大野 敏 (オオノ サトシ)

ONO Satoshi

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

教授

生年

1962年

研究分野・キーワード

日本建築史,保存修復

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 群馬県島村における近世末~近代初期の養蚕農家主屋の開口部変化   2016年06月

    【著書】 横浜の茅葺き建築 茅葺きに学ぶエコロジー  2020年03月

    【著書】 佐藤家住宅調杏報告書 一大仙市近代和風建築等総合調査事業一  2020年03月

    【著書】 歴史的建造物の保存修理技術(調査・設計・監理)に関する基礎的研究(平成28年度~令和元年度 科学研究費補助金成果報告書)  2020年03月

    【著書】 日本木造建築事典 構法の歴史  2018年12月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    横浜国立大学   工学部   建築学科  

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年10月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   教授  

  • 2011年04月
    -
    2014年09月

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   准教授  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   助教授  

  • 1998年10月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年07月
    -
    1998年09月

      川崎市立日本民家園   技術職員

  • 1984年04月
    -
    1991年06月

      財団法人文化財建造物保存技術協会   技術職員

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本建築学会

  •  
     
     
     

    建築史学会

  •  
     
     
     

    日本建築学会 関東支部

  •  
     
     
     

    日本イコモス

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 保存修復

  • 日本建築史

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 建築士(1級)

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年
    -
    1993年

    文化庁 文化財建造物主任技術者講習会

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 伝統民家継承に関する手法研究―理念と技術伝承を通じた共通認識涵養をめざして―

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    研究視点は基礎的情報整理と保存技術ネットワーク化実践の2視点とする。前半2年は、従来の調査研究実績を「民家継承に対する共通認識涵養」に向けて統合・再整理し、人材養成研修や伝統技術の公開を通じて教材としての有効性を検証する。あわせて全国的な重文民家・野外博物館・重伝建地区との情報交流において前記成果を公表し、検証範囲を拡大する。後半2年は関東地区を中心に具体的な地域ネットワークの構築を目指して、シンポジウムや技術研究会を開催する。そしてこれらの成果を「民家継承に対する共通認識」基礎指針として成果報告書にまとめ、全国的ネットワークへ向けた礎を築く。

  • 歴史的建造物の保存修理技術(調査・設計・監理)に関する基礎的研究

    研究期間:  - 

     概要を見る

    本研究は、申請者の文化財修復技術者としての経験と、研究者として全国の歴史的建造物調査や保存施策・人材育成講座などに関わってきた経験を総合して、様々なカテゴリーの文化財建造物の保存修理事例の集積と分析整理を行い、具体的な保存修復に向けての基礎資料を提供する

  • 日本建築史の再構築

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    共同研究「日本建築史の再構築」において、民家史と厨子研究の立場から検討する。

  • 相模原市協働事業 古民家ツアーを通じた歴史的資産の保存活用手法の実践

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    相模原市・地元まちづくり団体・大学研究室の協働により、地域(相模原市緑区)の古民家や社寺建築などの歴史的建造物を建築史的に評価し、その重要性をツアーなどの開催に依って啓蒙し、保存活用へ向けての足がかりをつくる。

  • 野外博物館を核とした民家保存技術の継承・公開に関する基礎的研究

    研究期間:  - 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 横浜の茅葺き建築 茅葺きに学ぶエコロジー

    大野敏 (担当: 単著 , 担当範囲: 序文と表紙を除くすべての本文と写真。図版の半分を担当。一部図面は張カシ氏の担当。 )

    公益財団法人 横浜歴史資産調査会  2020年03月

     概要を見る

    ヨコハマヘリテイジが市内の建築の魅力を伝えるブックレットの第三編として発行した解説書。横浜市内に残る茅葺き建築について、民家を以中心に紹介した。内容は、まず茅葺き建築文化についての基本的事項をQ&A形式で説明した。ついで、横浜市内の茅葺き民家調査の概要を踏まえ、茅葺き民家の存続手法を所有と公開形態をもとに類型別に説明した。この際に神奈川県下の事例も紹介しながら横浜市における歴史的建造物保存継承手法の特色を示した。また、民家以外の茅葺き建築についての紹介と、茅葺き屋根の防火についても説明を加えた。

