大矢 剛嗣 (オオヤ タカヒデ)

OYA Takahide

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

生年

1979年

研究分野・キーワード

カーボンナノチューブ, カーボンナノチューブ複合紙(応用含む), 非線形現象, 単電子回路, 自然模倣・生体機能模倣システム

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://arrow.ynu.ac.jp/



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年

    北海道大学   工学部   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年

    北海道大学  情報科学研究科  博士課程  修了

  •  
    -
    2004年

    北海道大学  工学研究科  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  北海道大学

  • 修士(工学) -  北海道大学

  • 工学士 -  北海道大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年08月
    -
    2004年09月

      スイス連邦工科大学(EPFL)   Visiting Research Assistant

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    アメリカ電気電子技術者協会

  •  
     
     
     

    応用物理学会

  •  
     
     
     

    電子情報通信学会

  •  
     
     
     

    Material Research Society

  •  
     
     
     

    日本表面科学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ナノマイクロシステム

  • 複合材料・表界面工学

  • 電子・電気材料工学

  • 電子デバイス・電子機器

 

著書 【 表示 / 非表示

  • From Parallel to Emergent Computing

    Takahide Oya 外 (担当: 分担執筆 )

    CRC Press  2019年 ISBN: 9781138054011

     概要を見る

    ISBN 9781138054011のFeasibility of Slime-Mold-Inspired Nano-Electronic Devices(Chapter 23)を担当

  • Emerging computations on nano-electronic circuits and devices

    (担当: 分担執筆 )

    Springer  2016年

  • 電気特性の測定、評価とデータ解釈

    (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第6章 第5節 を担当 )

    技術情報協会  2015年

  • 問題と解説で学ぶ表面化学

    (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 問題4.23 を担当 )

    共立出版  2013年10月 ISBN: 9784320033740

  • フィラーの配向制御技術

    (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第13章 を担当 )

    S&T出版  2013年

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 量子ドット集積体と反応拡散ダイナミクスを組み合わせた情報処理デバイスに関する研究

    大矢 剛嗣

      2006年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    北海道大学大学院 情報科学研究科 情報エレクトロニクス専攻 単電子振動子をベースとする機能的アナログ単電子集積回路について提案した。ここで反応拡散ダイナミクスとは新しい並列演算手法のことであり、アナログコンピューティング向けのアーキテクチャである。これを用いることにより新しい単電子集積回路の可能性を見出した。

  • 単電子箱を用いた多数決論理デバイスに関する研究

    大矢 剛嗣

      2004年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    北海道大学大学院 工学研究科 電子情報工学専攻 単電子箱を用いた多数決論理について提案した。ここでは2種類の多数決論理回路について検討を行い、回路構成,システム設計,デバイス構造,エラーレートなどを検討・見積した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of Paint-Type Dye-Sensitized Solar Cell Using Carbon Nanotube Paint

    Matsunaga Yuki, Oya Takahide

    JOURNAL OF NANOTECHNOLOGY     2019年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Noise-Harnessing Nanodevices

    Takahide Oya

    2018 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications     693 - 696   2018年09月  [査読有り]

    単著

  • Design of bubble-Inspired Single-Electron circuit Mimicking Behavior of Bubble Film

    Nobuhiko Kurata, Takahide Oya,

    2018 International Symposium on Nonlinear Theory Its Applications     550 - 553   2018年09月  [査読有り]

    共著

  • Study of Carbon-Nanotube-Composite Papers Aiming to Materialize "Paper Antenna"for IoT

    Ikezone Yuki, Oya Takahide

    E-JOURNAL OF SURFACE SCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   16   274 - 278   2018年06月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • カーボンナノチューブ複合紙の光学的特性を用いた人工物メトリクス認証

    大矢剛嗣、伊藤雅浩

    表面と真空61   61 ( 4 ) 209 - 214   2018年  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Special issue of emerging stochastic computing and hardware

    Oya Takahide, Asai Tetsuya

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PARALLEL EMERGENT AND DISTRIBUTED SYSTEMS   32 ( 3 ) 243 - 243   2017年

    その他記事   共著

    Web of Science DOI

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • SSSJ Young Researcher Award

    2017年08月18日   日本表面科学会  

    受賞者:  伊藤雅浩,本間芳和,秋場誠,大矢剛嗣

  • MNC2008 Award for Most Impressive Poster

    2008年10月    

  • Best Paper Award: Workshop on Unconventional Computing ECAL 2005

    2005年09月    

  • The Research Institute of Signal Processing - NSCP'05 Student Paper Award

    2005年03月    

  • IEEE Sapporo Section - The 2004 Student Paper Contest Award

    2004年12月    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 配線数問題を解決できる単電子リザーバコンピューティング回路の開拓

