大森 明 (オオモリ アキラ)

OMORI Akira

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

教授

研究分野・キーワード

マクロ会計、環境会計、サステナビリティ会計、公会計

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【学術関係受賞】 地方自治体における環境ストック・フローマネジメント―エコバジェットとバイオマス環境会計の連携―   2008年08月

    【学術関係受賞】 Material Flow Cost Accounting for Carbon Management: Utilizing PAF Approach  2013年03月

    【論文】 メゾ領域を対象とした公会計の意義―PFIを中心として―  2013年03月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 水マネジメントの展開と会計の役割   2018年03月

    【論文】 Drivers of Corporate Water Related Disclosure: Evidence from Japan  2016年05月

    【論文】 32. 水会計の展開と日本の水資源管理政策―オーストラリアの水会計制度を中心として―  2015年12月

    【著書】 公共経営の変容と会計学の機能  2016年12月

    【著書】 会計と社会―ミクロ会計・メソ会計・マクロ会計の視点から―  2015年03月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年

    青山学院大学   経営学部   第二部経営学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年

    横浜国立大学  国際開発研究科  国際開発経営  博士課程  修了

  •  
    -
    1996年

    横浜国立大学  経営学研究科  経営学  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術) -  横浜国立大学

  • 修士(経営学) -  横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究院   国際社会科学部門   教授  

  • 2013年04月
    -
    2014年03月

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究院   国際社会科学部門   准教授  

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    専任   横浜国立大学   大学院国際社会科学研究科   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2012年03月

    専任   横浜国立大学   経営学部   准教授  

  • 2017年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   経営学部   経営学科   アカウンティング   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年09月
    -
    2015年03月

      マッコーリ大学経済経営学部客員研究員   経済経営学部   客員研究員

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

      会計検査院   特別研究官

  • 2005年04月
    -
    継続中

      中央大学   経済研究所   客員研究員

  • 2004年04月
    -
    2007年03月

      愛知学院大学   商学部   助教授

  • 2001年04月
    -
    2004年03月

      愛知学院大学   商学部   講師(専任)

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2002年
    -
    継続中
     

    日本会計研究学会

  •  
     
     
     

    国際会計研究学会

  •  
     
     
     

    環境経済・政策学会

  •  
     
     
     

    日本簿記学会

  •  
     
     
     

    国際公会計学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 会計学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 環境財務会計に関する研究

    研究期間:  - 

  • 公的部門におけるミクロ会計とマクロ会計の連携

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

  • 政府・自治体の環境政策と環境会計

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • 非市場活動の国民会計

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語で学ぶ会計入門

    英語で学ぶ会計入門(Introduction to Accounting in English) (担当: 共訳 , 担当範囲: Chapter4,5,6,12,13の抄訳 )

    中央経済社  2020年05月 ISBN: 9784502345012

     概要を見る

    左側ページに英語、右側ページに日本語(抄訳)を配した英語で学ぶ会計学の入門書。

    Amazon

  • テキスト会計学講義

    (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 「第1章社会における会計の役割」および「第9章会計のさまざまな領域」 )

    中央経済社  2018年03月 ISBN: 9784502250811

  • 公共経営の変容と会計学の機能

    大森 明(柴 健次編著) (担当: 共著 , 担当範囲: 公共経営における会計の対象領域の拡大とその展開 )

    同文舘出版  2016年12月 ISBN: 9784495202811

     概要を見る

    柴健次編著

    Amazon

  • 会計と社会-ミクロ会計・メソ会計・マクロ会計の視点から-

    八木裕之、大森明、丸山佳久 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: カーボン・マネジメントのためのマテリアルフローコスト会計,森林バイオマスマネジメントのためのメソ環境会計の構想と展開 )

    中央大学出版部  2015年03月 ISBN: 9784805722558

     概要を見る

    小口好昭編著

    Amazon

  • サステナビリティ社会のための生態会計入門

    河野正男、八木裕之、千葉貴律、小川哲彦、長谷川直哉、植田敦紀、大森明、丸山佳久、金藤正直、松尾敏行 (担当: 共著 )

    森山書店  2013年05月 ISBN: 9784839421304

    Amazon

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 環境会計のフレームワークに関する研究

    大森 明

      2000年03月

    学位論文(博士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 統合報告時代におけるサステナビリティ報告のあり方-TCFD勧告に基づく情報開示から-

    大森 明

    Disclosure & IR ( 宝印刷株式会社 )  12   103 - 110   2020年02月  [招待有り]

    単著

     概要を見る

    企業の開示情報に基づき、企業行動がビジネス・アズ・ユージャル型と持続不能型から、CSR型やCSV型へと移行してきている事実を明らかにし、それに伴い、統合報告とサステナビリティ報告の役割分担が明確化してきたことを解明した。

  • 統合報告の展開と自然資本-『自然資本プロトコル』と外部性の内部化を中心として-

    大森明

    産業經理 ( 産業経理協会 )  78 ( 4 ) 96 - 107   2019年01月

    単著

  • 水マネジメントの展開と会計の役割

    大森 明

    経済学論纂 ( 中央大学経済学研究会 )  58 ( 2 ) 31 - 64   2018年03月

    単著

    CiNii

  • 統合報告導入の決定要因分析-日経225採用銘柄を対象としたパイロット・テスト-

    木村晃久、大森明

    横浜経営研究 ( 横浜経営学会 )  37 ( 2 ) 149 - 167   2016年09月

    共著

    CiNii

  • Drivers of Corporate Water Related Disclosure: Evidence from Japan

    Roger L. Burritt, Katherine L. Christ, Akira Omori

    Journal of Cleaner Production ( ELSEVIER )  129   65 - 74   2016年05月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 書評 越智信仁著『社会的共通資本の外部性制御と情報開示―統合報告・認証・監査のインセンティブ分析―』(日本評論社)

