鷹尾 祥典 (タカオ ヨシノリ)

TAKAO Yoshinori

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

准教授

研究キーワード

電気推進、プラズマ応用

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.takao-lab.ynu.ac.jp

関連SDGs




ORCID  https://orcid.org/0000-0002-3468-8857

写真a

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年4月
    -
    2007年3月

    京都大学   工学研究科   航空宇宙工学専攻   博士課程   修了

  • 2002年4月
    -
    2004年3月

    京都大学   工学研究科   航空宇宙工学専攻   修士課程(博士前期課程)   修了

  • 1998年4月
    -
    2002年3月

    京都大学   工学部   物理工学科   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) - 京都大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   システムの創生部門   准教授  

  • 2018年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   機械・材料・海洋系工学専攻   准教授  

  • 2017年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   理工学部   機械・材料・海洋系学科   准教授  

  • 2014年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   大学院工学府   システム統合工学専攻   准教授  

  • 2014年4月
    -
    現在

    併任   横浜国立大学   理工学部   機械工学・材料系学科   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年4月
    -
    2020年3月

      宇宙航空研究開発機構 (JAXA)   宇宙科学研究所宇宙飛翔工学研究系   客員准教授

  • 2009年3月
    -
    2014年3月

      京都大学   大学院工学研究科航空宇宙工学専攻   助教

  • 2007年4月
    -
    2009年3月

      ザインエレクトロニクス株式会社   エンジニア

  • 2004年4月
    -
    2007年3月

      日本学術振興会   日本学術振興会特別研究員

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2004年
    -
    現在
     

    米国航空宇宙学会

  • 2004年
    -
    現在
     

    日本航空宇宙学会

  • 2003年
    -
    現在
     

    応用物理学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • フロンティア(航空・船舶) / 航空宇宙工学

  • エネルギー / プラズマ科学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 半導体プロセス用容量結合型プラズマ源の粒子計算モデル(PIC-MCC)構築

    研究期間:

  • 磁気ノズルによるプラズマ加速

    研究期間:

  • マイクロ波放電式マイクロイオン推進機の粒子計算モデル(PIC-MCC)構築

    研究期間:

  • 誘導結合型プラズマ源を用いた静電加速型マイクロイオン推進機の研究開発

    研究期間:

  • イオン液体を利用したエレクトロスプレー式マイクロスラスタの研究開発

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • 宇宙ビジネス参入の留意点と求められる新技術、新材料

    技術情報協会(編集)( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第5章 第9節)

    技術情報協会  2020年4月  ( ISBN:978-4-86104-792-3

     詳細を見る

    総ページ数:478   担当ページ:pp. 337-345   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • プラズマプロセス技術 ナノ材料作製・加工のためのアトムテクノロジ

    プラズマ核融合学会 (編集) ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第4章)

    森北出版  2017年1月  ( ISBN:9784627775619

    Amazon

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

学位論文 【 表示 / 非表示

  • Development of a Miniature Electrothermal Thruster Using Microwave-Excited Microplasmas for Ultra Small Satellites(マイクロ波励起マイクロプラズマを用いた超小型人工衛星のための電熱加速型推進機の研究開発)

    鷹尾 祥典

    2007年3月

    学位論文(博士)   単著    [査読有り]

     詳細を見る

    京都大学大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻
    超小型人工衛星の軌道・姿勢制御を用途としたマイクロ波励起マイクロプラズマスラスタを対象に、数値計算と実験の双方を用いて解析した結果についてまとめた論文である。これら統合解析により、壁面の影響が極めて大きいため、圧力推力の寄与が無視できないこと、ノズル壁面は断熱壁条件より等温壁条件に近いことが分かった。プラズマ点火により推力1.4 mN、比推力79 sが得られ、コールドガスと比べて、超小型衛星(10 kg)の推進剤質量を3割以上削減可能な性能が得られた。


