迫村 勝 (サコムラ マサル)

SAKOMURA Masaru

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

講師

生年

1964年

研究分野・キーワード

人工光合成,分子素子,有機超薄膜,光電子移動

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.bsk.ynu.ac.jp/~nakayama_uedalab/



直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年

    東京工業大学   工学部   化学工学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1990年

    東京工業大学  総合理工学研究科  電子化学    中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京工業大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   講師  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   助手  

  • 1991年01月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助手  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   化学・生命系理工学専攻   講師  

  • 2011年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   化学・生命系学科   講師  

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本化学会

  •  
     
     
     

    高分子学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能物性化学

  • 工業物理化学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 光合成反応中心モデル分子の分子内電子移動

    研究期間:  - 

  • 光機能性有機超薄膜に関する研究

    研究期間:  - 

  • 有機薄膜型太陽電池の開発

    研究期間:  - 

  • 分子・DNAレベルの素子

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • Encyclopedia of Electrochemistry

    迫村勝,藤平正道 (担当: 共著 , 担当範囲: 第1章第4節、"Langmuir-Blodgett(LB) Films on Electrodes"の分担執筆 )

    Wiley-VCH: Weinheim  2007年04月

     概要を見る

    界面化学の熱力学量についての基礎的な取扱を講義し、特にGibbs単分子膜やLangmui単分子膜など、水面上の単分子膜についての物理化学を解説。Langmuir-Blodgett法を用いた有機系として、人工光合成系の研究について詳しく紹介している。

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Study of photoelectric conversion by linear amphiphilic acceptor-sensitizer-donor triads

    迫村 勝

      2002年05月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京工業大学大学院生命理工学研究科生体分子機能工学専攻 光合成反応中心を簡略化し、模倣した分子フォトダイオードとして、両親媒性電子受容体−増感色素−電子供与体三つ組分子を合成し、主にLB法を用いて形成した膜による光電変換を検討。物質合成からデバイス機能の評価までの全過程を研究することにより、分子フォトダイオードの将来的な実用化の決め手となる分子・デバイス設計の指針を示した。

  • Photoelectric conversion by a linear A-S-D triad monolayer

    迫村 勝

      1988年02月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京工業大学 総合理工学研究科電子化学専攻 光合成反応中心のモデル分子、およびアンテナ色素系のモデル分子をそれぞれ数種類合成し、Langmuir-Blodgett(LB)法により成膜。光電変換素子として機能することを確認し、アンテナ光収集から電荷分離までを含む光合成初期過程のシミュレーションに成功した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of insertion of bathocuproine buffer layer at grating-structured cathode-organic-layer interface in bulk-heterojunction solar cells

    Masaru Sakomura, Yuya Yokokura, Yusuke Takagi, Kazuyoshi Ueda

    AIP Advances   10   015144-1 - 015144-8   2020年01月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Chemically modified indium-tin-oxide electrodes for heterojunction organic solar cells based on differenet organic donors

    Ganbaatar Tumen-Ulzii, Delgerjargal Altantsetseg, Nyamjargal Ochirkhuyag, Delgertsetseg Byambasuren, Masaru Sakomura, Sarangerel Khayankhyarvaa, Ganzorig Chimed

    Chemistry Select ( Wiley )  2 ( 15 ) 4230 - 4233   2017年05月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Detailed investigation of dependencies of photovoltaic performances of P3HT:PC61BM based solar cells on anodic work function modified by surface treatment of indium-tin-oxide electrode with benzenesulfonyl chloride derivatives

    Byambasuren Delgertsetseg, Namsrai Javkhlantugs, Erdenebileg Enkhtur, Yuya Yokokura, Takayuki Ooba, Kazuyoshi Ueda, Chimed Ganzorig, Masaru Sakomura

    Organic Electronics ( Elsevier B. V. )  23   164 - 170   2015年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    P3HT:PC61BM系のバルクヘテロ型有機薄膜太陽電池について、アノードITOの自己組織化膜(SAM)修飾による効果を調べた。SAM修飾には5種類の塩化ベンゼンスルホニル誘導体が用いられ、ITOの仕事関数は、およそ4.9〜5.3 eVの広い範囲で制御することが出来た。デバイスの電流密度については仕事関数による変化が見られたが、開放電圧はほぼ一定値となった。このことからドナーポリマーのポーラロン準位にフェルミ準位ピンニングが起きていることが示唆された。

    Web of Science DOI

  • Improved performances of ITO electrodes treated by molecular-self assembly

    Byambasuren Delgertsetseg, Khayankhyarvaa Sarangerel, Namsrai Javkhlantugs, Masaru Sakomura, Kazuyoshi Ueda, Chimed Ganzorig

    Rev.Téc.Ing.Univ.Zulia   37 ( 3 ) 35 - 40   2014年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    ZnPc/C60系の有機薄膜太陽電池におけるカソード電極側のバソクプロイン層の効果及び、ITOアノード電極側の自己組織化膜修飾による効果の比較を行い、電極仕事関数の観点から議論した。自己組織化膜としては、H-あるいはCl-基を末端に有するベンゼンスルフォン酸誘導体を用いた。

  • Improvement of open-circuit voltage in organic photovoltaic cells with chemically modified indium-tin oxide

