高見沢 実 (タカミザワ ミノル)

TAKAMIZAWA Minoru

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

教授

生年

1958年

研究分野・キーワード

都市計画、まちづくり、地域、制度、住環境

ホームページ

http://d.hatena.ne.jp/tkmzoo/

関連SDGs




代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 都市計画の理論   2006年

    【著書】 イギリスに学ぶ成熟社会のまちづくり  1998年

    【著書】 初学者のための都市工学入門  2000年

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【著書】 Before/Withコロナに生きる社会をみつめる   2021年03月

    【著書】 都市計画の構造転換  2021年03月

    【学術関係受賞】 都市計画法・建築基準法制定100周年記念 国土交通大臣表彰  2019年06月

    【著書】 密集市街地の防災と住環境整備  2017年11月

    【論文】 日本の都市計画制度の課題と新しい取り組みに関する全国調査  2016年10月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1981年

    東京大学   工学部   都市工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年

    東京大学  工学系研究科  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   教授  

  • 2008年04月
    -
    2011年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   教授  

  • 2007年04月
    -
    2008年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   准教授  

  • 2001年04月
    -
    2007年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   助教授  

  • 1996年04月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1979年
    -
    継続中
     

    日本都市計画学会

  • 1986年
    -
    継続中
     

    日本建築学会

  • 1992年
    -
    継続中
     

    都市住宅学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 都市計画・建築計画

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 都市計画

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 高経年マンションの所有者・居住者意識と再生の方向 -横浜市内の築40年超のマンションを対象とした実態調査-

    青木伊知郎,吉野裕之,藤岡泰寛,高見沢実

    都市住宅学 ( 都市住宅学会 )  ( 107 ) 96 - 101   2019年10月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    築後40年以上を経過したマンションの、維持管理、耐震補強、建替えに関する所有者・居住者意識をアンケート調査により明らかにした。

  • 三笠ビル商店街における共同建築形態とその実現・継承に関する研究

    石井勇佑,・高見沢実,野原卓

    都市計画報告 ( 日本都市計画学会 )  ( 18 ) 83 - 86   2019年05月

    共著

     概要を見る

    まだ再開発が法制として過渡的な段階だった1960年代に建てられた横須賀市の三笠ビルを対象に、多数の権利者が共同して再開発ビルに建て替える際の先進的工夫につき分析した。

  • ブータンの国民総幸福度指標(GNH Indicators)の変遷に関する研究:指標の目的および構成の発展過程について

    山下 修平, 高見沢 実

    都市計画論文集 ( 公益社団法人 日本都市計画学会 )  54 ( 2 ) 102 - 113   2019年

    共著

     概要を見る

    <p>本研究は、ブータンにおける国民総幸福度(GNH)指標の目的及び構成の発展過程を、資料解析により考察したものである。目的分析にはコミュニティ指標の類型理論及びISO9001(品質マネジメントシステム)を、構成分析には指標数・割合、主成分分析、及びコレスポンデンス分析を用いた。その結果GNH指標は、当初からコミュニティ指標及びISO9001双方の目的を網羅的にカバーしていること、並びに物質的豊かさに比べて健康・教育・民主化・地域の活力・伝統文化から得られる幸福感を注意深く観察できる構成が強化されてきたことがわかった。このように指標を考察・作成することは、幸福度向上を目指す都市がPDCAを回し追求したい価値を実現するうえで有益と考えられる。また具体例として、少子高齢化や多文化共生等に直面する都市では、従来わが国の都市計画法の主要な目的でなかった"地域の人々との関係性"を指標に配分することが想定できる。</p>

    DOI CiNii

  • 高経年マンションの管理・コミュニティと建替え・耐震化に向けた進捗度との関係 ―横浜市内の築40年以上マンションを対象とした実態調査―

    青木伊知郎,吉野裕之,藤岡泰寛,高見沢実

    日本建築学会関東支部研究報告集 ( 日本建築学会 )  88   483 - 486   2018年03月

    共著

  • 大都市圏郊外都市における地域コミュニティ関与による空き地マネジメントの可能性に関する研究 -横須賀市縮減市街地におけるケーススタディを通して-

    吉武俊一郎、高見沢実、渕井達也

    都市計画論文集 ( 日本都市計画学会 )  52 ( 3 ) 1036 - 1043   2017年10月  [査読有り]

    共著

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 都市の機能更新を考える

    高見沢実

    都市計画   ( 341 ) 10 - 13   2019年11月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

     概要を見る

    「都市の機能更新」をどのようにとらえたらよいか、これからの都市計画の課題は何かについて、歴史的経緯も踏まえて論じた。

  • 密集市街地のこれからのビジョンと整備の方向

    高見沢実

    区画整理 ( 街づくり区画整理協会 )  62 ( 7 ) 6 - 15   2019年07月  [依頼有り]

    総説・解説(その他)   単著

  • 高経年マンションの管理とコミュニティと再生の方向に関する調査報告書

    高見沢実,藤岡泰寛,他

    報告書     2019年03月

    機関テクニカルレポート,プレプリント等   共著

  • 近隣レベルの都市計画を統合する新たな都市計画システムの研究(報告書)

    高見沢実

    平成27-29年度科学研究費補助金成果報告書     2018年03月

    その他記事   単著

     概要を見る

    科研報告書(H27-29年度)

