奥山 邦人 (オクヤマ クニト)

OKUYAMA Kunito

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

教授

生年

1957年

研究キーワード

熱エネルギー工学、熱流体プロセス工学

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年

    東京工業大学   理工学研究科   原子核工学専攻   修了

  •  
    -
    1980年

    東京工業大学   工学部   機械物理工学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 - 東京工業大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   教授  

  • 2001年4月
    -
    2003年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   助教授  

  • 1996年4月
    -
    2001年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究科   助教授  

  • 1993年4月
    -
    1996年3月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

  • 1988年4月
    -
    1993年3月

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年3月
    -
    1993年1月

      米国ペンシルバニア大学   文部省在外研究員

  • 1985年4月
    -
    1988年3月

      日本原子力研究所   東海研究所高温工学部   研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     
     

    日本伝熱学会

  •  
     
     
     

    化学工学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 熱工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 高速加熱沸騰と熱伝達

    研究期間:

  • 気液相変化を利用したマイクロアクチュエータ

    研究期間:

  • 気液相変化を伴う熱機器における伝熱及び熱輸送促進

    研究期間:

  • 熱化学エネルギー変換プロセスの高度化

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • Boiling -Research and Advances- (Y.Koizumi, M.Shoji, M.Monde, Y.Takata, N.Nagai (Eds.))

    Kunito Okuyama( 担当: 共著)

    Elsevier  2017年6月  ( ISBN:9780081010105

     詳細を見る

    総ページ数:848   担当ページ:504-519   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 化学工学辞典(化学工学会編、改訂4版)

    ( 担当: 共著)

    丸善  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 熱物性ハンドブック(日本熱物性学会編)

    ( 担当: 共著)

    養賢堂  1990年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

論文 【 表示 / 非表示

  • Passive production of synthesis gas from liquid methanol using a packed bed of porous material particles

    Kunito Okuyama, Kanoko Ichimi, Masato Takazawa, Asami Natori, Mikako Tanaka

    International Journal of Heat and Mass Transfer   128   1017 - 1025   2019年1月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier   共著  

  • 高温固体面に衝突する微小液滴の固液接触状態の観察

    田島 迅人, 小林 優介, 奥山 邦人

    日本機械学会論文集   87 ( 904 )   1 - 12   2021年12月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会   共著  

    <p>The dynamic contact behavior of a minute liquid droplet upon the collision with a high temperature solid is investigated using total internal reflection imaging. An inkjet water droplet collides with a high temperature surface of sapphire and quartz glass prisms then splashes away. Contact behaviors captured from back using a nanosecond lighting stroboscope vary dramatically with the contact temperature <i>T<sub>c</sub></i> based on the heat conduction theory rather than the solid temperature <i>T<sub>s</sub></i> and are classified into four regions, (I) film evaporation, (II) nucleate boiling, (III) spontaneous nucleation and (IV) supercritical state regions. Contact area decreases significantly in the region (II) to show a minimum at a temperature close to the limit of liquid superheat, then increases in the region (III) to reach a maximum at a temperature close to the critical temperature before decreasing at higher temperatures. Even at a contact temperature so high as to exceed the critical temperature, liquid still contacts the solid surface over a significant area for several microseconds before drying up of the surface. The fine bubbles generated due to spontaneous nucleation hinders the contact due to the formation of the local dried area as the contact temperature approaches the superheat limit, whereas the contact is rather enhanced at further higher temperatures due to the dynamic action of spontaneous nucleation. Similar behaviors are observed for the quartz glass prism in the same range of the contact temperature.</p>

  • 一端を開放した単一の直管からなる自励振動ヒートパイプに関する研究(蒸気プラグ周囲の液膜の機能と役割)

    奥山 邦人, 柴田 洋暉, 岩元 黎

    日本機械学会論文集   87 ( 902 )   1 - 14   2021年10月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会   共著  

