高田 直樹 (タカダ ナオキ)

TAKADA Naoki

所属組織

先端科学高等研究院

職名

特任教員(助教)

生年

1991年

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 共同研究開発を通じたイノベーションの実現要因:プロジェクトレベルの要因がもたらす影響   2018年06月

    【著書】 新薬創製:日本発の革新的医薬品の源泉を探る  2016年03月

    【国際会議発表】 How breaks the path: Technological Diversification and the Role of Deviants  2016年11月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 共同研究開発を通じたイノベーションの実現要因:プロジェクトレベルの要因がもたらす影響   2018年06月

    【著書】 新薬創製:日本発の革新的医薬品の源泉を探る  2016年03月

    【国際会議発表】 How breaks the path: Technological Diversification and the Role of Deviants  2016年11月

    【国際会議発表】 Untangling the boundaries in technology collaborations: The deviation effects of project autonomy on innovations through collaborations  2016年09月

    【論文】 特許を媒介とした知識・資源の組み合わせ:革新的医薬の事例から  2016年03月

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    一橋大学  商学研究科  経営・マーケティング専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(商学) -  一橋大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(助教)  

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2015年09月
    -
    継続中
     

    研究・イノベーション学会

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    組織学会

  • 2015年04月
    -
    継続中
     

    日本経営学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経営学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Drug Discovery in Japan: Investigating the Sources of Innovation

    Nagaoka, Sadao (Ed.) (担当: 分担執筆 )

    Springer  2019年 ISBN: 978-981-13-8906-1

  • 新薬創製:日本発の革新的医薬品の源泉を探る

    長岡貞男, 原泰史, 大杉義征, 河部秀男, 高田直樹, 中村健太, 源田浩一, 南雲明, 本庄裕司, 尾田基 (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 第4章「リュープリン/リュープロン」,第9章「アクトス」,第11章「ブロプレス」 )

    日経BP  2016年03月 ISBN: 4822200256

    Amazon

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 科学装置の技術進歩と汎用化の功罪:質量分析計の時系列的研究

    高田直樹

      2019年03月

    学位論文(博士)   単著

  • 共同研究開発によるイノベーションの実現過程

    高田直樹

      2015年03月

    学位論文(修士)   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • 公的支援プロジェクトにおける企業と研究支援機関の関与の影響

    松嶋 一成, 青島 矢一, 高田 直樹

    研究 技術 計画 ( 研究・イノベーション学会 )  34 ( 4 ) 423 - 439   2019年

    共著

     概要を見る

    <p>This paper explored the factors leading to the success of publicly-funded private R&D projects by analyzing survey data obtained from 506 projects supported by NEDO (New Energy and Industrial Technology Development Organization). We particularly examined how involvement of both the funded firm and the funding organization in the project affects the project's commercialization performance.</p><p>Our analyses showed that the project with higher strategic importance and stronger executive's involvement tended to be successful since it enabled the project to effectively leverage company's internal resources. On the other hand, funding organization's involvement had positive effects on performance only when the company showed low commitment to and weak involvement of the project; it had no or rather negative effect on performance with higher commitment and involvement in the company side.</p><p>Our findings suggest that the success or failure of the publicly-funded private R&D is greatly related to the strategic position of the project within the company. This implies that the assessing the company's in-house factors besides potentials of the technologies is important in selecting funding projects, and that the funding organization should find an appropriately way of managin g the project depending on project's strategic position.</p>

    DOI CiNii

  • How do Influences of Funding and Funded Organizations Affect Performance of Publicly-Supported Private R&D Projects

    Yaichi Aoshima, Kazunari Matsushima, Naoki Takada

    Portland International Conference on Management of Engineering and Technology     1 - 13   2018年08月  [査読有り]

    共著

  • 共同研究開発を通じたイノベーションの実現要因:プロジェクトレベルの要因がもたらす影響

    高田直樹

    組織科学 ( 白桃書房 )  51 ( 4 ) 62 - 76   2018年06月  [査読有り]

    単著

  • Untangling the boundaries in technology collaborations: The deviation effects of project autonomy on innovations through collaborations

    Naoki Takada

    Portland International Conference on Management of Engineering and Technology     399 - 409   2016年09月  [査読有り]

    単著

  • 特許を媒介とした知識・資源の組み合わせ:革新的医薬の事例から

    原泰史, 長岡貞男, 高田直樹, 河部秀男, 大杉義征

    一橋ビジネスレビュー   63 ( 4 ) 54 - 71   2016年03月

    共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第35回組織学会高宮賞(論文部門)

    2019年06月01日   特定非営利活動法人 組織学会  

    受賞者:  高田直樹

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 自律的な現場のジレンマとその解決:共同研究開発のマネジメントに関する実証研究

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2016年04月  -  2018年03月  代表者:  高田直樹

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 共同研究開発を通じたイノベーションの実現要因:プロジェクトレベルの要因がもたらす影響(学会賞セッション)

    高田直樹  [招待有り]

    2019年度組織学会研究発表大会  (駒沢大学)  2019年06月01日  

  • How do Influences of Funding and Funded Organizations Affect Performance of Publicly-Supported Private R&D Projects

    Yaichi Aoshima, Kazunari Matushima, Naoki Takada

    Portland International Conference on Management of Engineering and Technology  2018年08月  

  • 大企業における技術的ブレークスルーと発明者の逸脱行動

    高田直樹

    2018年度組織学会研究発表大会  2018年06月  

  • 民間R&Dに対する公的支援の効果

    松嶋一成, 青島矢一, 高田直樹

    第31回研究・イノベーション学会年次学術大会  2016年11月  

  • How breaks the path: Technological Diversification and the Role of Deviants

    Naoki Takada

    7th Asia-Pacific Innovation Conference  2016年11月  

全件表示 >>