太田 裕貴 (オオタ ヒロキ)

OTA Hiroki

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

准教授

生年

1981年

研究分野・キーワード

フレキシブルセンサ ソフトマテリアル

ホームページ

http://www.ota.ynu.ac.jp



写真a

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    慶應義塾大学   理工学部   物理情報工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    慶應義塾大学  理工学研究科  総合デザイン工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  慶應義塾大学

  • 修士(工学) -  慶應義塾大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年06月
    -
    継続中

      産業技術総合研究所   外来研究員

  • 2017年04月
    -
    継続中

      大阪大学   招聘准教授

  • 2016年08月
    -
    2017年03月

      大阪大学   特任助教

  • 2016年04月
    -
    2016年07月

      カリフォルニア大学バークレー校   Project Scientist

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

      カリフォルニア大学バークレー校   独立行政法人日本学術振興会海外特別研究員

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2018年
    -
    継続中
     

    一般社団法人機械学会

 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • マイクロ旋回流を利用した3次元スフェロイド形成・実験プラットフォームの開発

    太田 裕貴

      2011年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    慶應義塾大学大学院 理工学研究科 総合デザイン工学専攻 リソグラフィ技術を用いて作成したマイクロチャンバ内でマイクロ旋回流を形成し細胞を凝集させ微小細胞組織(スフェロイド)を3次元的に作成できるデバイスを開発した。更に、そのチャンバをアレイ化し、スフェロイドの機能評価を行った。

  • 光化学反応負荷による血管透過性亢進に関する基礎的研究

    太田 裕貴

      2007年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    慶應義塾大学大学院 理工学研究科 基礎理工学専攻 光化学反応によって算出される活性酸素が血管の最も内側にある血管内皮細胞のバリア機能を低下させることを証明し、その起点となる分子を特定した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Stretchable liquid metal wiring with three-dimensional helical structure

    K. Matsubara, H. Ota

    2019 Proceedings of IEEE 32nd International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS)     296 - 298   2019年01月

    共著

     概要を見る

    K. Matsubara, H. Ota, “Stretchable liquid metal wiring with three-dimensional helical structure”, 2019 Proceedings of IEEE 32nd International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS), p. 296-298, Seoul, Korea, January, 2019

  • Wearable optical device for real-time monitoring of newborn jaundice

    G. Inamori, Y. Isoda, Z. Song, A. Uozumi, S. Ito, H. Ota

    2019 IEEE 32nd International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS)     541 - 543   2019年01月

    共著

     概要を見る

    G. Inamori, Y. Isoda, Z. Song, A. Uozumi, S. Ito, H. Ota, “Wearable optical device for real-time monitoring of newborn jaundice.”, 2019 IEEE 32nd International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS), p. 541-543, Seoul, Korea, January, 2019

  • Flexible Electronics Toward Wearable Sensing.

    W. Gao, H. Ota, D. Kiriya, K. Takei, A. Javey

    Acc. Chem. Res.   52 ( 3 ) 523 - 533   2019年

    共著

     概要を見る

    W. Gao, H. Ota, D. Kiriya, K. Takei, A. Javey, “Flexible Electronics Toward Wearable Sensing.” Acc. Chem. Res., 2019, 52 (3), pp 523–533

  • Patch-type Wireless Forehead Vital Sensing Device

    H. Ota, Y. Isoda, G. Inamori

    2018 IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2018)     36   2018年11月

    共著

     概要を見る

    H. Ota, Y. Isoda, G. Inamori, “Patch-type Wireless Forehead Vital Sensing Device.”, 2018 IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2018), p. 36, Nagoya, Japan, November, 2018

  • Methylxanthine drug monitoring with wearable sweat sensors

    L.-C. Tai, W. Gao, M. Chao, M. Bariya, Q. P. Ngo, Z. Shahpar, H. Y. Y. Nyein, H. Park, J. Sun, Y. Jung, E. Wu, H. M. Fahad, D.-H. Lien, H. Ota, G. Cho, A. Javey

    Advanced Materials   ( 1707442 )   2018年  [査読有り]

    単著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 液体金属を用いたストレッチャブルエレクトロニクス

    太田裕貴

    第149回応用物理学会微小光学研究会 会誌   37 ( 1 ) 43 - 47   2019年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    太田裕貴、”液体金属を用いたストレッチャブルエレクトロニクス.” 第149回応用物理学会微小光学研究会 会誌、37(1), pp. 43-47, 2019