    K. Sarangerel, B. Delgertsetseg, N. Javkhalantugs, M. Sakomura, C. Ganzorig

    World Journal of Nano Science and Engineering ( Scientific Research )  3   113 - 120   2013年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    主にルブレンをp層に、フラーレンをn層に用いた場合の低分子系有機薄膜太陽電池について、電極仕事関数がデバイス開放電圧へ及ぼす影響について研究を行った。アノードITO極については、自己組織化膜法を用いてダイポール分子の配列を行い、カソード金属極についてはバソクプロイン及びアルミニウムキノンの蒸着により誘起される界面ダイポールによって、両極の仕事関数を変化させた。両極の仕事関数差を増大させた結果、最大で0.93Vの開放電圧値が得られることがわかった。

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Enhanced performance in organic photovoltaic cells with chemically modified indium-tin oxide anode electrode

    B. Delgertsetseg, K. Sarangerel, A. Delgerjargal, N. Javkhlantugs, C. Ganzorig, K. Ueda, M. Sakomura

    8th International Forum on Strategic Technology     2013年06月  [査読有り]

    総説・解説(国際会議プロシーディングズ)   共著

     概要を見る

    ZnPc/C60系有機薄膜太陽電池について、自己組織化膜(SAM)修飾ITO電極の効果について調査を行った。SAM物質としては、H-、Cl-及び、Phenylphosphoryl dichloride基を末端に有する塩化ベンゼンスルホニル誘導体を用いた。これらについて、アノード側のBCP層の効果についてもそれぞれ調べ、比較を行った。

  • 有機薄膜太陽電池の高効率化

    藤平正道、迫村 勝

    学術月報 ( 日本学術振興会 )  58 ( 7 ) 542 - 546   2005年07月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    CiNii

  • 図解バイオ活用技術のすべて

    藤平正道教授(東京工業大学)

    工業調査会     206 - 211,226-230   2004年06月

    総説・解説(その他)   共著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 末端基に NH2 を有する自己組織化膜修飾電極上で のペロブスカイト膜の形成と太陽電池デバイス化の 検討

    村松 拓実,森 友萌,迫村 勝

    第8回CSJ化学フェスタ2018  (タワーホール船堀)  2019年10月17日  

     概要を見る

    本研究では、ペロブスカイト層の下地として PEDOT:PSS と末端基に NH2 を有する自 己組織化単分子膜(SAM)を修飾させた電極上において、ヨウ化鉛(PbI2) とヨウ化メチル アンモニウム(MAI)をそれぞれスピンコート法を用いて成膜することでペロブスカイ ト層を形成した。電極上に異なる下地を用いたときのペロブスカイト層の表面モルフォ オロジーの変化について、原子間力顕微鏡(AFM)を用い表面測定を行い調査した。また 実際に太陽電池デバイスを作製し、性能の評価を行った。 講演番号 P7-017 実験・学生指導・データ解析を担当

  • 低分子系有機薄膜太陽電池におけるITO-有機層界面へのフルオロカーボン単分子膜の挿入効果

    長倉 卓也,迫村 勝

    第8回CSJ化学フェスタ2018  (タワーホール船堀)  2019年10月17日  

     概要を見る

    今回の研究では、効率の向上が仕事関数増加のみの寄与によるものか、あるいは、LB膜を挿入したことによる有機電子供与体層の結晶状態の変化などにも起因するのかを確認するため、LB膜を挿入した場合とそうでない場合それぞれの試料において有機電子供与体層の表面形状を、原子間力顕微鏡を用いて観察し、比較及び検証を行った 講演番号 P7-016 実験・学生指導・データ解析を担当

  • ヨウ化鉛-ヨウ化メチルアンモニウム交互積層方式によるペロブスカイト層の形成と太陽電池デバイス化の検討

    鵜子 卓弥,森 友萌,迫村 勝

    第8回CSJ化学フェスタ2018  (タワーホール船堀)  2019年10月15日  

     概要を見る

    本研究では、ヨウ化鉛(PbI2)とヨウ化メチルアンモニウム(MAI)を、それぞれスピンコート法を用いて成膜することでペロブスカイト層を形成した。またケルビンプローブ法を用いてペロブスカイト膜の表面電位を測定し、仕事関数を算出した 講演番号 P1-019 実験・学生指導・データ解析を担当

  • DFT計算によるSAM修飾ITO基板の電子特性の研究

    太田 宏幸,小宮 大樹,迫村 勝

    第8回CSJ化学フェスタ20178  (タワーホール船堀)  2018年10月24日  

     概要を見る

    太陽電池の電極基板としてITOなどの透明導電性酸化物が広く用いられている。本研究ではITO電極表面のSAM修飾による仕事関数変化をDFT計算を用いて解析を行った。 講演番号 P4-015 実験・学生指導・データ解析を担当

  • 有機薄膜太陽電池のラミネートデバイスにおけるバッファー層挿入による界面への影響の検討

    高橋 瑛一,迫村 勝

    第8回CSJ化学フェスタ20178  (タワーホール船堀)  2018年10月24日  

     概要を見る

    講演番号 P4-014 実験・学生指導・データ解析を担当

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 有機太陽電池に関する研究

  • 分子太陽電池に関する研究

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院工学府  機能性溶液論

  • 大学院理工学府  機能性溶液論

  • 教養教育科目  化学・生命基礎演習A

  • 理工学部  化学熱力学B

  • 理工学部  物理化学Ⅰ

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会関東支部

    2019年04月
    -
    2021年03月

    学協会   代表正会員