  • 日本民家園叢書15 日本民家園耐震補強工事報告書 旧三澤家住宅 

    大野敏、古川洋、河合直人、井上説子、他 (担当: 共著 , 担当範囲: 編集と監修1と第1章概説を執筆 )

    川崎市立日本民家園  2020年03月

     概要を見る

    川崎市立日本民家叢書の15巻として公刊された 阪神淡路大震災以後、文化財建造物の耐震性能の向上が強く求められるようになった。その動きは東日本震災においてさらに強くなっている。確かに歴史的建造物といえども、公開活用するうえで人命を護るために必要な耐震性能は備えておく必要がある、その一方で、歴史的建造物の価値は、建築当時の構法・材料・形式を総合して後世に建築空間を伝えていくことになる。そのため安易な構造補強により、本来の建築形式を阻害することは急けなければならない。最近20年来、文化財建造物に対する構造補強は、文化財的価値と安全性確保のはざまで様々な試みが行われている。基本的に補強対象建物自体が構造意匠において固有の価値を持ち、その存続手法も大きく異なることもあって、文化財建造物の耐震補強は個別検討に頼らざるを得ないことが多い。そうした実態について、検討過程から愚弟的手法の検討、実施設計、施工記録、耐震事業を周知するための広報活動、等、一連の流れを具体的な検討過程まで含めて報告した資料集である。標準化が難しい文化財建造物の耐震補強事業ではあるが、今後事業化を進めるうえで、先例として貴重な情報源となりうる

  • 弘前市指定有形文化財 旧石戸谷家住宅移築工事報告書

    大野敏,岩井浩介,福井敏隆,兵頭勝幸 (担当: 共著 )

    弘前市  2020年03月

     概要を見る

    弘前市指定有形文化財 旧石戸谷家住宅を国指定史跡堀越城跡に隣接する敷地に移築復原して史跡見学にガイダンス施設に利用するための工事を監修し、建物の価値について論文を執筆した。建物は旧庄屋屋敷主屋で、桁行30mを超える長大な茅葺き民家である。建築根代は文政年間頃といわれていたが明確でなかったので、既往研究と大型茅葺き民家の系統の中でその年代の推定を行い、合わせて全国的な大型茅葺き民家におけるこの建物の位置づけを行った。その内容は「第3章第4節 主屋の建築的特徴と建築年代考察上の課題 pp25-32」「第3章第5節 建築年代についての課題 pp33-42」「第8章第1節 旧石戸谷家住宅の文化財的価値 pp83-87」で、報告書全体の監修も行った。なお、第3章4節と第3章5節は2020年3月の日本建築学会関東支部研究報告にて発表した(ウイルスにより発表会は中止したが提出論文は発表と認定)内容に、図版と文章を増補したものである。

  • 歴史的建造物の保存修理技術(調査・設計・監理)に関する基礎的研究(平成28年度~令和元年度 科学研究費補助金成果報告書)

    大野敏 (担当: 単著 )

    私家版  2020年03月

     概要を見る

    歴史的建造物というと、多くの人たちにとって「文化財」→「大事だから触れてはいけない」→「維持管理にものすごく手間暇がかかる」→「非日常的存在」と思っているだろう。しかし日本には高度な木造建築文化が生み出したすぐれた建造物が、歴史を経て至るところに継承されている。こうした身近にあるすぐれた建造物に気づき、その継承について真剣に考える人たちを増やしたい。そのために簡単な理論と様々な事例を紹介することが必須と考え、研究成果を資料集形式にまとめた。公開対象は建築家を主対象としているが、所有者・行政・市民なども理解可能な内容にまとめた。

  • 佐藤家住宅調杏報告書 一大仙市近代和風建築等総合調査事業一

    大野敏、佐藤健太郎、沢田亨、長谷川智之 (担当: 共著 )

