大野 直子 (オオノ ナオコ)

OONO naoko

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

原子力材料、金属材料、電子顕微鏡

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-2732-9231

代表的な業績 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1999年04月
    -
    2003年03月

    東北大学   工学部   材料物性学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2005年04月
    -
    2008年03月

    東北大学  工学研究科  知能デバイス材料学専攻  博士課程  修了

  • 2003年04月
    -
    2005年03月

    東北大学  工学研究科  知能デバイス材料学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東北大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2021年03月

      北海道大学   大学院工学研究院   助教

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

      京都大学   エネルギー理工学研究所   研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2003年
    -
    継続中
     

    日本金属学会

  • 2020年
    -
    継続中
     

    日本顕微鏡学会

  • 2018年
    -
    継続中
     

    日本鉄鋼協会

  • 2009年
    -
    継続中
     

    形の科学会

  • 2008年
    -
    継続中
     

    日本原子力学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 原子力材料

  • 材料加工・組織制御工学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Comprehensive Nuclear Materials: 2nd Edition

    Shigeharu Ukai, Naoko Oono-Hori and Satoshi Ohtsuka (担当: 共著 , 担当範囲: 3.06 Oxide Dispersion Strengthened Steels )

    Elsevier  2020年07月 ISBN: 9780081028650

学位論文 【 表示 / 非表示

論文 【 表示 / 非表示

  • Erratum: “Conceptual Design of HFIR Irradiation Experiment for Material Compatibility Study on Liquid Sn Divertor” [Plasma Fusion Res. 16, 2405040 (2021)]

    Masatoshi KONDO and Bruce A. PINT and Jiheon JUN and Nick RUSSELL and Joel McDUFFEE and Masafumi AK … 全著者表示

    Plasma and Fusion Research ( Japan Society of Plasma Science and Nuclear Fusion Research )  16 ( 0 ) 2905088 - 2905088   2021年06月  [査読有り]

    共著

    DOI CiNii

  • Novel Cleaning Methodologies for Specimens Tested in Liquid Metals

    Susumu HATAKEYAMA and Naoko OONO and Takashi NOZAWA and Kan SAKAMOTO and Yoshie TAMAI and Masatoshi … 全著者表示

    Plasma and Fusion Research ( Japan Society of Plasma Science and Nuclear Fusion Research )  16 ( 0 ) 1205015 - 1205015   2021年02月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>Liquid metals are excellent coolants of fission and fusion reactors. However, the chemical compatibility of structural materials is important issue. The mass losses of the high-temperature materials such as FeCrAl-ODS, SiC, and refractory metals by corrosion in liquid metals are essential information to obtain their corrosion rates. The specimens must be cleaned to remove liquid metals solidified and adhered on the specimens after the corrosion tests, though the damage of the specimens in the cleaning procedure must be minimized. Cleaning methodologies appropriate for the specimens tested in liquid metals are urgently required for further compatibility study. The cleaning methodology with 0.1 M sodium hydroxide (NaOH) solution was developed, in which Sn was selectively dissolved without any damage on the specimens of the high-temperature materials. The cleaning procedure to remove Pb, Bi, and these alloys (i.e., Pb-16Li and Pb-Bi) adhered on the specimens in the solution mixture of acetic acid, ethanol, and H<sub>2</sub>O<sub>2 </sub>were also studied.</p>

    DOI CiNii

  • Effect of Co addition on the high-temperature oxidation behavior of oxide-dispersion-strengthened FeCrAl alloys

    Zhang, S. and Hayashi, S. and Ukai, S. and Oono, N.H.

    Corrosion Science   184   2021年  [査読有り]

    共著

    DOI Scopus

  • Conceptual Design of HFIR Irradiation Experiment for Material Compatibility Study on Liquid Sn Divertor∗)

    Kondo, M. and Pint, B.A. and Jun, J. and Russell, N. and Duffee, J.M. and Akiyoshi, M. and Tanaka, … 全著者表示

    Plasma and Fusion Research ( 一般社団法人 プラズマ・核融合学会 )  16 ( 0 ) 1 - 6   2021年  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>Liquid Sn is one of the promising coolants for liquid surface divertor concept of fusion reactors. However, the compatibility between liquid Sn and structural materials is an important issue that has to be addressed, because liquid Sn is extremely corrosive to steels at high temperatures. The corrosion may be mitigated when a protective Al<sub>2</sub>O<sub>3 </sub>layer is formed on the surface of alumina forming steels. However, the effect of neutron irradiation on the integrity of protective layer is not made clear so far. Japan and US joint research project "FRONTIER" started in 2019 to investigate the material compatibility under neutron irradiation. The purpose of the present study is to develop the conceptual design of the irradiation test capsule which enables material compatibility tests for the alumina forming steels - liquid metal systems under neutron irradiation in the High Flux Isotope Reactor at Oak Ridge National Laboratory, TN, USA. The three dimensional drawing of capsule structure was then developed. The validity of the material selections for the capsule design was investigated by means of corrosion tests of SiC, Si<sub>3</sub>N<sub>4</sub>, Ti, and Mo in liquid Sn at 773 K for 262 hr.</p>

    DOI CiNii Scopus

  • Evaluation of Processing Conditions on the γ′ Morphology of an Oxide Dispersion Strengthened Ni-Based Superalloy

    Aghamiri, S.M.S. and Linye, Z. and Ukai, S. and Oono, N. and Shahverdi, H.R. and Soltanieh, M.

