佐藤 浩太 (サトウ コウタ)

SATO Kota

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

生年

1956年

研究分野・キーワード

量子化学,プラズマ化学,高分子化学、表面科学、イオン液体

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.chem.ynu.ac.jp/lab/ksato



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1979年

    東京大学   工学部   工業化学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    東京大学  工学系研究科  工業化学    修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2003年04月
    -
    2004年03月

      東京理科大学   理学部   非常勤講師併任

  • 2000年04月
    -
    2001年03月

      日本大学   文理学部   非常勤講師併任

  • 1999年04月
    -
    2000年03月

      山梨大学   教育学部   非常勤講師併任

  • 1986年10月
    -
    1995年05月

      千葉大学   工学部工業化学科   助手

  • 1984年10月
    -
    1986年09月

      米国ミズーリ大ローラ校   博士研究員

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本化学会

  •  
     
     
     

    応用物理学会

  •  
     
     
     

    高分子学会

  •  
     
     
     

    分子科学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • プラズマ科学

  • 薄膜・表面界面物性

  • 物理化学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 半導体の構造と物性の相関の研究

    研究期間:  - 

  • 電子材料の量子化学に基づく研究

    研究期間:  - 

  • プラズマ反応の量子化学

    研究期間:  - 

  • 量子化学に基づく表面科学の研究

    研究期間:  - 

  • 量子化学的手法によるナノシートの構造と反応性の研究

    研究期間:  - 

     概要を見る

    種々の2次元ナノシートの構造と反応性について量子化学的手法により検討する。系によって平面に近い安定構造をとるものと取らないものがある。2層構造の可能性、基板との相互作用についても検討する。

著書 【 表示 / 非表示

  • ベーシクマスター物理化学

    築山 光一 (編集), 一國 伸之 (編集), 近藤 寛 (編集) (担当: 共著 , 担当範囲: 水素分子 )

    オーム社  2012年04月 ISBN: 4274211789

    Amazon

  • ラジカル重合ハンドブック

    蒲池幹治 (著), 遠藤剛 (著) (担当: 共著 )

    エヌ ティー エス社  1999年08月 ISBN: 4900830410

    Amazon

  • Progress in Organosilicon Chemistry

    Hideomi Koinuma, Kota Sato (担当: 共著 )

    Gordon & Breach  1995年

  • Plasma properties, deposition and etching

    (担当: 単著 )

    Trans Tech Publications  1993年 ISBN: 0-87849670-x

  • New Functionality Materials

    Y. Ypshida, H. Koinuma (担当: 共著 )

    Elsevier  1993年 ISBN: 044481616X

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • ラジカル重合規制と生成ポリマー構造の量子化学的解析

    佐藤 浩太

      1984年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学工学系研究科 三塩化ホウ素存在下のラジカル重合規制の量子化学的解析をモノマーと金属塩の相互作用に基づいて行い、量子化学的手法と統計力学的手法を組み合わせた手法により、単独重合体から交互共重合体、ランダム共重合体に至る生成ポリマーのNMRスペクトルの理論解析を行った。

  • ビニルポリマーのコンホメーションとNMRスペクトルの理論解析

    佐藤 浩太

      1981年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京大学工学系研究科 量子科学的手法と統計力学的手法を組み合わせ、モデルと整合性のよい側鎖を環化した新規に合成した交互共重合体についてNMRを解析し、定量的な一致を見た。

論文 【 表示 / 非表示

  • Theoretical Study on a Stable Structure and Hydrogen Adsorption of Hexagonal Boron Phosphide based on Density Functional Theory

    Kota Sato, Masakazu Sasaki, Haruka Asano

    Japanese Journal of Applied Physics   52 ( 12 ) 125801 - 1-5   2013年11月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    まだ合成されていないリン化ホウ素平面構造の安定構造と水素との反応性について量子化学的手法により予測した。本論文は注目されて、後に関連論文の査読を依頼された。

    Web of Science DOI

  • Ab Initio Molecular Orbital Study on Acceleration Mechanism of Silane Plasma Chemical Vapor Deposition by DIborane

    Kota Sato, Yasuyo Kubota

    Appl. Phys. Express   4 ( 5 ) 056202   2011年04月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    シランプラズマCVDのジボランによる加速機構を非経験的分子軌道法計算に基づき提案した。

    Web of Science DOI

  • An Ab initio Molecular Orbital Study on F Radical Reactions to Graphite Surface and the Subsequent Etching Process

    Eiji SHinagawa

    6th INternational Conference on Reactive Plasmas     479 - 480   2006年  [査読有り]

    共著

  • Thermoelectric properties of photo-and thermal CVD boron and boron phosphide films

    Kumashiro Y; Enomoto T; Sato K; Abe Y; Hirata K; Yokoyama T

    Journal of Solid State Chemistry   177 ( 2 ) 529 - 532   2004年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • The properties of B-Sb thin films prepared by molecular flow region PVD process

    Kumashiro Y; Nakamura K; Sato K; Ohtsuka M; Ohishi Y; Nakano M; Doi Y

    Journal of Solid State Chemistry   177 ( 2 ) 533 - 536   2004年  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Highly Cross-linked Polymer Networks of Amorphous SIlicon Alloys: Quantum Chemical Studies on Plasma and Photochemical Processes

    Kota Sato, Hideomi Koinuma

    Progress in Polymer Science   21   255 - 297   1996年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 高分子鎖の量子化学

    佐藤浩太

    化学と工業   46   1753   1993年

    総説・解説(その他)   単著

  • プラズマCVDにおける分子設計

    佐藤浩太

    CICSJ Bulletin   10   24 - 27   1992年

    総説・解説(その他)   単著

  • 量子化学による薄膜CVDの反応設計と解析

    佐藤浩太、鯉沼秀臣

    化学   45   508 - 509   1990年

    総説・解説(商業誌)   共著

  • シラン類のCVDの量子化学的解析

    佐藤浩太

    化学と工業   42   2053 - 2054   1989年

    総説・解説(その他)   単著

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 量子化学に基づくSiCおよびSiGeナノシートの構造と反応性の研究

    平見拓哉、高橋遼太郎、佐藤浩太

    分子科学討論会、東京 P118  (東京)  2015年09月   平見拓哉、高橋遼太郎、佐藤浩太

     概要を見る

    SiCおよびSiGeナノシートの構造と反応性について量子科学的に検討し、その安定性について議論した。学生を指導し、全部分を担当。

  • 量子化学に基づくゲルマネンの電子状態と反応性の研究

    星野大輔、佐藤浩太

    分子科学討論会、広島 2=095  (広島)  2014年09月  

     概要を見る

    ゲルマネンの電子状態と反応性を量子科学的手法により検討し、その安定性を議論した。学生を指導し、全部分を担当。

  • 量子化学に基づくシリセンの多層間における相互作用の研究

    浅野悠、佐藤浩太

    分子科学討論会 2P123   2013年09月  

     概要を見る

    シリセンの層間相互作用を量子化学的手法により検討し、多層構造の安定性を議論した。学生を指導し、全部分を担当。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 理工学部  無機化学Ⅰ

  • 理工学部  構造化学