高橋 宏治 (タカハシ コウジ)

TAKAHASHI Koji

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

教授

研究キーワード

ショットピーニング、応力解析、金属疲労、構造用セラミックス、自己修復材料、3Dプリンタ

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.ktakahashi.ynu.ac.jp/

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0001-5971-0582

代表的な業績 【 表示 / 非表示

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2000年

    九州大学   工学研究科   機械科学専攻   修了

  •  
    -
    1995年

    九州大学   工学部   機械工学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 九州大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年1月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   教授  

  • 2007年4月
    -
    2011年12月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   准教授  

  • 2005年1月
    -
    2007年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   助教授  

  • 2003年1月
    -
    2004年12月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   講師  

  • 2001年4月
    -
    2002年12月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   機能の創生部門   助手  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2000年4月
    -
    2001年2月

      九州大学大学院工学研究院   日本学術振興会特別研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2018年10月
    -
    現在
     

    ショットピーニング技術協会

  • 2003年
    -
    現在
     

    日本ばね学会

  • 1997年
    -
    現在
     

    日本材料学会

  • 1995年
    -
    現在
     

    日本機械学会

  • 2015年
    -
    現在
     

    日本鉄鋼協会

全件表示 >>

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 機械的表面改質による鋼の疲労強度向上および表面欠陥無害化技術の開発

    共同研究  

    研究期間:

  • 過大予荷重が鋼の疲労強度および応力腐食割れ挙動に及ぼす影響の解明

    研究期間:

  • ショットピーニングと自己き裂治癒を併用したセラミックスの信頼性向上

    科学研究費補助金  

    研究期間:

  • 自己き裂治癒能力の応用によるセラミックスの接触および転動疲労強度向上

    科学研究費補助金  

    研究期間:

  • セラミックスの稼働中の自己き裂治癒挙動の解明

    科学研究費補助金  

    研究期間:

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 多軸疲労強度に及ぼす微小欠陥および微小き裂の影響に関する研究

    高橋宏治

    2000年3月

    学位論文(博士)   単著  

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of Shot and Laser Peening on Fatigue Strength of Additively Manufactured Aluminum Alloy with Rough Surfaces

    Nakamura Misato, Takahashi Koji, Saito Yuta

    JOURNAL OF MATERIALS ENGINEERING AND PERFORMANCE   2022年8月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • 表面き裂無害化技術の応用によるステンレス鋼溶接部の応力腐食割れに対する安全性・信頼性向上

    安藤 柱, 南 起祐, 金 玟憲, 高橋 宏治

    圧力技術   60 ( 3 )   132 - 141   2022年6月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本高圧力技術協会   共著  

    To improve the reliability against stress corrosion cracking (SCC) of stainless steel welds by using surface crack harmless technology via peening, an analytical study was conducted assuming residual stress, material properties (<I>K<sub>sc</I>(<I>l</I>)</sub>)and four crack aspect ratios (<I>A<sub>s</sub></I>). The results of the numerical analysis were as follows.<br>(1) The maximum crack depth that can be rendered harmless (<I>a<sub>hlm</I></sub>) increases with increasing compressive residual stress and the <I>K<sub>sc</I>(<I>l</I>)</sub>. However, the effect of As was very small.<br>(2) The calculated values of <I>a<sub>hlm</I></sub> are 0.5-1.5 mm. A crack at 80% of the <I>a<sub>hlm</I></sub> is defined as a crack that should be detected accurately by nondestructive inspection (NDI).<br>(3) If large and deep residual stresses are introduced by peening after weld repair, not only <I>a<sub>hlm</I></sub> can be increased and necessary cracks are accurately detected, but also the number of detected cracks can be reduced, leading to a reduction of the number of weld repair areas. This will ensure the improvement of reliability and rationality against SCC.<br>(4) If a crack detected during NDI is not subjected to peening after weld repair, it is necessary to detect even shallow cracks by the NDI method with extremely high crack detection probability. Therefore, the NDI time becomes longer, and the number of weld repair areas increases. However, it is difficult to improve the reliability and rationalize the maintenance.

