酒井 暁子 (サカイ アキコ)

SAKAI Akiko

所属組織

大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門

職名

教授

研究分野・キーワード

植物生態学 進化生態学 森林生態学 樹木 森林 植物 植生 成長 繁殖 資源分配 戦略 生活史 萌芽再生 地形 微地形 尾根-谷傾度 撹乱 地表撹乱 斜面崩壊 削剥 湿潤変動帯 非構造性炭水化物 中山間地 生態リスク MAB  「人間と生物圏」計画 生物圏保存地域 ユネスコエコパーク

メールアドレス

メールアドレス



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    千葉大学   理学部   生物学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1995年

    千葉大学  自然科学研究科  環境科学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  千葉大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年04月
    -
    2003年03月

      東北大学   生命科学研究科   助手

  • 1997年04月
    -
    2000年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    アメリカ生態学会

  •  
     
     
     

    日本森林学会

  •  
     
     
     

    日本生態学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生態・環境

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 樹木における萌芽再生のための資源貯蔵

    研究期間:  - 

  • 降雨に含まれる窒素が樹木の成長に及ぼす影響、およびその緩和方法の検討

    研究期間:  - 

  • 湿潤変動帯に特異的な植生構造とその動態および地史的・進化的背景

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • Transformations of Social-Ecological Systems: Studies in Co-creating Integrated Knowledge Toward Sustainable Futures

    Sato, T., Chabay, I., Helgeson, J. eds. (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Internatinal Systems Deployed at the Local Level: UNESCO's Man the Biosphere Programme in Japan )

    Springer  2018年12月 ISBN: 978-981-13-2326-3

  • 地域環境学 トランスディシプリナリー・サイエンスへの挑戦

    佐藤哲・菊地直樹編 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 地域に生かす国際的な仕組みーユネスコMAB計画 )

    東京大学出版会  2018年01月

  • Why do we protect the ecosystems?

    Sakai, A. (担当: 単著 )

    Principles and Methods for Ecosystem Risk Management; YNU Leadership Program in Sustainable Living with Environmental Risk eds  2011年

     概要を見る

    教科書

  • 生物圏保存地域(ユネスコエコパーク):人間と自然の共生を目指すモデル

    酒井暁子 (担当: 単著 )

    地球環境学辞典,共立出版  2010年

  • 国連ミレニアムエコシステム評価:生態系サービスと人類の将来

    横浜国大21世紀COE翻訳委員会 (担当: 共著 )

    オーム社  2007年

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • ブナの葉形質に及ぼす地形の効果

    後藤亮仁・近藤博史・酒井暁子

    只見の自然 只見町ブナセンター紀要 ( 只見町ブナセンター )  7   2 - 9   2019年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    環境への適応として、尾根と谷では葉の形質が異なること、また種間と種内では環境への応答性が必ずしも 一致しないことが知られている。そこで本研究では、単一樹種内では地形上の位置によって葉の形質がどのよ うに変化するかに着目し、尾根から谷に連続的に分布している只見地域のブナを材料として調査・解析を行なっ た。樹冠下層のブナ個葉の形質について、叶津、下福井、白沢(いずれも只見町)で様々なサイズの計 111 個 体から各 6 枚の葉を採取して計測を行い、直径 30m から 1,010m まで評価範囲を順次変えたラプラシアンによ る尾根-谷傾度上の位置との関係を一般化線形混合モデルで分析した。その結果、葉形質への影響は 30m ラ プラシアンで最も顕著で、より尾根的な地点ほど、葉の面積・重量は小さく、薄く(SLA: Specific Leaf Area が大きい)、葉緑素濃度は小さい(SPAD 値が低い)ことが明らかとなった。葉サイズと SPAD 値の傾向 は種間を対象とした先行研究と整合しているが SLA の傾向は一致しない。全体として SLA と SPAD 値は強い負の相関を示した。 地際での土壌含水率および葉の採取位置での開空度によって評価した水・光環境は、葉形質とは無関係で地形とも対 応しておらず、葉形質の地形傾度を生じる要因については不明である。

  • Spring leaf phenology of Fagus crenata in snowy region - differences relating to relative height of foliage between and within individuals