    大仙市  2020年03月

     概要を見る

    秋田県大仙市に所在する大地主佐藤家屋敷内に現存する住宅建築群および庭園に関する学術調査報告書。明治29年尾陸羽地震で大きな被害を受けた佐藤系住宅が、震災復興にあたってそれまでの近世的な大賀や茅葺き民家から、2階建てを中心とする4棟が中庭を囲んで複合する近代和風住宅へ変貌を遂げる過程を解明し、併せて庭園や付属建築が順次整備されていく過程を考察した。担当ページは「第3章 佐藤家住宅主屋の建築 pp16-39」、「第4章 佐藤家住宅の屋敷内建築物(主屋除く) pp42-66」、「第5章 佐藤家住宅の文化遺産的価値 pp67-71」。

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 古代・中世厨子の形態に関する建築的研究

    大野敏

      1998年03月  [査読有り]

    未設定   単著

     概要を見る

    おもに仏堂内に安置されて本尊を祀る厨子に関して、その形態に着目して古代~中世前半までにおける遺例を整理分類した。そして史料分析も加味して古代においてはその原形が建築(宮殿)・帳房・天蓋・棚の4種に由来すると解き、中世前期までに新たな形式(山華焦葉系)が中国から伝来したとし、中世は宮殿系厨子、円形天蓋系厨子、箱・筒系厨子、天蓋帳房折衷厨子、宮殿天蓋折衷厨子、山華焦葉系厨子、計6系統の厨子が存在することを示した。そして室町前期を境に本尊厨子は帳房天蓋折衷系厨子から宮殿系厨子に主流が転換すること、この時期は宮殿系厨子の規模・意匠において一大高揚期であったことを示した。総ページ数157。

論文 【 表示 / 非表示

  • 移築保存手法を併用した保存地区の特質と可能性

    大野敏

    弘前市仲町伝統的建造物群保存地区計画見直し調査報告書 ( 弘前市教育委員会 )    138 - 141   2020年03月  [招待有り]

    単著

     概要を見る

    弘前市仲町伝統的建造物群保存地区計画見直し調査報告書(東北工業大学 中村琢巳博士編集・執筆)において、付論として伝建地区を野外博物館的な視点で再評価した場合の存在意義と維持・管理・活用の可能性について論じた。

  • 弘前市所在の旧石戸谷家住宅主屋について (2)

    大野敏

    2019年度(第90回)日本建築学会関東支部研究報告集Ⅱ ( 日本建築学会関東支部 )    571 - 574   2020年03月

    単著

     概要を見る

    前項で示した安政期の建築である可能性について、津軽地方の大型茅葺き民家の比較検討により、文久2年と伝える小山内家住宅との類似点が多いこと、明治19年の楠美家と比べると座敷における欄間の使用頻度と種類が限定され天井造作が素朴でや柱材もヒバに限定される(欅を不使用)などにおいて、安政期の建築と見ることが妥当であることを示した。

  • 弘前市所在の旧石戸谷家住宅主屋について (1)

    大野敏

    日本建築学会2019年度(第90回)日本建築学会関東支部研究報告集Ⅱ ( 日本建築学会関東支部 )    567 - 570   2020年03月

    単著

     概要を見る

    石戸谷家住宅主屋は、昭和60年(1985)に江戸時代における津軽地方の最上層民家遺構として弘前市有形文化財に指定された。平成16年(2004)に主屋が弘前市に寄贈されたが、老朽化が進む中で弘前市は平成21年(2009)に主屋を緊急的に解体して部材を保存した。そして平成27年から31年にかけて史跡堀越城跡史跡公園にガイダンスルームを兼ねて移築保存された。筆者はこの移築工事の改修をした立場から、主屋の復原考察に基づく建築的特徴を示し文政頃とされる建築年代について再興したものである。建築の特徴は、桁行30mを超える長大な茅葺き住宅で、軒は出桁造で高く構え、高大な小屋組は和小屋と叉首組を併用し、6室の馬屋を持つ4区画の広い土間空間を有し、居室部は下・中・上の3列構成で、上列のさらに上手に前方に付属空間が取り付く、が指摘できる。建築年代は既往研究によると文政頃とし、「安政六年己未正月廿一日 普請中諸払帳」を屋根修理記録と解していたが、記載内容から建築時期の可能性を指摘した。