  • ショットピーニング処理したばね鋼の疲労強度に及ぼすショット粒径の影響

    近藤 涼太, 高橋 宏治

    ばね論文集   2022 ( 67 )   69 - 73   2022年5月  [査読有り]

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ばね学会   共著  

  • Improvement in Bending Strength of Silicon Nitride through Laser Peening

    Kazuya Saigusa, Joji Yamamoto, Koji Takahashi, Fumiaki Kumeno, NorihitoShibuya

    Materials   15 ( 1 )   315   2022年1月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

    その他リンク: https://doi.org/10.3390/ma15010315

  • Improving Fatigue Limit and Rendering Defects Harmless through Laser Peening in Additive-Manufactured Maraging Steel

    Shiori Tsuchiya, Koji Takahashi

    Metals   12 ( 1 )   49   2022年1月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

    その他リンク: https://doi.org/10.3390/met12010049

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 各種ピーニング技術による金属材料の疲労強度向上

    高橋宏治

    月刊トライボロジー   35 ( 8 )   38 - 41   2021年8月  [依頼有り]

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   単著  

  • ショットピーニング技術の原理と疲労強度向上メカニズム

    高橋宏治

    機械設計   65 ( 1 )   14 - 18   2021年1月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   単著  

  • レーザピーニングによる高強度アルミ合金の表面欠陥の無害化

    高橋宏治

    メカニカル・サーフェステック   ( 58 )   32 - 34   2020年10月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   単著  

  • ショットピーニングと自己き裂治癒によるセラミックスの転がり疲労強度の向上

    高橋宏治

    砥粒加工学会誌   63 ( 5 )   226 - 229   2019年5月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   単著  

  • ピーニングによる表面欠陥を有する材料の疲労強度向上と表面欠陥の無害化

    高橋宏治

    ショットピーニング技術   30 ( 3 )   175 - 183   2018年9月  [査読有り]  [依頼有り]

    J-GLOBAL

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:ショットピーニング技術協会   単著  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 表面欠陥材の疲労限度向上方法

    高橋文雄,小野芳樹,安藤柱,高橋宏治

     詳細を見る

    出願人:日本発条㈱,横浜国立大学

    出願番号:2008-289400  出願日:2008年11月

    公開番号:2010-117191  公開日:2010年5月

    出願国:国内  

  • セラミックス製品の製造方法,セラミックス製品

    高橋宏治,安藤柱,木村芳貴,西尾嘉唯

     詳細を見る

    出願人:横浜国立大学

    出願番号:2008-207859  出願日:2008年8月

    公開番号:2010-42957  公開日:2010年2月

    特許番号/登録番号:5273529  発行日:2013年5月

    出願国:国内  

    ショットピーニングにより表面層に大きな圧縮残留応力を導入するとともに,加工等により生じたき裂を治癒することにより,セラミックスの破壊靱性値,曲げ強度,接触強度を向上する.

  • 表面硬化高強度セラミックス及びその製造方法

    中尾航,千葉洋平,安藤柱,高橋宏治,岩田圭祐,西義武

     詳細を見る

    出願人:横浜国立大学,東海大学

    出願番号:2007-240484  出願日:2007年9月

    公開番号:2009-067659  公開日:2009年4月

    特許番号/登録番号:5152837  発行日:2012年12月

    出願国:国内  

受賞 【 表示 / 非表示

  • Top Cited Articles 2020-2021

    2022年03月   Fatigue & Fracture of Engineering Materials & Structures, WILEY  

    受賞者:Koji Takahashi, Yuta Kogishi, Norihito Shibuya, Fumiaki Kumeno

  • 日本ばね学会・技術賞

    2020年11月   日本ばね学会   超音波ショットピーニングによる高強度鋼の疲労特性の改善と表面欠陥の無害  

    受賞者:岡田秀樹, 高橋宏治

  • 日本ばね学会・論文賞

    2020年11月   日本ばね学会   ばね鋼の疲労限度に及ぼす微小表面欠陥の影響とその評価  

    受賞者:石井 健裕,高橋 宏治,岡田 秀樹

  • 日本ばね学会・技術賞

    2019年11月   日本ばね学会   表面欠陥が窒化処理鋼の疲労強度に及ぼす影響の定量的評価  

    受賞者:紺屋純, 山田明徳, 高橋宏治

  • 日本ばね学会・最優秀ポスター賞

    2018年11月   日本ばね学会   レーザーピーニングによる高強度アルミニウム合金の表面欠陥の無害化  

    受賞者:小岸優太,高橋宏治 他

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 3D積層造形した高強度鋼の超高サイクル疲労強度向上法の確立

