杉本 訓祥 (スギモト クニヨシ)

SUGIMOTO Kuniyoshi

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

准教授

生年

1972年

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0001-8264-1706

代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【受賞】 日本建築学会奨励賞   2007年08月

    【著書】 大振幅地震動と建築物の耐震性評価-巨大海溝型地震・内陸型地震に備えて-  2013年

    【論文】 縮小6層RC造耐震壁付きフレーム建物試験体の振動台実験における崩壊挙動(RC造建物の崩壊余裕度定量化のための研究開発)  2017年11月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 主筋を直線定着したスラブ付きRC梁の復元力特性と付着挙動   2021年07月

    【論文】 EFFECT OF BOND CHARACTERISTICS OF REBARS ON LOAD-DISPLACEMENT RELATIONSHIPS FOR RC MEMBERS  2020年09月

    【著書】 鉄筋コンクリート部材の構造性能評価の現状と将来  2019年09月

    【論文】 あと施工アンカーによる直線定着主筋を有するRC壁柱状部材の履歴復元力特性  2018年07月

    【著書】 基本からマスターできる建築構造力学  2018年02月

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1995年4月
    -
    1997年3月

    東京大学   工学系研究科   建築学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 1991年4月
    -
    1995年3月

    東京大学   工学部   建築学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 東京大学

  • 修士(工学) - 東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2015年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   准教授  

  • 2017年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   都市科学部   建築学科   准教授  

  • 2015年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   理工学部   建築都市・環境系学科   准教授  

  • 2015年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション学府   都市イノベーション専攻   准教授  

  • 2015年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション学府   建築都市文化専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1997年4月
    -
    2015年3月

      株式会社大林組   /

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2001年
    -
    現在
     

    日本地震工学会

  • 1995年
    -
    現在
     

    日本建築学会

  • 1995年
    -
    現在
     

    コンクリート工学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 玉掛技能者

  • 床上操作式クレーン技能者

  • 衛生管理者(第1種)

  • 建築士(1級)

  • 応急危険度判定士(神奈川県)

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 鉄筋コンクリート構造の耐震性能評価

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 鉄筋コンクリート部材の構造性能評価の現状と将来

    2.11節担当(杉本訓祥)( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 2.11節 有限要素法による梁・柱の耐震性能評価)

    一般社団法人 日本建築学会  2019年9月  ( ISBN:978-4-8189-0650-1

     詳細を見る

    総ページ数:326   担当ページ:75-83   記述言語:日本語 著書種別:学術書

    本書は,8章からなっており,はじめにのあと,梁・柱,柱梁接合部,壁,杭の2~5章では各部材の挙動を論じ,部材損傷評価(6章),構造性能の時刻歴変化(7章)では視点を変えてRC部材が根源的に有する損傷の考え方や構造性能の時間依存性の問題を説明する(8章はまとめ)。このような構成で,RC部材に対して,規準・指針にすぐには反映できない最新の知見や研究成果および現時点では未解明ではあるが重要な事象や仮説などを抽出している。

  • 基本からマスターできる建築構造力学

    津田和明,丸田誠,都祭弘幸,杉本訓祥( 担当: 共著)

    朝倉書店  2018年2月  ( ISBN:9784254266474

     詳細を見る

    総ページ数:105   担当ページ:29   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 大振幅地震動と建築物の耐震性評価

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 5章 構造物の応答評価と限界状態 5.2 RC造建物)

    日本建築学会  2013年9月  ( ISBN:9784818906136

     詳細を見る

    総ページ数:379   担当ページ:13   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 高強度コンクリートの技術の現状(2009)

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第3編 構造編 3章 柱・梁部材の性状)

    日本建築学会  2009年10月  ( ISBN:978-4-8189-05

     詳細を見る

    総ページ数:434   記述言語:日本語 著書種別:学術書

論文 【 表示 / 非表示

  • 外殻鋼管付きコンクリート杭の履歴復元力特性

    池嵜大輔,矢沢智彦,安本宏,山添正稔,酒向裕司,鈴木康嗣,杉本訓祥,田才晃

    日本建築学会構造系論文集   86 ( 790 )   1622 - 1633   2021年12月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本建築学会   共著  

