須川 亜紀子 (スガワ アキコ)

SUGAWA Akiko

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

教授

研究分野・キーワード

文化研究(アニメ、マンガ、2.5次元)、ジェンダー学、 オーディエンス/ファン研究

ホームページ

http://akikosugawa.2-d.jp



出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2012年04月

    ウォーリック大学  人文科学研究科  博士課程  修了

  • 1997年06月
    -
    1999年12月

    シカゴ大学  人文学研究科  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Doctor of Philosophy -  ウォーリック大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本カルチュラルスタディーズ学会

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    Association of Asia Studies

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    日本マンガ学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本アニメーション学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 芸術一般

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年09月
     
     

    FD研修

 

著書 【 表示 / 非表示

  • アニメーション文化55のキーワード

    須川亜紀子、米村みゆき他 (担当: 共著 , 担当範囲: マンガ、子ども文化、テレビ文化他 )

    ミネルヴァ書房  2019年04月 ISBN: 9784623084418

     概要を見る

    アニメーション文化がいかに周辺文化と相互関係があるのか、国内外の文化とどのようにつながっているのか。アニメーションに関わる具体的な「モノ・コト」を55厳選――ライトノベル、実写映画、スーパーロボット、SF、セクシュアリティ、国際映画祭、メディアミックス、イベント、アニメ聖地巡礼など――わかりやすく解説する。高校生・大学生・一般向けにアニメーションを通じて文化を知る入門書。

  • コンテンツツーリズム研究増補改訂版ーアニメ、マンガ、ゲームと観光、文化、社会

    岡本健、須川亜紀子他 (担当: 共著 , 担当範囲: コンテンツツーリズムとジェンダー 他 )

    福村出版  2019年04月 ISBN: 9784571410628

     概要を見る

    アニメ聖地巡礼に代表される観光行動、コンテンツツーリズムを幅広く学べるテキスト。新規事例を多数収録。

  • Women's Manga in Asia and Beyond: Uniting Different Cultures and Identities

    NAGAIKE, Kazumi, OGI, Fusami, SUGAWA-SHIMADA, Akiko et. al (担当: 単著 , 担当範囲: Pleasurable Interplay in the 2.5-Dimensional World: Women’s Cosplay Performances in Singapore and the Philippines )

    Palgrave Macmillan  2019年03月 ISBN: 978-3319972282

     概要を見る

    Women’s Manga in Asia and Beyond offers a variety of perspectives on women’s manga and the nature, scope, and significance of the relationship between women and comics/manga, both globally as well as locally. Based on the activities since 2009 of the Women’s MANGA Research Project in Asia (WMRPA), the edited volume elucidates social and historical aspects of the Asian wave of manga from ever-broader perspectives of transnationalization and glocalization. With a specific focus on women’s direct roles in manga creation, it illustrates how the globalization of manga has united different cultures and identities, focusing on networks of women creators and readerships. Taking an Asian regional approach combined with investigations of non-Asian cultures which have felt manga’s impact, the book details manga’s shift to a global medium, developing, uniting, and involving increasing numbers of participants worldwide. Unveiling diverse Asian identities and showing ways to unite them, the contributors to this volume recognize the overlaps and unique trends that emerge as a result.

    ASIN

  • Shojo Across Media: Exploring “Girl” Practices in Contemporary Japan

    NAGAIKE, Kazumi, OGI, Fusami, SUGAWA-SHIMADA, Akiko et. al (担当: 共著 , 担当範囲: Shōjo in Anime: Beyond the Object of Men’s Desire )

    Palgrave Macmillan  2019年03月 ISBN: 978-3-030-01485-8

     概要を見る

    Revisits shōjo/shōjo-ness in its fundamentally mediatic constitution Illuminates the recent conceptual shift of shōjo from social representation to code and performative practice Presents cross-media investigations focused on gendered genres, character types and characterizations as well as fan-cultural mediations Edited by Japan-based pioneers of manga studies and shōjo research

  • アニメ研究入門[応用編]ーアニメを究める11のツボ

    須川亜紀子、小山昌宏ほか (担当: 共著 , 担当範囲: 第5章 オーディエンス・ファン論(ファンダム) )

    現代書館  2018年11月 ISBN: 978-4-7684-5840-2

     概要を見る

    アニメ産業の市場規模が2016年に2兆円を超えるなど、日本を代表するコンテンツとなった「アニメ」。クールジャパン産業に向けて、人材育成が国の戦略となって久しい状況のなか、アニメション関連の講座を設ける大学・専門学校が増加。アニメ研究は学術界・経済界において最もホットなジャンルとなっている。 大学教員を含む気鋭の研究者9人による、最新のアニメ研究書。

