岡安 和人 (オカヤス カズト)

OKAYASU Kazuto

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

生年

1970年

研究キーワード

加工熱処理、固溶体合金、高温変形、集合組織制御

メールアドレス

メールアドレス



学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(工学) - 豊田工業高等専門学校

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2001年6月
    -
    現在
     

    日本金属学会

  • 2002年
    -
    現在
     

    軽金属学会

  • 2013年4月
    -
    現在
     

    日本熱処理技術協会

  • 2018年12月
    -
    現在
     

    日本機械学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 材料加工、組織制御  / Material processing/Microstructural control engineering

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Preferential Dynamic Grain Growth Mechanism Enabling the Control of Microstructure and Texture by High Temperature Deformation: Experimental Evidence and Applicability

    Fukutomi Hiroshi, Okayasu Kazuto, Onuki Yusuke, Hasegawa Makoto, Kobayashi Equo, Strnadel Bohumir, … 全著者表示

    MATERIALS TRANSACTIONS   63 ( 2 )   148 - 156   2022年2月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本金属学会   共著  

    <p>The relationship between the mechanism of high temperature deformation and the evolution behavior of microstructure and the texture during deformation, which has been found in various solid solution alloys, is clarified. It is shown that the preferential dynamic grain growth (PDGG) mechanism proposed by the authors can explain the behavior of microstructure change as well as texture change of all studied alloys without contradiction. The essential aspect of the PDGG mechanism is the preferential growth of crystal grains with the orientation stable for deformation and with low Taylor factor in the given deformation mode. It is concluded that the Taylor factor corresponds to dislocation density and stored energy during the high temperature deformation of solid solution alloys when viscous glide of dislocations is the rate controlling process. The possibility of the occurrence of the PDGG mechanism in materials other than solid solution alloys is also discussed.</p>

  • 優先動的結晶粒成長機構によるFe-Mn-Si-Cr合金の集合組織制御と形状記憶特性の向上

    福富 洋志, 鈴木 茂, 中島 格, 岡安 和人, 長谷川 誠, 小貫 祐介

    鉄と鋼   107 ( 4 )   312 - 320   2021年4月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本鉄鋼協会   共著  

    <p>The development of cube texture in Fe-Mn-Si-Cr shape memory alloy by the preferential dynamic grain growth mechanism is experimentally examined. The plane strain compression deformation at 1173 K with strain rates of 2.0 × 10<sup>−3</sup> s<sup>−1</sup>, 1.0 × 10<sup>−3</sup> s<sup>−1</sup>, and 5.0 × 10<sup>−4</sup> s<sup>−1</sup> results in the development of cube texture. The maximum volume fraction of cube orientated grains is about 25% which is ten times as high as that before the deformation. It is experimentally confirmed that the specimen with {001}(surface of the tensile specimens) <110>(tensile direction) shows higher shape memory efficiency than those prepared by the so called training treatment. The texture evaluation by neutron diffraction method elucidates that control of the texture in the γ single phase state is effective to specify the active shear system contributing to the shape memory effect.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008009135

  • 種々の初期集合組織を有するAZ31BおよびAZ80マグネシウム合金の高温平面ひずみ圧縮変形下での組織と集合組織の形成機構

    福富 洋志, 朴 亨均, 金 卷煦, 岡安 和人, 長谷川 誠, 梅澤 修

    日本金属学会誌   83 ( 8 )   264 - 272   2019年8月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本金属学会   共著  

    <p>The effects of pre-existent textures on the evolution behaviors of microstructure and texture at high-temperature plane strain compression deformation of AZ31B magnesium alloy have been studied. Deformation is conducted at 723 K with a strain rate of 5.0 &times; 10<sup>&minus;2</sup> s<sup>&minus;1</sup>, up to &minus;1.3 in true strain. When non-basal slip systems are the primary slip systems, {11<span style="text-decoration: overline;">2</span>0}<10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0> texture develops. In this case, repeated change in microstructure and texture which was found in the previous work appeared with increasing strain. Namely, replacement of {11<span style="text-decoration: overline;">2</span>0}<10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0> texture with {10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0}<11<span style="text-decoration: overline;">2</span>0> texture and the reverse phenomenon occurs. While the {11<span style="text-decoration: overline;">2</span>0}<10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0> oriented grains are small and with wavy shaped grain boundaries, the {10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0}<11<span style="text-decoration: overline;">2</span>0> oriented grains are large and with rather straight grain boundaries. The mechanism of repeated change in microstructure and texture is discussed on the basis of preferential dynamic grain growth mechanism proposed by the authors.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007683520

  • Effect of Large Strain on Texture Formation Behavior of AZ80 Magnesium Alloy during High Temperature Deformation

    Kwon Hoo Kim, Kazuto Okayasu, Hiroshi Fukutomi

    Materials Science Forum   879   938 - 942   2017年  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Scientific.Net   共著  

    その他リンク: https://www.scientific.net/MSF.879

  • 高温平面ひずみ圧縮変形下でAZ31マグネシウム合金に生ずる特異な結晶粒組織と集合組織の繰り返し変化

    朴亨均、金卷煦、岡安和人、長谷川誠、福富 洋志

    日本金属学会誌   80 ( 10 )   612 - 619   2016年10月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本金属学会   共著  

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jinstmet/80/10/80_J2016011/_article/-char/en

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 結晶軸<001>の方位が制御された体心立法(BCC)構造の固溶体である金属材料およびその製造方法

    福富洋志、岡安和人、小貫祐介

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 横浜国立大学

    出願番号:2012-501909  出願日:2011年2月28日

    公開番号:WO2011/105609A1  公開日:2011年9月1日

    特許番号/登録番号:5492975  発行日:2014年3月7日

    出願国:国内  

受賞 【 表示 / 非表示

  • 関東支部功労賞

    2022年03月   一般社団法人 軽金属学会  

    受賞者:岡安 和人

  • 平成24年度 日本熱処理技術協会賞・論文賞 学術論文賞

    2013年06月   日本熱処理技術協会   AZ80マグネシウム合金の高温単軸圧縮変形下での組織と集合組織の形成挙動  

    受賞者:金珍旭(卷煦), 岡安和人, 福富洋志

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 理想的な結晶方位を有する電磁鋼板の磁気効率評価装置の作製

    2016年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

    代表者:岡安 和人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 単結晶試料を用いたアルミニウム合金の曲げ加工性改善のための基礎研究

    2010年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

    代表者:岡安和人

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 第5回 再結晶と結晶粒成長に関する国際会議

    2013年5月

    地方自治体  海外交流補助金

    代表者:岡安 和人

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 第125回秋期大会実行委員会

    2013年02月 - 2013年11月  実行委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 第123回秋期大会実行委員会

    2012年02月 - 2012年11月  実行委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 平成24年度GMI講座「結晶配向評価講座ー座学と実習ー

    役割:講師

    グリーンマテリアルイノベーション研究拠点  横浜国立大学  2012年10月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 集合組織の測定実習(EBSD, XRD)

    役割:講師

    日本塑性加工学会 東京・南関東支部若手の会第9回勉強会  横浜国立大学  2010年12月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 軽金属基礎技術講座「集合組織の測定法」

    役割:講師

    軽金属学会  横浜国立大学  2009年4月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:セミナー・ワークショップ