    A single, straight-tube pulsating heat pipe (SST-PHP) with an open end that was proposed by the authors' research group provides a high heat transport rate of 75 W with an effective thermal conductivity of 40 kW/(m・K) due to a self-excited, large amplitude, periodical oscillation of a single vapor plug. Liquid film surrounding the vapor plug is pushed back to the heating section to spread over the wick for each shrinkage of the plug, which maintains the heating section near the saturation temperature of the working liquid. In the present paper, first, the variation of the amount of liquid contained in the heating section during the oscillation is examined through the measurement of the vapor volume in the parts of the pipe. The dynamic inflow/outflow of the liquid film to/from the heating section and its relation to the occurrence of the dry-out are discussed. Secondly, the temperature variation across the liquid film that flows out along with the vapor plug into the heat transport tube is estimated with reference to the analytical solution of the temperature distribution in a liquid column oscillating with the same amplitude as that of the vapor plug. The effect of the heat transfer from the tube (temperature drop) reaches the location of the liquid film surface with a time delay around a quarter of the oscillation period. It would imply that the condensation of vapor on the film surface begins at around the maximum growth of the vapor plug, as a result, leading to the large-amplitude oscillation.

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008097951

  • Onset of drying of a porous particle bed immersed in saturated water and heated with a high surface heat flux

    Kunito Okuyama, Satomi Kawanishi, Risa Aoki

    Applied Thermal Engineering   176   115358   2020年5月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier, Ltd.   共著  

    The onset of drying of a porous particle bed immersed in saturated water and heated with a high surface heat flux is investigated. Heating of the top surface of the porous particle bed while the bottom surface is immersed in a bulk liquid induces a decrease in the local liquid saturation due to evaporation and the liquid flow toward the heated surface due to capillary action. As long as the liquid flow is sufficient to sustain wetting of the surface, the porous medium functions as a heat sink by evaporative cooling. However, at higher heat fluxes, a dried region
    may form in the proximity of the heated surface, which causes significant deterioration of the heat transfer from the heat source due to thermal resistance. Two-phase flow in a porous particle bed immersed in a saturated liquid and heated with a high surface heat flux is analyzed based on a one-dimensional model. The calculated liquid saturation distribution and heat flux at the emergence of drying almost agree with the measured distribution and heat flux. The estimation with the model suggests that the heat flux at the onset of drying increases proportionally to the square root of the permeability of the porous medium up to as high as 0.1–10 MW/m2.

    その他リンク: https://www.journals.elsevier.com/applied-thermal-engineering

  • Measurement of a Heated Surface Temperature Using a High-Speed Infrared Camera During Critical Heat Flux Enhancement by a Honeycomb Porous Plate in a Saturated Pool Boiling of a Nanofluid

    Mori Shoji, Aznam Suazlan Mt, Yanagisawa Ryuta, Yokomatsu Fumihisa, Okuyama Kunito

    HEAT TRANSFER ENGINEERING   2019年6月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 冷却器及びそれを用いた冷却装置、並びに発熱体の冷却方法

    森昌司、奥山邦人

     詳細を見る

    出願人:横浜国立大学

    出願番号:特願2016-519269  出願日:2015年5月12日

    公表番号:W02015/174423  公表日:2015年11月19日

    特許番号/登録番号:特許6283410  発行日:2018年2月2日

    出願国:国内  

     発熱体を冷却するための沸騰方式による冷却器であって、 作動流体を収容する容器と、 前記容器内において、前記作動流体と接するように且つ前記発熱体に対向するように設けられた冷却部材と を備え、前記冷却部材は、前記発熱体側に設けられた多孔質体と、前記作動流体側に設けられた 作動流体導入体とを備えた積層構造に構成され、前記多孔質体は、毛細管現象により前記作動流体を前記発熱体との接触部に供給する作 10 動流体供給部と、前記接触部で発生した蒸気を前記作動流体導入体側へ排出する蒸気排出 部とを備え、
    前記作動流体導入体は、前記作動流体を前記多孔質体に導く作動流体導入部を備える冷 却器。