    大森明

    証券アナリストジャーナル ( 公益社団法人日本証券アナリスト協会 )  57 ( 5 ) 69 - 70   2019年05月  [依頼有り]

    書評,文献紹介等   単著

  • 公会計小辞典

    国際公会計学会監修、亀井孝文編集代表

    ぎょうせい     2011年04月

    総説・解説(その他)   共著

  • スタンダードテキスト財務会計論III問題演習編(第2版)

    佐藤信彦,河崎照行,齊藤真哉,柴健次,高須教夫,松本敏史(編)

    中央経済社     2010年08月

    総説・解説(その他)   共著

  • 会計学への招待

    横浜経営研究-経営学会ニュース-   ( 18 ) 3 - 12   2010年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • スタンダードテキスト財務会計論III問題演習編

    佐藤信彦,河崎照行,齊藤真哉,柴健次,高須教夫,松本敏史(編)

    中央経済社     2009年02月

    総説・解説(その他)   共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 16th EMAN(Environmental and Sustainability Management Accounting Network) Conference,Best Paper Award

    2013年03月   環境・サステナビリティ管理会計ネットワーク  

    受賞者:  大森明, 八木裕之, 丸山佳久

  • 日本地方自治研究学会賞(論文の部)

    2009年09月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 水循環マネジメントとアカウンタビリティの履行に資する水会計モデルの研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  大森 明

     概要を見る

    本研究は,日本における水循環のマネジメントとディスクロージャーに役立つ会計モデルを構築することを目的としている.健全な水循環を維持するためには,従来分断されていた管理主体を流域単位で統合する必要があるため,本研究では,水資源開発主体,水供給主体および水利用主体を一体化した水会計情報システムの構築を目指す.

  • 広域環境行政における自然資源マネジメントに資する会計モデルの研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2014年04月  -  2018年03月  代表者:  大森 明

  • 環境政策マネジメント会計のフレームワークの構築

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月  代表者:  大森 明

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Application of Natural Capital Accounting to a National Park in Japan: Case of Oze National Park

    Omori, A., Yagi, H., Furuido, H. and Zhao Y.

    23rd Conference of the Environmental and Sustainability Management Accounting Network (EMAN)  (Czech University of Life Science Prague)  2019年11月   the Environmental and Sustainability Management Accounting Network (EMAN)

     概要を見る

    This study aims to consider and propose a natural capital accounting framework useful for decision-making regarding the maintenance of man-made assets and the preservation of ecosystem assets in Oze National Park, which is registered by the Japanese government as a “substantial wetland” from the perspective of biodiversity

  • 水マネジメントの展開と会計の役割

    大森明

    日本地方自治研究学会第34回全国大会  (松山大学)  2017年09月   日本地方自治研究学会

  • Two Decades of Corporate Environmental and Sustainability Accounting in Japan

    八木裕之, 大森明, 金藤正直  [招待有り]

    20th Conference of the Environmental and Sustainability Management Accounting Network (EMAN)  2016年09月  

     概要を見る

    日本におけるサステナビリティ会計の20年間における軌跡を体系立ててまとめ、報告した。

  • スタディグループ「『統合報告』が企業会計に及ぼす影響に関する考察」中間報告

    伊藤嘉博,大鹿智基,大森明,原晴生,目時壮浩,山内暁,山本浩二,横田絵里

    日本会計研究学会第75回大会  (グランシップ(静岡))  2016年09月  

     概要を見る

    「統合報告におけるネガティブ情報」という部分を目時壮浩武蔵大学准教授と共同研究。

  • Voluntary Disclosure of Negative Information in Integrated Reports Issued by Japanese Companies

    目時壮浩

    14th Australasian Centre on Social and Environmental Accounting Research Conference (A-CSEAR 2015)  2015年12月  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 地方自治研究

    編集委員 

    2013年09月
    -
    2018月09日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅱb(博士後期)

  • 大学院国際社会科学府  生態会計特論

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅰa(博士前期)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅰb(博士前期)

  • 大学院国際社会科学府  演習Ⅱa(博士前期)

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 内閣官房及び内閣法制局入札等監視委員会、内閣府本府入札等監視委員会

    2013年09月
    -
    継続中

    政府   委員

  • 令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(エコリース促進事業)に係る指定リース事業者審査委員会

    2020年03月
     
     

    政府   委員

  • 令和2年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金執行団体選定に係る評価委員会

    2020年02月
    -
    2020年03月

    政府   委員

  • 地域環境保全対策費補助金(適応プロジェクト等のグリーンプロジェクトの活性化に向けたグリーンボンド・グリーンローン等の発行促進体制整備支援事業)に係る補助事業者選定のための評価委員会

    2020年02月
    -
    2020年03月

    政府   委員

  • 国際公会計学会

    2019年09月
    -
    継続中

    学協会   理事

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 2006年第1回イクレイ日本セミナー「自治体に提唱-エコバジェットのすすめ-」

    有限責任中間法人イクレイ日本  (東京都港区) 

    2006年02月
     
     

     概要を見る

    エコバジェットの概要

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2021年03月
      学長補佐(卒業生・基金室担当)   (その他の主要活動)

  • 2019年04月
    -
    2021年03月
      会計・情報学科長   (その他の主要活動)