  • 超小型推進機のためのマイクロプラズマ源とマイクロノズル流れの解析

    鷹尾 祥典

    2004年3月

    学位論文(修士)   単著  

     詳細を見る

    京都大学大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻
    超小型人工衛星の軌道・姿勢制御を用途としたマイクロ波励起マイクロプラズマスラスタを対象に、数値計算による性能見積もりを行った。解析にはマイクロプラズマ源とマイクロノズル流れを分けて行い、前者には体積平均モデルとマクスウェル方程式を利用し、後者には2温度モデルに基づくナビエ・ストークス方程式を利用した。分散関係式との比較により表面波の伝播を確認し、また、境界層が支配的なことから、ノズルの全長を短くすることが性能向上に望ましいと分かった。

論文 【 表示 / 非表示

  • Magnetic Nozzle Radiofrequency Plasma Systems for Space Propulsion, Industry, and Fusion Plasmas*)

    Takahashi Kazunori, Charles Christine, Boswell Rod W., Emoto Kazuma, Takao Yoshinori, Hara Shiro, N … 全著者表示

    PLASMA AND FUSION RESEARCH   18 ( 0 )   2501050 - 2501050   2023年6月  [査読有り]

    DOI Web of Science CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 プラズマ・核融合学会   共著  

    <p>Low-pressure radiofrequency (rf) plasma sources have been widely used in various fields. When static magnetic fields are applied to these sources, a diverging magnetic field configuration known as a magnetic nozzle forms downstream of the source and interesting phenomena are observed. Such structures are frequently observed in space, e.g., the surface of the Sun and the geomagnetic fields. Here, the studies performed by the authors over the last decade on the fundamental plasma physics, the space plasma propulsion, the industrial plasma technology, and the radiofrequency ion source, are briefly overviewed. The design of sources based on the type of application is an important issue. Integrating a rf plasma source into a system often requires a compact and automatically controlled system, as presented here. Herein, interaction between the low-temperature plasmas and the hot fusion plasmas is sometimes mentioned in terms of “<i>Plasma Apparatus</i>.”</p>

  • Fabrication and Demonstration of SU-8 Based Emitter Arrays for Ionic Liquid Electrospray Thrusters

    SHINGU Takumi, NAGAO Masayoshi, MURAKAMI Katsuhisa, MURATA Hiromasa, KHUMPUANG Sommawan, HARA Shiro … 全著者表示

    Journal of Evolving Space Activities   1   30   2023年4月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:宇宙技術および科学の国際シンポジウム   共著  

    <p>A high-density emitter array for ionic liquid electrospray thrusters is fabricated using a fabrication process for field emitter arrays. SU-8 photoresist is employed as the inter-electrode material. The distance between the emitter and the extractor electrodes was about 10 µm, enough for about 1-kV application between the electrodes. Adequate thrust and specific impulse can be obtained without an accelerator electrode, resulting in a simple propulsion system. Optimal parameters for the photolithography of SU-8 are determined. The fabricated emitter array had a tip diameter of about 1 µm and an emitter density 200 times higher than conventional emitter arrays. A preliminary experiment for ion emissions showed a negative current of −79 nA at 800 V using a 4 × 4 emitter array in an area of 100 µm square, resulting in approximately twice as much current density as a conventional type.</p>

  • Design and Fabrication of Ionic Liquid Electrospray Thruster with Two-Stage Electrodes

    NISHIMURA Akane, KATSUTA Hirohide, TAKAO Yoshinori, TSUCHIYA Toshiyuki

    Journal of Evolving Space Activities   1 ( 0 )   n/a   2023年3月  [査読有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:宇宙技術および科学の国際シンポジウム   共著  

