須川 亜紀子 (スガワ アキコ)

SUGAWA Akiko

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

教授

研究分野・キーワード

文化研究(アニメ、マンガ、2.5次元)、ジェンダー学、 オーディエンス/ファン研究

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2012年04月

    ウォーリック大学  人文科学研究科  博士課程  修了

  • 1997年06月
    -
    1999年12月

    シカゴ大学  人文学研究科  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Doctor of Philosophy -  ウォーリック大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   教授  

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   准教授  

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    専任   横浜国立大学   教育人間科学部   准教授  

  • 2017年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   国際戦略推進機構   教授  

  • 2017年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   (教育人間科学部人間文化課程)   教授  

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    日本カルチュラルスタディーズ学会

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    Association of Asia Studies

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    日本マンガ学会

  • 2004年04月
    -
    継続中
     

    日本アニメーション学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 芸術一般

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年09月
     
     

    FD研修

 

著書 【 表示 / 非表示

  • メディア・コンテンツ・スタディーズ―分析、考察、創造のための方法論

    岡本健、田島悠来、須川亜紀子他 (担当: 共著 , 担当範囲: 2.5次元的空間の創出と課題 )

    ナカニシヤ出版  2020年07月 ISBN: 9784779512841C1030

  • BLの教科書

    堀あきこ, 守如子, 石田美紀, 須川亜紀子, 他 (担当: 共著 , 担当範囲: 2.5次元舞台におけるBL的実践 )

    有斐閣  2020年07月 ISBN: 9784641174542

    Amazon

  • 小説の生存戦略 : ライトノベル・メディア・ジェンダー

    大橋 崇行, 山中 智省, 茂木 謙之介, 一柳 廣孝, 大島 丈志, 並木 勇樹, 朱 沁雪, 山田 愛美, 江藤 広一郎, 佐野 一将, 須藤 宏明, 松永 寛和, 山口 直彦, 芦辺 拓, 樋口 康一郎, 金木 利憲, 久米 依子, 橋迫 瑞穂, 須川 亜紀子, 山内 七音 (担当: 共著 , 担当範囲: コラム 2.5次元舞台 )

    青弓社  2020年04月 ISBN: 9784787292551

    Amazon CiNii

  • Contents Tourism and Pop Culture Fandom

    Takayoshi Yamamura, Philip Seaton, Akiko Sugawa-Shimada, etc (担当: 共著 )

    Channel View Publisher  2020年02月 ISBN: 978-1-84541-722-2

  • Animating the Spirited: Journeys and Transformations

    Masao Yokota, Gigi Hu, Akiko Sugawa-Shimada etc. (担当: 単著 , 担当範囲: Animating Artifact Spirits in the 2.5-Dimensional World: Personification and Performing Characters in Token Ranbu )

    University Press of Mississippi  2020年01月 ISBN: 9781496826251

     概要を見る

    Getting in touch with a spiritual side is a craving many are unable to express or voice, but readers and viewers seek out this desired connection to something greater through animation, cinema, anime, and art. Animating the Spirited: Journeys and Transformations includes a range of explorations of the meanings of the spirited and spiritual in the diverse, dynamic, and polarized creative environment of the twenty-first century. While animation is at the heart of the book, such related subjects as fine art, comics, children's literature, folklore, religion, and philosophy enrich the discoveries. These interdisciplinary discussions range from theory to practice, within the framework of an ever-changing media landscape. Working on different continents and coming from varying cultural backgrounds, these diverse scholars, artists, curators, and educators demonstrate the insights of the spirited. Authors also size up new dimensions of mental health and related expressions of human living and interactions. While the book recognizes and acknowledges the particularities of the spirited across cultures, it also highlights its universality, demonstrating how it is being studied, researched, comprehended, expressed, and consumed in various parts of the world.

    Amazon

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Representations of Girls in Japanese Magical Girl Animation Programmes from 1966 to 2003 and Japanese Female Audiences' Understanding of Them

    Akiko Sugawa-Shimada

      2012年04月  [査読有り]

    未設定   単著

  • A Function of Narrative Authority in Kubrick’s and Lyne’s Lolita Adapted from the Novel Lolita: Representations of Lolita’s Sexuality

    Akiko Sugawa

      1999年12月  [査読有り]

    未設定   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Emerging “2.5-dimensional” Culture: Character-oriented Cultural Practices and “Community of Preferences” as a New Fandom in Japan and Beyond

    Akiko Sugawa-Shimada

    Mechademia: Second Arc ( University of Minnesota Press )  12 ( 2 ) 124 - 137   2020年06月  [招待有り]

    単著

  • Playing with Militarism in/with Arpeggio and Kantai Collection: Effects of shōjo Images in Warrelated Contents Tourism in Japan