    2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:高橋宏治

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • レーザピーニングによる3D積層造形金属の疲労強度向上と表面欠陥の無害化

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:高橋宏治

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • レーザーピーニングと自己き裂治癒によるセラミックスの高温域における信頼性向上

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:高橋宏治

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • ショットピーニングと自己き裂治癒の併用によるセラミックスの摩擦・摩耗特性の向上

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:高橋宏治

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 自己き裂治癒の応用によるセラミックスの転がり疲労強度向上

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

    代表者:高橋宏治

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • レーザピーニングによる3D造形セラミック部材の長寿命化

    2021年9月 - 2024年3月

    民間財団等  天田財団助成

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • レーザピーニングを利用した医療用純チタンの信頼性向上 ―表面欠陥の無害化-

    2021年4月 - 2022年3月

    民間財団等 

    代表者:高橋宏治

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • ピーニングによる圧力容器の安全性向上に関する基礎研究

    2012年4月 - 2013年3月

    日本ボイラー協会   平成23年度ボイラー・圧力容器等研究助成

    代表者:高橋宏治

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • 超音波ピーニングによる表面き裂の無害化技術の開発

    2011年12月 - 2012年7月

    科学技術振興機構  研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラムA-STEP

    代表者:高橋宏治

  • 先進的ピーニング技術による材料の表面欠陥無害化に関する研究

    2009年10月 - 2010年3月

    地方自治体  神奈川科学技術アカデミー,知的財産活用促進コーディネート事業

    代表者:高橋宏治

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 3D積層した高強度鋼のレーザピーニングによる疲労強度向上と表面欠陥の無害化

    高橋 宏治,土屋詩織

    M&M2022材料力学カンファレンス  2022年9月  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • エルボ配管の低サイクル疲労寿命予測精度の向上

    高戸直人,高橋宏治,平野明彦, 福原良純

    M&M2022材料力学カンファレンス  2022年9月  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長期間使用したローディングアーム用ステンレス鋼の低サイクル疲労強度

    岩坂明彦,高橋 宏治,小坂俊程, 大竹慎哉

    M&M2022材料力学カンファレンス  2022年9月  一般社団法人 日本機械学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 窒化化合物層の結晶構造が炭素鋼の平面曲げ疲労強度に及ぼす影響

    高橋宏治,安田遥,近藤涼太,髙木眞一,清水 郁

    ⽇本鉄鋼協会第184回秋季講演⼤会 機械構造⽤鋼表⾯硬化部材の疲労損傷III  ⽇本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 窒化化合物層の結晶構造が炭素鋼S45Cの平面曲げ疲労強度に及ぼす影響

    近藤涼太,高橋宏治,高村宏輔,渡邊陽一

    ⽇本鉄鋼協会第184回秋季講演⼤会 機械構造⽤鋼表⾯硬化部材の疲労損傷III  ⽇本鉄鋼協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Metals

    Editorial Board 

    2019年11月
    -
    現在
     

  • ショットピーニング技術

    編修 

    2018年
    -
    現在
     

  • International Journal of Structural Integrity

    Editorial Advisory Board 

    2013年5月
    -
    現在
     

  • 日本機械学会論文集論文および英文誌

    校閲委員 

    2010年
     
     
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 表面改質による金属材料の疲労強度向上と表面欠陥の無害化

  • エネルギー機器の信頼性向上

  • 構造用セラミックスの強度および信頼性向上に関する研究

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学・表面硬化部材の疲労損傷研究部会(窒化WG):第4期

    提供機関: 神奈川産技総研,東北大,いすゞ自動車,オーネックス,日本エアリキード,住友重機械工業  国内共同研究  

    研究期間: 2022年  -  2024年 

  • 横浜国立大学・表面硬化部材の疲労損傷研究部会(窒化WG):第3期

    提供機関: 神奈川産技総研,東北大,いすゞ自動車,オーネックス,日本エアリキード,住友重機械工業  国内共同研究  

    研究期間: 2019年  -  2021年 

  • 表面硬化部材の疲労損傷研究部会:第2期

    国内共同研究  

    研究期間: 2016年  -  2018年 

  • 表面硬化部材の疲労損傷研究部会:第1期

    国内共同研究  

    研究期間: 2013年  -  2015年 

  • 超音波ピーニングによる表面き裂の無害化技術の開発

    提供機関: JST  出資金による受託研究  

    研究期間: 2011年12月  -  2012年7月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   材料科学

