白石 俊彦 (シライシ トシヒコ)

SHIRAISHI Toshihiko

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

振動制御,機能性材料,インテリジェント構造,ニューラルネットワーク,セルオートマトン,細胞の力学システム



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1998年

    横浜国立大学   工学部   生産工学 学士(工学)   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2003年

    横浜国立大学  工学研究科  生産工学専攻 博士(工学)  博士課程  修了

  •  
    -
    2000年

    横浜国立大学  工学研究科  生産工学専攻 修士(工学)  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  横浜国立大学

  • 修士(工学) -  横浜国立大学

  • 学士(工学) -  横浜国立大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

      三重大学   医学部   非常勤講師

  • 2018年04月
    -
    2019年03月

      放送大学   非常勤講師

  • 2011年04月
    -
    継続中

      横浜市立大学   医学部医学科   非常勤講師

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2012年05月
    -
    継続中
     

    The American Society of Mechanical Engineers

  • 1997年12月
    -
    継続中
     

    日本機械学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機械力学・制御

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 機械的振動が細胞に及ぼす影響

    研究期間:  - 

  • 分散粒子のクラスタ形成を考慮したMR流体の透磁率の算定

    研究期間:  - 

  • セルオートマトンによる非線形現象の離散的モデル化

    研究期間:  - 

  • ニューラルネットワークによる適応的振動制御

    研究期間:  - 

  • ニューラルネットワーク構造の自己組織化

    研究期間:  - 

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Biomedical Applications of Vibration and Acoustics in Therapy, Bioeffects and Modeling

    Ahmed Al-Jumaily, Azra Alizad, ed.; Toshihiko Shiraishi, Shin Morishita, Ryohei Takeuchi, et al., (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 5, Effects of Ultrasound Stimulation on Chondrocytes in Three-dimensional Culture in Relation to the Production of Regenerative Cartilage Tissue )

    ASME PRESS  2008年06月

  • Biomedical Applications of Vibration and Acoustics in Therapy, Bioeffects and Modeling

    Ahmed Al-Jumaily, Azra Alizad, ed.; Toshihiko Shiraishi, Shin Morishita, Ryohei Takeuchi, et al., (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 4, Effects of Mechanical Vibration on Cultured Osteoblasts in Relation to Fracture Healing )

    ASME PRESS  2008年06月

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 機能性流体の効果発現機構の解明とその制御装置への応用

    白石俊彦

      2003年03月

    学位論文(博士)   単著

  • 電場下における分散粒子のクラスタ形成

    白石俊彦

      2000年03月

    学位論文(修士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • A STUDY OF A MECHANISM OF CELL PROLIFERATION PROMOTION OF CULTURED OSTEOBLASTS BY MECHANICAL VIBRATION

    Shiraishi Toshihiko, Nishijima Akitoshi

    PROCEEDINGS OF THE ASME INTERNATIONAL MECHANICAL ENGINEERING CONGRESS AND EXPOSITION, 2018, VOL 3     2019年

    共著

    Web of Science

  • A STUDY OF A MECHANISM OF CELL PROLIFERATION PROMOTION OF CULTURED OSTEOBLASTS BY MECHANICAL VIBRATION

    Toshihiko Shiraishi and Akitoshi Nishijima

    Proceedings of the ASME 2018 International Mechanical Engineering Congress and Exposition     #IMECE2018 - 87364   2018年11月  [査読有り]

    共著

  • Effects of Mechanical Vibration on Cultured Cells to Regenerate Cartilage

    Tomoaki NOZAWA and Toshihiko SHIRAISHI

    Proceedings of the 15th Joint Symposium among Sister Universities in Mechanical Engineering     2018年

    共著

  • 音響ホログラフィによる物体浮揚に関する検討

    長谷 宇利, 白石 俊彦

    Dynamics & Design Conference ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2018 ( 0 )   2018年