    Akiko Sugawa-Shimada

    Journal of War and Culture Studies ( Taylor and Frances )  March   1 - 15   2018年03月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • きらきらの向こう側ー男性アイドルとヒーローの結節点

    須川 亜紀子

    『ユリイカ』特集アイドルアニメ     2016年07月

    単著

  • ファンタジーに遊ぶーパフォーマンスとしての2.5次元文化領域とイマジネーション

    須川 亜紀子

    ユリイカ ( 青弓社 )  ( 4 )   2015年03月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

  • Rekijo, Pilgrimage and 'Pop-spiritualism': pop-culture-induced heritage tourism of/for Young Women

    須川亜紀子

    Japan Forum     2014年12月  [査読有り]  [招待有り]

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • コメント「県内も鬼滅フィーバー 映画館、グッズ求め列」

    須川亜紀子

    茨城新聞     2020年10月  [依頼有り]

    その他記事   単著

  • コメント「話題を楽しむ ねえぴよちゃん」

    須川亜紀子

    東京新聞     2020年03月  [依頼有り]

    その他記事   単著

  • コメント「長寿アニメ宿命の「声変わり」」

    須川亜紀子

    東京新聞     2019年08月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • コメント「アニメ原作がクール 「2.5次元」専用劇場が神戸に」

    須川亜紀子

    産経新聞 ( 産経新聞 )    2019年07月  [依頼有り]

    その他記事   単著

  • インタビュー「舞台上で交差する”フィクション”と”リアル”ーファンの嗜好の方向性を読み解く」

    須川亜紀子

    別冊カドカワ 01 ( kadokawa )  1 ( 1 )   2019年07月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

全件表示 >>

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • アニメーション研究のための論文と書籍のデータベース

    須川亜紀子、萱間隆、いがらしなおみ、小林翔、中垣恒太郎  データベース 

    2018年12月
    -
    継続中
     

  • アニメーション研究の書籍と論文のデータベースサイト

    土居伸彰, 日本アニメーション学会  データベース 

    2015年01月
    -
    2015年03月
     

  • アニメーション研究マッピングプロジェクト 書籍リスト・報告書「アニメーション研究のためのブックガイド」

    データベース 

    2013年03月
     
     
     

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本アニメーション学会賞

    2015年06月23日   日本アニメーション学会   少女と魔法ーガールヒーローはいかに受容されたのか  

    受賞者:  須川亜紀子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 「アニメ中間素材」の分析・保存・活用モデルケースの学祭的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2020年04月  -  継続中  代表者:  Kim JoonYang

  • コンテンツツーリズムにおける「戦争」の消費と歴史理解に関する国際比較研究

    基盤研究(B)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  山村高淑

  • 「「2.5次元文化」における参加型文化による嗜好共同体構築に関する研究」

    挑戦的研究 (萌芽)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中  代表者:  須川亜紀子

  • ‘contents tourism’を通した文化の伝播と受容に関する国際比較研究

    基盤研究(A)

    研究期間:  2014年04月  -  2019年03月  代表者:  Seaton, Philip

  • 女性MANGA研究:グローカル化と主体性表現ーアジアを中心として

    基盤研究(B)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月  代表者:  大城房美

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • ポピュラー文化を活用した羽沢横国大駅 ・ 大学間通学路の 2.5 次元化プロジェクト

    提供機関:  横浜国立大学  横浜国立大学Next Urban Lab

    研究期間: 2019年09月  -  継続中 

  • Platformarization of Anime and Manga (Platform Lab)

    提供機関:  Government of Canada  SSHRC Insight Grant

    研究期間: 2019年09月  -  2023年09月  代表者:  Marc Steinberg

  • 2.5次元文化の利用を通じた人的交流活性化のためのプロジェクト

    提供機関:  横浜国立大学  横浜国立大学Next Urban Lab

    研究期間: 2018年06月  -  2019年03月  代表者:  須川亜紀子

  • MANGAとANIMEにおけるジェンダー表象の変容とティーンオ-ディエンスの国際比較調査

    提供機関:  地方自治体  鈴木みどりメディアリテラシー基金

    研究期間: 2012年04月  -  2013年03月  代表者:  須川亜紀子

研究発表 【 表示 / 非表示

  • A Gap Between Animation and Anime Studies: A Case of JSAS

    Akiko Sugawa-Shimada  [招待有り]

    Waseda Anime Symposium  (早稲田大学)  2019年11月17日   早稲田大学国際コミュニケーション研究科

  • Between Media Mix and Franchising Theory: A Workshop on the Theoretical Worlds of Transmedia Production

    Marc Steinberg, Akiko Sugawa-Shimada, Bryan Hikari Hartzheim, Rayna Denison, , Dean Bowman, Luca Bruno  [招待有り]

