關 金一 (セキ カネカズ)

SEKI Kanekazu

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

准教授

生年

1957年

研究分野・キーワード

化学反応動力学、レーザー化学、光化学、大気化学、分子科学、宇宙化学、分子分光学

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.chem.ynu.ac.jp/lab/seki/



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年

    横浜国立大学   工学部   応用化学  

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年

    東京大学  理学系研究科  化学  博士課程  修了

  •  
    -
    1983年

    東京大学  理学系研究科  化学  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士 -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年07月
    -
    1993年09月

      環境庁国立環境研究所   主任研究員

  • 1990年03月
    -
    1992年06月

      米国ハワード大学   博士研究員

  • 1986年04月
    -
    1990年02月

      (株)東芝総合研究所   基礎研究所   研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本化学会

  •  
     
     
     

    日本物理学会

  •  
     
     
     

    光化学協会

  •  
     
     
     

    日本分光学会

  •  
     
     
     

    大気化学研究会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境動態解析

  • 物理化学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 大気中の化学反応に関する研究

    研究期間:  - 

  • アセチレンの光化学に関する研究

    研究期間:  - 

  • 環境動態解析

    研究期間:  - 

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Photochemical Processes of Simple Unsaturated Molecules

    關 金一

      1986年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学理学系研究科化学専攻 不飽和炭化水素の光化学素過程について、紫外短パルスレーザー及び分子線を用いた反応動力学的な実験的研究から電子励起状態のポテンシャルを明らかにし,励起状態及び基底状態間の反応の競合について分子動力学的に新しい研究分野を創出した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Measurements of Quantum Yields for the Photochemical Explosion Reactions in Solid Phase below 100K

    關 金一、平川大三、張谷菜月、草刈智弘

    第34回化学反応討論会講演予稿集 ( 化学反応討論会 )  34 ( 1 ) 134   2018年06月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    固相光化学反応における絶対量子収率の測定法の開発とその結果について報告

  • Photochemical Explosions in soli phase at 20-100K

    關 金一、丸山宏明、張谷菜月、草刈智弘

    第33回化学反応討論会講演予稿集 ( 化学反応討論会 )  33 ( 1 ) 92   2017年06月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    低温固相光化学過程において爆発的な連鎖反応の実験的研究。

  • Photochemical reactions between ehylene and chlorine in soli phase below 80K

    Hiroaki Maruyama, Kanekazu Seki

    32nd Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics   32 ( 1 ) 98   2016年06月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    エチレンと塩素の光反応を気相と低温固相で比較し、反応の選択性、量子収率、反応機構について実験と理論計算で検討した結果を報告した。

  • Trapping chlorine radicals via substituting nitro radicals in the gas phase

    A. Seto,Y.Ochi,H.Gotoh,K. Sakakibara,S.Hatazawa,K.Seki, N.Saito,Y.Mishima

    Analytical Methods,   8 ( 1 ) 25 - 28   2015年11月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    気相中の塩素ラジカルをラジカル捕捉剤であるニトロ化合物の置換反応により捉えることができることを初めて検証した研究。置換反応の機構について生成物の分析から検討を行った。

    Web of Science DOI

  • Cl adduction to unsaturated hydrocarbons

    IECHIKA,Shigeru; MASUDA,Tatsuru; SEKI,Kanekazu

    27th internatinal conference on photochemistry   1 ( 1 ) 113   2015年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    100K以下の低温固相状態における塩素ラジカルの反応を温度変化に伴う量子収率の変化により検討を行った。

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 低温固相における光ナノ爆発機構の創製と解明

    關 金一

    科学研究費萌芽研究成果報告     2013年04月

    総説・解説(大学・研究所紀要)   単著

     概要を見る

    低温固相マトリックス中で新規に発見されたナノ爆発機構の解明にFTIRの実験および分子軌道計算を用いて取り組んだ結果の報告。

  • 外惑星大気の光化学とその課題

    關 金一

    光化学   30   270 - 271   1999年10月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 低温固相における光ナノ爆発機構の創製と解明

    萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月  代表者:  關 金一

  • 星間空間および惑星大気中におけるラジカル反応の速度論的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2004年04月  -  2007年03月  代表者:  關 金一

  • レーザープラズマからのパルス白色光による時間分解FTIRの開発と化学反応への応用

    萌芽研究

    研究期間:  1999年04月  -  2001年03月 

  • 星間空間および惑星大気中におけるCNに関連するラジカル反応の速度論的研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  1995年04月  -  1996年04月  代表者:  關 金一

  • 赤外ダイオードレーザーを用いた過酸化水素の光化学過程

    若手研究

    研究期間:  1993年04月  -  1994年04月  代表者:  關 金一

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Measurements of Qutum yields for teh Photochemical Explosion Reactions in Solid Phase below 100K

    HIrakawa Taizo, Haritani Natsuki, Seki Kanekazu

    34th Symposium on Chemical Kinetics and Dynamics  (Knasai Photon Science Institute)  2018年06月06日   Local Organizing Committee of SCKD34

     概要を見る

    The photochemical chain reactions between unsaturated organic compounds and halogens in solid phase at low temperature have been investigated. We found that some kinds of the reactions in solid phase had extraordinary high quantum yields and the selectivity for the products. The distinctive properties have been were interpreted in terms of a statistical model of free radical chain propagation. To generalize these phenomena, we have measured the relative quantum yield of photoproducts in mixtures of chlorine with about 20 of compounds in gas phase and solid phase. The absolute quantum yields of are also determined by FTIR. In this study we report the result between C-C triple bond compounds and chlorine mainly.

  • 大気微量ラジカル種の濃度測定を目的とした捕集剤を用いた研究

    光化学討論会  (東京工業大学大岡山キャンパス)  2012年09月12日  

  • ハロゲン化エチレンの光化学

    第6回分子科学討論会  (東京大学本郷キャンパス)  2012年09月  

  • Study for nano explosion processes in solid phase under 110K : photochemical reactions between butadiene and chlorine

    關 金一

    第28回化学反応討論会  (九州大学筑紫キャンパス)  2012年06月06日  

  • Arマトリックス中におけるジクロロエチレン類の光化学

    日本化学会第92春季年会  (横浜市日吉慶応大学)  2012年03月  

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大気化学に関する反応の基礎研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • アセチレンの光化学

    提供機関: Howord Unversity  国際共同研究  

    研究期間: 1993年07月  -  1999年08月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  光反応と分光学

  • 大学院理工学府  化学反応動力学

  • 教養教育科目  化学・生命基礎演習A

  • 理工学部  反応速度論B

  • 理工学部  化学・生命基礎演習A

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 神奈川大学   分子分光学

  • 埼玉大学   分子化学特論

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 学生企業合同交流会

    横浜国立大学理工学部化学系同窓会、理工学部化学・生命系学科化学EP  (横浜国立大学教育文化ホール) 

    2018年03月
    -
    継続中

     概要を見る

    同窓会の学生支援の一環として本年度より新たに表題の交流会を企画した。6月26日(火)に本学の教育文化ホールにて参加企業12社、参加学生84名で午後4時半から2時間のフリートーク形式の交流会でした。交流会の目的は修士1年生と学部3年生を対象として、夏に催されるであろうインターシップに向けて、従来より化学系OB・OGが活躍している企業の内容の説明と理解を深めること。就職担当の大山先生をはじめ多くの教員および鷺谷、藤田両副会長のアドバイスを受けて盛会の交流会となりました。