    <p>An ionic liquid electrospray thruster (ILEST) is expected as a propulsion system to control nano-spacecraft attitude and orbit in space. To produce high thrust, we propose a two-stage electrodes thruster which has an accelerator in addition to an extractor. We fabricated emitters on a silicon wafer and the two-stage electrodes on a glass substrate with through holes using microfabrication technologies. We confirmed that the fabricated ILEST emitted ions or droplets from the silicon emitters at near 2.0 kV. The maximum current in single-stage operation was -570 µA at 3.0 kV. With two-stage operation using the accelerator, ion emission happens at high voltage without conduction between the extractor and the accelerator. The results show the advantage of the fabricated two-stage electrodes. Currently, extracted ions were captured mostly at the extractor because of the poor alignment of the emitter silicon chip to the jig.</p>

  • Density profile transition and high-energy electron transport in a magnetically expanding radio frequency plasma

    Emoto Kazuma, Takahashi Kazunori, Takao Yoshinori

    Physics of Plasmas   30 ( 1 )   2023年1月  [査読有り]

    DOI Web of Science

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著  

  • Molecular Dynamics Simulations of Ion Extraction from Nanodroplets for Ionic Liquid Electrospray Thrusters

    Takaaki Enomoto, Shehan M. Parmar, Ryohei Yamada, Richard E. Wirz, Yoshinori Takao

    Journal of Electric Propulsion   1   13 (21pp)   2022年9月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media {LLC}   共著  

    <jats:title>Abstract</jats:title><jats:p>Molecular dynamics (MD) simulations were performed for ion extraction from electrospray thrusters to investigate relevant extraction processes numerically. To approximate the electrospray jet tip, a simulation domain consisting of 4-5 nm-sized ionic liquid droplets was used. The extracted ion angles and kinetic energies from EMI–BF<jats:sub>4</jats:sub> (1-ethyl-3-methylimidazolium tetrafluoroborate) and EMI–Im (1-ethyl-3-methylimidazolium bis((trifluoromethyl)sulfonyl)imide) droplets were quantified by applying uniform electric fields of 1.3–1.7 V nm<jats:sup>−1</jats:sup>. The MD simulations are in great agreement with simulations presented in the literature and consistently show a greater preference for monomer emission than reported experimentally. At field strengths above 1.5 V nm<jats:sup>−1</jats:sup>, apparent droplet fracturing and breakup lead to an increase in ion angular velocity distributions. Greater mobility of EMI–BF<jats:sub>4</jats:sub> ions than EMI–Im was also observed, indicative of the crucial role of cation-anion hydrogen bond strengths in ion extraction and beam composition between different propellants.</jats:p>

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • 次世代宇宙産業を担う超小型衛星に不可欠なマイクロスラスタ

    鷹尾 祥典

    応用物理   90 ( 5 )   298 - 302   2021年5月  [査読有り]  [依頼有り]

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 応用物理学会   単著  

    <p>近年,超小型衛星の利活用が急速に増えており,その活躍の場は地球近傍にとどまらず深宇宙へも飛び出し始めている.そこで必要となるのが小型推進系(マイクロスラスタ)である.スペース,重量などの制約が大きい超小型衛星において,必要な速度増分(⊿<i>v</i>)を達成するには電気推進機が重要な役割を果たすと期待されている.本稿では,その中でもイオンを静電的に加速することで推力を得る,イオンエンジンとエレクトロスプレー推進機の2種類のマイクロスラスタを取り上げ,その特徴と現状の成果,課題について述べる.また,推力には直接寄与しないが,重要な構成要素である電子源についても紹介する.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130008034658

  • イオンエンジン

    鷹尾 祥典

    油空圧技術   59 ( 9 )   12 - 18   2020年9月  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:日本工業出版   単著  

