佐土原 聡 (サドハラ サトル)

SADOHARA Satoru

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

教授

生年

1958年

研究分野・キーワード

地域冷暖房、コージェネレーション、省エネルギー、ヒートアイランド対策、地理情報システム(GIS)、危機管理情報システム、環境調和まちづくり、商店街活性化まちづくり

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://www.sscplab.net/



写真a

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年

    早稲田大学   理工学部   建築学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年

    早稲田大学  理工学研究科  建設工学  博士課程  単位取得満期退学

  •  
    -
    1982年

    早稲田大学  理工学研究科  建設工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  早稲田大学

  • 工学修士 -  早稲田大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    継続中

      東京大学   空間情報科学研究センター   客員教授

  • 2001年04月
    -
    2006年03月

      神奈川大学   工学部   非常勤講師

  • 1994年04月
    -
    2006年03月

      慶應義塾大学   大学院政策メディア研究科   非常勤講師

  • 1988年04月
    -
    1989年11月

      早稲田大学   理工学研究所   特別研究員

  • 1985年04月
    -
    1988年03月

      早稲田大学   理工学部   助手

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    継続中
     

    アジア都市環境学会

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    地理情報システム学会

  • 1993年04月
    -
    継続中
     

    エネルギー・資源学会

  • 1993年04月
    -
    継続中
     

    日本都市計画学会

  • 1993年04月
    -
    継続中
     

    地域安全学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 建築環境・設備

  • 社会システム工学・安全システム

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 商店街活性化まちづくり

    研究期間:  - 

  • 都市における低炭素でレジリエントな自立分散型エネルギーシステムの構築に関する研究

    研究期間:  - 

  • 地理空間情報の都市防災計画・危機管理への活用に関する研究

    研究期間:  - 

  • 統合ICTプラットフォームの構築に関する研究

    研究期間:  - 

  • マルチモーダルでスマートな交通システム構築のためのICTプラットフォーム

    研究期間:  - 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 人と自然の環境学

    (担当: 分担執筆 )

    東京大学出版会  2019年01月

  • 7.1 リスク共生社会を担う人材育成 『リスク共生学』

    (担当: 単著 )

    丸善出版  2018年06月 ISBN: 9784621303016

  • Ⅲ地産地消エネルギーと横浜市の挑戦 『エコまち塾2 対話編』

    佐土原聡 信時正人 (担当: 共著 )

    鹿島出版会  2018年05月 ISBN: 9784306073401

  • 都市環境から考えるこれからのまちづくり

    (担当: 単著 )

    森北出版  2017年07月

  • 情熱都市YMM21―まちづくりの美学と力学―

    金田孝之・国吉直行・中尾明・浜野四郎・恵良隆二・小林重敬・近藤健雄・佐土原聡・亀井忠夫・斉藤良展・中島勝利 (担当: 共著 )

    鹿島出版会  2017年02月

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 東京都区部における地域冷暖房導入地区の選定に関する研究

    佐土原聡

      1986年12月

    未設定   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • d4PDFを用いた気候変動による冷暖房の需要変化と熱源システムへの影響分析:横浜みなとみらい21地区の地域冷暖房を対象として