  • 高経年マンションの管理とコミュニティに関する実態調査報告書

    高見沢実,藤岡泰寛,他

    報告書     2018年03月

    機関テクニカルレポート,プレプリント等   共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2020年度都市住宅学会賞

    2020年11月   都市住宅学会   高経年マンションの所有者・居住者意識と再生の方向性―横浜市内の築 40 年超マンションを対象とした実態調査  

    受賞者:  青木伊知郎,吉野裕之,藤岡 泰寛,高見沢実

  • 都市計画法・建築基準法制定100周年記念 国土交通大臣表彰

    2019年06月   国土交通省  

    受賞者:  高見沢実

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新たな公共観・公共ニーズを踏まえた都市計画新法の提案

    基盤研究(C)

    研究期間:  2018年04月  -  2021年03月 

  • 近隣レベルの都市計画を統合する新たな都市計画システムの研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2015年04月  -  2018年03月  代表者:  高見沢実

  • 新しい計画論に対応する先進的ゾーニング制度の普及に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2011年04月  -  2014年03月  代表者:  高見沢実

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • これからの郊外のあり方とその実現方策に関する研究

    提供機関:  民間財団等  第一生命財団研究助成

    研究期間: 2018年04月  -  2019年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 秋葉原の活気の実態に関する研究 建物用途・規模・築年数に着目して

    高橋良,高見沢実,野原卓,尹莊植

    日本建築学会全国大会  2020年09月   日本建築学会

  • 都市ビジョンを実現させる官民パートナーシップの変化と民間プロジェクトの定着化に関する研究 ―水都大阪を対象に―

    文韜,高見沢実,野原卓,尹莊植

    日本建築学会全国大会  2020年09月   日本建築学会

  • 個人店舗での交流実態と店舗の持続・活性化に関する研究 ―弘明寺商店街を事例に―

    濱陽一郎,高見沢実,野原卓,尹莊植

    日本建築学会全国大会  2020年09月   日本建築学会

  • 地域実践型の大学教育が地域にもたらす効用に関する研究 横浜国立大学地域課題実習を対象に

    木村夏輝,高見沢実,野原卓

    日本建築学会全国大会  2019年09月   日本建築学会

  • 建て替えが進む密集市街地の路地の生活景の実態に関する研究 東池袋4.5丁目の植木鉢に着目して

    佐々木翔平,高見沢実,野原卓

    日本建築学会全国大会  2019年09月   日本建築学会

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 高経年住宅地・マンションにおける持続的マネジメントに関する研究

    提供機関: ハウジングアンドコミュニティ財団/長谷工総合研究所  国内共同研究  

    研究期間: 2017年04月  -  2019年03月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 都市科学部  都市計画とまちづくりⅠ

  • 都市科学部  都市と都市計画Ⅱ

  • 都市科学部  都市と都市計画Ⅰ

  • 理工学部  地域環境計画演習

  • 理工学部  都市計画とまちづくり

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 神奈川県都市計画審議会

    2020年
    -
    継続中

    自治体   会長

  • 横浜市都市計画審議会

    2006年
    -
    継続中

    自治体   委員

  • 藤沢市都市計画審議会

    2011年
    -
    継続中

    自治体   会長

  • 大磯町都市計画審議会

    2012年
    -
    継続中

    自治体   会長

  • 横須賀市総合計画審議会

    2020年10月
    -
    継続中

    自治体   会長

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • これからの横浜のまちづくりを考える横浜市民フォーラム(第4回)の開催

    これからの横浜のまちづくりを考える横浜市民フォーラム実行委員会  (横浜市開港記念会館) 

    2012年02月
     
     

     概要を見る

    横浜市が都市計画マスタープランの改定作業に入ったのに合わせて、2010年1月に同フォーラムの第1回を開催した。今回がその4回目。昨年3月11日の大震災も踏まえて、防災を切り口に4名から課題提起をしていただいたのち、5グループに分かれて討議を行ないそれらを発表・講評した。

  • 神奈川県大規模災害対策士業連絡協議会における講演

    神奈川県大規模災害対策士業連絡協議会  (横浜市横浜弁護士会館) 

    2012年02月
     
     

     概要を見る

    神奈川県大規模災害対策士業連絡協議会において、「災害復興支援への各士業の関わり方について ~阪神・淡路まちづくり支援機構の活動を題材に」と題する講演を、都市計画・まちづくりを専門とする立場から行った。大規模災害に備えたさらなる横のつながりが必要である。

  • 日本都市計画学会シンポジウムのコーディネーター

    日本都市計画学会  日本都市計画学会全国大会  (横浜) 

    2019年11月
     
     

     概要を見る

    シンポジウム「横浜市における自治体政策としての都市計画」のコーディネーターを務めた。

  • 電炉鋼材フォーラムにおける連続講演

    普通鋼電炉工業会  電炉鋼材フォーラム 

    2019年09月
    -
    2019年10月

     概要を見る

    大阪、名古屋、東京で開催されたフォーラムにて講演を行った。

  • 全国地区計画推進協議会における講演

    全国地区計画推進協議会  (横浜) 

    2019年08月
     
     

     概要を見る

    「地域価値を高める都市計画」のタイトルで特別講演を行った。