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  2024年03月  代表者:  大矢剛嗣

  • 決定論的ドーピング法に基づく量子物性制御とその確率的情報処理・量子計測への応用

    基盤研究(A)

    研究期間:  2018年04月  -  2023年03月 

  • 決定論的ドーピング法に基づく単電子等価回路設計プロセスと確率的情報処理への応用

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

  • 分子アーキテクトニクス:単一分子の組織化と新機能創生

    新学術領域研究

    研究期間:  2013年  -  2017年 

  • 生体機能を模倣した単電子情報処理システム

    若手研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2015年03月  代表者:  大矢剛嗣

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブ複合紙による新セキュリティ認証システムの研究開発

    提供機関:  総務省  総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)

    研究期間: 2011年08月  -  2013年03月  代表者:  大矢剛嗣

  • 熱揺らぎを積極的に利用する機能的単電子並列情報処理デバイスに関する研究

    提供機関:  地方自治体  平成22年度 (財)中島記念国際交流財団 日本人若手研究者研究助成金

    研究期間: 2010年04月  -  2011年03月  代表者:  大矢剛嗣

研究発表 【 表示 / 非表示

  • いかにしてカーボンナノチューブ複合紙は生まれたか?

    大矢剛嗣  [招待有り]

    2019年 第66回応用物理学会春季学術講演会 ナノカーボン若手チャプター  (東京)  2019年03月  

     概要を見る

    大矢剛嗣, "いかにしてカーボンナノチューブ複合紙は生まれたか?," 2019年 第66回応用物理学会春季学術講演会 ナノカーボン若手チャプター, (東京), 2019年3月. (招待講演) http://yncchapter.html.xdomain.jp/

  • Development of paper transistors with new structure using carbon-nanotube-composite papers for aiming to construct logic circuits

    飯島竜児,大矢剛嗣

    2018 TechConnect World Innovation Conference and Expo  2018年05月  

  • カーボンナノチューブ複合糸による”熱電発電糸”の開発

    新垣諒汰,大矢剛嗣

    2018年 第65回応用物理学会春季学術講演会  2018年03月  

  • カーボンナノチューブ複合紙,複合糸・布地の開発と熱電発電・感熱センサ応用

    大矢 剛嗣

    【環境セミナー・産学交流サロン】使える環境発電技術(エネルギーハーベスティング)の最新技術  (横浜企業経営支援財団)  2018年02月23日  

     概要を見る

    ナノカーボン材料の一つであるカーボンナノチューブ(CNT)は多くの機能を持っています。近年、熱電発電能力も有していることが明らかになりました。そこで本講演では、CNTの基礎から、CNTと身近な材料である紙や糸とを組み合わせた「CNT複合紙,複合糸」、その応用としての熱電発電素子(熱電発電紙・糸)等についてご紹介した。

  • カーボンナノチューブと身近な材料(紙・糸)の複合材「カーボンナノチューブ複合紙・複合糸」の開発とその応用開拓

    大矢 剛嗣

    ナノ茶論(ナノサロン) 第10回セミナー  (新川崎・創造のもり「NANOBIC」)  2018年02月21日   川崎市 次世代産業推進室

     概要を見る

    近年注目されているナノカーボン材料の一つであり、多くの機能を有することが知られるカーボンナノチューブ(CNT)について、身近な材料(紙・糸)と組み合わせた一風変わった複合材料である「CNT複合紙」「CNT複合糸」の開発と応用の開拓を進めています。この材料は紙・糸でありながらCNTの機能を有しているため、CNT由来の導電性や半導体性等をもつ紙や糸とすることができます。これを応用することで例えば「熱電発電“紙”・“糸”」や「“ペーパー”トランジスタ,“糸”トランジスタ」等ユニークなものが実現可能です。ここでは一般的なCNTの特徴から、複合紙・複合糸の作製、各種応用等についてご紹介した。

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブ複合材を用いた熱電発電

  • カーボンナノチューブ複合材による太陽光発電

  • カーボンナノチューブ複合材を用いたセキュリティ認証システム(人工物メトリクスシステム)の開発

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • カーボンナノチューブ複合紙による新セキュリティ認証システムの研究開発

    提供機関: 総務省SCOPE  出資金による受託研究  

    研究期間: 2011年08月  -  2013年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  システムデバイス実習

  • 大学院理工学府  集積ナノデバイス工学特論

  • 大学院理工学府  集積エレクトロニクスF

  • 大学院理工学府  集積エレクトロニクスS

  • 大学院理工学府  ナノエレクトロニクスF

全件表示 >>