M, Konno T, Okanoya K, Boeckx C, Dering B, Hoshino N, Sano T(著) (担当: 共著 , 担当範囲: 編者、Preface, Chapter 6 “Expected and unexpected effects of foreign-language proficiency: brain potential studies” (page 119-136)を単独執筆 )

    KEIO UNIVERSITY PRESS  2012年03月 ISBN: 978-4766419269

     概要を見る

    本書は、言語の獲得、言語の脳科学、言語の遺伝学、言語の進化の4つの領域における最新の研究動向をまとめた単行本である。論文では、日本人の英語学習が進むにつれて、脳波にどのような変化が生じるのかについて、子どもと成人のデータを基に論じた。第二言語(L2)の習熟度が上がると、成人でも子どもでも脳波は母語話者にシステマティックに近づいていくことが観察される。一方、高いL2習熟度を獲得した成人とそうではない成人を母語において比較すると、前者のほうが優れた脳活動を示す。このことから、L2習熟度の効果はL2だけでなく、母語にも反映されることが示された。

    Amazon

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Theory and evidence in second language research: the acquisition of English by native speakers of Japanese

    Ojima S

    University of Essex    2005年01月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    生成文法の極小主義プログラムに基づき、第二言語習得の諸問題を再定義し、日本人英語学習者から得た文法性判断や脳波(ERP)データにより、それらの問題に答えることを試みた。これらの問題のうち、no-access problemには移動の制約を、over-access problemには代名詞の解釈を、resetting problemにはERPを用いて答えた。3つの問題に対する答えに基づいて、第二言語文法の性質に関して、経済的素性仮説を提唱した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Children’s learning of a semantics-free artificial grammar with center embedding

    Shiro Ojima & Kazuo Okanoya

    Biolinguistics ( KLEANTHES K. GROHMANN )  14   21 - 48   2020年08月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    中央埋め込み構造は、人間言語の極めて重要な特徴である。これまで、人工文法における中央埋め込みの学習が可能かどうかは、言語習得の主役である人間の子どもでは検証されてなかった。本研究は、ゲーム性があり子どもでも取り組める人工文法学習パラダイムを考案し、中央埋め込みの学習において人間の大人と子どもを比較した。その結果、これまで大人でも難しいとされていた学習課題に成功する子どもがいることを見出した。成功率は大人より低いものの、成功した子どもの学習効率は大人と同様であった。

  • Effects of sex and proficiency in second language processing as revealed by a large-scale fNIRS study of school-aged children

    Sugiura L, Ojima S, Matsuba-Kurita H, Dan I, Tsuzuki D, Katura T, & Hagiwara H

    Human Brain Mapping ( WILEY )  36   3890 - 3911   2015年10月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    小学生の単語の復唱における、男女差と英語習熟度の影響を、光トポグラフィーという脳機能計測方法を用いて調べた。復唱は、日本語・英語のそれぞれで、高頻度語・低頻度語に対して行われた。脳活動における男女差は、高頻度語の場合や英語習熟度が高い場合に観察された。

    DOI

  • 脳内処理に見られる言語と数学の共通性

    尾島司郎

    慶應義塾大学言語文化研究所紀要 ( 慶応義塾大学言語文化研究所 )  46   125 - 144   2015年03月

    単著

     概要を見る

    成人の日本語母語話者に、日本語の文と数式を黙読させた際の脳反応(ERP)を計測し、脳における文処理が速いほど、数式の処理も速いことを報告した。実験刺激の文には意味違反が、数式には計算間違いが含まれていた。これらのエラーに対する自動的な脳反応の時間経過を分析すると、文と数式の間に有意な正の相関があった。このことから、言語と数学のリアルタイムな脳内処理には共通性がある事が示唆された。

    CiNii

  • The integration hypothesis of human language evolution and the nature of contemporary languages

