大沼 雅也 (オオヌマ マサヤ)

ONUMA Masaya

所属組織

大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

イノベーション,ユーザーイノベーション,知識,パワー



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 企業によるユーザーの動員と組織的課題   2015年09月

    【論文】 ユーザーイノベーション研究の新たな展開  2014年12月

    【論文】 技術の関係性の変化メカニズム:X線CTとMRIの普及過程を事例として  2009年09月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Professional User as Innovator: Organizational Problems in Collaborative Projects   2016年06月

    【論文】 なぜ医療機器のイノベーションは難しいのか:「プロジェクト組織」をめぐる経営学的考察  2016年03月

    【論文】 企業によるユーザーの動員と組織的課題  2015年09月

    【論文】 実証対象としての「医療」:経営学研究における意義と残された課題  2014年12月

    【論文】 ユーザーイノベーション研究の新たな展開  2014年12月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    一橋大学  商学研究科  経営・マーケティング専攻  博士課程  その他

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(商学) -  一橋大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2014年03月

      成蹊大学   経済学部   助教

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2013年
    -
    継続中
     

    International Society for Professional Innovation Management

  • 2012年
    -
    継続中
     

    European Group for Organizational Studies

  • 2007年
    -
    継続中
     

    日本経営学会

  • 2007年
    -
    継続中
     

    組織学会

  • 2007年
    -
    継続中
     

    一橋商学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経営学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 技術発展プロセスにおけるユーザーの役割とその影響

    研究期間:  - 

  • 専門家が主導するイノベーションの実現メカニズムの解明

    研究期間:  - 

  • 医療技術の革新プロセスに関する経営学的検討

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本企業研究のフロンティア⑥

    (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第3章「新旧「棲み分け」を実現する製品展開:主要各社によるX線CTとMRIへの資源配分と製品展開」 )

    有斐閣  2010年03月

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 技術と活用知識の共進化

    大沼雅也

      2012年07月  [査読有り]

    未設定   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本光電工業:AEDの開発・事業化プロセス

    河野英子、大沼雅也、福嶋路、青木成樹、竹内竜介、髙石光一

    一橋ビジネスレビュー   ( SPR ) 124 - 138   2019年03月  [査読有り]

    共著

  • 日本におけるAED普及の幕開け(2):日本航空よる導入と活用

    大沼雅也

    YNUワーキングペーパーシリーズ   ( 332 ) 1 - 34   2019年03月

    単著

  • 日本におけるAED普及の幕開け(1):航空会社による採用

    大沼 雅也

    YNUワーキングペーパーシリーズ   ( 328 ) 1 - 25   2017年07月

    単著

  • Professional User as Innovator: Organizational Problems in Collaborative Projects

    Masaya Onuma

    Proceedings of The XXVII ISPIM Innovation Conference     1 - 12   2016年06月  [査読有り]

    単著

  • なぜ医療機器のイノベーションは難しいのか:「プロジェクト組織」をめぐる経営学的考察

    医療機器センター附属医療機器産業研究所リサーチペーパー   ( 18 ) 1 - 36   2016年03月

    単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 専門家ユーザーが推進する急進的革新のメカニズム

    若手研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

  • イノベーション活動への「専門家」の動員と組織的課題:医療機器開発チームのケース

    若手研究(B)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  大沼雅也

  • ユーザーイノベーションの発生・普及に対する企業行動の影響

    研究活動スタート支援

    研究期間:  2012年08月  -  2013年03月  代表者:  大沼雅也

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 医療機器開発チームのマネジメント

    提供機関:  地方自治体  医療機器センター医療機器産業研究所研究助成

    研究期間: 2015年06月  -  2016年03月  代表者:  大沼雅也

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Institutional Innovation by Potential Product Users: The Use of AEDs by Non-Doctors

    Masaya Onuma

    Open and User Innovation Conference 2019  (Utrecht)  2019年06月  

  • Little Experience is Not a Weakness: A Collaborative Innovation Project by a Professional User

    Masaya Onuma

    World Open Innovation Conference 2018  (San Francisco)  2018年12月14日  

  • 医療行為の革新に見る共創プロセス:ユーザー・イノベーション研究の視点から

    大沼雅也

    2019年度組織学会年次大会  (小樽)  2018年09月23日   小樽商科大学

  • 医工連携シンポジウム

    大沼雅也  [招待有り]

    第14回日本放射線技術学会総会学術大会  (横浜)  2018年04月  

  • How do professionals tackle collaborative innovation projects?

    Masaya Onuma

    2017 UIIN Asia-Pacific Conference on University-Industry Engagement  2017年02月15日  

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 医療関連デバイスの開発・普及に関する社会科学的検討

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • YNU研究イノベーション・シンポジウム2018

    横浜国立大学  (横浜) 

    2018年11月
     
     

  • 国産医療機器開発のための事業化研修:アドバンスコース 医工連携のTeam Building

    東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 先端工学外科各分野  (東京) 

    2018年10月
     
     

  • 国産医療機器開発のための事業化研修:第1回 医工連携から始まる医療機器開発

    東京女子医科大学 先端生命医科学研究所 先端工学外科各分野  (東京) 

    2016年07月
     
     

  • ハマのリーダー育成塾:第2回 創造性を高めるためのマネジメント

    横浜青年会議所  (横浜) 

    2016年04月