    DiGRA デジタルゲーム学会 2019大会  (立命館大学)  2019年08月06日  

     概要を見る

    This workshop offers a roundtable and discussion on the distinctions and commonalities shared by Media Mix theorists and their counterparts in franchising and transmedia production theory. Media mix has a long history in Japan, dating back to the 1970s and rising in popularity through the commercialisation of anime and manga across the 1980s to the present day. In Japan, the theories surrounding media mix have nearly as long a history and are integral parts of how everything from franchising to fandom have been understood (Steinberg, 2012; Azuma, 2001). Outside of Japan - though often with reference to its media worlds - scholars have begun to examine the history and industrial structures underpinning the creation of transmedia franchises (Johnson, 2013; Jenkins, 2006; Santo, 2017). However, these two bodies of theory could productively speak more to one another, making a roundtable discussion between transmedia franchising and media mix scholars a long-overdue and necessary intervention. This workshop attempts to rectify this lack of discussion by inviting DiGRA attendees to discuss the overlaps and gaps between media mix and transmedia franchising theories and methods. Our roundtable participants will each offer their five-minute take on either Media Mix or Transmedia Franchising Studies and then we will open up for a more general discussion between panellists and attendees. The aim of this discussion is to attempt to build bridges between media mix and franchising theories, without losing the specificity of either approach.

  • 「2.5次元文化」の考察ー2.5次元舞台とファンの嗜好の共同体を中心に

    須川亜紀子  [招待有り]

    日文研MANGAlabo7【メディア論、メディア表現とファン文化】最先端メディア論講座シリーズ1・公開ワークショップ  (国際日本文化研究センター)  2019年08月05日   国際日本文化研究センター

  • Constructions of “Community of Preferences” by Intimate Strangers: Female Fans’ Use and Consumption of 2.5-D Theatrical Performances

    Akiko Sugawa-Shimada

    International Conference for Asian Scholars (ICAS) 11  (ライデン大学)  2019年07月17日   ICAS

  • 「「2.5次元文化」における 虚構的身体とファンの関与 ――ハイブリッドリアリティ下の トランスメディア・ナラティヴィティ」

    須川亜紀子  [招待有り]

    明治学院大学言語文化研究所 シンポジウム「インタープリテーション、アダプテーション、インターテクチュアリティ」  (明治学院大学)  2019年03月21日   明治学院大学言語文化研究所

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • アニメーション研究

    編集委員 

    2012年04月
    -
    2016月08日
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 2.5次元文化 リアルとファンタジーの融合とその利用

  • コンテンツツーリズム(アニメツーリズム)

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • Platformarization of Anime and Manga (Platform Lab)

    提供機関: University of Concordia  国際共同研究  

    研究期間: 2019年09月  -  継続中 

  • アニメーション研究のための論文と書籍のデータベース構築

    提供機関: 文化庁  出資金による受託研究  

    研究期間: 2018年06月  -  2018年12月 

  • アニメ・アーカイブ研究

    提供機関: 新潟大学環東アジア研究センター   国際共同研究  

    研究期間: 2018年04月  -  継続中 

  • アニメーション研究の書籍と論文のデータベースサイト

    提供機関: 文化庁  出資金による受託研究  

    研究期間: 2015年01月  -  2016年03月 

  • アニメーション研究マッピングプロジェクト 書籍リスト・報告書「アニメーション研究のためのブックガイド」

    国内共同研究  

    研究期間: 2013年03月  -  2013年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 都市科学部  文化創成基礎論

  • 都市科学部  ジェンダーと共生(文化)

  • 教育人間科学部  Animation Culture

  • 教育人間科学部  卒業研究Ⅱ

  • 教育人間科学部  課題演習Ⅱ

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • スタンフォード大学サマースクール(同志社大学)   Anime and Manga Studies

  • 東京家政大学   Anime and Manga Studies

  • 清泉女学院大学   現代文化論

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本アニメーション学会役員

    2020年07月
    -
    継続中

    学協会   会長

  • 第23回文化庁メディア芸術祭フェスティバル

    2020年07月
    -
    継続中

    政府   アドバイザー

  • 日本アニメーション学会第22回大会実行委員会

    2020年06月
    -
    2020年10月

    学協会   大会実行委員長

  • 文化庁メディア芸術祭

    2019年09月
    -
    継続中

    政府   アニメーション部門審査員

  • 日本アニメーション学会学会賞選考委員会

    2019年04月
    -
    継続中

    学協会   審査員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中
      学務国際系委員会 委員長   (全学委員会)

  • 2015年04月
    -
    継続中
      マンガ研究会 顧問   (その他の主要活動)