    <p> Recently, prefabricated piles tend to be used for the pile foundation of medium and low storied buildings, because of high workability and cost efficiency in comparison with cast-in-place concrete piles. On the other hand, the ductility of prefabricated piles is lower than cast-in-place concrete piles, because prefabricated piles are produced by centrifugal molding. </p><p> It is expected that demand for pile foundations with higher ductility will increase, because revised “AIJ :Recommendations for Design of Building foundations” has shown the ultimate strength design method of the foundation structure. However, the evaluation method of hysteresis model for SC piles has not been established. </p><p> In the previous paper, it was clarified that the ductility of SC and PRC piles can be improved by infilled concrete, and the evaluation method of backbone curve for those piles is supposed. On the other hand, the infilled concrete is filled in full length of piles. Considering workability, it is necessary to evaluate the performance of piles that infilled concrete is filled only near the pile head. </p><p> Therefore, this paper presents the experimental data to improve the ductility of SC piles under the earthquake and the evaluation method of restoring force model, when the filling section of infilled concrete is 1.0D (D: pile diameter) for SC piles. </p><p> In the second chapter, the method of setting the section length of infilled concrete and the experimental results are shown. The parameter of the experiment is the section length of infilled concrete, axial force, steel thickness and shear span ratio. The plasticization of the section with infilled concrete is earlier than the section without infilled concrete by the method shown in Fig. 5. Then, the results of the experiment are shown. When the length of infilled concrete is 1.0D (D: pile diameter) for SC piles, infilled concrete improved the ductility of pile under the cyclic loading </p><p> In the next chapter, the evaluation method of the hysteresis model of SC piles is shown. As in the previous report, experiments are analyzed by fiber analysis model. Fig. 10 and Table 5 show the hysteresis curves of concrete and steel. The pile head spring is evaluated as shown in Fig. 11 and Fig. 12, and the origin-oriented type shown in Fig. 13 is set for the hysteresis curves. </p><p> Then, a comparison of experimental results and analysis results is shown. In each of the specimens, initial stiffness, maximum moment, and ultimate deformation of analysis corresponds to the those of experiments. In addition, equivalent viscous damping ratio evaluated by the fiber model analysis agree well with those experiments. This analysis method can be applied up to the deformation whose strength is dropped by 10% of maximum strength. </p>

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/aijs/86/790/86_1622/_article/-char/ja/

  • 主筋を直線定着したスラブ付きRC梁の復元力特性と付着挙動

    杉本訓祥,胡全斌,布施虎太郎,田才晃

    コンクリート工学年次論文集   43 ( 2 )   331 - 336   2021年7月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:コンクリート工学会   共著  

  • A Study on Bar Arrangement Details of RC L-Shaped Beam Column Joints

    T. Kiyohara, A.Tasai, K. Sugimoto

    17th World Conference on Earthquake Engineering   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著  

  • EFFECT OF BOND CHARACTERISTICS OF REBARS ON LOAD-DISPLACEMENT RELATIONSHIPS FOR RC MEMBERS

    K.Sugimoto, A.Tasai

    17th World Conference on Earthquake Engineering   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   共著  

  • スラブ付き鉄筋コンクリート梁の復元力特性と主筋の付着挙動

    杉本訓祥,塚本瞭,田才晃

    コンクリート工学年次論文集   41 ( 2 )   151 - 156   2019年7月  [査読有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:コンクリート工学会   共著  

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 講座:超高層RC造建築物の耐震設計とその実現③超高層RC造建築物の設計結果の実現

    杉本訓祥

    コンクリート工学   58 ( 8 )   603 - 608   2020年8月  [依頼有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本コンクリート工学会   単著  

  • 講座:超高層RC造建築物の耐震設計とその実現②超高層RC造建築物のモデル化手法の成り立ち

    杉本訓祥

    コンクリート工学   58 ( 7 )   527 - 532   2020年7月  [依頼有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本コンクリート工学会   単著  

  • 講座:超高層RC造建築物の耐震設計とその実現 まえがき

    (編集担当幹事:杉本訓祥)

    コンクリート工学   58 ( 6 )   458 - 458   2020年6月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本コンクリート工学会   単著  

  • 鉄筋コンクリート構造の技術的変遷 第11回(鉄筋コンクリート造建物の構造設計のための応力解析法の変遷)

    杉本 訓祥

    ビルディングレター   ( 652 )   1 - 12   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:一般財団法人 日本建築センター   単著  

  • あと施工アンカーを用いた部材の構造性能確認方法に関する検討

    秋山友昭,隈澤文俊,濱崎仁,中野克彦,杉本訓祥,沼田卓也

    ビルディングレター   ( 612 )   8 - 25   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   出版者・発行元:一般財団法人 日本建築センター   共著  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 杭と躯体の接合構造、杭と躯体の接合方法、プレキャストコンクリート部材、鋼管

