小関 健太 (オゼキ ケンタ)

OZEKI Kenta

所属組織

大学院環境情報研究院 社会環境と情報部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

離散数学・グラフ理論

ホームページ

http://tgt.ynu.ac.jp/ozeki/

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0003-3118-0086

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2009年03月

    慶應義塾大学  理工学研究科  基礎理工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  慶應義塾大学

  • 修士(理学) -  慶應義塾大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   社会環境と情報部門   准教授  

  • 2017年02月
    -
    2019年03月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   社会環境と情報部門   特任教員(准教授)  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   情報環境専攻   准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   数物・電子情報系学科   准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院環境情報学府   情報メディア環境学専攻   准教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年11月
    -
    2017年01月

      国立情報学研究所   特任助教

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    継続中
     

    日本数学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • IT Text 離散数学

    松原良太,大嶌彰昇,藤田慎也,小関健太,中上川友樹,佐久間雅,津垣正男 (担当: 共著 , 担当範囲: 4章 グラフと木 )

    オーム社  2010年10月

     概要を見る

    情報系を学ぶ学生にとっての基礎数学として、わかりやすい言葉と高校までに学んだ範囲で離散数学を基礎からていねいに解説した教科書。システム開発者や他分野の方にも基礎概念の整理に役立つ一冊。

論文 【 表示 / 非表示

  • Thomassen's conjecture for line graphs of 3-hypergraphs

    Li Binlong, Ozeki Kenta, Ryjacek Zdenek, Vrana Petr

    DISCRETE MATHEMATICS   343 ( 6 )   2020年06月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Long Paths in Bipartite Graphs and Path-Bistar Bipartite Ramsey Numbers

    Furuya Michitaka, Maezawa Shun-ichi, Ozeki Kenta

    GRAPHS AND COMBINATORICS   36 ( 1 ) 167 - 176   2020年01月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • A degree sum condition on the order, the connectivity and the independence number for hamiltonicity

    Chiba Shuya, Furuya Michitaka, Ozeki Kenta, Tsugaki Masao, Yamashita Tomoki

    ELECTRONIC JOURNAL OF COMBINATORICS   26 ( 4 )   2019年12月  [査読有り]

    共著

    Web of Science

  • On the minimum leaf number of cubic graphs

    Goedgebeur Jan, Ozeki Kenta, Van Cleemput Nico, Wiener Gabor

    DISCRETE MATHEMATICS   342 ( 11 ) 3000 - 3005   2019年11月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Orientations of graphs avoiding given lists on out-degrees

    Akbari S., Dalirrooyfard M., Ehsani K., Ozeki K., Sherkati R.

    JOURNAL OF GRAPH THEORY     2019年08月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • エレガントな解答を求む 2020年4月号出題 2

    小関 健太,阿部 敏生

    数学セミナー ( 日本評論社 )    2020年04月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   共著

     概要を見る

    平面上にある点の集合 S に対し,次の 3 つのルールで何本かの線を引くことを考える. 各線は S のある点からスタートし,S の点をちょうど 1 つ通過し S の点で終わる. 線同士は S の点以外で交差しない(各線は自分自身とも S の点以外では交差できない). S の各点で線の出入りは合計 3 回まで可能である. 例えば図 1 のように進行すると,3 本の線を引いた時点ですべての点で線の出入りがちょうど 3 回行われ,これ以上線が引けなくなる.特に,各線はスタートの点を通過したり,S の同じ点に戻ってきたりしてもよいことに注意されたい.一方で図 2 のように進行すると,線を 2 本引いた時点で線が引けなくなってしまう. (1) S が 6 点のとき,最大で何本の線が引けるか ? (2) S が 6 点のとき,それ以上線が引けなくなるまでに少なくとも何本の線を引く必要があるか ? 余裕のある方は,S が n 点のときも考えてみてください.

  • ネットワークとグラフ理論

    小関 健太

    数理科学 ( 株式会社サイエンス社 )    2020年02月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • On minimum leaf spanning trees and a criticality notion

    Ozeki, K. and Wiener, G. and Zamfirescu, C.T.

