岡嶋 克典 (オカジマ カツノリ)

OKAJIMA Katsunori

所属組織

大学院環境情報研究院 社会環境と情報部門

職名

教授

研究キーワード

コンピュータグラフィックス、バーチャルリアリティ、画像処理、視覚脳科学、心理物理学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.okajima-lab.ynu.ac.jp

YNU研究拠点

YNU人工知能研究拠点



写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    東京工業大学   総合理工学研究科   物理情報工学専攻   博士課程   修了

  •  
    -
    1987年

    東京工業大学   総合理工学研究科   物理情報工学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 - 東京工業大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   社会環境と情報部門   教授  

  • 2007年4月
    -
    2015年3月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   社会環境と情報部門   准教授  

  • 2004年4月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   社会環境と情報部門   助教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   教授  

  • 2018年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   情報環境専攻   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年6月
    -
    2006年3月

      情報通信研究機構   特別研究員

  • 2003年4月
    -
    2004年3月

      通信・放送機構   研究フェロー

  • 2001年11月
    -
    2003年10月

      東京工業大学   大学院   客員助教授

  • 1995年10月
    -
    2004年3月

      防衛大学校   助教授

  • 1992年4月
    -
    1993年3月

      カナダ国立研究所   客員研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1990年
    -
    現在
     

    日本視覚学会

  • 2022年4月
    -
    現在
     

    情報処理学会

  • 2019年4月
    -
    現在
     

    日本照明工業会

  • 2016年
    -
    現在
     

    日本感性工学会

  • 2013年4月
    -
    現在
     

    国際色覚学会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 感性情報学

  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学

  • 情報通信 / 知覚情報処理

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 質感の認識機構解明と自動生成

    研究期間:

  • 異種感覚統合機構の解明とその応用

    研究期間:

  • 人間の色認識メカニズムの解明とその応用

    研究期間:

  • 感覚知覚特性の加齢変化

    研究期間:

  • 視認性評価モデルの開発

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 感覚知覚の心理学

    岡嶋克典、他( 担当: 共著)

    朝倉書店  2023年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 味以外のおいしさの科学

    岡嶋克典、他( 担当: 共著)

    エヌ・ティー・エス  2022年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 図説 視覚の事典

    岡嶋克典、他( 担当: 共編者(共編著者))

    朝倉書店  2022年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:360   記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  • 色彩検定公式テキストUC級(2022年改訂版)

    日本色彩研究所, 岡嶋 克典, 色彩検定協会( 担当: 共著)

    色彩検定協会  2022年2月  ( ISBN:9784909928122

    CiNii

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • VR/AR技術における感覚の提示、拡張技術と最新応用事例

    岡嶋克典、他63名( 担当: 共著)

    技術情報協会  2021年6月  ( ISBN:978-4861048500

     詳細を見る

    総ページ数:576   記述言語:日本語 著書種別:学術書

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Daylights with high melanopsin stimulation appear reddish in fovea and greenish in periphery

    Hirokuni Higashi, Katsunori Okajima

    PLoS ONE   18 ( 4 )   e0285053   2023年4月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • 冷菓咀嚼音が官能評価値と気分に与える効果の周波数依存性

    中山智恵、河本政人、和食麻衣、田浦智裕、土屋瞳、岡嶋克典

    電子情報通信学会技術研究報告   122 ( 386 )   43 - 46   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   単著  

  • メラノプシン細胞が不快グレアに与える影響

    東 洋邦, 高橋 良香, 岡嶋 克典

    照明学会誌   106 ( 1 )   29 - 35   2022年5月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 照明学会   共著  

    <p>Blue light often causes discomfort glare, but it is unclear which visual pigments are the main contributing factors. Thus, we conducted an experiment to clarify the effects of two visual pigments, S-cones and melanopsin-expressing intrinsically photosensitive retinal ganglion cells (ipRGCs), by applying a silent substitution method for keeping the stimulations of L and M cones intact in foveal and peripheral vision. The color temperatures of the stimuli were 2700 K and 8000 K, and the luminance value was 1000 cd/m<sup>2</sup>. The background luminance was set to 5.0 cd/m<sup>2</sup> to create photopic conditions. Participants were exposed to the discomfort glare of the two stimuli sequentially and evaluated them using pairwise comparisons. The results showed that stimulation of ipRGCs significantly increases the discomfort glare in peripheral vision whereas the stimulation of S-cones does not, indicating that ipRGCs play a crucial role in the occurrence of discomfort glare caused by blue light.</p>