    金 康珉, 伊藤 俊介, 吉田 聡, 佐土原 聡

    日本建築学会環境系論文集 ( 日本建築学会 )  84 ( 755 ) 83 - 91   2019年

    共著

     概要を見る

    &nbsp;In recent years after IPCC Fifth Assessment Report, strategies of not only mitigation but also adaptation are being focused for responding to climate change. The report has predicted that the average temperature would be rise by up to 4.8 &deg;C from now by the end of the 21st century if the current level of Greenhouse gas emission is continued. To prepare global warming, recent studies have estimated the impact of climate change on heating and cooling energy by utilizing future meteorological data.<br>&nbsp;In this context, Japanese government has recently published a database called &ldquo;Database for Policy Decision-Making for Future Climate Change&rdquo; (hereafter d4PDF) to be used researches for impact assessment studies and adaptation planning for global warming. building and urban energy sectors of Japan should utilize these weather prediction data to examine the impact of climate change and prepare adaptation strategies.<br>&nbsp;Therefore, this study aims to predict heating and cooling demand after a mean temperature increase of 4&deg;C (hereafter 4&deg;C-rise temperature) and analyze its effect on heating and cooling system by estimating system COP, total and peak energy demand, and amount of discharged heat and cooling tower makeup water with the d4PDF data. This study is based on the steam demand and the chilled water demand in Minatomirai 21 Area (hereafter MM21 Area) to reflect conditions of actual heating and cooling system.<br>&nbsp;To do this, this study conducted three steps: derivation of regression analysis equations, prediction of heating and cooling demand, and examination of influence on heating and cooling system.<br>&nbsp;The first step derived regression analysis equations between mean temperatures and the steam and chilled water demands in MM21 Area of 2014. The regression analysis equations are to predict the heating and cooling demand after 4&deg;C-rise temperature.<br>&nbsp;The second step estimated the fluctuation range of heating and cooling demand after 4&deg;C Global warming of d4PDF. Compared with the average year, the steam demand decreases to 70.7% to 77.2% and the chilled water demand increases to 147.9% to 163.4%. In the weather of the top 5% of 4&deg;C-rise temperature, the chilled water demand in August goes up 169.5% compared with the average year. The full load equivalent hour of steam and chilled water becomes 99.1% to 105.2% and 106.7% to 115.1% respectively, compared to the average year.<br>&nbsp;The third step examined the influence on the heating and cooling system of MM21 Area. The electric power consumption rises to 140.5% to 152.5% and the gas consumption is the similar level of the average year, 98.8% to 100.8%. Therefore, the annual primary energy consumption grows to 114.8% to 122.0% compared the average year. COP stays on the similar level of the average year and CO2 emission increases by 5.0% to 6.9% more than the average year<br>&nbsp;In the weather, the top 5% of 4&deg;C-rise temperature in August, the daily primary energy consumption rises to 162.0% compared the average year. Because of the increased cooling demand, the annual discharged heat and the annual cooling tower makeup water grow to 156.9% to 172.6%, compared with the average year. the peak of discharged heat is calculated at 165.3%.

    DOI CiNii

  • 谷戸地形を有する丘陵市街地における熱環境・風環境に関する研究:実測調査と数値計算を活用した現状把握と地形分類毎の計画方針の提案

    横山 真, 田中 貴宏, 杉山 徹, 佐土原 聡

    日本建築学会環境系論文集 ( 日本建築学会 )  84 ( 758 ) 457 - 467   2019年

    共著

     概要を見る

    <p> In recent years, the thermal environment in urbanized areas is becoming increasingly severe for residents because of urban heat island effect and global warming. These phenomena are collectively regarded as urban warming. Consequently, some problems, such as loss of inhabitant's comfortable life, increasing of the energy consumption for cooling, extreme weather event and health hazard will occur. Therefore, effort to mitigate urban warming effect is permeating for example establishing guideline by Ministry of Land, Infrastructure and Transport.</p><p> Such effects are also reported in Yokohama where is a target place of this study, and urban planning considering urban warming effect are demanded in urban masterplan of Yokohama. Urbanized areas in Yokohama are classified into flatland in coastal area and hilly area in inland. Inland area has complicated topography and a lot of small valleys called "Yato". Generally, such valley area seems to be bad ventilation and heats tends to accumulate in valley because of its topographical characteristics. Therefore, urbanized Yato seems to tend to become more severe thermal environment than other urbanized area. On the other hand, in and around Yato, cold air drainage may be available to improve thermal environment during nighttime because of many forest areas in slope area of Yato.</p><p> Therefore, understanding thermal and wind environment characteristics in hilly city including Yato and proposing planning guidelines (i.e. land use planning and natural resource utilizing planning) for every topography from the view point of urban warming effect mitigation is important to form sustainable urban environment in Yokohama.</p><p> From such backgrounds, this study aims to understand thermal and wind environmental characteristics of hilly city including Yato and propose panning guidelines to mitigate urban warming effect. In this study, fixed point observation and numerical calculation by Multi-Scale Simulator for the Geoenvironment (MSSG) is used and present urban climate of hilly city is analyzed from these results. Furthermore, potential natural climate, in which building effect is removed and all present urbanized area is naturalized, is calculated by MSSG and potential climatic environments in hilly city are analyzed. Finally, planning guidelines for each topography in hilly city is proposed by using these results.</p><p> The major findings are as follows:</p><p> 1) Thermal and wind environment is not good in flatland and good in plateau in present daytime.</p><p> 2) Valley is better thermal and wind environment than flatland, but local higher air temperature area exists in valley from observation results in present daytime.</p><p> 3) Air temperature is lower near slope green area because of cold air drainage from slope green, and it is higher in center of flatland far from slope green in present nighttime.</p><p> 4) Maximum effective distance of cold air drainage is estimated about 50m from observation result and about 270m from calculation results respectively, and these distances differ by topography, amount of green area and building density around each area.</p><p> 5) Potential wind environment is good during daytime, and rich effect of cold air drainage is expected during nighttime in flatland. So, making open space near exit of valley and along prevail wind direction is effective to mitigate thermal environment during daytime and nighttime.</p><p> 6) Improving ventilation isn't effective to for valley, this is because potential wind environment during daytime is not good in this area because of topographical characteristics. On the other hand, decreasing building density and renaturalization is required to maximize effect of cold air drainage.</p>

