小沢 奈々 (オザワ ナナ)

OZAWA Nana

所属組織

教育学部 学校教員養成課程 社会科教育

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 大正期日本法学とスイス法   2015年02月

    【著書】 Louis Adolphe Bridel - Ein schweizer Professor an der juristischen Fakultät der Tokyo Imperial University-  2010年12月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 穂積重遠の離婚論   2022年02月

    【論文】 4人の内務官僚たちの欧米視察とその影響  2022年01月

    【論文】 穂積重遠の「親権」論ー児童虐待防止法の実現に向けた原胤昭との協同ー  2018年03月

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年4月
    -
    2012年3月

    慶應義塾大学   法学研究科   民事法学専攻   博士課程   単位取得満期退学

  • 2001年4月
    -
    2005年3月

    慶應義塾大学   法学研究科   公法学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 2002年9月
    -
    2004年4月

    ベルン大学   法学部付属高等修士課程   ヨーロッパ法史専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 1997年4月
    -
    2001年3月

    慶應義塾大学   法学部   法律学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(法学) - 慶應義塾大学

  • 修士(法学) - 慶應義塾大学

  • LL.M.(Legum Magistra) - ベルン大学(スイス)

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教員養成課程   社会科教育   准教授  

  • 2017年4月
    -
    2021年3月

    専任   横浜国立大学   教育学部   学校教育課程   社会科教育   准教授  

  • 2016年4月
    -
    2017年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   社会科教育   准教授  

  • 2015年4月
    -
    2016年3月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   学校教育課程   社会科教育   講師  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院教育学研究科   高度教職実践専攻(教職大学院)   教科教育・特別支援教育プログラム   言語・文化・社会グループ 社会   准教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年4月
    -
    現在

      慶應義塾大学   法学部   非常勤講師

  • 2016年9月
    -
    2018年3月

      早稲田大学   法学部   非常勤講師

  • 2016年4月
    -
    2016年9月

      上智大学   神学部   非常勤講師

  • 2012年4月
    -
    2015年3月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

  • 2010年4月
    -
    2012年3月

      慶應義塾大学   大学院法学研究科   助教

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2008年
    -
    現在
     

    法制史学会

  • 2005年
    -
    現在
     

    法文化学会

  • 2013年
    -
    現在
     

    比較法学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 基礎法学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭1種免許

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 大正期日本法学とスイス法

    小沢 奈々( 担当: 単著)

    慶應義塾大学出版会  2015年2月  ( ISBN:9784766422016

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:352   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 夫婦

    屋敷二郎編( 担当: 共著 ,  範囲: 第7章 穂積重遠の「条理」解釈―大正4年1月26日大審院民事連合部判決「婚姻予約有効判決」からの一考察―)

    国際書院  2012年8月  ( ISBN:9784877912345

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Louis Adolphe Bridel – Ein schweizer Professor an der juristischen Fakultät der Tokyo Imperial University-

    ( 担当: 単著)

    Peter Lang (Frankfurt am Main)  2010年12月  ( ISBN:9783631585559

     詳細を見る

    記述言語:ドイツ語 著書種別:学術書

  • 法の流通

    鈴木秀光、高谷知佳、林真貴子、屋敷二郎編著( 担当: 共著 ,  範囲: 「条理」の法思想史―明治八年太政官第一〇三号布告論小史―)

    慈学社  2009年12月  ( ISBN:9784903425535

    Amazon

     詳細を見る

    総ページ数:922   記述言語:日本語 著書種別:学術書

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 日瑞比較法史論考―明治期から大正期への日本法学の転換

    小沢奈々

    2013年7月

    学位論文(博士)   単著    [査読有り]

  • Die geschichtliche Bedeutung der Yatoi zur späten Meijizeit – Der schweizerische Yatoi : Louis Adolphe Bridel (1900-1913)

    Nana Ozawa

    2004年4月

    学位論文(修士)   単著  

論文 【 表示 / 非表示

  • 穂積重遠の離婚論

    小沢奈々

    『横浜国立大学教育学部紀要 III(社会科学)』第5集   28 - 47   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   単著  

