塩野 康徳 (シオノ ヤスノリ)

SHIONO Yasunori

所属組織

情報戦略推進機構

職名

講師

関連SDGs




直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 

  • 修士(工学) - 

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   情報戦略推進機構   講師  

  • 2015年04月
    -
    2017年03月

    専任   横浜国立大学   情報基盤センター   助教  

  • 2014年05月
    -
    2015年03月

    専任   横浜国立大学   情報基盤センター   研究教員  

 

著書 【 表示 / 非表示

  • A Visual Software Development Environment that Considers Tests of Physical Units

    Takaaki Goto, Yasunori Shiono, Tomoo Sumida, Tetsuro Nishino, Takeo Yaku and Kensei Tsuchida (担当: 共著 )

    Embedded Systems - Theory and Design Methodology, InTec  2012年03月

  • ダウンロード・統計ソフト付 人文科学・社会科学における基礎統計および多変量解析

    塩野 康徳,加藤 千恵子,石村 光資郎,土田 賢省,鳥谷部 達 (担当: 共著 )

    インデックス出版  2011年04月 ISBN: 9784901092722

    Amazon

論文 【 表示 / 非表示

  • 業務データの機械学習を利用したファジィモデルに基づく業務及びマネジメントシステム運用分析

    塩野 康徳

    学術情報処理研究 ( 国立大学法人 情報系センター協議会 )  24 ( 1 ) 10 - 18   2020年12月  [査読有り]

    単著

     概要を見る

    <p>組織を円滑に運用し,サービス提供などの業務を行うためには,適切なマネジメントが不可欠であり,組織の活動全体と取り巻く環境を俯瞰し,現状を把握していかなければならない.そのため,実際の業務との関連性を分析する手法が必要になってくる.業務効率化や意思決定に有用なわかりやすい分析手法が実現できれば,組織を効率的かつ効果的に運用しやすくなる.一方,筆者はこれまでにファジィグラフを用いた有効な分析手法の研究を行っている.そこで本論文では,業務やマネジメントシステム運用で蓄積されたデータを利用して,ファジィモデルによる組織運用に有効な業務とマネジメントシステム運用の分析手法について述べる.モデル化では,業務データを学習させた機械学習(ニューラルネットワーク)を利用し,ファジィグラフにより関連性を可視化する.業務データとしては,実際に横浜国立大学情報基盤センターで蓄積したデータを用い,分析と考察を行う.</p>

    DOI CiNii

  • Interactive Visualization System for Psychological Topology

    Yasunori Shiono, Chieko Kato, Koichiro Aoki, Kensei Tsuchida

    Indonesian Journal of Electrical Engineering and Informatics (IJEEI)     779 - 788   2019年12月  [査読有り]

    共著

  • 情報リテラシー教育に対する大学生の意識と実態: 新入生情報リテラシー教育実態調査からの知見

    塩野 康徳,辰己 丈夫,西村 佳隆,徐 浩源,田名部 元成

    情報処理学会論文誌 教育とコンピュータ     10 - 22   2019年10月  [査読有り]

    共著

  • Analysis indices of human relationships based on fuzzy model

    Toshihiro Yoshizumi, Tomoo Sumida, Yasunori Shiono, Mitsuhiro Namekawa and Kensei Tsuchida

    International Journal of Hybrid Intelligent Systems     183 - 193   2019年08月  [査読有り]

    共著

  • Evaluation of Advanced Analysis Method for Human Relationship Using Fuzzy Theory

    Toshihiro Yoshizumi, Tomoo Sumida, Yasunori Shiono, Mitsuhiro Namekawa and Kensei Tsuchida

    Intelligent Systems Design and Applications 18th International Conference on Intelligent Systems Design and Applications (ISDA 2018) held in Vellore, Springer     772 - 782   2018年12月  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 人間関係のファジィグラフモデルによる可視化

    滑川 光裕,塩野 康徳,佐藤 章

    可視化情報学会誌   34 ( 133 ) 26 - 30   2014年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • Webカウンセリングシステムにおける描画検査

    塩野 康徳,加藤 千恵子,土田 賢省

    可視化情報学会誌   30 ( 117 ) 96 - 101   2010年04月

    総説・解説(学術雑誌)   共著

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • 学修コンテンツ共有システム入札仕様書

    その他 

    2015年09月
     
     
     

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 組織におけるマネジメントシステム運用に有効なファジィグラフモデリングと分析

    基盤研究(C)

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  塩野 康徳

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 教養教育科目  プログラミングによる思考と表現の基礎

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学公開講座<高校生向け講座>プレ・カレッジ「初心者によるプログラミング体験入門-Processingによるグラフィカルなプログラム作成-」、講師

    2017年09月
    -
    継続中

     概要を見る

    新型コロナウイルス感染症の影響拡大のため、2020年度と2021年度は開催しないことになった。

  • 2016年度横浜国立大学公開講座「プログラミング体験入門-Processingによるグラフィカルなプログラム作成の基礎-」(一般の方向けの講座)、講師

    2016年09月