  • ジョン・グールドの「鳥類図譜」における色彩と着彩技法 -「トゲハシハチドリ」及び「オウギハチドリ」の調査から

    田口智子、一宮八重、高橋香里、黒田清子、奥田紫乃、岡嶋克典、柿崎博孝

    玉川大学教育博物館紀要   19   3 - 13   2022年3月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • 非整合な視覚情報が歩行の印象に与える影響

    中野 彬徳, 岡嶋 克典

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)   141 ( 12 )   1411 - 1416   2021年12月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 電気学会   共著  

    <p>We investigated the effects of incoherent visual motion information on impression of walking using Virtual Reality. We defined and modulated the Gain which was the ratio of the visual velocity and the walking velocity. We conducted an experiment in which participants walked while estimating six kinds of impressions of walking: feeling of body lightness, feeling of vigor, enjoyment of walking, difficulty of walking, feeling of speed from physical sensation, and felling of exhaustion after walking as functions of the Gain. The results showed that the impressions of walking depend on the Gain in VR environment. The feeling of body lightness, the feeling of vigor, the enjoyment of walking, and the feeling of speed from physical sensation were enhanced with increasing the Gain but those feeling were saturated at high Gains. The difficulty of walking and the feeling of exhaustion after walking did not depend on the Gain. These results indicate that we can control the impressions of walking by modulating the Gain.</p>

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 視覚にまつわるFAQ

    岡嶋 克典

    VISION   33 ( 1 )   10 - 11   2021年1月  [査読有り]  [依頼有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)   出版者・発行元:日本視覚学会   単著  

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007975942

  • 視覚のクロスモーダル効果の可視化 ~食品の見た目が食感・味覚に与える影響の定量化~

    岡嶋克典

    オレオサイエンス   20 ( 11 )   493 - 498   2020年11月  [査読有り]  [依頼有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本油化学会   単著  

  • VRやARを用いたクロスモーダル研究の最前線とその活用

    岡嶋克典

    研究開発リーダー   163 ( 10 )   10 - 13   2019年10月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:技術情報協会   単著  

  • ARとクロスモーダル効果を用いた減塩化:~食品認知工学の展望~

    岡嶋克典

    日本味と匂学会誌   25 ( 2 )   123 - 126   2019年8月  [依頼有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本味と匂学会   単著  

  • 肌の質感を生かす光

    福多佳子、岡嶋克典、奥田紫乃、秋月有紀

    照明学会誌   102 ( 5 )   192 - 197   2018年5月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:照明学会   共著  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀研究者賞

    2023年03月   横浜国立大学  

    受賞者:岡嶋克典

  • 日本色彩学会査読功労賞

    2022年06月   日本色彩学会  

    受賞者:岡嶋克典

  • 発明表彰

    2022年04月   横浜国立大学  

    受賞者:岡嶋克典

  • 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション賞

    2021年12月   電子情報通信学会   動画像中の雨粒の数と大きさが雨の強さに与える影響  

    受賞者:劉洋、岡嶋克典

  • 交通工学研究会論文賞

    2021年06月   交通工学研究会   市街地におけるプロビーム道路灯プロトタイプの開発  

    受賞者:萩原亨、浜岡秀勝、江湖俊介、岡嶋克典、小林正自

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 視野全域における光感受性網膜神経節細胞と杆体の応答を加味した五元測色学の構築

    研究課題/領域番号:22H00531  2022年4月 - 2027年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    代表者:岡嶋克典

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • AIによる画像認識技術を用いた皮革文化財の動物種および鞣し剤種識別システムの構築

    研究課題/領域番号:22K00999  2022年4月 - 2025年3月

    基盤研究(C)

    代表者:飯岡稚佳子

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • 時間動的デザインと普遍的な感性の研究

    研究課題/領域番号:19K12692  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    代表者:浅野晃

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • ipRGC及び杆体応答量の違いがデバイス間の色の見えの違いに与える影響

    研究課題/領域番号:19J15530  2019年4月 - 2021年9月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    代表者:鍵本明里

     詳細を見る

    担当区分:その他  資金種別:競争的資金

  • 色彩情報学と材料物性学の融合による文化財保存・修復技術の構築

    研究課題/領域番号:18KK0282  2018年10月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  国際共同研究強化(B)

    代表者:奥田紫乃

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Color materials used in the reproduction of Shosoin imperial treasures "Kouge kishi" and "Konge kishi" collected by Nara Women's University

    田口智子、奥田紫乃、六車美保、的場美帆、宮路淳子、岡嶋克典

    韓国文化財保存科学会春季学術大会  2023年4月  韓国文化財保存科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ソウル、韓国   国名:大韓民国  