  • 水素生成装置及び水素生成方法

    奥山邦人

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人横浜国立大学

    出願番号:特願2013-272855  出願日:2013年12月27日

    出願国:国内  

    可撓性部材内に充填され触媒を担持した粒子状の多孔質体を用い、工場等で生じる廃熱を利用して液体メタノール等の炭化水素系液体原料から効率的に水素を生成する水素生成装置及び水素生成方法。

  • 冷却器及びそれを用いた冷却装置、並びに、発熱体の冷却方法

    森昌司、丸岡成、奥山邦人、原田享、スアズラン ビン エムティ アズナム

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人横浜国立大学

    出願番号:特願2013-262872  出願日:2013年12月19日

    公開番号:特開2014-206365  公開日:2014年10月30日

    特許番号/登録番号:特許5882292  発行日:2016年2月12日

    出願国:国内  

  • 過熱水蒸気発生装置及び過熱水蒸気発生方法

    森昌司、奥山邦人

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 横浜国立大学

    出願番号:特願2013-154405  出願日:2013年7月25日

    出願国:国内  

    多孔質体の毛管給水作用と発熱体の加熱作用とを用いて極めて短時間に過熱水蒸気を発生させることができる過熱水蒸気発生装置及び過熱水蒸気発生方法

  • 冷却器及びそれを用いた冷却装置、並びに、発熱体の冷却方法

    森昌司、丸岡 成、奥山邦人、原田 享

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人横浜国立大学

    出願番号:特願2013-055533  出願日:2013年3月18日

    出願国:国内  

    簡易な構造で且つ良好な冷却効果を安定して有する冷却器及びそれを用いた冷却装置、並びに、発熱体の冷却方法を提供するものであり、発熱体側に設けられた第1の多孔質体と、作動流体側に設けられた第2の多孔質体とを備えた積層構造を有する。

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本原子力学会賞論文賞

    2017年03月   日本原子力学会  

    受賞者:森昌司, Suazlan Bin Mt Aznam, 柳沢隆太, 奥山邦人

  • 日本混相流学会賞技術賞

    2016年08月   日本混相流学会   含水多孔質体を用いた過熱水蒸気の迅速・高効率生成に関する研究  

    受賞者:森昌司, 田中美香子, 奥山邦人

  • 日本伝熱学会賞学術賞

    2014年05月   公益社団法人 日本伝熱学会   ハニカム多孔質体を用いた飽和プール沸騰の限界熱流束向上に関する研究  

    受賞者:森 昌司, 奥山邦人

  • 日本伝熱学会賞学術賞

    1995年    

  • 日本機械学会賞研究奨励賞

    1992年    

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 沸騰や蒸発現象の工学的応用に関する研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 熱法による海水濃縮の経済性に関するフィジビリティ調査検討

    その他  

    研究期間: 2000年  -  2002年 

  • 高温発熱体から含水多孔質体への伝熱に関する研究

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 1999年  -  2002年 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   化学応用・バイオ演習C

    大学院理工学府

  • 2022年度   化学プロセス開発計画

    理工学部

  • 2022年度   応用熱力学

    理工学部

  • 2022年度   移動および速度論A

    理工学部

  • 2022年度   プロセス工学技術創生実習S

    大学院理工学府

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会論文編修部会論文編修委員会

    2011年04月 - 2013年3月 

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • Editor of Journal of Thermal Science and Technology

    2008年04月 - 2012年3月 

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • 日本機械学会熱工学部門総務委員会

    2006年04月 - 2008年3月  委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • 化学工学会論文誌編集委員会

    2003年04月 - 2007年3月  編集委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • (財)造水促進センター海水淡水化技術評価委員会

    1998年07月 - 1999年3月  評価委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省委託事業「地域社会人キャリアアップ推進事業」TOBAC社会人キャリアアップ講座 新しい単位操作「伝熱と伝熱操作」

    東京湾岸地域大学間コンソーシアムによる社会人キャリアアップ運営協議会(TOBAC)  川崎市  2003年7月