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Representations of Girls in Japanese Magical Girl Animation Programmes from 1966 to 2003 and Japanese Female Audiences' Understanding of Them

    Akiko Sugawa-Shimada

      2012年04月  [査読有り]

    未設定   単著

  • A Function of Narrative Authority in Kubrick’s and Lyne’s Lolita Adapted from the Novel Lolita: Representations of Lolita’s Sexuality

    Akiko Sugawa

      1999年12月  [査読有り]

    未設定   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Playing with Militarism in/with Arpeggio and Kantai Collection: Effects of shōjo Images in Warrelated Contents Tourism in Japan

    Akiko Sugawa-Shimada

    Journal of War and Culture Studies ( Taylor and Frances )  March   1 - 15   2018年03月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • きらきらの向こう側ー男性アイドルとヒーローの結節点

    須川 亜紀子

    『ユリイカ』特集アイドルアニメ     2016年07月

    単著

  • ファンタジーに遊ぶーパフォーマンスとしての2.5次元文化領域とイマジネーション

    須川 亜紀子

    ユリイカ ( 青弓社 )  ( 4 )   2015年03月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • Rekijo, Pilgrimage and 'Pop-spiritualism': pop-culture-induced heritage tourism of/for Young Women

    須川亜紀子

    Japan Forum     2014年12月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • あなたの痛みは私そのものー共闘する<魔法>少女たちのやすらぎ

    須川亜紀子

    ユリイカ:詩と批評     2014年11月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • コメント「長寿アニメ宿命の「声変わり」」

    須川亜紀子

    東京新聞     2019年08月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • コメント「アニメ原作がクール 「2.5次元」専用劇場が神戸に」

    須川亜紀子

    産経新聞 ( 産経新聞 )    2019年07月  [依頼有り]

    その他記事   単著

  • インタビュー「舞台上で交差する”フィクション”と”リアル”ーファンの嗜好の方向性を読み解く」

    須川亜紀子

    別冊カドカワ 01 ( kadokawa )  1 ( 1 )   2019年07月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • コメント「考・カルチャー 平成⇒令和」「2.5次元同じ空間を共有」

    須川亜紀子

    朝日新聞     2019年05月  [依頼有り]

    その他記事   単著

  • インタビュー「メディアミックス進む 逆2.5次元 の今後」

    須川亜紀子

    ヤフーニュース     2019年05月  [依頼有り]

    その他記事   単著

全件表示 >>

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • アニメーション研究のための論文と書籍のデータベース

    須川亜紀子、萱間隆、いがらしなおみ、小林翔、中垣恒太郎  データベース 

    2018年12月
    -
    継続中
     

  • アニメーション研究の書籍と論文のデータベースサイト

    土居伸彰, 日本アニメーション学会  データベース 

    2015年01月
    -
    2015年03月
     

  • アニメーション研究マッピングプロジェクト 書籍リスト・報告書「アニメーション研究のためのブックガイド」

    データベース 

    2013年03月
     
     
     

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本アニメーション学会賞

    2015年06月23日   日本アニメーション学会   少女と魔法ーガールヒーローはいかに受容されたのか  

    受賞者:  須川亜紀子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • コンテンツツーリズムにおける「戦争」の消費と歴史理解に関する国際比較研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  山村高淑

  • 「「2.5次元文化」における参加型文化による嗜好共同体構築に関する研究」

    挑戦的研究 (萌芽)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中  代表者:  須川亜紀子

  • ‘contents tourism’を通した文化の伝播と受容に関する国際比較研究

    基盤研究(A)

    研究期間:  2014年04月  -  2019年03月  代表者:  Seaton, Philip

  • 女性MANGA研究:グローカル化と主体性表現ーアジアを中心として

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月  代表者:  大城房美

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 2.5次元文化の利用を通じた人的交流活性化のためのプロジェクト

    提供機関:  横浜国立大学  横浜国立大学Next Urban Lab

    研究期間: 2018年06月  -  2019年03月  代表者:  須川亜紀子

  • MANGAとANIMEにおけるジェンダー表象の変容とティーンオ-ディエンスの国際比較調査

    提供機関:  地方自治体  鈴木みどりメディアリテラシー基金

    研究期間: 2012年04月  -  2013年03月  代表者:  須川亜紀子

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Between Media Mix and Franchising Theory: A Workshop on the Theoretical Worlds of Transmedia Production