    Shiho Nishizaka, Akiko Sakai

    11th International Beech Symposium IUFRO, 18th – 21st September 2018, Viterbo, Italy     23 - 23   2018年09月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    The timing of spring leaf emergence is important for the tree carbon gaining strategy in temperate deciduous forests. Leaf phenology of co-occurring trees is known to vary even within a same species, including size-dependent changes (Augspurger & Bartlett, 2003). However, few studies mention variations within individual trees, although physiological and morphological adaptive changes of leaves in the crowns are noticed. In this study, we examined the spring leaf phenology of Fagus crenata, focusing on relative heights of shoots in individual crowns and relative tree heights in a forest. Data was collected in Tadami Town of Fukushima, a typical snowy F. crenata forested area in northern Japan. Leaf flashing dates were detected in an old-growth beech forest (Site 1) and a secondary beech forest (Site 2) in 2017, for the upper and lower shoots of 154 trees of various heights. Forest structures and shoot light conditions were also evaluated. In Site 1, flashing occurred later with increasing tree height, but independently of the relative heights in crowns. In Site 2, flashing occurred earlier on higher trees and on higher shoots in the crowns. This tree height effect in Site 2 was noticeable for trees < 5.5 m. The two patterns were related to local light conditions, resulting from the community structure and snowmelt timing. In Site 1, phenology is accelerated in short trees for effective light acquisition under canopy although it did not explain the lack of the pattern in crowns. While, strong vertical gradient of irradiance in Site 2 may cause short trees and lower shoots to have more shade-leaves and to avoid direct light. Delayed snowmelt also contributes to the late flashing of the lower foliage in Site 2. We suggest that both strategic and passive modifications promote the complex pattern of phenology in F. crenata.

  • 只見ユネスコエコパークが目指すもの―過疎・高齢化に直面する山間地域における自然環境と資源を活用した地域振興―

    鈴木 和次郎, 中野 陽介, 酒井 暁子

    日本生態学会誌 ( 日本生態学会 )  66 ( 1 ) 135 - 146   2016年06月  [査読有り]  [招待有り]

    共著

     概要を見る

    只見生物圏保存地域での事例を分析し、ユネスコMAB計画の理念が地域に受入れられ本制度を地域振興に活用するに至った背景、プロセス、課題について具体的に示した。

    DOI

  • ユネスコエコパークの評価と今後の運用に向けての提言―インターネット検索ヒット数を用いた制度間の比較分析から

    酒井 暁子

    日本生態学会誌 ( 日本生態学会 )  66 ( 1 ) 165 - 172   2016年06月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

     概要を見る

    数値データを用いた統計解析によって国内で運用されている他の関連制度との比較を行い、今後の制度運用について提言を行った。

    DOI

  • Topographical patterns in the phylogenetic structure of temperate forests on steep mountainous terrain

    Ryo Kitagawa, Makiko Mimura, Akira S. Mori, Akiko Sakai

    AoB PLANTS   7   2015年11月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    In rugged terrain subject to active geomorphological processes, the species composition of forest communities changes along topographic gradients over short distances. However, the phylogenetic structure of forests on rugged terrain has rarely been examined. Understanding such structures provides insight into community assembly rules dependent on local environmental conditions. To this end, we tested the topographic trends of measurements of phylogenetic community structure [net relatedness index (NRI) and nearest taxon index] in a catchment covered by temperate forests with complex relief in Japan. We found that phylogenetic structure changed from over-dispersion to clustering with increasing slope inclination, change of slope aspect from south to north and decreasing soil depth. This result suggested that environmental filtering tended to restrict community composition at relatively stressful sites, whereas species interaction functioned more strongly at relatively stress-free sites. Relatively stressful sites were characterized by early-successional species that tended to assemble in certain phylogenetic clades, whereas highly competitive late-successional species associated with lower NRI at relatively stress-free sites. However, despite this significant topographic tendency, phylogenetic community structures were not statistically different from random assumptions in most plots. This obscuration of the phylogenetic structures at the plot level could be interpreted as species adapting to disturbances because they were abundant in this catchment. Accordingly, we suggest that a stochastic process was also important for this community at the plot level, although biotic and abiotic environmental filtering controlled the vegetation structure in the catchment, where disturbances occur frequently because of geomorphological mountain denudation processes owing to active crustal movements and abundant rainfall.

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 特集「ユネスコエコパーク:持続可能社会を実現するための実効性のある制度を目指して」趣旨説明

    酒井 暁子, 松田 裕之

    日本生態学会誌 ( 日本生態学会 )  66 ( 1 ) 119 - 120   2016年06月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    同特集の企画責任者としてMAB制度の解説や経緯、特集の意図や構成する論文の紹介等を行った。

    DOI

  • ユネスコエコパークへの道(特集「対馬モデルへ 域学連携のエコアイランド構想 対馬モデル1生物多様性の島」)

    酒井暁子

    BIOCITY   ( 58 ) 22 - 30   2014年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

  • 特集「ユネスコMAB(人間と生物圏)計画ー日本発ユネスコエコパーク制度の構築に向けて」:趣旨説明

    松田裕之・酒井暁子・若松伸彦

    日本生態学会誌   ( 62 ) 361 - 364   2012年

    その他記事   共著

  • 創造力と論理的思考力を磨く(特集:編集委員が選んだ新入生に薦める100冊)

    酒井暁子

    生物科学   ( 62 ) 52   2010年

    その他記事   単著

  • ニュージーランドと日本の森林はパラレルワールドなのか?