  • ソフトマテリアルを用いた液体電子デバイス

    太田 裕貴

    応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 会誌   29 ( 4 ) 216 - 219   2018年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    太田 裕貴”ソフトマテリアルを用いた液体電子デバイス” 応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 会誌, 29(4), pp. 216-219, 2018

  • デバイス研究と産業 –カリフォルニア ベイエリア–

    太田 裕貴

    未来医学   29   111 - 114   2016年03月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

     概要を見る

    カリフォルニアベイエリア・シリコンバレーのベンチャー企業におけるデバイス開発の現状に関して報告した記事である。

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ビリルビン濃度測定システム

    特願 2018-239555 

    太田裕貴

     概要を見る

    特許出願:ビリルビン濃度測定システム (1)横浜国立大学様整理番号  18043 (2)弊所整理番号       YKU18009 (3)出願番号         特願2018-239555 (4)出願日          2018/12/21

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 新分野開拓表彰

    2018年11月01日   一般社団法人 日本機械学会 マイクロナノ工学部門  

    受賞者:  太田 裕貴

  • Hiroki Ota, Best Oral Paper Award in IEEE-NEMS 2018

    2018年04月26日   IEEE-NEMS 2018  

    受賞者:  Hiroki Ota

  • Best paper award

    2018年   IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2018)  

    受賞者:  H. Ota, Y. Isoda, G. Inamori

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 液体金属を用いたストレッチャブルエレクトロニクス

    太田裕貴  [招待有り]

    第149回応用物理学会微小光学研究会  (東京)  2019年02月  

     概要を見る

    招待講演 1. 太田裕貴、”液体金属を用いたストレッチャブルエレクトロニクス.” 第149回応用物理学会微小光学研究会、東京、2月、2019

  • Stretchable liquid metal wiring with three-dimensional helical structure

    K. Matsubara, H. Ota

    2019 IEEE 32nd International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS)  (Seoul, Korea)  2019年01月  

     概要を見る

    K. Matsubara, H. Ota, “Stretchable liquid metal wiring with three-dimensional helical structure”, 2019 IEEE 32nd International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS), Seoul, Korea, January, 2019

  • Wearable optical device for real-time monitoring of newborn jaundice

    G. Inamori, Y. Isoda, Z. Song, A. Uozumi, S. Ito, H. Ota

    2019 IEEE 32nd International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS)  (Seoul, Korea)  2019年01月  

     概要を見る

    G. Inamori, Y. Isoda, Z. Song, A. Uozumi, S. Ito, H. Ota, “Wearable optical device for real-time monitoring of newborn jaundice.”, 2019 IEEE 32nd International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS), Seoul, Korea, January, 2019(国際会議論文が証拠書類)

  • Patch-type Wireless Forehead Vital Sensing Device

    H. Ota, Y. Isoda, G. Inamori

    2018 IEEE International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2018)  (Nagoya)  2018年12月  

     概要を見る

    H. Ota, Y. Isoda, G. Inamori, “Patch-type Wireless Forehead Vital Sensing Device. “, Nagoya, Dec., 2018

  • 液体金属を使用した環境センサの開発

    太田裕貴

    第9回マイクロナノ工学シンポジウム  (札幌)  2018年10月  

     概要を見る

    太田裕貴, “液体金属を使用した環境センサの開発.”, 第9回マイクロナノ工学シンポジウム, 札幌, 10月, 2018

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  加工システム製作B

  • 大学院理工学府  加工システム製作A

  • 大学院理工学府  加工システム設計B

  • 大学院理工学府  加工システム設計A

  • 大学院理工学府  センシング工学

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月
     
     
    Best Presentation Award   (学会等における学生の発表実績)

     概要を見る

    嘉本海大、太田裕貴、 一般社団法人 日本機械学会 関東支部 関東学生会

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 一般社団法人 機械学会マイクロ・ナノ工学部門

    2018年04月
    -
    2021年03月

    学協会   部門運営委員会委員

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 新生児黄疸簡単計測

    読売新聞 

    2019年03月
     
     

     概要を見る

    3月18日読売新聞朝刊の他 以下、類似の内容で報道発表(証拠書類省略) ・2月11日秋田さきがけ新聞 ・2月19日福井新聞 ・2月23日神戸新聞 ・2月25日山梨日日新聞 ・2月26日宮崎日日新聞 ・3月5日京都新聞 ・3月16日岐阜新聞 ・3月19日静岡新聞 ・3月5日山陽新聞