大矢 勝 (オオヤ マサル)

OYA Masaru

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

教授

生年

1957年

研究分野・キーワード

環境情報 消費者 洗浄 洗剤 界面活性剤

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.detergent.jp/



ORCID  https://orcid.org/0000-0001-8647-3914

写真a

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 図解入門よくわかる最新洗浄・洗剤の基本と仕組み   2011年12月

    【論文】 Washing Efficiency Analysis Based on a Concept of Statistical Distribution , Journal of Oleo Science  2006年10月

    【論文】 Decreases in Surface Activities and AquaticToxicities of Linear Alkylbenzene Sulfonate and Alcohol Ethoxylates duringBiodegradation  2010年01月

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学術博士 -  大阪市立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   教授  

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   教授  

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   准教授  

  • 1997年10月
    -
    2007年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   助教授  

  • 1990年04月
    -
    1997年09月

    専任   横浜国立大学   教育学部   助教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1984年04月
    -
    1990年03月

      賢明女子学院短期大学   講師

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1982年
    -
    継続中
     

    日本繊維製品消費科学会

  • 1985年
    -
    継続中
     

    日本油化学会

  • 1985年
    -
    継続中
     

    日本家政学会

  •  
     
     
     

    環境科学会

  •  
     
     
     

    横浜国立大学家政教育学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境影響評価

  • 家政・生活学一般

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 界面活性剤の物理化学的特性と魚毒性との関係

    研究期間:  - 

  • 汚れの付着力と洗浄作用の統計分布を考慮した洗浄力解析モデル

    研究期間:  - 

  • 洗剤問題をめぐる消費者情報の分析

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 図解入門よくわかる最新洗浄・洗剤の基本と仕組み

    大矢勝 (担当: 単著 )

    株式会社秀和システム  2011年12月 ISBN: 9784798031828

  • 環境情報学 地球環境時代の情報リテラシー

    大矢勝 (担当: 単著 )

    大学教育出版  2013年05月 ISBN: 9784864292160

  • 小洗剤,大生活(地球にやさしい石けん・洗剤のものしり事典中国語訳本)

    (担当: )

    了宇科学技本出版社  2009年07月

  • 機能水洗浄技術最前線

    松井健一ほか (担当: 共著 )

    株式会社 エヌ・ティー・エス  2009年05月

  • 各種乳化技術ノウハウ・事例集

    早瀬基ほか (担当: 共著 )

    株式会社 情報機構  2009年02月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Synergistic Action of Temperature and pH Factors in the Cleaning of Fatty Acids Soils; Analyzed by Probability Density Functional Method

    Oya-Hasegawa Miyako, Miyamoto Karen, Oya Masaru

    Journal of Oleo Science ( 公益社団法人 日本油化学会 )  70 ( 4 ) 521 - 530   2021年

    共著

     概要を見る

    <p>In this study, the interaction between the temperature and the pH of soil containing fatty acids with sodium dodecyl sulfate (SDS) aqueous solution was investigated to elucidate their synergistic effect in cleaning. A tergotometer was used for the cleaning test, and the cleaning results were analyzed by the probability density functional method, using the calculated parameter, <i>µ</i> <i> <sub>rl</sub> </i>, as an index of the cleaning power. The increase in <i>µ</i> <i> <sub>rl</sub> </i> by one of the factors was defined as <i>ΔX</i> or <i>ΔY</i> and the increase in <i>µ</i> <i> <sub>rl</sub> </i> by the both factors was defined as <i>Δ</i>(<i>X</i> + <i>Y</i>). It is assumed that there is a synergistic effect when <i>Δ</i>(<i>X</i> + <i>Y</i>) > <i>ΔX</i> + <i>ΔY</i>. The cleaning of fatty acid stains followed the addition rule pertaining to mechanical force and the pH effect. However, synergy was observed between the temperature and the pH effect. This was also supported by the plot of <i>µ</i> <i> <sub>rl</sub> </i> <i>vs</i> 1/<i>T</i> and observations using a phase-contrast microscope.</p>

    DOI CiNii

  • Effect of Fine Bubbles on Removal of Linear Alkyl Benzene Sulfonate Surfactant during the Rinsing Stage of Laundry Washing

    Oya Masaru

    JOURNAL OF SURFACTANTS AND DETERGENTS ( Wiley )  23 ( 5 ) 945 - 952   2020年09月  [査読有り]

    単著

    Web of Science DOI

  • Kinetic analysis of hemoglobin detergency by probability density functional method

    Oya Miyako, Taniguchi Yosuke, Fujimura Naoaki, Miyamoto Karen, Oya Masaru

    PLOS ONE   15 ( 8 )   2020年08月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • ビールを活用するナチュラルクリーニングに関する消費者情報の分析と実験的検証