    共著

     概要を見る

    <p>Optical tweezers are well known as methods for trapping and manipulating objects. They are often used when the target objects are μm order or less. In contrast, acoustic-based methods (acoustic tweezers) are used when the target objects are mm order. Acoustic holography has been studied with regard to acoustic tweezers. Acoustic holography is one of the methods used to generate acoustic tweezers. Various force fields are generated in the space by adjusting the phases of ultrasonic transducers arranged in an array in this method. In this study, we designed the experimental setup in order to use acoustic holography, and experimentally verified the performance of levitating objects by using the setup. First, in order to use acoustic holography, we designed the experimental setup. In this setup, 49 ultrasonic transducers were arranged in a square shape. By sending signals from the FPGA board to the transducers, desired force fields are formed. Each transducer can be driven with different phase and intensity. By using this setup, ultrasonic waves were focused on a certain point, and the sound pressure at the point was measured. Only 25 transducers were used because of dynamic range of microphone. The measured sound pressure was 1930 Pa. If this pressure works perpendicularly to the surface of a 3.5 mm diameter sphere, the force will be balanced with the gravity acting on the object of the density of 2740 kg/m<sup>3</sup>. Second, in order to verify the performance of levitating and manipulating objects, I measured the sound pressure distribution when on creating a force field to levitate objects. The shape of the force field was the twin trap. The twin trap is the force field that horizontally sandwiches objects. As a result, the styrofoam elliptical plate with a mass of 0.3 mg can be levitated at a height of 86 mm.</p>

    DOI CiNii

  • A Study of Trapping Objects by Acoustic Holography

    Takatoshi HASE and Toshihiko SHIRAISHI

    Proceedings of the 15th Joint Symposium among Sister Universities in Mechanical Engineering     2018年

    共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • D&D2009におけるダイナミクスと制御の研究動向

    白石俊彦,浅見敏彦,中川紀壽,岩附信行,吉村卓也,奥川雅之,岡 宏一

    特集号「D&D2009」,日本機械学会論文集,C編   76 ( 765 )   2010年

    総説・解説(学術雑誌)  

  • 関節軟骨欠損部に対する磁性ナノ粒子を用いた幹細胞デリバリシステム

    白石俊彦

    医学のあゆみ   230 ( 8 ) 527 - 530   2009年

    総説・解説(商業誌)  

  • 振動数による細胞増殖速度変化の超音波治療への応用

    白石俊彦

    超音波テクノ   20 ( 1 ) 89 - 93   2008年

    総説・解説(商業誌)  

  • 細胞増殖速度振動数で変化

    日刊工業新聞2006年12月28日1面記事     2006年12月

    総説・解説(その他)   単著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • ディスククラッチ

    特願 特願2015-026801 

    白石俊彦,松野圭佑,土屋高志

  • TRAINING SYSTEM

    特願 米国特許Patent No. US9,205,300 B2 

    Hiroshi Ishii, Shizuo Takatou, Kenichi Honda, Hajime Watanabe, Kouichi Yamada, Toshihiko Shiraishi, Shin Morishita

  • TRAINING SYSTEM

    特願 韓国特許Registration No. 10-1337089 

    Hiroshi ISHII, Sizuo TAKATOU, Kenichi HONDA, Hajime WATANABE, Kouichi YAMADA, Yasuyuki MURAYAMA, Toshihiko SHIRAISHI, Shin MORISHITA

  • 磁気粘性グリース組成物

    特願 特願2011-250547 

    木村浩,近藤信也,小川哲男,羽山誠,前坂幸治,森下信,中野健,白石俊彦

  • トレーニングシステム

    特願 2010-272772 

    石井博,高頭静夫,本田建一,渡辺一,山田幸一,村山泰行,白石俊彦,森下信

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会創立120周年記念功労表彰

    2017年11月17日   日本機械学会  

    受賞者:  白石俊彦

  • 2012年度精密工学会北陸信越支部表彰 技術賞

    2013年11月   精密工学会  

    受賞者:  高頭静夫,石井博,白石俊彦,高杉紳一郎,岩谷徹

  • 横浜国立大学 感謝状(継続的な「サイエンスカフェ」の企画・運営・司会による社会貢献)