    DOI CiNii

  • A Study on The Role Played by Local Nature for Residents,

    Junko Sato, Keiko Inagaki, Satoru Sadohara and Takahiro Tanaka

    Proceedings of the 12th International Symposium on Architectural Interchanges in Asia ( ISAIA 2018 )    563 - 566   2018年10月

    共著

  • 自然災害が不動産価値に与える影響分析 湘南地域における津波浸水を対象として

    炭吉祐輝・稲垣景子・吉田聡・佐土原聡

    日本建築学会大会学術講演梗概集 ( 日本建築学会 )    885 - 886   2018年09月

    共著

  • 都市の水辺における住民の景観評価と維持管理意識 景観評価構造と水質の分析

    屋祢下亮(大成建設)・瀧寛則・北川裕一朗・佐土原聡・吉田聡・稲垣景子

    日本建築学会大会学術講演梗概集 ( 日本建築学会 )    885 - 886   2018年09月

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 札幌市都心部におけるまちづくりと環境エネルギー施策の一体的展開

    高森義憲・佐土原 聡

    熱供給 ( 一般社団法人)日本熱供給事業協会 )  Vol.104   2018年02月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 「会津高原リゾートにおける木質バイオマス地域熱電供給と地元自治体の役割」

    佐土原 聡・大矢宗吉・白石昇央

    熱供給 ( 日本熱供給事業協会 )  vol103   5 - 9   2017年11月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 「日本橋におけるスマートエネルギー事業の導入経緯と同システムの普及展開方法」 対談 佐土原×中出

    佐土原 聡・中出博康

    熱供給 ( 日本熱供給事業協会 )  Vol.101   5 - 9   2017年05月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

  • 商学連携事業 若い発想が呼ぶ活気

    佐土原 聡

    神奈川新聞2017.4.3 ( 神奈川新聞社 )    2017年04月

    その他記事   単著

  • 都市づくりにおけるエネルギー面の課題と展望:低炭素化を中心に

    佐土原 聡

    環境技術 ( 環境技術学会 )  45 ( 4 ) 184 - 191   2016年04月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    CiNii

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2013年日本建築学会賞(論文)

    2013年04月    

  • 地理情報システム学会賞・著作部門

    2011年    

  • 情報知識学会論文賞

    2009年    

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 環境工学協働による地球環境対応型建築都市の評価手法・体系の構築

    基盤研究(A)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月  代表者:  佐土原聡

  • 首都圏大都市域のサスティナビリティ実現に向けた地域エネルギーシステムの再構築

    基盤研究(B)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月  代表者:  佐土原聡

  • マルチハザード危機管理対応のための空間情報デジタルワークスペースの基本設計

    萌芽研究

    研究期間:  2004年04月  -  2006年03月  代表者:  佐土原聡

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 超スマート都市 エリアマネジメントプラットフォーム

    提供機関:  科学技術振興機構  JST 未来社会創造事業

    研究期間: 2018年11月  -  2020年03月  代表者:  佐土原 聡

     概要を見る

    横浜みなとみらい21地区を対象モデルとして、位置情報、空間機能などの属性情報をもつ3次元サイバー空間上に人流データを搭載・可視化できるプラットフォームを構築する。個人情報にふれずに人のふるまいや人流データをセンシングして収集し、このプラットフォームで、そのデータの蓄積、解析、融合(サービスのデザイン)、実行のCPSサイクルのプロセスを回す。その機能によって、都市の主体である人のふるまいと人流の実態をこれまでになく科学的に把握してビッグデータ化し、むずかしいモデル化に取り組み、シミュレーションの結果を活用できる。このプラットフォームは、多様なステークホルダーが、防災・減災、マーケティングなどに関わる人間中心の様々なサービスと新たな価値の創出に向けて協働することを促進する。本研究開発では、このプラットフォームのアーキテクチャ概要、社会的・経済的インパクト、実装シナリオを概念実証する。