    坂本 ゆか, 大熊 俊稀, 大矢 勝

    繊維製品消費科学 ( 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会 )  61 ( 1 ) 38 - 45   2020年

    共著

     概要を見る

    <p>自然派であることを強調するために食品材料等を用いて洗浄を行う,いわゆるナチュラルクリーニングが一部の消費者の間で流行しており,関連する情報が多数使われている.しかし,それらの情報の中には科学的に誤った内容も含まれているように思われる.そこで本研究ではアルコール飲料の中でもビールを用いた洗浄に着目し,消費者情報の一般的傾向を探るとともに,各種情報の真偽を検証した.消費者情報では洗浄へのビールの活用は,油汚れに有効とされ,その要因としてアルコール,ビタミン,酵素,タンパク質などが挙げられていることが分かった.実験的検証の結果,SDS ほどではないが,水洗いに比すると油性汚れの洗浄性が高く,アルコール濃度の高い日本酒や洋酒以上の洗浄性を示した.洗浄試験により洗浄力の要因を推定した結果,アルコールとタンパク質の複合効果によるものである可能性が示唆され,消費者情報で主流のビタミン説は否定された.</p>

    DOI CiNii

  • Relation between mechanism of soil removal from fabrics and a parameter derived from probability density functional method for washing force analysis

    Oya Masaru

    TEXTILE RESEARCH JOURNAL   89 ( 11 ) 2236 - 2246   2019年06月

    単著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本繊維製品消費科学会学会賞(論文賞)

    2009年06月    

  • オレオサイエンス賞

    2008年09月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ナチュラルクリーニングに関する情報分析と科学的検証

    基盤研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  大矢勝

     概要を見る

    ナチュラルクリーニングに関する消費者情報を収集・分析して現状を把握するとともに、いくつかのテーマに関して実験的検証を行う。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 確率度密度関数法による洗浄作用の機械的因子と化学的因子の解析

    佐藤勇也, 大矢美安子, 大矢勝

    日本油化学会年会  (オンライン)  2020年11月02日   日本油化学会

  • 共分散構造分析による身体洗浄料の泡沫触感の構成因子解析

    細井翔, 大矢勝

    日本油化学会年会  (オンライン)  2020年11月02日   日本油化学会

  • 汚れの変性に対応する確率密度関数を用いた洗浄解析法の検討

    宮本かれん, 藤村直瑛, 大矢勝

    日本油化学会年会  (オンライン)  2020年11月02日   日本油化学会

  • 紫外線照射画像解析による木綿布及びPET 布に付着した紫外線吸収剤の定量

    森野大地, 大矢勝

    第52回洗浄に関するシンポジウム  (オンライン)  2020年10月05日   日本油化学会洗浄・洗剤部会

  • アルカリ電解水の洗浄メカニズム

    中村竜也,大矢勝

    第52回洗浄に関するシンポジウム  (オンライン)  2020年10月05日   日本油化学会洗浄・洗剤部会

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  都市環境管理学

  • 大学院環境情報学府  環境洗浄科学

  • 大学院環境情報学府  環境洗浄科学演習Ⅰ

  • 大学院環境情報学府  環境洗浄科学演習Ⅱ

  • 大学院環境情報学府  環境洗浄科学演習Ⅲ

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • ベストティーチャー賞

    2018年07月18日   横浜国立大学  

  • グッドレクチャー賞(2018年度分析化学Ⅰ)

    2019年02月   理工学部化学・生命系学科  

  • グッドレクチャー賞(2017年度無機化学Ⅰ)

    2019年02月   化学・生命系学科  

  • グッドレクチャー賞(2017年度界面化学A)

    1019年02月   化学・生命系学科  

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 品川区廃棄物等減量化推進審議会

    2007年07月
    -
    継続中

    自治体  

  • ユーコープ事業連合リスク管理委員会

    2007年07月
    -
    2008年06月

    その他  

  • JIS K 3362 合成洗剤試験方法 改正原案調査作成委員

    2006年04月
     
     

    その他  

  • 東京都表示適正化対策専門助言員

    2005年06月
    -
    2006年03月

    その他  

  • 東京都表示適正化対策専門助言員

    2004年02月
    -
    2005年03月

    その他  

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • NHK「あさイチ」(タオル消臭:フリップ出演)

    2021年01月
     
     

  • テレ東「ソレダメ!」(メガネ拭き:コメント)

    2020年10月
     
     

  • 日テレ「所さんの目がテン!」(古代石けん:コメント)

    2020年09月
     
     

  • TBS「ゴゴスマ」(洗濯:電話コメント)

    2020年08月
     
     

  • テレ朝「ポルポ」(しみ抜き:オンラインコメント)

    2020年07月
     
     

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中
      化学応用EP代表   (専攻内委員会)

  • 2017年04月
    -
    2019年03月
      JST中高生の科学研究実践活動連絡協議会委員   (全学委員会)