    Marc Steinberg, Akiko Sugawa-Shimada, Bryan Hikari Hartzheim, Rayna Denison, , Dean Bowman, Luca Bruno  [招待有り]

    DiGRA デジタルゲーム学会 2019大会  (立命館大学)  2019年08月06日  

     概要を見る

    This workshop offers a roundtable and discussion on the distinctions and commonalities shared by Media Mix theorists and their counterparts in franchising and transmedia production theory. Media mix has a long history in Japan, dating back to the 1970s and rising in popularity through the commercialisation of anime and manga across the 1980s to the present day. In Japan, the theories surrounding media mix have nearly as long a history and are integral parts of how everything from franchising to fandom have been understood (Steinberg, 2012; Azuma, 2001). Outside of Japan - though often with reference to its media worlds - scholars have begun to examine the history and industrial structures underpinning the creation of transmedia franchises (Johnson, 2013; Jenkins, 2006; Santo, 2017). However, these two bodies of theory could productively speak more to one another, making a roundtable discussion between transmedia franchising and media mix scholars a long-overdue and necessary intervention. This workshop attempts to rectify this lack of discussion by inviting DiGRA attendees to discuss the overlaps and gaps between media mix and transmedia franchising theories and methods. Our roundtable participants will each offer their five-minute take on either Media Mix or Transmedia Franchising Studies and then we will open up for a more general discussion between panellists and attendees. The aim of this discussion is to attempt to build bridges between media mix and franchising theories, without losing the specificity of either approach.

  • 「2.5次元文化」の考察ー2.5次元舞台とファンの嗜好の共同体を中心に

    須川亜紀子  [招待有り]

    日文研MANGAlabo7【メディア論、メディア表現とファン文化】最先端メディア論講座シリーズ1・公開ワークショップ  (国際日本文化研究センター)  2019年08月05日   国際日本文化研究センター

  • Constructions of “Community of Preferences” by Intimate Strangers: Female Fans’ Use and Consumption of 2.5-D Theatrical Performances

    Akiko Sugawa-Shimada

    International Conference for Asian Scholars (ICAS) 11  (ライデン大学)  2019年07月17日   ICAS

  • 「「2.5次元文化」における 虚構的身体とファンの関与 ――ハイブリッドリアリティ下の トランスメディア・ナラティヴィティ」

    須川亜紀子  [招待有り]

    明治学院大学言語文化研究所 シンポジウム「インタープリテーション、アダプテーション、インターテクチュアリティ」  (明治学院大学)  2019年03月21日   明治学院大学言語文化研究所

  • Weak Ties among Intimate Strangers: Female Fandom of 2.5-Dimensional Theatrical Performances

    Akiko Sugawa-Shimada  [招待有り]

    Intersections: Fan Studies in Conversation in Japan  (上智大学)  2018年12月16日   上智大学比較文化研究所

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • アニメーション研究

    編集委員 

    2012年04月
    -
    2016月08日
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 2.5次元文化 リアルとファンタジーの融合とその利用

  • コンテンツツーリズム(アニメツーリズム)

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • アニメーション研究のための論文と書籍のデータベース構築

    提供機関: 文化庁  出資金による受託研究  

    研究期間: 2018年06月  -  2018年12月 

  • アニメーション研究の書籍と論文のデータベースサイト

    提供機関: 文化庁  出資金による受託研究  

    研究期間: 2015年01月  -  2016年03月 

  • アニメーション研究マッピングプロジェクト 書籍リスト・報告書「アニメーション研究のためのブックガイド」

    国内共同研究  

    研究期間: 2013年03月  -  2013年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院都市イノベーション学府  ポピュラー文化特論

  • 大学院都市イノベーション学府  空間文化構築スタジオF

  • 大学院都市イノベーション学府  空間文化構築スタジオS

  • 大学院都市イノベーション学府  文芸メディア創作スタジオF

  • 大学院都市イノベーション学府  文芸メディア創作スタジオS

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 東京家政大学   Anime and Manga Studies

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 博士論文審査

    2018年12月
     
     

    その他   博士論文副査

  • 博士論文審査

    2018年09月
     
     

    その他   博士論文副査

  • 学会役員

    2017年06月
    -
    継続中

    学協会   学会副会長

  • 研究教育委員会

    2017年06月
    -
    継続中

    学協会   研究教育委員長

  • 理事会

    2016年06月
    -
    継続中

    学協会   理事

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>