    Advanced Engineering Materials   23 ( 3 )   2021年  [査読有り]

    共著

    DOI Scopus

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 鉄−クロム−アルミニウム系酸化物分散強化型鋼およびその製造方法

    特願 特願2015-039891  特開 特開2018-070897 

    鵜飼 重治, 大野 直子, 林 重成, 大塚 智史, 皆藤 威二, 木村 晃彦, 鳥丸 忠彦

  • 酸化物分散強化型ニッケル基超合金

    特願 特願2012-045875  特開 特開2013-181213 

    鵜飼 重治, 林 重成, 大野 直子, 奥田 隆成

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第67回論文賞

    2019年09月   日本金属学会  

    受賞者:  大野 直子, 鵜飼 重治

  • 優秀ポスター賞 第478号

    2016年09月   日本金属学会   9Cr-ODS鋼被覆管の高温リング引張試験時における酸化物粒子の成長  

    受賞者:  曽和貴史、鵜飼重治、大野直子、他

  • 優秀ポスター賞 第457号

    2016年09月   日本金属学会   高温TEM内引っ張りその場観察によるODS鋼における転位-酸化物粒子相互作用機構の解明  

    受賞者:  井尻佑太、大野直子、鵜飼 重治、他

  • 材料部会奨励賞

    2013年09月   日本原子力学会   ナノバブル分散強化合金の研究開発  

    受賞者:  大野 直子

  • 優秀ポスター賞 第240号

    2011年11月   日本金属学会  

    受賞者:  唐慶新、大野直子、鵜飼重治、林重成

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 自己保全機能を有する絶縁性酸化被覆によるMHD流れの制御技術の構築

    基盤研究(B)

    研究期間:  2021年04月  -  2025年03月  代表者:  近藤正聡

  • ODSフェライト鋼におけるナノ酸化物粒子の照射下オストワルド成長促進機構の解明

    若手研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2021年03月  代表者:  大野直子

  • ダイバータ用耐照射性銅合金の創製

    基盤研究(A)

    研究期間:  2016年04月  -  2020年03月  代表者:  室賀健夫

  • 新規概念に基づき耐水蒸気酸化と高温強度を同時付与した革新的ODS鋼の創製

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  鵜飼重治

  • 酸化物分散強化合金中のナノ酸化物粒子析出・成長モデルの構築

    若手研究(B)

    研究期間:  2014年04月  -  2017年03月  代表者:  大野直子

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • ヘリカル核融合炉の液体金属冷却システムと共存するFeCrAl-ODS合金の技術開発

    提供機関:  自然科学研究機構 核融合科学研究所  2020度LHD計画共同研究

    研究期間: 2020年04月  -  2024年03月  代表者:  大野直子

  • FeCrAl-ODS鋼のスモールパンチクリープ試験技術の開発

    提供機関:  地方自治体  青森県:令和2年度量子科学研究開発支援事業

    研究期間: 2020年04月  -  2022年03月  代表者:  大野直子

  • TEM内引張その場観察による酸化物分散強化(ODS)鋼の分散強化機構の解明

    提供機関:  一般社団法人 日本鉄鋼協会  第28回鉄鋼研究振興助成

    研究期間: 2019年04月  -  2021年03月  代表者:  大野直子

  • 事故時高温条件での燃料健全性確保のためのODSフェライト鋼燃料被覆管の研究開発

    提供機関:  文部科学省  国家課題対応型研究開発推進事業(原子力システム研究開発事業)

    研究期間: 2013年04月  -  2017年03月  代表者:  鵜飼重治

  • ガスタービン用高性能Hf添加型Ni基ODS超合金の開発

    提供機関:  北海道ガス株式会社  平成23年度北海道ガス大学助成制度

    研究期間: 2011年04月  -  2012年03月  代表者:  大野直子

研究発表 【 表示 / 非表示

  • FeCrAlZr-ODS鋼を応用した先進核融合機器の開発に関する研究(4)核融合炉機器の材料共存性研究

    [近藤正聡,宮澤順一,田中照也,大野直子,秋吉優史,坂本寛,植木祥高,菱沼良光,笠田竜太,波多野雄治,PINT Bruce,JIHEON Jun,RUSSEL Nick]

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)  2021年03月   一般社団法人 日本原子力学会

  • FeCrAl(Zr)系酸化物分散強化(ODS)合金の酸化物粒子-転位相互作用

    [淺間智広,大野直子,林重成]

    材料とプロセス(CD-ROM)  2021年03月   一般社団法人 日本鉄鋼協会

  • FeCrAlZr-ODS鋼を応用した先進核融合機器の開発に関する研究(5)高温鉛リチウム環境下におけるFeCrAlZr-ODS合金の耐食性に関する研究

    [畑山奨,大野直子,坂本寛,近藤正聡]

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)  2021年03月   一般社団法人 日本原子力学会

  • FeCrAlZr-ODS鋼を応用した先進核融合機器の開発に関する研究(1)先進液体ブランケット設計とアルミ含有鋼がもたらす可能性

    [田中照也,近藤正聡,大野直子,笠田竜太,横峯健彦,浜地志憲,秋吉優史]

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)  2021年03月   一般社団法人 日本原子力学会

  • FeCrAlZr-ODS鋼を応用した先進核融合機器の開発に関する研究(6)液体金属環境への適用に向けたAl含有高MnオーステナイトODS鋼の開発

    [笠田竜太,WANG Haoran,LIU Jiarui,YU Hao,近藤創介,奥野泰希,大久保成彰,徳永透子,大野直子]

    日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM)  2021年03月   一般社団法人 日本原子力学会

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  材料工学R&DスタジオA

  • 大学院理工学府  材料特性スタジオ

  • 大学院理工学府  組織制御スタジオ

  • 大学院理工学府  材料工学演習D

  • 大学院理工学府  材料工学演習D

全件表示 >>