下出 信次 (シモデ シンジ)

SHIMODE Shinji

所属組織

大学院環境情報研究院 自然環境と情報部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

生物海洋学、プランクトン、カイアシ類

ホームページ

http://www.mmcer.ynu.ac.jp/shimo/my_site/Welcome.html



写真a

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • https://www.researchgate.net/profile/Shinji_Shimode

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1996年03月

    横浜国立大学   教育学部   中学校教員養成課程   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2002年03月

    京都大学  理学研究科  生物科学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    1998年03月

    横浜国立大学  教育学研究科  理科教育専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学) - 

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    2012年03月

      東京大学   大学院新領域創成科学研究科   特任准教授

  • 2010年04月
    -
    2011年03月

      東京大学   大気海洋研究所   特任研究員

  • 2008年04月
    -
    2010年03月

      東京大学   海洋研究所   特任研究員

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

      東京大学   海洋研究所   学術研究支援員

  • 2002年10月
    -
    2003年03月

      京都大学   教務補佐員

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Identification of molecular markers associated with starvation in female Calanus sinicus (Copepoda: Calanoida)

    Ohnishi Takuya, Hirai Junya, Shimode Shinji, Tsuda Atsushi

    MARINE ECOLOGY PROGRESS SERIES   614   51 - 65   2019年04月

    共著

    Web of Science DOI

  • Dead heat: copepod carcass occurrence along the Japanese coasts and implications for a warming ocean

    Tang, K. W., Ivory, J. A., Shimode, S., Nishibe, Y., K. Takahashi

    ICES Journal of Marine Science     2019年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Digestion time and feeding of the pelagic chaetognath <i>Zonosagitta nagae</i> in the laboratory

    OTAKE SHIORI, TAKAHASHI KAZUTAKA, SHIMODE SHINJI

    日本ベントス研究会連絡誌 ( 日本プランクトン学会、日本ベントス学会 )  14 ( 1 ) 39 - 44   2019年

    共著

     概要を見る

    <p>Digestion time and feeding of the pelagic chaetognath <i>Zonosagitta nagae</i>, which occurs predominantly in warm waters around Japan, were investigated in the laboratory. Young individuals of <i>Z. nagae</i> ranging from 4.1–7.6 mm in body length were used for the experiments with adult females of the copepod <i>Acartia steueri</i> as prey. The mean digestion time of <i>Z. nagae</i> was 115±3 minutes at 20°C. Temporal change in individual's feeding intensity was observed every 1.5 h for 24 h to determine the diel feeding pattern, feeding interval, feeding rates and daily ration. Almost all individuals showed no clear diel rhythm within 24-h at 20°C under 12L:12D cycle; time interval between feeding was 4.5–6 h (mode) for individuals that ingested multiple copepods. The number of copepods ingested by a chaetognath ranged from 0 to 5 and on average 2.6 copepods were consumed a day per individual. Specific daily ration in most individuals corresponded to ca. 50% of its dry weight while some individuals showed the extremes of non-feeding or voracious feeding (>200% d<sup>−1</sup>), indicating that some of the young <i>Z. nagae</i> had an intermittent feeding mode, which would be adaptive to save energy expenditure at low prey densities and to reduce mortality by lowering the risk of predation.</p>

    DOI CiNii

  • First record of Acartia japonica Mori, 1940 (Copepoda, Calanoida) from Sagami Bay, the Pacific coast of Japan

    Takayama Yoshiki, Nakamura Ken-ichi, Shimode Shinji, Toda Tatsuki

    Coastal Marine Science   41 ( 1 ) 11 - 14   2018年08月  [査読有り]

    共著

  • Seasonal variations in microbial abundance and transparent exopolymer particle concentration in the sea surface microlayer of temperate coastal waters

    Sugai Youta, Tsuchiya Kenji, Shimode Shinji, Toda Tatsuki

    AQUATIC MICROBIAL ECOLOGY   81 ( 3 ) 201 - 211   2018年

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 相模湾における寄生性渦鞭毛藻類の浮遊性カイアシ類Calanus sinicusの卵生産に与える影響

    下出信次  [招待有り]

    2019年度日本プランクトン学会春季シンポジウム「プランクトン群集における共生・寄生―宿主個体群動態にインパクトを与える重要な一要因―」  2019年03月  

  • 相模湾真鶴港の微生物食物連鎖構造

    名取則明・菅井洋太・山田幸奈・土屋健司・中川恵・松崎慎一郎・本多牧生・藤木徹一・下出信次・菊池知彦・古谷研・戸田龍樹

    日本海洋学会海洋生物研究会 海洋生物シンポジウム2019  2019年03月  

  • Validation of monthly observations of spectral irradiance and bio-optical properties in the coastal waters of Sagami Bay (FY-3)

    Kuwahara, V. S., S. Shimode, K. Tsuchiya and R. Kurita

    Joint PI JAXA Meeting of Global Environmental Observation Mission  2019年01月  

  • Sapphirinaのグアニン結晶集積体の構造解析

    木村翼・高崎美宏・長井裕季子・Chen Chong ・豊福高志・下出信次・緒明佑哉・今井宏明

    第13回バイオミネラリゼーションワークショップ  2018年11月  

  • サフィリナのグアニン結晶集積体の構造解析

    木村翼・高崎美宏・長井裕季子・Chen Chong ・豊福高志・下出信次・緒明佑哉・今井宏明

    第8回CSJ化学フェスタ2018-日本化学会秋季事業−  2018年10月  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  沿岸海洋評価学演習

  • 大学院環境情報学府  沿岸海洋評価学

  • 大学院環境情報学府  地球科学特別講義

  • 大学院環境情報学府  海洋生物環境学Ⅱ

  • 大学院環境情報学府  海洋生物環境学Ⅰ

全件表示 >>