    Miyagawa S, Ojima S, Berwick RC, & Okanoya K

    Frontiers in Psychology ( FRONTIERS MEDIA SA )  5   Article564, P1 - 6   2014年06月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    人間言語の進化に関する統合仮説は、人間言語をE(xpressive)層とL(exical)層に分け、このそれぞれは他の動物にも見られるが、人間言語においてのみ、この両者が統合されていると主張する。本論文では、有限状態のE層・L層からどのように人間言語の非有限状態が生じるのか論じ、また、主に鳥の歌などで見られると考えられていたE層が、より人間に近い、ある種のサルにも見られることを指摘している。

    Web of Science DOI PubMed

  • The non-hierarchical nature of the Chomsky hierarchy-driven artificial-grammar learning

    Ojima S & Okanoya K

    Biolinguistics ( KLEANTHES K. GROHMANN )  8   163 - 180   2014年05月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    人工文法は、子どもと大人の直接比較や、動物の文法学習を調べるのに適している。この論文では、チョムスキー階層に基づく人工文法学習パラダイムをレビューし、これらの人工文法(AnBn文法)には自然言語に見られる統語的階層性が含まれない事を指摘した。統語的階層性は、人間言語らしさの本質であり、この有無は重大である。さらに、先行研究のメタ分析から、この文法が人間に学習できる条件を導き出し、子どもや動物研究への応用の基礎を作った。

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学 外部資金獲得研究者に対する表彰(カテゴリー「准教授1000万円以上」)

    2020年07月01日   横浜国立大学  

    受賞者:  尾島司郎

  • 日本心理学会 特別優秀発表賞

    2019年01月   日本心理学会   英語のNatural Speechに対する脳波反応への習熟効果  

    受賞者:  松本敦, 片山順一, 尾島司郎, 成瀬康, 井原綾

  • Overseas Research Students Award

    2000年07月   Committee of Vice-Chancellors and Principals of the Universities of the United Kingdom  

    受賞者:  Ojima, S.

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 早期英語学習の認知脳科学的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  尾島司郎

  • 多言語能力への生物言語学的アプローチ

    新学術領域研究

    研究期間:  2018年04月  -  2020年03月  代表者:  尾島司郎

  • 学童期からの英語スピーキング能力の発達に関する統合的研究-脳内文法基盤を中心に

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月  代表者:  尾島司郎

  • 脳はどのように文法を生み出すのか—東アジア言語比較認知神経科学からの探求—

    基盤研究(A)

    研究期間:  2015年04月  -  2020年03月  代表者:  酒井弘

  • ミニチュア人工言語の学習によるメタ言語意識および脳活動の変化

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2016年03月  代表者:  尾島司郎

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 多言語学習におけるインタラクションの役割

    尾島司郎

    新学術領域 「共創言語進化」第4回領域全体会議  2020年06月02日  

  • 事象関連脳電位による言語評価と言語学習の可能性

    尾島司郎  [招待有り]

    計測自動制御学会 共創システム部会研究会  2019年12月04日  

  • 脳波を指標とした英語リスニング評価の研究

    井原綾,松本敦,片山順一,尾島司郎,仲村圭太,中村謙五,西澤啓,茨木拓也,山﨑崇裕,成瀬康

    ヒューマンインターフェースシンポジウム2019  2019年09月04日  

  • Bringing brain science into EdTech for language assessment and learning

    Ojima S

    International Conference on Foreign Language Education and Technology (FLEAT) VII  2019年08月09日  

  • 脳波を用いた外国語能力の評価

    松本敦,片山順一,尾島司郎,成瀬康,井原綾

    第63回システム制御情報学会研究発表講演会  2019年05月23日  

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 脳機能計測の社会応用

  • 言語習得・言語処理に関する脳機能計測研究

  • 英語学習サポート

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 教育人間科学部  課題研究B(ゼミナール)

  • 教育人間科学部  卒業研究

  • 教育学部  スクールデー実践A(教材研究)

  • 教育学部  教職実践演習

  • 教育学部  初等教科教育法(英語)

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学 ベストティーチャー賞

    2020年07月14日   横浜国立大学  

    受賞者: 尾島司郎

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2021年03月
    対面に近い学生参加型オンライン授業の試み   (教育内容・方法の工夫)