  • 地球環境未来都市の水熱エネルギー循環総合マネジメントを実現する手法・ツールの開発

    提供機関:  地方自治体  公益財団法人 住友財団環境研究助成

    研究期間: 2012年11月  -  2014年11月  代表者:  佐土原聡

  • 地域特性を考慮した効果的な放火火災防止対策と支援システムの研究開発

    提供機関:  消防庁  消防防災科学技術研究推進制度

    研究期間: 2012年08月  -  2013年02月  代表者:  佐土原聡

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 震災の教訓をふまえたこれからの都市エネルギーシステム

    佐土原聡  [招待有り]

    第27回 環境工学連合講演会  (日本学術会議講堂(東京))  2014年05月12日   日本学術会議土木工学・建築学委員会

  • 地域熱供給による都市インフラの複合化・総合化,

    日本建築学会大会  (広島)  1999年09月  

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 環境調和まちづくりに関する実践的研究

  • 都市・地域エネルギーシステムに関する研究

  • 都市防災、都市環境研究への地理情報システム(GIS)の活用

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 都市・地域のCPCS(Cyber Physical City System)を活用した超スマートエネルギーシステムの構築に関する研究

    提供機関: 東京ガス株式会社  国内共同研究  

    研究期間: 2016年09月  -  2017年03月 

  • 都市の熱環境解析とその実践的な活用に関する研究

    提供機関: 国立研究開発法人海洋研究開発機構  国内共同研究  

    研究期間: 2016年04月  -  2019年03月 

  • 都市・地域のステークホルダーの協働によるスマートエネルギーシステムのデザインとマネジメントに関する研究

    提供機関: 東京ガス株式会社  国内共同研究  

    研究期間: 2015年08月  -  2016年03月 

  • 横浜市における地球温暖化対策計画書制度の報告書の分析に基づく事業者の省エネ・CO2対策の評価

    提供機関: 横浜市  出資金による受託研究  

    研究期間: 2015年01月  -  2015年03月 

  • 共進化社会システム創成拠点

    提供機関: 国立研究開発法人科学技術振興機構  その他  

    研究期間: 2014年11月  -  2017年03月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 都市科学部  社会環境リスク共生概論A(都市環境)

  • 都市科学部  地域環境計画演習

  • 都市科学部  建築実践英語B

  • 都市科学部  建築実践英語A

  • 都市科学部  都市環境リスク共生論B

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • ベストティーチャー賞

    2006年   横浜国立大学  

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 川崎市環境審議会

    2018年03月
    -
    2020年02月

    自治体   委員

  • 平成30年度「天然ガスの環境調和等に資する利用促進事業費補助金」に係る執行団体の選定に関する外部評価委員会

    2018年02月
    -
    2018年03月

    政府   委員

  • 国際競争拠点都市整備事業評価手法研究委員会

    2017年12月
    -
    2018年11月

    政府   委員

  • リニア環境未来都市創造会議

    2017年12月
    -
    2018年03月

    学協会   委員

  • 地理空間情報の活用等に関する関東地域連携協議会

    2017年12月
    -
    2018年01月

    学協会   構成員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 工学院大学特別講義

    工学院大学建築学部  (東京) 

    2016年05月
     
     

     概要を見る

    環境・防災・電力自由化などの視点からの都市・地域エネルギーシステムの今後のあり方

  • 平成27年度 第2回先端技術講習会 スマートエネルギーネットワークの実施例と運用状況

    空気調和・衛生工学会  (東京) 

    2016年03月
     
     

     概要を見る

    パネルディスカッション「スマートエネルギーネットワークにおけるエネルギーマネジメントと実績データに基づいた最適運転の取組みについて」のコーディネーター

  • 平成27年度 地域熱供給シンポジウム スマートな都市づくりの展望と熱供給

    一般社団法人 日本熱供給事業協会  (東京) 

    2016年03月
     
     

     概要を見る

    基調講演「スマートなエネルギーネットワークと「環境」「防災」まちづくり」、およびパネルディスカッションのコーディネーター

  • 長崎大学特別講演

    長崎大学  (長崎) 

    2015年12月
     
     

     概要を見る

    欧州のスマートエネルギーネットワーク先進事例と日本の防災・環境まちづくり

  • 日本大学大学院建築学特別講義

    東京  (日本大学) 

    2015年11月
     
     

     概要を見る

    これからの都市エネルギーシステムと地域熱供給の重要性

全件表示 >>