  • 社会に役立つ色覚研究 ~カラーマッチング、質感、ユニバーサルデザイン~

    岡嶋克典  [招待有り]

    日本色彩学会関西支部大会  2023年3月  日本色彩学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島県立短大  

  • 浮世絵に使用された色材の分光反射率についてー豊原国周「見立橋尽日本橋河原崎三升」(個人蔵)を対象に

    田口智子、奥田紫乃、岡嶋克典

    日本色彩学会関西支部大会  2023年3月  日本色彩学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島短大  

  • 中心視における5種の光感受性細胞と色知覚

    鍵本明里、岡嶋克典  [招待有り]

    日本色彩学会色覚研究会  2023年3月  日本色彩学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:工学院大学  

  • Five-sense Engineering and Cross-Modal Effects Associated to XR technology

    岡嶋克典  [招待有り]

    IDW'22 (International Display Workshop)  2022年12月  IDW

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡国際会議場  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 日本色彩学会

    編集理事 

    2012年5月
    -
    2014月5日
     

  • 照明学会誌

    編集理事 

    2009年5月
    -
    2012月5日
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 質感の認識機構解明とその応用

  • 食感・食品認知における視聴覚情報の効果

  • 異種感覚融合システムの応用に関する研究

  • メラノプシン細胞の視覚的効果とその応用

  • 使えるメタバース実現のためのXR技術開発

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 色彩情報処理機構のモデル化

    提供機関: カナダ国立研究所  国際共同研究  

    研究期間: 2003年08月  -  2010年3月 

  • 多原色表示システムの開発に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2003年04月  -  2005年3月 

  • 色覚の加齢変化に関する研究

    提供機関: カリフォルニア大学  国際共同研究  

    研究期間: 2002年09月  -  2010年10月 

  • ヘルスケア情報工学に関する共同研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2001年11月  -  2003年10月 

  • ユニバーサルデザインに関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2000年04月  -  2005年3月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2024年度   人間情報処理Ⅱ

    大学院先進実践学環

  • 2024年度   人間情報処理Ⅰ

    大学院先進実践学環

  • 2024年度   時空間画像処理演習

    大学院環境情報学府

  • 2024年度   時空間画像処理

    大学院環境情報学府

  • 2024年度   マルチメディア情報学Ⅱ

    大学院環境情報学府

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本視覚学会

    2022年04月 - 現在  幹事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • サイエンス・インカレ審査委員会

    2020年10月 - 2021年3月  審査委員

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • サイエンス・インカレ審査委員会

    2019年10月 - 2020年3月  審査委員

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • サイエンス・インカレ審査委員会

    2018年10月 - 2019年3月  審査委員

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • 日本視覚学会

    2018年04月 - 2022年3月  会長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 質感知覚(視覚と画像の基礎講座)

    役割:講師

    日本画像学会  2023年2月

  • 文字と色の視認性評価と情報伝達におけるXRの活用

    役割:講師

    ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会  UCDAアワード2022  2022年8月

     詳細を見る

    対象: 学術団体

    種別:講演会

  • VR/ARとクロスモーダル効果の基礎と応用

    役割:講師

    日本色彩学会  実践色彩講座  2022年3月

  • 視覚的質感の画像制御とその応用

    役割:講師

    大阪電気通信大学  視覚情報学研究系学術講演会  2022年3月

  • XR五感工学のヘルスケアへの応用

    役割:講師

    かながわ医療機器レギュラトリーサイエンスコンソーシアム  講演会  2022年2月

全件表示 >>

メディア報道 【 表示 / 非表示

  • リラックスできるラベンダー美容がキレイの味方

    集英社  MAQUIA 8月号  2021年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  • 高所恐怖症は克服できるか?

    毎日放送  林先生の初耳学  2020年5月

  • 視機能低下で変わる高齢者の目から見た日常

    日本薬局協励会  KYOREI  2019年11月

  • VRやARを用いたクロスモーダル研究の最前線とその活用

    技術情報協会  研究開発リーダー  2019年10月

  • フェイスマスクの五感工学

    講談社  VOCE10月号  2019年10月

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2023年04月
    -
    現在
      国際・社会貢献委員会委員   (部局内委員会)

  • 2023年04月
    -
    現在
      情報システム運用委員会委員   (部局内委員会)

  • 2023年04月
    -
    現在
      広報委員会委員   (部局内委員会)

  • 2023年04月
    -
    現在
      先進実践学環・代議員   (部局内委員会)

  • 2022年04月
    -
    現在
      数理AIデータサイエンス科目WG委員   (その他の主要活動)

全件表示 >>