髙木 洋平 (タカギ ヨウヘイ)

TAKAGI Youhei

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

准教授

生年

1977年

研究分野・キーワード

乱流工学,抵抗低減,数値流体力学

ホームページ

http://www.hydrodyn.ynu.ac.jp

関連SDGs



代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2006年03月

    東京工業大学  理工学研究科  機械宇宙システム  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  東京工業大学

  • 修士(工学) -  東京工業大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   准教授  

  • 2017年03月
    -
    2019年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   特任教員(准教授)  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院工学府   システム統合工学専攻   准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   機械・材料・海洋系工学専攻   准教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年09月
    -
    2017年03月

      大阪大学大学院   基礎工学研究科   助教

  • 2009年01月
    -
    2011年08月

      静岡大学   工学部   助教

  • 2006年04月
    -
    2008年12月

      海上技術安全研究所   CFD研究開発センター   任期付研究員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2017年05月
    -
    継続中
     

    日本船舶海洋工学会

  • 2014年08月
    -
    継続中
     

    アメリカ物理学会

  • 2013年06月
    -
    継続中
     

    オープンCAE学会

  • 2009年06月
    -
    継続中
     

    日本機械学会

  • 2009年01月
    -
    継続中
     

    化学工学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 船舶海洋工学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

  • 床上操作式クレーン技能者

  • 玉掛技能者

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 津波による重油流出挙動の数値予測と減災技術の開発

    共同研究  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    南海トラフ地震のように今後発生が見込まれる大規模地震によって津波が湾岸石油コンビナート地域に襲来した際に起こる油流出被害を予測するための数値シミュレーションを行い、減災のための技術開発を行っている。

  • メソスケールモデルを用いた水和型船底塗料の抵抗低減効果に関する研究

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    機能性船底塗料の一つである水和型塗料(ハイドロゲル塗料)が持つ抵抗低減効果を明らかにするために、バルク流体のマクロスケール運動と塗料高分子のミクロスケール構造を相関づけるメソスケールモデルを開発して壁近傍での渦運動と乱流運動の関係を調べている。

  • 機械学習による船舶推進抵抗の予測

    その他の研究制度  

    研究期間: 2017年04月  -  継続中

     概要を見る

    船舶の推進抵抗を実験結果及び数値計算結果を学習データとして機械学習させ,新船型の推進抵抗性能を短時間で予測するシステム開発を行なっている.

著書 【 表示 / 非表示

  • Applications to Marine Disaster Prevention: Spilled Oil and Gas Tracking Buoy System

    N. Kato, M. Choyekh, S. S. Rathour, Y. Takagi, T. Ochi and H. Suzuki (担当: 共著 , 担当範囲: 数値モデルの開発及び解析結果の検証について分担執筆。 )

    Springer  2016年09月 ISBN: 978-443155989

     概要を見る

    深海から噴出した天然ガスを含む重油の流出挙動を検知するための海洋探索システム及び数値モデルの構築について概説した。

    Amazon

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 一様乱流におけるmulti-mode stretched spiral vortexの形成と乱流生成過程の研究

    高木 洋平

      2006年03月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    東京工業大学(理工学研究科機械宇宙システム専攻) 一様等方乱流及び一様せん断乱流の直接数値計算を行い、渦管・渦層構造を選択的に抽出する手法を用いて多重モードスパイラル伸長渦の形成過程を明らかにし、モードによって乱流中のエネルギーカスケードに寄与する役割が異なることを示した。

  • 一様等方乱流における乱流生成機構の研究

    髙木 洋平

      2003年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    東京工業大学(理工学研究科機械宇宙システム専攻) 一様等方乱流の直接数値計算を行い、渦管・渦層構造を選択的に抽出手法を用いて渦層から渦管に遷移する渦構造形成過程を明らかにし、その過程が乱流エネルギーの生成に関係していることを示した。

論文 【 表示 / 非表示

  • Hydrodynamic design of energy saving device for ship scale performance improvement

    H. Ikenoue, T. Hino, Y. Takagi

    Proceedings of the 33rd Symposium on Naval Hydrodynamics     2020年10月

    共著

  • Numerical analysis of tsunami-triggered oil spill fires from petrochemical industrial complexes in Osaka Bay, Japan, for thermal radiation hazard assessment

    Nishino Tomoaki, Takagi Youhei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF DISASTER RISK REDUCTION ( Elsevier )  42   101352   2020年01月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Numerical analysis of single oil tank behavior under tsunami inundation by using fluid structure interaction

