塩田 謙人 (シオタ ケント)

SHIOTA Kento

所属組織

先端科学高等研究院

職名

特任教員(助教)

関連SDGs




出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2009年04月
    -
    2013年03月

    横浜国立大学   工学部   物質工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2013年04月
    -
    2018年03月

    横浜国立大学  環境情報学府  環境リスクマネジメント専攻  博士課程  修了

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(助教)  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2019年
    -
    継続中
     

    日本熱測定学会

  • 2015年
    -
    継続中
     

    安全工学会

  • 2013年04月
    -
    継続中
     

    火薬学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Analysis of guanylurea dinitramide pyrolysis using DSC/Raman spectroscopy

    K. Shiota, Y. Izato, A. Miyake

    Journal of Analytical and Applied Pyrolysis ( ELSEVIER )  156   105113   2021年04月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • A detailed mechanism for the initial hypergolic reaction in liquid hydrazine/nitrogen tetroxide mixtures based on quantum chemistry calculations

    Y. Izato, K. Shiota, A. Miyake

    Combustion and Flame ( ELSEVIER )  229   111389   2021年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Quantitative risk assessment using a Japanese hydrogen refueling station model

    T. Suzuki, K. Shiota, Y. Izato, M. Komori, K. Sato, Y. Takai, T. Ninomiya, A. Miyake

    International Journal of Hydrogen Energy ( ELSEVIER )  46 ( 11 ) 8329 - 8343   2020年11月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Analyses of the thermal characteristics and gaseous products of guanidine nitrate/basic copper nitrate mixtures using calorimetry with high resolution mass spectrometry

    Izato Yu-ichiro, Shiota Kento, Satoh Kenta, Satoh Takashi, Yahata Yukinori, Miyake Atsumi

    JOURNAL OF ANALYTICAL AND APPLIED PYROLYSIS   151   2020年10月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Emergency evacuation model assuming leakage of toxic substances in a chemical plant

    Y. Mizuta, M. Sumino, Y. Kunitou, K. Shiota, Y. Izato, A. Miyake

    Journal of Loss Prevention in the Process Industries ( ELSEVIER )  68 ( 68 ) 104287   2020年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • ICTAC Young Scientist Award 2020

    2020年08月   International Confederation for Thermal Analysis and Calorimetry (ICTAC)   Thermal and kinetic analysis on pyrolysis reaction of hydroxylammonium nitrate solution  

    受賞者:  Kento Shiota

     概要を見る

    ICTAC Executive and Scientific Awards Committeesから横浜国立大学先端科学高等研究院の塩田謙人助教に2020 Rigaku-ICTAC Young Scientist Awardが送られました。 塩田助教は優れた若い科学者であり、特に反応性化学物質の熱的危険性評価に関して、エネルギー産業および化学産業の損失防止の分野で彼の貢献をしてきました。 受賞論文は、「Thermal and kinetic analysis on pyrolysis reaction of hydroxylammonium nitrate solution」です。

  • 2018年度火薬学会奨励賞

    2019年05月23日   一般社団法人火薬学会  

    受賞者:  塩田謙人

     概要を見る

    受賞の対象となった論文は,「アンモニウムジニトラミド混合系の融点に及ぼすアミド化合物と硝酸塩の影響解析」であり,この成果は新規宇宙機用推進剤の開発に資すると期待される。

  • 2018度火薬学会春季研究発表会 優秀講演賞

    2018年05月23日   一般社団法人火薬学会   アンモニウムジニトラミド系イオン液体推進剤の凝縮相における反応性解析  

    受賞者:  塩田謙人

  • 6th International symposium on Energetic materials and their applications, The excellent poster presentation award

    2017年11月10日   一般社団法人火薬学会   Vapor pressure measurement of ammonium dinitramide binary mixtures using thermogravimetric analysis  