    2011年12月   横浜国立大学  

    受賞者:  白石俊彦

  • 2009年度日本機械学会機械力学・計測制御部門 部門貢献表彰

    2010年09月   日本機械学会  

    受賞者:  白石俊彦

  • 平成20年度横浜国立大学 ベストティーチャー賞

    2008年12月   横浜国立大学  

    受賞者:  白石俊彦

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 再生医療のための細胞の動的力学環境の制御

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年  -  2018年  代表者:  白石俊彦

  • 細胞シグナル伝達網を模擬した新たな適応的振動制御システム

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2015年  -  2015年  代表者:  森下信

  • 細胞の振動モード測定による動的力学刺激感受システムの解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年  -  2015年  代表者:  白石俊彦

  • 知的構造システムとして捉えた細胞の動力学モデルの構築

    若手研究(B)

    研究期間:  2010年  -  2011年  代表者:  白石俊彦

  • 磁気応答性ゲルダンパによる適応的制振

    基盤研究(B)

    研究期間:  2009年  -  2011年  代表者:  森下信

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 大規模地震時におけるガントリークレーンおよび桟橋の動的挙動解析

    国内共同研究  

    研究期間: 2002年04月  -  2002年08月 

  • 日米共同構造実験研究 高知能建築構造システムの開発

    提供機関: 米国科学財団  国際共同研究  

    研究期間: 1998年04月  -  2002年03月 

  • 超磁歪材アクチュエータによる宇宙構造物の制振機構特性評価支援

    企業等からの受託研究  

    研究期間: 1998年04月  -  1999年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  イノベーション・マネジメント

  • 大学院環境情報学府  生体システム工学演習

  • 大学院環境情報学府  生体システム工学

  • 大学院環境情報学府  環境システム学ワークショップ・演習

  • 大学院環境情報学府  インテリジェント構造システム学演習Ⅳ

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 横浜市立大学 医学部 医学科   医系のための物理学

  • 横浜市立大学 医学部 医学科   物質世界のしくみを考える

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学 感謝状(継続的な「サイエンスカフェ」の企画・運営・司会による社会貢献)

    2011年12月   横浜国立大学  

    受賞者: 白石俊彦

  • 平成20年度横浜国立大学 ベストティーチャー賞

    2009年05月   横浜国立大学  

    受賞者: 白石俊彦

  • 2005~2007年度横浜国立大学工学部 ベストティーチャー賞

    2008年12月   横浜国立大学  

    受賞者: 白石俊彦

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会バイオエンジニアリング部門国際委員会

    2019年04月
    -
    2020年03月

    学協会   幹事

  • 米国機械学会学術誌ASME Journal of Engineering and Science in Medical Diagnostics and Therapy

    2019年04月
    -
    2020年03月

    学協会   Associate Editor

  • 2019年度日本機械学会

    2019年04月
    -
    2020年03月

    学協会   校閲協力者

  • 2018年度日本機械学会医工学テクノロジー推進会議

    2019年04月
    -
    2020年03月

    学協会   委員

  • 2019年度日本機械学会国際連携委員会

    2019年04月
    -
    2020年03月

    学協会   委員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学サイエンスカフェ

    2006年04月
    -
    2015年07月

  • 脳の働きをまねるコンピュータプログラム(ニューラルネットワークとその応用)

    環境情報研究院  (横浜国立大学環境情報1号棟) 

    2005年09月
     
     

     概要を見る

    動物の脳の働きをコンピュータ上で仮想的に実現するニューラルネットワークについて,その基礎的事項と応用分野について説明する.実習を含む.

  • インテリジェント材料とその応用

    環境情報研究院  (環境情報1号棟) 

    2004年09月
     
     

     概要を見る

    本講座では,インテリジェント材料として工学に応用可能と期待されている材料の基本的特性および応用方法のいくつかを紹介します.