  • Value of Cultural Inheritance of World Heritage Site Tajima Yahei Sericulture Farm

    Cheng Swee Yee, Ono Satoshi

    Vernacular and Earthen Architecture Towards Local Development ( Tongji University Press )    76 - 83   2019年09月  [査読有り]

    共著

  • Preservation and Revitalization of Sericulture^related Heritage Building in Gunma:In the case of Tajima Yahei Sericulture Farm and Takayamasha-sha Sericulture School.

    Cheng Swee Yee(Auser), Ono Satoshi(Corresponding Auser),

    第二届建成遺産国際学術討会 多鄕振興中的建成遺産 ( 建成遺産国際学術検討会 )    409 - 424   2019年04月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 新刊紹介『熊谷市市 別編2 妻沼聖天山の建築』(熊谷市教育委員会編)

    大野敏

    建築史学 ( 建築史学会 )  ( 七十三 ) 148 - 153   2019年09月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 原三渓の建築

    大野敏

    原三渓の美術 ( 株式会社求龍堂 )    155 - 156   2019年07月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 金山町(山形県最上郡)における学生演習を通した域学連携事業への取り組み

    大野敏 大原一興

    金山町(山形県最上郡)における学生演習を通した域学連携事業への取り組み2012-2017 ( 横浜国立大学 大学院都市イノベーション研究院 )    2019年02月

    その他記事   共著

     概要を見る

    2013年度総務省補助金による域学連携事業として、山形県金山町を舞台として発足した環ネット金山構想は、首都圏補加遠隔地の大学の人的資源を金山町において有機的に連携させて、地方の問題解決モデルを提示する活動から始まった。2年目以降は金山町の単独事業に、各大学が協力する形で2017年まで継続した。その成果を踏まえて.金山町は2018年度以降も代悪との連携を基本とした地域造りを継続する意識を持っているので、横浜国立大学として2017年度までの活動を総括し、今後の連携の方向性を確認する意味で、活動記録冊子を作成した。本編波その概略を記す。

  • 旧三井物産横浜支店倉庫の解体に関する経緯報告

    大野敏

    建築史学 ( 建築史学会 )  ( 63 ) 69 - 72   2015年09月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    横浜市中区日本大通に所在した, 旧三井物産横浜支店倉庫は、煉瓦造・木造・鉄筋コンクリート造の混構造からなる地下1階・地上3階建の建築で、明治37年に竣工した。設計者は遠藤於菟である。そこに使用された鉄筋コンクリート造は、翌年に建築された三井物産横浜支店事務所棟の日本初の全鉄筋コンクリート造に先行する試作的な構造手法として特筆される。また倉庫自体も繭・生糸貿易の拠点としての役割を果たし,日本の近代化に大きく貢献した実績を持つ.この建築学的・歴史産業遺産としての価値が高い倉庫が、所有者変更に伴い取り壊しの方向に進み、保存運動が展開される中で取り壊しが実施されたことに関して,「紹介記事」において,様々な存続のための努力の経緯を時系列的に整理し、今後の参考資料とした。

  • 道とともに伝える歴史的景観 -鈴木家長屋門-(『横浜新聞』30号)

    大野 敏

    ヨコハマヘリテイジ   ( 30 ) 1   2015年02月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

     概要を見る

    旭区に所在する旧家鈴木家の長屋門の建築的な特徴と、市内にまだ多数の長屋門が所在することの重要性を解説した

全件表示 >>

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • 神奈川県指定文化財 旧青柳寺庫裏屋根葺替修理事業に修理設計に関する技術指導

    大野敏  その他 

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

     概要を見る

    茅葺屋根の葺替修理設計の事前指導、修理設計内容確認と指導、修理時における技術指導を継続的に行い、相模原市建築関係職員に対する現地説明会講師も引き受けた。

  • 森家住宅保存修理工事基本設計(村田重要伝統的建造物群保存地区内)