    その他リンク: https://www.nikko-pb.co.jp/products/detail.php?product_id=4897

  • 電気推進を用いた軌道間輸送機に関する議論

    船木 一幸, 中野 正勝, 小紫 公也, 鷹尾 祥典, 横田 茂, 張 科寅, 川嶋 嶺

    宇宙太陽発電   5 ( 0 )   1 - 2   2020年2月

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:宇宙太陽発電学会   共著  

    <p> 電気推進を用いた軌道間輸送機(OTV)の開発における技術的挑戦と克服に関するパネルディスカッションが行われた.太陽発電衛星の輸送では,ペイロードの太陽電池をOTVで利用できる場合,電気推進は特に有効な推進システムとなる.電気推進の推進剤として有力な候補はアルゴンであり,大出力のアルゴン推進機を開発する上での技術的課題が議論され共有された.また太陽発電衛星の実現には打ち上げ機との連携や,OTV全体でのシステム最適化が必要不可欠であり,分野を横断した研究者間の協調と,共通で意識すべき事業戦略(ロードマップ)の策定が重要であると再認識された.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007799144

  • 磁気ノズルRFプラズマスラスタ開発の現状

    高橋 和貴, Christine Charles, Rod Boswell, 鷹尾 祥典, 安藤 晃

    宇宙太陽発電   5 ( 0 )   14 - 17   2020年2月

    DOI CiNii Research

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:宇宙太陽発電学会   共著  

    <p> 磁気ノズルと高周波放電を用いた磁気ノズルRFプラズマスラスタは,外部磁場中の高周波誘導結合またはヘリコン波結合放電によって生成した高密度プラズマを,外部磁場によってプラズマ源出口まで輸送し,磁力線が発散する磁気ノズル領域で起こりうる自発的なプラズマ加速過程,運動量変換過程を利用して推力を発生する電気推進機である.これまで著者らが行ってきた物理研究と,磁気ノズルRFプラズマスラスタの性能改善に関して,その現状を述べる.</p>

    その他リンク: https://ci.nii.ac.jp/naid/130007799145

  • 超小型高推力密度エレクトロスプレースラスタの研究開発

    鷹尾 祥典, 土屋 智由, 長尾 昌善, 村上 勝久

    日本航空宇宙学会誌   67 ( 1 )   5 - 11   2019年1月  [査読有り]

    DOI

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著  

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • イオン源

    鷹尾祥典,長尾昌善,村上勝久

     詳細を見る

    出願番号:2017-197041  出願日:2017年10月10日

    特許番号/登録番号:6927493  発行日:2021年8月10日

    出願国:国内  

受賞 【 表示 / 非表示

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 将来深宇宙探査に向けた革新的超小型推進システム技術実証RG

    2023年6月 - 2024年2月

    宇宙航空研究開発機構  2023年度宇宙工学委員会戦略的開発研究費

     詳細を見る

    担当区分:研究分担者

  • 将来深宇宙探査に向けた革新的超小型推進システム技術実証RG

    2022年7月 - 2023年2月

    宇宙航空研究開発機構  2022年度宇宙工学委員会戦略的開発研究費

  • 90%超の効率を維持した推力可変な宇宙推進機

    研究課題/領域番号:JPMJFR2129  2022年4月 - 2025年3月

    科学技術振興機構  創発的研究支援事業

    代表者:鷹尾 祥典

     詳細を見る

    担当区分:研究代表者

  • 将来深宇宙探査に向けた革新的超小型推進システム技術実証RG

    2021年6月 - 2022年2月

    宇宙航空研究開発機構  2021年度宇宙工学委員会戦略的開発研究費

  • 宇宙産業革命を担う超小型衛星船団に不可欠なマイクロ推進機

    2021年4月 - 2024年3月

    キヤノン財団  研究助成プログラム 「新産業を生む科学技術」

    代表者:鷹尾 祥典

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 1cm級磁場印加プラズマ源を対象とした粒子計算と宇宙推進機への応

    鷹尾 祥典  [招待有り]

    Plasma Conference 2017  公益社団法人 応用物理学会 プラズマエレクトロニクス分科会,公益社団法人 応用物理学会 プラズマエレクトロニクス分科会,一般社団法人 日本物理学会,日本学術振興会 プラズマ材料科学第153委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:姫路商工会議所  

