島津 佳弘 (シマヅ ヨシヒロ)

SHIMAZU Yoshihiro

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

低温物性実験

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Environmental Effects on Hysteresis of Transfer Characteristics in Molybdenum Disulfide Field-Effect Transistors   2016年

    【論文】 Observation of higher-order sideband transitions and first-order sideband Rabi oscillations in a superconducting flux qubit coupled to a SQUID plasma mode  2013年

    【著書】 1電子帯電効果  1999年12月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Synthesis and characterization of zirconium disulfide single crystals and thin-film transistors based on multilayer zirconium disulfide flakes   2018年

    【論文】 Contact-induced doping in aluminum-contacted molybdenum disulfide  2018年01月

    【論文】 Field-effect transistors using thin flakes of misfit layer compound (LaS)1.20CrS2  2017年

    【論文】 Environmental effects on hysteresis of transfer characteristics in molybdenum disulfide field-effect transistors  2016年

    【論文】 Observation and calculation of higher-order sideband transitions in a flux qubit coupled to a SQUID-based resonator  2014年

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年

    東京大学   理学部   物理学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1991年

    東京大学  理学系研究科  物理学専攻  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1991年06月
    -
    1996年10月

      東京大学   助手

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本物理学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性Ⅰ

  • 物性Ⅱ

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 低温物性実験

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • Double-loop Josephson-Junction Flux Qubit with Controllable Energy Gap

    Y. Shimazu, K. Ochiai, E. Shinozaki (担当: 共著 )

    Foundations of Quantum Mechanics in the Light of New Technology  2009年 ISBN: 9789814282123

  • Asymmetric flux bias for coupled qubits to observe entangled states

    (担当: 単著 )

    Realizing controllable quantum states  2005年

  • Collective measurement of many equivalent three-junction loops

    J.E. Mooij (担当: 共著 )

    Towards the controllable quantum states  2003年

  • 1電子帯電効果

    (担当: 共著 )

    輸送現象測定  1999年

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Experimental Study of Fluctuations of Soft X-ray and Magnetic Field in the REPUTE-1 Reversed Field Pinch Plasma

    島津 佳弘

      1993年02月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京大学 理学系研究科 逆転磁場ピンチプラズマの実験装置で、軟X線と磁場の揺動を測定し、解析を行った。軟X線は、2か所のポロイダル断面に測定器の2次元アレイを設置し、トモグラフィー計測を実施し、断面間での揺動の相関を解析することにより、トロイダルモードナンバーとポロイダルモードナンバーの両方を評価した。磁場の揺動は、磁気プローブにより測定した。これらの実験結果について考察し、逆転磁場ピンチプラズマにおける揺動の構造について議論した。

    DOI

  • Effective Interactions in Nuclei

    島津 佳弘

      1988年02月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京大学 理学系研究科 原子核内の有効相互作用として、pairing相互作用とquadrupole pairing相互作用に注目し、これらがはたらくときの原子核のエネルギーレベルと遷移確率について計算を行った。その結果をSn等の原子核のエネルギーレベルの実験結果と比較し考察を行った。

論文 【 表示 / 非表示

  • Environmental Effects on Hysteresis of Transfer Characteristics in Molybdenum Disulfide Field-Effect Transistors

    Y. Shimazu, M. Tashiro, S. Sonobe, M. Takahashi

    Scientific Reports   6   30084   2016年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    数ナノメートルの2硫化モリブデンの結晶をチャンネルとする電界効果トランジスタ素子を作製し、伝導特性を調べた。Ti/Au 電極を用いることでオーミック特性が得られた。伝達特性に対する雰囲気ガスの影響を、酸素、窒素、水蒸気について調べ、伝達特性のヒステリシスに対して水分子が最も大きな影響をもつこと、水分子がホールトラップとして機能していることを解明した。また、200K前後の低温にすることで、ヒステリシスが消失することを明らかにした。

    Web of Science DOI PubMed

  • Observation and calculation of higher-order sideband transitions in a flux qubit coupled to a SQUID-based resonator

    Y. Shimazu, R. Shirasaki, S. Toda, H. Yamanashi

    J. Phys.: Conf. Ser.   568   052030   2014年12月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    磁束量子ビットと、それの読み出し用のDC-SQUIDに付随する共振器モードが結合することによって生じる高次サイドバンドについて、測定結果と、理論計算の結果を示した。次数が3までのサイドバンド遷移を初めて観測した実験結果であり、遷移行列要素の計算結果によってこれを説明することができた。