    受賞者:  塩田謙人

  • 平成25年度火薬学会秋季研究発表会 優秀講演賞

    2013年12月12日   一般社団法人火薬学会   硝酸アンモニウムの相転移に及ぼすトリアゾール誘導体の影響  

    受賞者:  塩田謙人

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 限界酸素濃度以下のイナーティングシステムにおける新規リスク評価手法提案

    若手研究

    研究期間:  2019年04月  -  継続中  代表者:  塩田謙人

  • 高速反応学理に基づく革新的エネルギー物質の創製と高度着火燃焼制御

    基盤研究(A)

    研究期間:  2020年04月  -  2024年03月  代表者:  三宅淳巳

     概要を見る

    本研究は,申請者らのグループが実施してきた凝縮相エネルギー物質の爆発燃焼現象に関する研究を深化・推進し,純理論的に高速反応現象を再現し得る詳細反応モデリング技術の構築により高速反応の学理を構築し,世界初となるイオン液体系エネルギー物質の創製に挑戦する。ここでは,量子化学計算による熱力学データの高精度推算に基づき,着火・燃焼を可能とする最適分子設計と組成探索を試み,実験的に検証する。一方,外部エネルギーの入射による反応の生起から分解,着火,燃焼に至るプロセスを詳細反応解析により再現し,燃焼の発生から影響予測に至る体系的な高速反応学理の構築と学理に基づく高度着火燃焼制御技術への展開を試みる。

  • 凝縮相エネルギー物質の爆発学理

    基盤研究(A)

    研究期間:  2017年04月  -  継続中  代表者:  三宅淳巳

  • 超小型ロケット打上げに向けたエネルギー組成物の相転移メカニズムの解明とその応用

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月  代表者:  塩田謙人

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 災害・事故に起因する化学物質流出シナリオ構築と防災減災戦略

    提供機関:  環境再生保全機構  環境研究総合推進費

    研究期間: 2019年04月  -  継続中  代表者:  三宅淳巳

  • 共融型エネルギーイオン液体推進剤の組成探索手法の実証と着火特性解析

    提供機関:  公益財団法人火薬工業技術奨励会  公益財団法人火薬工業技術奨励会研究助成金

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月  代表者:  塩田謙人

  • エネルギーキャリアの安全性評価

    提供機関:  科学技術振興機構  戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)

    研究期間: 2014年06月  -  2019年03月  代表者:  三宅淳巳

研究発表 【 表示 / 非表示

  • アルタイム影響分析システムを用いたダイナミックリスクアセスメント手法の構築

    中山穣, 塩田謙人, 半井豊明, 伊里友一朗, 三宅淳巳

    日本学術会議 総合工学委員会  (オンライン)  2021年07月02日   安全工学シンポジウム2021

  • 電池システムの複合物理領域モデリングおよび熱暴走伝播機構解析

    大和田奨, 鈴木智也, 河津要, 中山穣, 塩田謙人, 伊里友一朗, 三宅淳巳

    日本学術会議 総合工学委員会  (オンライン)  2021年07月02日   安全工学シンポジウム2021

  • Natechデータベースとリスク分析手法に基づく環境社会リスクシナリオの抽出

    塩田謙人, 稗貫峻一, 中山穣, 伊里友一朗, 笠井尚哉, 小林剛, 野口和彦, 渋谷忠弘, 三宅淳巳

    日本学術会議 総合工学委員会  (オンライン)  2021年07月02日   安全工学シンポジウム2021

  • 本格普及期における水素ステーションの定量的リスクアセスメント

    鈴木智也, 河津要, 塩田謙人, 伊里友一朗, 小森雅浩, 佐藤光一, 高井康之, 二宮貴之, 三宅淳巳

    日本学術会議 総合工学委員会  (オンライン)  2021年06月30日   安全工学シンポジウム2021

  • 危険性解析に向けたクロロシランの熱力学データベース構築

    佐藤雅也, 塩田謙人, 伊里友一朗, 三宅淳巳

    日本学術会議 総合工学委員会  (オンライン)  2021年06月30日   安全工学シンポジウム2021

全件表示 >>