関口 康爾 (セキグチ コウジ)

SEKIGUCHI Koji

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

教授

研究キーワード

磁性、スピントロニクス、ブリルアン散乱分光、マグノニクス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Time-domain Measurement of Current-induced Spin Wave Dynamics   2011年01月

    【受賞】 文部科学大臣表彰若手科学者賞  2015年04月

    【論文】 Spin Wave Propagation in Cubic Anisotropy Materials  2017年06月

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) - 慶應義塾大学

  • 修士(理学) - 慶應義塾大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   教授  

  • 2018年4月
    -
    2021年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   准教授  

  • 2023年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   数物・電子情報系理工学専攻   教授  

  • 2021年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院工学府   物理情報工学専攻   教授  

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • スピン波ドップラー効果とマグノン制御

    ( 担当: 単著)

    応用物理学会  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    応用物理83巻3号

学位論文 【 表示 / 非表示

  • ナノスケール強磁性体におけるスピン依存量子伝導機構の研究

    関口 康爾

    2007年3月

    学位論文(博士)   単著    [査読有り]

     詳細を見る

    ナノスケール強磁性体におけるスピン自由度に依存した電気伝導量子化が生じること、Aharonov-Bohm効果にスピン依存効果が出ることを示した。

  • 強磁性極微細線におけるスピン依存量子伝導

    関口 康爾

    2004年3月

    学位論文(修士)   単著    [査読有り]

     詳細を見る

    原子スケールの強磁性細線では、電気伝導度がスピンに依存して量子化すること、巨大な磁気抵抗効果が出現することを明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

  • Spin-wave enhancement using feedback-ring structure

    Masashi Iwaba, Koji Sekiguchi

    Japanese Journal of Applied Physics   62 ( 10 )   2023年10月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • Spin-wave interconversion via thermoelectric point-contact control

    Takuro Eguchi, Shoki Nezu, Yu Naemura, and Koji Sekiguchi

    Physical Review Research   4 ( 3 )   033135   2022年8月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   単著  

  • High-density spin-wave soliton train

    Eguchi Takuro, Kawase Mikito, Sekiguchi Koji

    APPLIED PHYSICS EXPRESS   15 ( 8 )   2022年7月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Propagating backward-volume spin waves in epitaxial Fe films

    Nezu S., Scheike T., Sukegawa H., Sekiguchi K.

    AIP ADVANCES   12 ( 3 )   035320-1 - 035320-6   2022年3月  [査読有り]

    DOI Web of Science CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Spin-wave switching using dynamic magnonic crystal

    Iwaba Masashi, Sekiguchi Koji

    APPLIED PHYSICS EXPRESS   14 ( 7 )   073002-1 - 073002-5   2021年7月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • The Basis of Magnon Transistors

    K. Sekiguchi

    AAPPS Bulletin 28, 2 (2018).   2018年

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    K. Sekiguchi,
    “The Basis of Magnon Transistors”,
    AAPPS Bulletin 28, 2 (2018).
    doi: 10.22661/AAPPSBL.2018.28.3.02

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • マグノントランジスタによる無配線・電流ゼロコンピューティングへの挑戦

    研究課題/領域番号:22K18321  2022年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  挑戦的研究 (開拓)

    代表者:関口 康爾

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    CPS/IoT社会が生み出す大量の信号を、既存CMOSデバイスで処理するには膨大な負荷がネットワークにかかる。本研究では、電流よりも圧倒的にロスが小さい非電荷キャリア(マグノン)を使った演算素子により、低エネルギーで動作するセンサ近傍での信号処理(エッジコンピューティング)技術に挑戦する。既存のマグノントランジスタ研究に対して、本研究では波動干渉を積極活用した多入力・無配線信号処理を研究し、演算部で電流ゼロを実現する革新的デバイス学術体系を打ち立てる。センサ信号の高精度分類化(高次元化)を処理できるマグノンリザバーを構築し、電流ゼロ・エッジコンピューティングに挑戦する。

  • マグノニック機能創発のための電圧効果と凝縮効果の研究

    2019年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    代表者:関口康爾

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Magnon transistor for next generation computing (invited)

    K. Sekiguchi  [招待有り]

    Magnon transistor for next generation computing  MSJ

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Time domain Detection of Multiple Spin-wave Solitons Generation

    M. Kawase, M. Iwaba, and K. Sekiguchi

    Time domain Detection of Multiple Spin-wave Solitons Generation  MORIS2019

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Shape-Forming of Spin Wave Packets by Dynamic Magnonic Crystal

    M. Iwaba, K. Sekiguchi,

    Shape-Forming of Spin Wave Packets by Dynamic Magnonic Crystal  MORSI2019, We-02-2

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Generation of fast propagating spin-wave for magnonic logic functions

    K. Sekiguchi  [招待有り]

    Collaborative Conference on Materials Research (CCMR) 2018, 27June. 2018 (invited)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • Edge-mode Spin-wave Nonreciprocity for Magnonic Logic Functions

    K. Sekiguchi  [招待有り]

    5th International Conference of Asian Union of Magnetics Societies (IcAUMS 2018), G4-1399, 7June. 2018 (invited) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2023年度   電磁気学Ⅰ

    理工学部

  • 2023年度   電子情報システム実験Ⅱ

    理工学部

  • 2023年度   電子情報システム実験B

    理工学部

  • 2023年度   システムデバイス実習

    大学院理工学府

  • 2023年度   スピントロ二クス特論

    大学院理工学府

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2022年05月
     
     
    MORIS 2022 Best Poster Award   (教育方法・実践に関する発表、講演)
  • 2021年08月
     
     
    日本磁気学会 学術奨励賞(内山賞)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:根津昇輝(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期1年) 指導教員:関口康爾 教授 受賞論文:「多磁区状態の強磁性薄膜におけるスピン波伝播の外部磁場依存性」 授与者:公益社団法人日本磁気学会 受賞日:2021(R3)年8月27日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/26779/detail.html

  • 2020年09月
     
     
    日本磁気学会 学術奨励賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:岩場雅司(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期2年) 指導教員:関口康爾 准教授 受賞論文:多重マグノニック結晶を用いたスピン波スイッチング 授与機関:公益社団法人日本磁気学会 授与日:令和2(2020)年9月23日

  • 2020年05月
     
     
    日本磁気学会 MSJ論文奨励賞(公益社団法人日本磁気学会)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:岩場雅司(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期2年) 指導教員:関口康爾 准教授 受賞論文:ダブル・マグノニック結晶を用いたバックワードスピン波遮断 授与機関:公益社団法人日本磁気学会 授与日:2020(R2)年5月20日 https://www.magnetics.jp/society/msjencouragementaward/list/