    米澤健次,杉本訓祥

     詳細を見る

    出願人:株式会社大林組

    出願番号:2012-273287  出願日:2012年12月14日

    公開番号:2013-57240  公開日:2013年3月28日

    特許番号/登録番号:第5545351号  発行日:2014年5月23日

    出願国:国内  

  • 開口を有するコンクリート梁のせん断補強効果の評価方法

    杉本訓祥,渋市克彦

     詳細を見る

    出願人:株式会社大林組

    出願番号:2012-222439  出願日:2012年10月4日

    公開番号:2014-74299  公開日:2014年4月24日

    特許番号/登録番号:第6182843号  発行日:2017年8月4日

    出願国:国内  

  • RC造梁部材の付着割裂破壊防止方法、およびこれに基づく構造、並びに前記構造を備える構造物

    江戸宏彰,増田安彦,杉山公一,米沢健次,杉本訓祥

     詳細を見る

    出願人:株式会社大林組

    出願番号:2010-48904  出願日:2010年3月5日

    公開番号:2010-116775  公開日:2010年5月27日

    特許番号/登録番号:第4983942号  発行日:2012年5月11日

    出願国:国内  

  • 構造物における接合部のずれ防止方法とずれ防止部材、および構造物における接合部の構造

    平石久廣,佐野大作,鈴木史朗,杉本訓祥,舟木秀尊,都祭弘幸

     詳細を見る

    出願人:戸田建設株式会社,平石 久廣,独立行政法人都市再生機構,株式会社大林組,株式会社奥村組,五洋建設株式会社

    出願番号:2009-281491  出願日:2009年12月11日

    公開番号:2011-122371  公開日:2011年6月23日

    特許番号/登録番号:第5422358号  発行日:2013年11月29日

    出願国:国内  

  • プレキャスト杭頭接合体と杭頭部の施工方法

    平石久廣,鈴木史朗,杉本訓祥,舟木秀尊,都祭弘幸,佐野大作

     詳細を見る

    出願人:平石久廣,独立行政法人都市再生機構,株式会社大林組,株式会社奥村組,五洋建設株式会社,戸田建設株式会社

    出願番号:2009-184303  出願日:2009年8月7日

    公開番号:2011-38266  公開日:2011年2月24日

    特許番号/登録番号:第5315165号  発行日:2013年7月12日

    出願国:国内  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • コンクリート工学会賞(作品賞)

    2014年06月   (公社)日本コンクリート工学会   アークヒルズ仙石山森タワー  

    受賞者:安田正治,楠原孝造,杉本訓祥,後閑章吉,藤生直人

  • コンクリート工学会賞(技術賞)

    2011年06月   (公社)日本コンクリート工学会   オールプレキャスト化を目指した高層集合住宅の施工  

    受賞者:藤生直人,杉本訓祥

  • 日本建築学会奨励賞

    2007年08月   日本建築学会   鉄筋コンクリート造柱部材のせん断非線形性状評価手法の実験的検証  

    受賞者:杉本訓祥

  • コンクリート工学協会年次論文奨励賞

    2007年07月   (社)日本コンクリート工学協会   超高強度コンクリートを用いたRC柱部材の曲げせん断実験  

    受賞者:杉本訓祥

  • コンクリート工学協会賞(技術賞)

    2005年05月   (社)日本コンクリート工学協会   プレキャストブロックによる耐震補強工法の開発  

    受賞者:増田安彦,栗田康平,杉本訓祥,三浦憲,田中栄次

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • スラブ付き鉄筋コンクリート梁部材の主筋とコンクリート間の付着挙動が復元力特性に及ぼす影響

    研究課題/領域番号:建築構造  2020年4月 - 2022年3月

    公益財団法人鹿島学術振興財団  研究助成金

    代表者:杉本訓祥

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • パネルダンパーによる耐震補強工法の開発

    2018年4月 - 2019年3月

    公益財団法人 横浜工業会  研究開発助成

    代表者:蓑和 健太郎

     詳細を見る

    既存建物にエネルギー吸収能力を有するダンパー付き架構を取り付ける耐震補強工法を開発する。本研究は鉄筋コンクリート造既存架構と新設架構の取り合い部が効率的に応力伝達する仕様を明確化することを課題とする。

研究発表 【 表示 / 非表示

  • あと施工アンカーによる直線定着主筋を有するRC壁柱状部材の履歴復元力特性

    杉本訓祥  [招待有り]

    あと施工アンカー技術発表会  一般社団法人 日本建築あと施工アンカー協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:一橋講堂(千代田区一ツ橋2-1-2)  

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • ビルディングレター「鉄筋コンクリート構造の技術的変遷」編集委員会

    委員 

    2019年6月
    -
    現在
     

  • コンクリート工学

    編集委員会・幹事 

    2019年4月
    -
    2021月3日
     

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   建築材料実験

    理工学部

  • 2022年度   建築材料・構造実験

    都市科学部

  • 2022年度   建築構造工学スタジオS

    大学院都市イノベーション学府

  • 2022年度   建築構造工学スタジオF

    大学院都市イノベーション学府

  • 2022年度   建築構造解析Ⅰ・演習

    都市科学部

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • RC構造特論

    機関名:東京工芸大学

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度ベストティーチャー賞

    2017年06月06日   横浜国立大学  

     詳細を見る

    (学内表彰)

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 構造テキスト作成委員会(耐震構造の設計WG)

    2021年04月 - 2023年3月  委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • あと施工アンカーガイドライン策定委員会

    2020年02月 - 2021年3月  委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 


    2020/02~2020/03
    あと施工アンカー制度運用時の申請ガイドライン原案作成WG

    2020/11~
    あと施工アンカーガイドライン策定委員会

  • 日本建築学会・鉄筋コンクリート構造運営委員会

    2019年04月 - 現在  委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会構造委員会鉄筋コンクリート構造運営委員会主催 講習会

    役割:講師

    日本建築学会  講習会「鉄筋コンクリート部材の構造性能評価の現状と将来」  建築会館ホール(日本建築学会・東京都港区芝)  2019年9月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 社会人・一般, 学術団体, 企業

    種別:会議、学会等の企画・開催

    日本建築学会より刊行される「鉄筋コンクリート部材の構造性能評価の現状と将来」の内容に関する講習会。分担執筆担当した章(2章 梁・柱)の説明講師を担当した。