    DOI

  • Work function modulation of electrodes contacted to molybdenum disulfide using an attached metal pad

    Yoshihiro Shimazua), Tatsuya Iwabuchi, Kensuke Arai

    Applied Physics Letters ( AIP Publishing LLC )  Vol.9 ( 8 )   2019年08月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Second-harmonic generation from supported carbon nanotube films grown by chemical vapor deposition on fused silica

    Okawara Satoru, Kudo Masafumi, Miyamori Mariko, Ohno Shinya, Shimazu Yoshihiro, Tanaka Masatoshi, Suzuki Takanori

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS ( Institute of Physics )  58 ( 3 )   2019年03月

    共著

     概要を見る

    Surface second-harmonic generation (SHG) is shown to be observable for carbon nanotube (CNT) films grown by CVD on fused silica. The SHG intensity ratio for incident radiation polarized perpendicular and parallel to the plane of incidence at the fundamental radiation (1064 nm) is observed to have typical values for the two kinds of grown film: a film with aligned CNTs and a film with randomly oriented CNTs lying on a substrate sheet. SHG is discussed to originate not from the CNT bulk but from the film surface. The polarization ratio obtained for the two kinds of film was consistent with that calculated for a composite film of spheroidal particles with varying diameters employed to approximate the actual CNT films. The present findings may be applied to in situ evaluation of the initial stage in the CVD growth process of CNTs.

    Web of Science DOI CiNii

  • 交流磁場を用いた層状半導体デバイスのホール効果測定

    塩谷祈、岩渕達也、新井建佑、島津佳弘

    第14回ナノテク交流シンポジウム予稿集     53 - 53   2019年03月

    共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 超伝導量子ビット素子及びそれを用いた集積回路

    特願 2007-137282  特許 4919051

    島津佳弘

  • 超伝導量子干渉素子用電子回路

    特願 特願2005-154619  特許 4839477

    島津佳弘

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ソフトマテリアルを利用した原子層素子の作製と電子物性の制御

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  島津佳弘

  • 微小ジョセフソン接合デバイスにおける量子状態の操作と量子コヒーレンスに関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月 

  • グラフェンを凌ぐナノレイヤ層状半導体の開拓

    萌芽研究

    研究期間:  2012年04月  -  2014年03月  代表者:  田中正俊

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 交流磁場を用いた層状半導体デバイスのホール効果測定

    塩谷祈、岩渕達也、新井建佑、島津佳弘

    第14回ナノテク交流シンポジウム  (横浜市立大学)  2019年03月08日  

     概要を見る

    塩谷祈、岩渕達也、新井建佑、島津佳弘、“交流磁場を用いた層状半導体デバイスのホール効果測定”、第14回ナノテク交流シンポジウム、発表番号N56、平成31年3月8日、横浜市立大学

  • 2次元層状物質を用いたFETにおける電気伝導特性の評価

    新井建佑、岩渕達也、島津佳弘

    第13回ナノテク交流シンポジウム  2018年03月06日  

  • MoS2 を用いたFETにおける電極の影響

    岩渕達也、新井建佑、島津佳弘

    第13回ナノテク交流シンポジウム  (横浜国立大学)  2018年03月06日  

  • Influence of metal contacts on metal-insulator transition in molybdenum disulfide field effect transistors

    T. Iwabuchi, K. Arai and Y. Shimazu

    International Symposium on Nanoscale Transport and phoTonics (ISNTT2017)  2017年11月15日  

  • Metal-insulator transition in a transition metal dichalcogenide: dependence on metal contacts

    Y. Shimazu, K. Arai, T. Iwabuchi

    28th International Conference on Low Temperature Physics  2017年08月15日  

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 超伝導量子ビット

    国内共同研究  

    研究期間: 2002年  -  2007年 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 理工学部  インベスティゲーション実習

  • 理工学部  物理工学実験情報演習Ⅲ

  • 理工学部  物理工学インターンシップ

  • 大学院理工学府  低温物性物理学特論

  • 大学院理工学府  低温物理学

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • Cover Picture    ChemNanoMat  2018年 第4巻10月号 表紙

    2018年10月
     
     

     概要を見る

    Cover Picture    ChemNanoMat  2018年 第4巻10月号 表紙 DOI: 10.1002/cnma.201800426

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中
      理工学部教務・厚生委員会委員   (部局内委員会)