    Discrete Mathematics   343 ( 7 )   2020年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

    DOI Scopus

  • すごい反例 組合せ論・グラフ理論

    小関 健太

    日本評論社     2019年11月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • エレガントな解答を求む 2019年4月号出題 1

    小関 健太

    数学セミナー ( 日本評論社 )    2019年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

     概要を見る

    正三角形が並んでいる図形をn段の三角格子とよぶ.ただし,nは外側の各辺に並んでいる正三角形の数である. 三角格子の頂点を何色かで塗り,3 頂点がすべて同じ色の正三角形(単色三角形とよぶ) を見つけたい.ただし,ここでいう単色三角形はいくつかの小三角形を組合わせたもののみであり,向きは上向きでも下向きでも構わないとする. (1) 4段の三角格子は,頂点をどのように2色で塗っても単色三角形を持つことを示せ. (2) 5段の三角格子の3色での頂点の塗り方で,単色三角形を持たないものを一つ示せ. (3) 10; 000段の三角格子は頂点をどのように3色で塗っても単色三角形を持つことを示せ.

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • トポロジー的な性質を持つハミルトン閉路を利用した, 閉曲面上のグラフの頂点彩色 研究課題

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  小関 健太

     概要を見る

    本研究の目的は,閉曲面上のグラフについて,ハミルトン閉路を利用した新しい彩色の手法を提案することである

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • グラフのハミルトン閉路に関する Nash-Williams と Grunbaum 予想の解決

    提供機関:  公益財団法人 住 友 財 団  住友財団 基礎科学研究助成

    研究期間: 2014年11月  -  2015年11月  代表者:  小関 健太

     概要を見る

    グラフとは,頂点集合と辺集合(頂点集合の二元部分集合族)からなる構造として定義される.グラフの全ての頂点をちょうど一度ずつ通る閉路をハミルトン閉路と呼び,ちょうど一度ずつ通る道をハミルトン道と呼ぶ.「与えられたグラフがハミルトン閉路をもつかどうか決定する」という問題は,組み合わせ最適化の分野において特に重要な巡回セールスマン問題とも密接に関係しているため,グラフ理論の中でも非常に多くの研究がなされている. ここで, グラフを平面グラフなどトポロジー的な閉曲面上のものに限ると,この問題は四色定理とも関わりを持つこともあり,多くの研究が行われている.本研究もこの流れに沿うものである.閉曲面上のグラフのハミルトン性については,表 1 にあるように 1956年の Tutte の結果以来様々な研究者が研究を行ってきた.例えば,1983年に Thomassen が「平面上の任意の 4-連結グラフはハミルトン連結である」と示したことを意味している.なお,グラフが,``任意の 2頂点に対し,それらを結ぶハミルトン道が存在する'' という性質を満たすとき,ハミルトン連結であるという. このように,この分野についていくつかの結果が示されているが,未解決な部分も存在する.特に,次の命題は,40年以上未解決であり,グラフ理論全体の中でも重要なものとなっている.この予想の完全解決が研究の目的である. 予想 (Grunbaum `70, Nash-Williams `73) トーラス上の任意の 4-連結グラフはハミルトン閉路を持つ.

研究発表 【 表示 / 非表示

  • グラフの出次数制約のある向き付け

    小関健太

    第31回 位相幾何学的グラフ理論研究集会  2019年11月15日  

  • An orientation of graphs with out-degree constraint

    Kenta Ozeki  [招待有り]

    The 2nd East Asia Workshop on Extremal and Structural Graph Theory  2019年11月01日  

  • Spanning trees with few leaves in graphs on surfaces

    Kenta Ozeki  [招待有り]

    International Conference on Graph Theory, Combinatorics and Applications  2019年06月18日  

  • Spanning trees with few number of leaves in 4-connected graphs on higher genus surface

    Kenta Ozeki

    Structural Graph Theory and Graph Colorings  2019年04月29日  

  • Spanning trees with few leaves in graphs on surfaces

    Kenta Ozeki

    Joint Mathematics Meetings  (Baltimore)  2019年01月18日   American Mathematical Society, Mathematical Association of America

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Journal of Algebra Combinatorics Discrete Structures and Applications

    Editorial Board 

    2014年05月
    -
    継続中
     

  • Theory and Applications of Graphs

    Editorial Board 

    2014年01月
    -
    継続中
     

  • Graphs and Combinatorics

    Managing Editor 

    1985年01月
    -
    継続中
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  グラフアルゴリズム論演習

  • 大学院環境情報学府  グラフアルゴリズム論

  • 大学院環境情報学府  数理情報特論演習Ⅳ

  • 大学院環境情報学府  数理情報特論演習Ⅲ

  • 大学院環境情報学府  数理情報特論演習Ⅱ

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学理工学部   有限数学 第2