    大野敏  建築作品 

    2015年02月
     
     
     

  • 火災の教訓と重要文化財蘇生への歩み  旧太田家住宅焼損復旧修理工事の記録kanshuu (記録映像)

    川崎市立日本民家園、民族映像研究所、大野敏(企画編集における監修)  教材 

    2011年03月
     
     
     

     概要を見る

    平成2年に火災に遭い、平成3年~4年に焼損復旧工事が行われた太田家について、当時記録していたVTRテープをもとに、調査・修復手法検討、復原工事の技術的要点などを60分の映像に集約し、同時に5分間の短縮番も編集した。大野はその企画・編集に監修者として参加し、映像抽出と解説文の加筆修正に従事した。

  • 藤沢市指定文化財 旧福原家長屋門移築復原工事基本設計

    その他 

    2008年12月
     
     
     

  • 旧福原家長屋門取り解き移築保存保の記録(記録映像)

    藤沢市教育委員会、TVKニュース社、大野敏(企画編集における監修)  教材 

    2008年03月
     
     
     

     概要を見る

    平成17年~平成20年にかけて実施された藤沢市指定文化財旧福原家長屋門の移築保存事業に関して、その意義や保存技術の重要性、工事過程の要点を34分の映像に集約した。大野はその企画・編集に監修者として参加し、映像抽出と解説文の加筆修正に従事した。

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 境島村における幕末~近代の蚕種製造民家群の保存継承に関する基礎的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2024年03月  代表者:  大野敏

     概要を見る

    世界遺産の登録とその保存整備事業進展の一方で、島村の蚕種製造民家に関する基本的知見(蚕種製造工程と蚕室空間の対応関係、集落毎の蚕種製造住宅の成立・展開事情の把握、近隣との影響関係)は、解明すべき事柄がまだ存在する。何より約80件近く残存する遺構のうち詳細調査された事例が14件にとどまっている点は問題である。 この課題に対して、調査件数の拡大をはかり既存調査事例の見直しを含めて基礎資料の充実を図る。

  • 歴史的建造物の保存修理技術(調査・設計・監理)に関する基礎的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月  代表者:  大野敏

     概要を見る

    本における伝統木造建築を中心とする歴史的建造物の継承策は、国の重要文化財制度を頂点として重要伝統的建造物群保存地区選定制度(昭和50年)・登録有形文化財制度(平成8年)に拡がりを見せ、こうした中で維持保存施策が厳格に行われる重要文化財は、専門の修復建築家によって膨大な手間と資金(補助金)を費やして丁寧に維持修理が行われ、建築基準法の適用も受けない。しかし、重要文化財以外の文化財建造物は、維持修理に当たって文化遺産的価値をどこまで継承するのかの判断が多様で、厳しい財源の中で建築基準法にも配慮しながら維持修理に臨むことが多い。まして文化財未指定の歴史的建造物は、それ以上に維持継承に対する選択肢が多様である。すなわち重要文化財以外の歴史的建造物は、その継承手法が多様で複雑である。 一方、歴史的建造物の継承に関わる人材育成は、阪神大震災以後ヘリテイジ・マネージャー制度が全国に拡がり、一般の建築家や古建築愛好家が歴史的建造物に関心を持つ機会が増えてきた。こうした人材が非重要文化財の歴史的建造物継承の中核として期待されている。 つまり、新たな人材層に対して、多様で複雑かつ事例増加が見込まれる非重要文化財の歴史的建造物継承への対応を期待しているといえる。 現在のところヘリテイジ・マネージャー修了生の多くは、歴史的建造物の価値を見いだす業務段階にとどまっている場合が多いが、いずれは維持修理への参画が本格化する事は間違いない。その際に具体的な対処法として参照すべき資料はきわめて少ない。すなわち、当該建物の破損状況把握、その原因探求、具体的な対処法とそれによる文化遺産的価値の継承度合、工事費の積算根拠、などの具体的事例を収集・整理して提示することが強く求められている。 本研究は、申請者の文化財修復技術者としての経験と、研究者として全国の歴史的建造物調査や保存施策・人材育成講座などに関わってきた経験を総合して、様々なカテゴリーの文化財建造物の保存修理事例の集積と分析整理を行い、具体的な保存修復に向けての基礎資料を提供する