     概要を見る

    コロナ禍で希薄になった学生の人間関係を少しでも豊かにしてあげるために、オンライン授業の最初にグループで授業に関係ないフリートークを行う時間を設けたり、1年生が知り合いを作り易いようにZoomのグループ分けをcsv読み込みで固定したり、授業中の活動にも多くのペアワークやグループワークを取り入れるなどの工夫を行った。

  • 2017年04月
    -
    継続中
    動画を用いた反転的授業   (教育内容・方法の工夫)

     概要を見る

    教員による説明をオンライン動画にして事前に配信し、学生がそれを視聴しレポートにまとめてくることで、講義内に教員が一方的に説明する時間をなくし、授業時間の大半をペアワークでの議論、レポートのピア・レビュー、教員との質疑応答に使っている。また個人用のミニホワイトボードを全員に貸し出すことで、学生の活動をよりアクティブにしている(教育学学生対象の「第二言語習得論」)

  • 2017年04月
    -
    継続中
    全ての講義でICTの積極的活用   (教育内容・方法の工夫)

     概要を見る

    ゼミ以外の全ての授業で授業支援システムを使用しており、学生にも自分の力をICTを通して発揮できるようになることを求めている。例えばライティング力は、書く能力そのものとパソコンを使いこなす能力を融合させたものだと捉え、パソコンやアプリの仕様方法の指導にも力を入れている。

  • 2017年04月
    -
    継続中
    演劇を取り入れた表現活動、動画作成   (教育内容・方法の工夫)

     概要を見る

    学部授業「スクールデー実践A:教材研究」では、学生が将来、英語教員になった際に、自分自身を魅力的な英語教材と出来るように、演劇の演出家による演技指導ワークショップを実施し、学生自身が登場する英語動画教材をiPadで作成させている。

  • 2017年04月
    -
    継続中
    1年で教科書を4回読むラウンド制   (教育内容・方法の工夫)

     概要を見る

    大学院の授業では英語で書かれた1冊の専門書を1年間で4回読むというラウンド制を採用し、「分散学習」を行うことで知識の定着と理解の深化を目指している。

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本第二言語習得学会

    2020年
    -
    継続中

    その他   広報委員長

  • 日本第二言語習得学会

    2019年
     
     

    その他   国際年次大会 査読委員長

  • 滋賀県小学校教育研究会 外国語活動部会

    2016年
     
     

    その他   顧問

  • 滋賀大学教育学部滋賀県教育委員会地域連携推進会議・英語教育専門委員会

    2015年
    -
    2016年

    その他   委員

  • 滋賀県総合教育センター

    2014年
     
     

    その他   トータルアドバイザー

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学英語教育学会オンライン研究会

    横浜国立大学 教育学部/教育学研究科 英語教育講座/英語専門領域 

    2021年03月
     
     

  • 横浜オンライン言語教育・言語科学セミナー(第3回)「機械翻訳がつなぐ外国語教育と国語教育」

    尾島司郎研究室 

    2020年12月
     
     

  • 2019-2020 YCE交換⽣選抜 第1回イングリッシュスピーチコンテスト

    横浜みなと-⾺⾞道ライオンズクラブ 

    2020年11月
     
     

     概要を見る

    高校生スピーチコンテスト審査委員長

  • 横浜オンライン言語教育・言語科学セミナー(第2回)「子ども向け多読教材ORTを用いた大学英語教育実践」

    尾島司郎研究室 

    2020年10月
     
     

  • 横浜オンライン言語教育・言語科学セミナー(第1回)「第二言語習得における訂正フィードバック」

    尾島司郎研究室 

    2020年09月
     
     

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中
      教務部会 副部会長   (部局内委員会)

  • 2021年04月
    -
    継続中
      全学教育部会 委員   (全学委員会)

  • 2019年04月
    -
    2021年03月
      予算委員会   (部局内委員会)

  • 2019年02月
    -
    2019年06月
      新大学院ワーキンググループ   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    2021年03月
      教育実践専攻運営委員会   (部局内委員会)

全件表示 >>