    酒井暁子

    生物科学   ( 61 ) 193   2009年

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • [S04]シンポジウム 世界遺産とユネスコエコパークを問い直す

    松田裕之・酒井暁子

    日本生態学会第66回大会(ESJ66)、神戸  (神戸)  2019年03月   日本生態学会

     概要を見る

    世界遺産とユネスコエコパークはともにユネスコの事業だが,自然の価値を保存する事業と創造する事業という性格の相違がある。世界遺産とエコパークの理念および両者の登録地の実態を比較することで,自然保護区の新たな可能性を論じた。

  • [P1-119] 多雪地ブナの群落内における個体間・個体内の開葉日の変化と葉群高・葉形質との関係

    西坂志帆, 酒井暁子

    日本生態学会第66回大会(ESJ66)、神戸  (神戸)  2019年03月   日本生態学会

  • [D03-01]遷移後期樹種における標高と競合種の有無に応じた成長・繁殖スケジュールの調整

    近藤博史, 伊澤悠人, 中川宏記, 酒井暁子

    日本生態学会第66回大会(ESJ66)、神戸  (神戸)  2019年03月   日本生態学会

  • [S04-1] ユネスコエコパークと他の関連制度との連携を通じた環境共生型地域の持続可能な発展

    酒井暁子, 松田裕之, 若松伸彦

    日本生態学会第66回大会(ESJ66)、神戸  (神戸)  2019年03月   日本生態学会

     概要を見る

    生物圏保存地域(Biosphere Reserve;ユネスコエコパークは日本の公式通称名;以下BR)は1976年に登録が始まり、現在は122カ国・686地域が認定されている。  BRは自然と共生する持続可能な社会を世界で実現するためのモデル地域である。そのため、自然保護に加え、自然環境保全型の産業の振興や環境教育などを通じた地域社会の発展に取組み、住民らが地域の自然を自らの社会・文化的資本として守る意識を育むこと、また地域や世界的課題を解決するための学術研究に資する場として期待されている。こうした理念が具現化し国内外から多くの視察が訪れるなど、実際にモデルとして機能している登録地が存在する。  一方でBRの枠組みを十分に活用できずにいる登録地もある。また新規申請、登録のペースは遅い。これらはBR制度が地域にとって必ずしも魅力的ではないことを示唆する。課題を整理すると、制度の歴史的経緯による部分と現状の運用に係る要因がある。後者の解決に向けて何点か具体策が考えられ、その一つとして関連する他の制度との連携の強化を提案する。関連他制度として念頭に置くのは、世界遺産のほか同様に公的な取組に対する国際的認定制度である、世界・日本農業遺産、世界・日本ジオパーク等、さらにユネスコ未来遺産運動など市民ベースの取組を認定する制度である。これらと協力することは、共通する目標である持続可能な世界の実現に向けて双方に有益であろう。  以上を踏まえ、本講演では以下の項目を述べる:1)BR制度の概要と現況;2)持続可能に発展する「環境共生型地域」のモデルとしてのBRの実例;3)BRの課題;4)関連する制度の紹介、連携の提案。

  • 多雪地ブナ林における個体間・個体内の相対葉群高に応じた開葉日の変化 ;葉形質に着目して

    西坂志帆・酒井暁子

    平成30年度「自然首都・只見」学術調査研究助成事業 成果発表会  (福島県只見町)  2019年01月   福島県只見町

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 高木性樹木の萌芽戦略

    研究期間:  -   

  • 標高傾度上での樹木の成長繁殖様式の変化

    研究期間:  -   

  • 植物の最適性投資比の理論解析

    研究期間:  -   

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  植物生態学演習 II

  • 大学院環境情報学府  植物生態学

  • 大学院環境情報学府  生態学特別講義

  • 大学院環境情報学府  ユネスコエコパークや関連制度を活用した環境 共生型地域の創出

  • 大学院環境情報学府  生態学:進化と環境適応

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • ユネスコMAB(人と生物圏)国内計画委員会

    2007年10月
    -
    継続中

    その他   委員(事務局担当)

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • Country report: Activities of MAB Japan in the past two years(招待講演)(東アジア7カ国会議)

    East Asian Biosphere Reserves Network 13th Meeting  (ウランバートル,モンゴル) 

    2013年10月
     
     

  • Country Report of Japan: MAB activities for the past two years(招待講演)(東アジア6カ国会議)

    East Asian Biosphere Reserves Network 12th Meeting  (シナンダドへ, 韓国) 

    2011年09月
     
     

  • Country Report of Japan, 「人間と生物圏プログラム」東アジア生物圏保存地域ネットワーク(EABRN) 第11回会議招待講演(東アジア6カ国会議)

    ユネスコ  (中華人民共和国 福建省) 

    2009年11月
     
     

  • Country Report of Japan, 「人間と生物圏プログラム」東南アジア生物圏保存地域ネットワーク(ECOTONE II - SeaBRnet)会議

    ユネスコ  (中華人民共和国 貴州省) 

    2007年11月
     
     

  • 「東北地方のオオシラビソにおける現在、50年前、100年前の成長量:地球温暖化の影響はあらわれているか?」

    2003年度年輪研究会  (鳥取) 

    2003年11月
     
     

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    2019年03月
      環境情報研究院学務委員(環境生命学専攻担当)   (部局内委員会)