  • 被災・破損を中心とする建設の技術革新と建築様式に関する歴史的研究

    基盤研究(A)

    研究期間:  2013年04月  -  2018年03月  代表者:  藤井恵介

     概要を見る

    建築史において、様式変化の要因として構造技術の発展が重要な位置を占める.その契機として過去の被災により建築物のダメージに対するイノベーション(技術革新)の意味合いが無視できない。この視点に立って、現在の建築様式における技術革新の果たした役割をあらためて把握し、客観的な評価をおこなう。

  • 伝統民家継承に関する手法研究-理念と技術伝承を通じた共通認識涵養をめざして-

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月 

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 正倉院所蔵の紫檀塔部材および黒漆塗六角厨子部材の復原的考察

    提供機関:  民間財団等  公益財団法人 松井角平記念財団 研究助成

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月  代表者:  大野敏

     概要を見る

     正倉院宝物の中には、原形をとどめない残欠と呼ばれる資料が存在する。宮内庁正倉院事務所では、こうした資料についても丁寧に保管しながら、本来形式の把握について着実に調査研究を進めている。 こうした調査研究中の資料の中に紫檀塔残欠と黒漆塗六角厨子部材がある。前者は建築史学の泰斗・浅野清博士により部材の整理と復原考察がなされたが、未解明の部分が少なくない。後者は正倉院事務所において復原考察がなされているが、細部のおさまりの確定と復原図の作成には至っていない。 大野敏・春日井道彦・箱崎和久は正倉院事務所のご厚意により、2017年10月に上記資料を実見する機会を得て、その実態を知ることができた。その経験をもとに、以下のような確認調査と復原検討の研究を企画した。 すなわち、紫檀塔については、浅野清博士により海竜王寺五重小塔のように外部のみ建築的に作る箱式構造の5重小塔の可能性が指摘され、組物の部分的な復原図が提示されている。ただし柱間寸法や塔全体の形状に関しては復原図などの具体像は提示されていない。この点について、組物、垂木、隅木、茅負、高欄といった部材の再確認の中から、①各部材の寸法比例から5層で確定しうるか、②組物復原は妥当か、③軒構造についての解明はどこまで可能か、④上記の検討の結果により平面図・断面図・立面図の作成は可能なのか、を見極めたい。また、黒漆塗六角厨子部材に関しては、柱の上下の判断が重要であるが、上下の解釈に従って2種類の復原案を作成することにより、その妥当性を検証してみたい。  以上本研究は、異例の少ない奈良時代の建築・工芸の意匠と技法を解明するうえで重要な基礎的研究であり、今までの知見を深めるという点で意義が高い。

  • 近代の文化財建造物の保存活用に関する基礎的研究ー神奈川県立博物館(旧横浜正金銀行本店本館)を事例として

    提供機関:  公益財団法人松井角平記念財団  公益財団法人松井角平記念財団研究助成

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月  代表者:  大野敏

     概要を見る

    神奈川県立博物館は旧横浜正金銀行本店本館(明治38年 設計妻木頼黄)を博物館に転用した建物で、日本を代表する明治末期の近大建築として重要文化財に指定されている。この建物は鉄材で補助的に用いたレンガ造(一部石造)建築で、関東大震災時も崩壊しない頑健さを誇ったが,屋頂ドーム(銅板張.鉄骨及び木造)が火災に遭ったため、屋内も被災し,大正末期に大がかりな修理を経ている。その実態の解明はまだ十分でない。また創建時の図面も簡単なものが残されているに過ぎない。したがって本研究では、本店本館の建築に関して、大正改修の実態把握(資料整理と実測)を通して建築当初形式の残存状況を把握することにより、基礎資料を整備することを目指す。