  • 4人の内務官僚たちの欧米視察とその影響

    小沢奈々

    石部雅亮責任編集『法の思想と歴史』   ( 2 )   151 - 203   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • 穂積重遠の「推定されない嫡出子」論

    小沢奈々

    横浜国立大学教育学部紀要(III)社会科学   2   23 - 42   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:横浜国立大学教育学部   単著  

  • 穂積重遠の「親権」論ー児童虐待防止法の実現に向けた原胤昭との協同ー

    小沢 奈々

    法制史研究   67   1 - 51   2018年3月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:法制史学会   単著  

  • 大正・昭和初期婦人団体による対議会活動と民法学者

    小沢 奈々

    法学研究   88 ( 9 )   1 - 48   2015年9月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関紀要)   出版者・発行元:慶應義塾大学法学研究会   単著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • (書評)小野博司「近代法の翻訳者たち(1)ー山脇玄と守屋善兵衛ー」「近代法の翻訳者たち(2)ー制度取調局御用掛の研究ー」「緒方重三郎の生涯ー近代法の翻訳者たち(2)補論ー」

    小沢奈々

    法制史研究   67   2018年3月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等   単著  

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第13回天野和夫賞(法の基礎理論研究部門)

    2015年11月   立命館大学   『大正期日本法学とスイス法』(慶應義塾大学出版会、2015年)  

    受賞者:小沢奈々

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 家族法学者穂積重遠の現代的意義-大正期を起点とする法学史の分析枠組を求めて-

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  若手研究

    代表者:小沢奈々

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 日独法学交渉史と現代日本法の形成に関する総合的研究

    2016年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    代表者:大中有信

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 近代日本とスイスの比較法史研究

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    代表者:小沢奈々

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 著書『大正期日本法学とスイス法』に対する出版助成

    2015年2月

    公益財団法人末延財団 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本・スイスの法学領域における学術交流―Akademische Zusammenarbeit zwischen der Schweiz und Japan auf dem Gebiet der Rechtswissenschaft

    Nana Ozawa

    日本・スイス国交樹立150周年記念学術セミナー (Workshop Japan und die Schweiz von Aussen betrachtet –Historische und sozialwissenschaftliche Analysen zum 150-jährigen Jubiläum) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:チューリヒ大学(スイス)  

  • 大正期日本法学とスイス法

    小沢奈々  [招待有り]

    日独法学交渉史研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 近代日本におけるスイス法の影響

    小沢奈々

    比較法学会第77回学術総会(大陸法部会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   課題研究B(ゼミナール)

    教育学部

  • 2022年度   法学概論

    教育学部

  • 2022年度   法学演習B

    教育学部

  • 2022年度   法学演習A

    教育学部

  • 2022年度   卒業研究

    教育学部

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 法制史(日本)(展開)

    機関名:慶應義塾大学

  • 法制史概論I

    機関名:慶應義塾大学

  • 日本法史II(近代)

    機関名:早稲田大学

  • 法律学

    機関名:上智大学

  • 女性と法

    機関名:白百合女子大学

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 横浜市立市民病院倫理委員会

    2016年04月 - 2017年3月 

     詳細を見る

    委員区分:その他 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 論説「労働法誕生秘話ー第一次世界大戦後のスイス・ベルンでの2つの会合ー」の寄稿

    役割:寄稿

    公益財団法人人権擁護協力会  『人権のひろば』No.140  2021年7月

  • 令和元年度特別研究員RPD研究交流会

    役割:講師

    日本学術振興会  2019年8月

     詳細を見る

    対象: 研究者

    種別:講演会

  • 教育免許状更新講習

    役割:講師

    2019年7月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:資格認定講習

  • 第36回西洋社会科学古典資料講習会

    役割:講師

    一橋大学社会科学古典資料センター  2016年11月

     詳細を見る

    対象: その他

    種別:セミナー・ワークショップ

  • 教員免許状更新講習

    役割:講師

    2016年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:資格認定講習

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    現在
      教職部会   (部局内委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      領域連絡担当(社会)   (部局内委員会)

  • 2019年04月
    -
    2021年3月
      教育実践専攻運営委員会   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    2020年3月
      学外活動支援委員会   (部局内委員会)

  • 2018年04月
    -
    2019年3月
      介護等体験委員会   (部局内委員会)

全件表示 >>