    理工学部

  • 2022年度   材料力学A

    理工学部

  • 2022年度   材料強度学

    理工学部

  • 2022年度   エネルギー機器材料学

    大学院理工学府

  • 2022年度   創エネルギー工学技術創生実習S

    大学院理工学府

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年06月
     
     
    優秀ポスター賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:近藤涼太(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期1年) 指導教員:高橋宏冶 教授 受賞論文:「ショットピーニング施工したばね鋼の疲労強度に及ぼすショット粒径の影響」 授与者:日本ばね学会 受賞年月:2021年6月8日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/26608/detail.html

  • 2020年11月
     
     
    日本ばね学会・最優秀ポスター賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:土屋詩織(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期1年) 指導教員:高橋宏治教授 受賞論文:「3D積層したマルエージング鋼の疲労強度に及ぼすレーザピーニングの影響」 授与機関:日本ばね学会 受賞年月:2020(R2)年11月5日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/24856/detail.html

  • 2020年11月
     
     
    日本ばね学会・論文賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:石井健裕(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期2年) 指導教員:高橋宏治教授 受賞論文:「ばね鋼の疲労限度に及ぼす微小欠陥の影響とその評価」 授与機関:日本ばね学会 受賞年月:2020(R2)年11月5日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/22387/detail.html

  • 2019年06月
     
     
    日本ばね学会・最優秀ポスター賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:石井健裕(大学院理工学府化学・生命系理工学専攻 博士課程前期1年) 受賞主催:日本ばね学会(2019年度春季ばね及び復元力応用講演会のポスターセッション) 受賞研究:「ばね鋼の疲労限度に及ぼす微小欠陥の影響とその評価」 受賞日:2019年6月4日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/22387/detail.html

  • 2018年11月
     
     
    日本ばね学会・最優秀ポスター発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    小岸優太,レーザーピーニングによる高強度アルミニウム合金の表面欠陥の無害化,日本ばね学会 2018年度秋季ばね及び復元力応用講演会,2018年11月8日

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会材料力学部門

    2022年04月 - 2023年3月  表彰部会委員長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • ISO/TC227ばね国内委員会

    2021年04月 - 2022年3月  委員

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • 日本機械学会材料力学部門

    2021年04月 - 2022年3月  表彰部会副委員長

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • JIS規格 鋼構造物への循環式ショットピーニング投射材 原案作成委員会

    2018年12月 - 2020年3月  委員

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • ショットピーニング技術協会

    2018年04月 - 現在  常任理事

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 令和4年度 第1回 熱処理技術セミナー

    役割:講師

    熱処理技術協会  東京都  2022年5月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    金属疲労の基礎と応用-金属疲労のメカニズムと疲労破壊の防止-

  • 令和3年度 第1回 熱処理技術セミナー

    役割:講師

    熱処理技術協会  東京都  2021年7月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    金属疲労の基礎と応用-金属疲労のメカニズムと疲労破壊の防止-

  • 令和2年度 第1回 熱処理技術セミナー

    役割:講師

    熱処理技術協会  東京都  2020年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    金属疲労の基礎と応用の講師を担当

  • 表面欠陥をレーザピーニング により無害化

    役割:その他

    プレスリリース  2020年3月

  • 令和元年度 第1回 熱処理技術セミナー

    役割:講師

    熱処理技術協会  東京都  2019年5月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:セミナー・ワークショップ

    金属疲労の基礎と応用の講師を担当

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2022年04月
    -
    2023年4月
      理工学部 教職課程運営委員会 副委員長   (部局内委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      理工学府教務図書委員会 委員長   (部局内委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      教務厚生部会 委員   (全学委員会)

  • 2021年04月
    -
    2022年3月
      附属図書館運営委員会 委員   (全学委員会)

  • 2020年04月
    -
    2021年3月
      理工学府教務図書委員会 副委員長   (部局内委員会)

全件表示 >>