  • 歴史的資産を活用した外国人観光客誘客に資する相模原市観光振興の具体的提案移換する調査研究

    提供機関:  相模原市観光協会  調査委託費

    研究期間: 2017年11月  -  2018年02月  代表者:  大野敏

     概要を見る

    ふじの里山くらぶと横浜国立大学が連携して毎年一回実施してきた「古民家ツアー」14回分のアンケート結果を整理し資料化した.また、その内容を踏まえ、昨年度の調査成果(外国人留学生が日本の伝統文化をどのように享受したいか)も参照して、ツアー案を企画するとともに、具体的名体験メニューとして習字とコースター造りをあわせた提案を行った。

  • 歴史的資産を活かした観光振興のための基礎研究「ルートと解説の提案」

    提供機関:  相模原市観光協会 

    研究期間: 2016年12月  -  2017年03月  代表者:  大野敏

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 世界遺産とその周辺における歴史的建造物の継承について

    大野敏  [招待有り]

    全国重要文化財所有者連盟総会   (日枝神社)  2019年06月20日   全国重要文化財所有者連

  • 民家研究および保存進展と町並み保存の可能性

    大野敏

    弘前市仲町重要伝統的建造物群保存地区見直し調査 中間報告会  2019年02月01日  

     概要を見る

    弘前市

  • 「谷口地区の歴史的資産の魅力と今後の可能性について」

    大野敏  [招待有り]

    山形県金山町・第39回金山町生涯学習推進大会  (金山町公民館)  2018年11月03日   山形県金山町

     概要を見る

    『豊かな文化と人をはぐくむ地域づくり』をテーマにした金山町生涯学習推進大会において、平成25年度から横浜国立大学が取り組んできた「域学連携事業」に関する一つの重要な青果、すなわち歴史的資産を活かしたまちづくりの可能性について概説し、後半は平成30年度に調査した谷口地区の歴史的資産の可能性を説明して町民の理解を求めた。

  • 群馬島村の蚕種製造民家群の特質

    大野敏  [招待有り]

    現代れきはくフェスタ 群馬の世界文化遺産 最新の研究成果と今後の課題  (群馬県高崎市)  2017年10月23日   群馬県立歴史博物館

     概要を見る

    群馬県下の世界遺産(絹遺産)の構成資産4件において、世界遺産登録後2年を経てどのような状況になり、今後はどのような活動を続けていけばよいかを互いに情報共有して検討を深める

  • 養蚕建築が生み出す景観 ~境島村の蚕種製造民家建築群を中心として~

    大野敏  [招待有り]

    太田市景観講演会  (群馬県太田市)  2017年01月26日   太田市

     概要を見る

    身近に存在する文化的景観に関して、太田市の隣接する伊勢崎市島村の参集製造民家群の特質を踏まえて解説

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 歴史的建造物の保存技術の継承に関して

  • 歴史的建築遺産の発掘とそれを活かしたまちづくりに関して

  • 伝統的木造建築の保存・修復および活用について

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 長野県安曇野市所在の等々力家住宅に関する建築史的研究

    提供機関: 等々力家  その他  

    研究期間: 2009年10月  -  2017年03月 

  • 指物(指付け技法)の変遷過程と歴史的木造架構の類型化に関する研究

    国内共同研究  

    研究期間: 2000年04月  -  2004年03月 

  • 木造建造物の保存修復のあり方と手法

    国内共同研究  

    研究期間: 1998年12月  -  2003年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 理工学部  建築史演習

  • 理工学部  デザインスタジオⅠ

  • 理工学部  近代建築史

  • 理工学部  日本建築史

  • 大学院都市イノベーション学府  建築理論スタジオF

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 鶴見大学文学部   建築史 Ⅰ

  • 鶴見大学   建築史 Ⅱ

  • 鶴見大学大学院   建築文化財特殊講義

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2018年08月
    -
    2018年10月
    弘前市における歴史的建造物の魅力(古民家、庭園、近代建築)ポスター発表   (教育方法・実践に関する発表、講演)

