酒井 暁子 (サカイ アキコ)

SAKAI Akiko

所属組織

大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門

職名

教授

研究分野・キーワード

植物生態学 進化生態学 森林生態学 樹木 森林 植物 植生 成長 繁殖 資源分配 戦略 生活史 萌芽再生 地形 微地形 尾根-谷傾度 撹乱 地表撹乱 斜面崩壊 削剥 湿潤変動帯 非構造性炭水化物 中山間地 生態リスク MAB  「人間と生物圏」計画 生物圏保存地域 ユネスコエコパーク

メールアドレス

メールアドレス



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    千葉大学   理学部   生物学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年

    千葉大学  自然科学研究科  環境科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  千葉大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2003年03月

      東北大学   生命科学研究科   助手

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    アメリカ生態学会

  •  
     
     
     

    日本森林学会

  •  
     
     
     

    日本生態学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生態・環境

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 樹木における萌芽再生のための資源貯蔵

    研究期間:  - 

  • 降雨に含まれる窒素が樹木の成長に及ぼす影響、およびその緩和方法の検討

    研究期間:  - 

  • 湿潤変動帯に特異的な植生構造とその動態および地史的・進化的背景

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 地域環境学 トランスディシプリナリー・サイエンスへの挑戦

    佐藤哲・菊地直樹編 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 地域に生かす国際的な仕組みーユネスコMAB計画 )

    東京大学出版会  2018年01月

  • Why do we protect the ecosystems?

    Sakai, A. (担当: 単著 )

    Principles and Methods for Ecosystem Risk Management; YNU Leadership Program in Sustainable Living with Environmental Risk eds  2011年

     概要を見る

    教科書

  • 生物圏保存地域(ユネスコエコパーク):人間と自然の共生を目指すモデル

    酒井暁子 (担当: 単著 )

    地球環境学辞典,共立出版  2010年

  • 国連ミレニアムエコシステム評価:生態系サービスと人類の将来

    横浜国大21世紀COE翻訳委員会 (担当: 共著 )

    オーム社  2007年

  • 生態環境リスクマネジメントの基礎

    浦野紘平・松田裕之編 (学内) (担当: 共著 )

    オーム社  2007年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 只見町の5流域における植生分布に地形と積雪深が及ぼす影響

    斉藤真人・酒井暁子

    只見町ブナセンター紀要     2014年  [査読有り]

    共著

  • Spatial pattern of forest structure mediated by topography in a steep mountain basin in west Tanzawa, Japan

    Kitagawa, R.,Kondo, H. and Sakai, A

    Journal of Forest Research   19   205 - 214   2014年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Ecological traits of mountain forest trees: adaptive tree architecture on steep slopes

    Sadahira, M., Kitagawa, R. and Sakai, A.

    EAFES(東アジア生態学連合)/ESJ Joint Meeting, Shiga     2012年

    共著

  • Change of phylogenetic community structure along topographical gradients in a warm temperate forest in steep mountanious region

    Kitagawa, R., Mimura, M., Mori, A and Sakai, A.

    97th Annual Meeting of Ecological Society of America     2012年

    単著

  • Estimation of forest structure in steep mountainous terrain using LIDER

    Kitagawa, R., Kato, A., Mori, A. and Sakai, A.

    EAFES(東アジア生態学連合)/ESJ Joint Meeting, Shiga     2012年

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ユネスコエコパークへの道(特集「対馬モデルへ 域学連携のエコアイランド構想 対馬モデル1生物多様性の島」)

    酒井暁子

    BIOCITY   ( 58 ) 22 - 30   2014年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 特集「ユネスコMAB(人間と生物圏)計画ー日本発ユネスコエコパーク制度の構築に向けて」:趣旨説明

    松田裕之・酒井暁子・若松伸彦

    日本生態学会誌   ( 62 ) 361 - 364   2012年

    その他記事   共著

  • 創造力と論理的思考力を磨く(特集:編集委員が選んだ新入生に薦める100冊)

    酒井暁子

    生物科学   ( 62 ) 52   2010年

    その他記事   単著

  • ニュージーランドと日本の森林はパラレルワールドなのか?

    酒井暁子

    生物科学   ( 61 ) 193   2009年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 窒素の過剰供給と森林生態系の変化

    酒井暁子

    化学物質と環境 ( エコケミストリー研究会 )  ( 90 ) 17 - 19   2008年

    その他記事   単著

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 高木性樹木の萌芽戦略

    研究期間:  -   

  • 標高傾度上での樹木の成長繁殖様式の変化

    研究期間:  -   

  • 植物の最適性投資比の理論解析

    研究期間:  -   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  植物生態学演習 II

  • 大学院環境情報学府  植物生態学

  • 大学院環境情報学府  生態学特別講義

  • 大学院環境情報学府  ユネスコエコパークや関連制度を活用した環境 共生型地域の創出

  • 大学院環境情報学府  生態学:進化と環境適応

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • ユネスコMAB(人と生物圏)国内計画委員会

    2007年10月
    -
    継続中

    その他   委員(事務局担当)

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • Country report: Activities of MAB Japan in the past two years(招待講演)(東アジア7カ国会議)

    East Asian Biosphere Reserves Network 13th Meeting  (ウランバートル,モンゴル) 

    2013年10月
     
     

  • Country Report of Japan: MAB activities for the past two years(招待講演)(東アジア6カ国会議)

    East Asian Biosphere Reserves Network 12th Meeting  (シナンダドへ, 韓国) 

    2011年09月
     
     

  • Country Report of Japan, 「人間と生物圏プログラム」東アジア生物圏保存地域ネットワーク(EABRN) 第11回会議招待講演(東アジア6カ国会議)

    ユネスコ  (中華人民共和国 福建省) 

    2009年11月
     
     

  • Country Report of Japan, 「人間と生物圏プログラム」東南アジア生物圏保存地域ネットワーク(ECOTONE II - SeaBRnet)会議

    ユネスコ  (中華人民共和国 貴州省) 

    2007年11月
     
     

  • 「東北地方のオオシラビソにおける現在、50年前、100年前の成長量:地球温暖化の影響はあらわれているか?」

    2003年度年輪研究会  (鳥取) 

    2003年11月
     
     

全件表示 >>