    Y. Takagi, Y. Kawamura, T. Hino

    Proceedings of the 13th International Seminar of Port-city Universities League ( YNU PRESS )    2019年10月

    共著

  • Experimental Study on the Friction Drag Reduction of Hydrogel Paint in a Boundary Layer on Flat Plate

    Y. Takagi, T. Hino, M. Nishimura, H. Aso

    Proc. ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2019, ( AJKFLUIDS )    2019年07月

    共著

     概要を見る

    AJKFLUIDS2019-4746

  • Effect of Thin and Rough Layers of Porous Materials on Drag

    Petya Valentinova Stoyanova, Lei Wang, Atsushi Sekimoto, Yasunori Okano, Youhei Takagi

    JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN ( J-STAGE )  52 ( 6 ) 493 - 500   2019年06月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 化学工学年鑑2020 4.熱工学 4.4数値解析

    高木洋平

    化学工学   84 ( 10 ) 493 - 494   2020年10月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • スケールアップの効率化に貢献する計算流体力学(シミュレーション)

    高木 洋平

    COSMETIC STAGE ( 技術情報協会 )  14 ( 4 ) 35 - 39   2020年04月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 化学工学年鑑2019 4.熱工学 4.4数値解析

    高木洋平

    化学工学   83 ( 10 ) 584 - 585   2019年10月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2018年度化学工学会論文審査貢献賞

    2018年   化学工学会  

    受賞者:  高木洋平

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 流れ場依存性を排除した機能性船底塗料の抵抗増減率推算に関する統合的アプローチ

    基盤研究(B)

    研究期間:  2020年04月  -  2022年03月  代表者:  高木洋平

  • 沿岸災害に起因する堤外地の大規模災害リスク低減のための統合的アプローチ

    基盤研究(A)

    研究期間:  2019年04月  -  2022年03月  代表者:  青木伸一

  • 南海トラフ地震津波による石油流出火災シミュレーションと津波避難ビルの火災被害予測

    基盤研究(B)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月  代表者:  西野智研

  • せん断応答性を有するハイドロゲル塗膜のメソスケールモデルによる抵抗低減効果の予測

    基盤研究(C)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  高木洋平

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • ペンギン体表面からの気泡放出を模擬した推進抵抗低減技術の開発

    提供機関:  造船学術研究推進機構  造船学術研究推進機構交付金

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月  代表者:  高木洋平

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Numerical estimation of the behavior of oil storage tank under tsunami inundation by using fluid-structure interaction analysis

    Y. Takagi, S. Numata, T. Hino

    The 5th International Symposium on Natural and Technological Accident Risk Reduction at Large Industrial Parks  (オンライン)  2021年03月11日  

  • チャネル乱流における変形する気泡が流れ場に及ぼす影響

    高木洋平, 岩本真莉絵, 日野孝則

    第34回数値流体力学シンポジウム  (オンライン)  2020年12月21日   日本流体力学会

  • 船体周り流体解析における計算格子が抵抗成分評価に与える影響

    高木洋平

    オープンCAE・FrontISTR合同シンポジウム2020  (オンライン)  2020年12月04日   オープンCAE学会・FrontISTR Commons

  • 船首砕波のCFDシミュレーション

    水出昌宏, 日野孝則, 高木洋平

    日本船舶海洋工学会令和2年秋季講演会  (オンライン)  2020年11月16日   日本船舶海洋工学会

  • Hydrodynamic design of energy saving device for ship scale performance improvement

    H. Ikenoue, T. Hino, Y. Takagi

    The 33rd Symposium on Naval Hydrodynamics  (Online)  2020年10月21日  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • オープンCAE学会論文集

    編集委員 

    2018年04月
    -
    継続中
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 環境汚染物質の拡散予測

  • 高度CAE技術の活用

  • 流体抵抗低減技術の開発

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 機械学習を用いた風環境予測精度の向上と防災技術への応用

    提供機関: 学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点  国内共同研究  

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月 

  • 機械学習を用いた建物表面ピーク風圧予測の効率化に関する基礎検討

    提供機関: 日鉄エンジニアリング株式会社  国内共同研究  

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院先進実践学環  乱流工学概論Ⅱ

  • 大学院先進実践学環  乱流工学概論Ⅰ

  • 大学院理工学府  乱流工学特論

  • 大学院理工学府  海洋空間流体力学スタジオB

  • 大学院理工学府  海洋空間流体力学スタジオA

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本船舶海洋工学会東部支部運営委員

    2019年06月
    -
    継続中

    学協会   運営委員

  • 一般財団法人 オープンCAE学会

    2013年06月
    -
    継続中

    学協会   理事

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示