     概要を見る

    弘前市における歴史的建造物の魅力を古民家(旧石戸谷家住宅)、大石武学流庭園、前川国男が遺した近代建築の3ジャンルに注目してポスターを作成して、弘前仲町重要伝統的建造物群保存地区40周年記念シンポジウムに合わせて旧伊東家住宅内で公開発表した。

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 文化審議会文化財分科会第二専門調査会

    2017年04月
    -
    継続中

    政府   第二専門調査会委員

  • 文化審議会文化財分科会第四専門調査会

    2014年06月
    -
    継続中

    政府   第四専門調査会委員

  • 群馬県文化財保護審議会

    2014年08月
    -
    継続中

    自治体   審議会委員(建造物部会所属)

  • 川崎市文化財審議会

    2014年06月
    -
    継続中

    自治体   審議会委員

  • 横浜市文化財審議会

    2010年09月
    -
    継続中

    自治体   審議会委員(建造物部会所属)

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 建築史学会大会2017年大会および記念行事催行

    建築史学会  建築史学会2017年大会  (横浜市) 

    2017年04月
     
     

     概要を見る

    建築史学会2017年大会および記念行事の催行を常任幹事の大野敏が建築学科の同僚の守田正志・菅野裕子両氏の協力と神奈川大学内田青蔵教授の支援を得て実施した。会場は近代建築である神奈川県庁本庁舎議場を借用した。記念行事は、歴史的資産を活かした地域活性化のために建築史学が果たすべき役割をテーマに、研究者・市民活動家に加えて日本丸船長を交えて多角的に議論を深めた。

  • 令和元年度 青森県建築士会ヘリテージマネージャー養成講習会講師

    青森県建築士会  (青森市) 

    2019年07月
    -
    2019年12月

     概要を見る

    青森県ヘリテージマネージャ―養成講座講師として全12回の講習会のうち、第3回目の必須講義「修復理論」を講義し、第12回の必須科目「演習成果発表会」の講評に参加した。

  • 令和元年度 滋賀県ヘリテージマネージャー上級講習会講師 

    滋賀県建築士会  (滋賀県甲賀市土山町) 

    2019年07月
    -
    2019年11月

     概要を見る

    滋賀県建築士会主催のヘリテージマネージャ資格取得者向けの上級講座で、旧東海道土山宿に現存する町並みと町家遺構の具体的な調査に基づき、街並みの特質を理解するとともに、登録文化財手続きに指して必要な所見作成を、全4回の講義と演習により身につける。大野は前4回のうち3回に講師として参加して、調査の具体的手法の教示と登録所見の書き方を説明した。

  • 平成30年度 和歌山県ヘリテージマネージャー養成講習会講師 

    和歌山県建築士会  和歌山県ヘリテージマネージャー養成講習会  (和歌山市) 

    2018年12月
     
     

     概要を見る

    和歌山県におけるヘリテージマネージャ養成講習会。「災害時時における文化財の保存」と題し、東日本震災時における歴史的建造物の保存へのかかわり方を(文化財ドクター派遣事業に参加した経験をもとに)解説した。あわせてに歴史的建造物の調査や保存に関わる建築家としての倫理問題も解説した。

  • 平成30年度 滋賀県ヘリテージマネージャー養成講習会講師

    社団法人滋賀県建築士会  滋賀県ヘリテージマネージャー養成講習会  (大津市、東近江市) 

    2018年09月
    -
    2018年12月

     概要を見る

    「歴史的建造物の破損調査と修理計画の作成(基礎編および事例編)」と題して、修理設計を行う際の基本となる、建築はどのように傷むのかという原因・結果の観点とその対処法に関して豊富な事例を通して解説した。座学を2日間行い、実地演習を一日行なった。

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2020年03月
      日韓共同理工系学部留学生事業WG   (全学委員会)

  • 2018年04月
    -
    2020年03月
      都市科学部長補佐   (部局内委員会)