  • 3D Particle Simulation for Electron Extraction Mechanisms of a Miniature Microwave Discharge Neutralizer

    Kenta Hiramoto, Yuichi Nakagawa, Hiroyuki Koizumi, and Kimiya Komurasaki, Yoshinori Takao

    Proceedings of the 52nd AIAA/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference (Propulsion and Energy Forum).<3D Particle Simulation for Electron Extraction Mechanisms of a Miniature Microwave Discharge Neutralizer> 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Salt Lake City, USA  

    50-kg級超小型人工衛星に搭載されているマイクロ波放電式イオン推進システムの中和器において、電子がオリフィスから引き出される機構について3次元粒子計算を用いて解析を行った。その結果、プラズマ源内部において生じる静電場の内、周方向成分の電場と径方向の磁場によって生じるE×Bドリフトにより電子が磁場を横切る動きに寄与し、最終的にオリフィス入口に近付き引き出される事が明らかになった。
    AIAA-2016-4946 (11 pages) に掲載

  • Validation of a 3D Particle Simulation Model for a Miniature Microwave Discharge Ion Thruster

    Yoshinori Takao, Koji Eriguchi, Kouichi Ono, Yuto Sugita, Hiroyuki Koizumi, and Kimiya Komurasaki

    Proceedings of the 50th AIAA/ASME/SAE/ASEE Joint Propulsion Conference (Propulsion and Energy Forum).<Validation of a 3D Particle Simulation Model for a Miniature Microwave Discharge Ion Thruster> 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cleveland, USA  

    超小型人工衛星の軌道・姿勢制御を用途とした静電加速型のマイクロ放電式マイクロイオンスラスタに対し、3次元電磁場解析(FDTD法)と粒子計算(PIC-MCC法)を組み合わせた数値計算モデルで解析を行った。特にプラズマ電流の影響を調べたところ、低電力プラズマのためにプラズマ電流の放電特性に対する寄与は小さい事が明らかになった。また、レーザー吸収分光測定による準安定原子測定結果との比較を行い、原子分布形状および密度のオーダーでの一致が確認できた。
    IAA-2014-3829 (8 pages) に掲載

  • Plasma Diagnostics in a Miniature Microwave Discharge Ion Thruster

    Y. Sugita, H.Koizumi, R. Tsukizaki, H. Kuninaka, Y. Takao, Y. Yamagiwa, M. Matsui

    Proceedings of the 33rd International Electric Propulsion Conference.<Plasma Diagnostics in a Miniature Microwave Discharge Ion Thruster> 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Washington, D.C., USA  

    超小型人工衛星の軌道・姿勢制御を用途とした静電加速型のマイクロ放電式マイクロイオンスラスタに対し、内部可視化スラスタを製作し、レーザー吸収分光測定を用いて、寿命の長い準安定原子Xe I 823.16 nm (1s5)の密度分布測定を行った。Xeガス流量0.15 sccm、マイクロ波電力1 Wにおいて、ECR加熱が生じるところでリングドーナツ状の準安定原子分布が捉えられ、絶対値としては6-9×1017 m-3となり、ECRプラズマとしては妥当な値が得られた。
    IEPC-2013-245 (8 pages)に掲載

  • Three-Dimensional Particle-in-Cell Simulation of a Miniature Microwave Discharge Ion Thruster µ1

    Y. Takao, K. Eriguchi, K. Ono, Y. Sugita, H. Koizumi, and K. Komurasaki

    Proceedings of the 33rd International Electric Propulsion Conference.<Three-Dimensional Particle-in-Cell Simulation of a Miniature Microwave Discharge Ion Thruster µ1> 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Washington, D.C., USA  

    超小型人工衛星の軌道・姿勢制御を用途とした静電加速型のマイクロ放電式マイクロイオンスラスタに対し、3次元電磁場解析(FDTD法)と粒子計算(PIC-MCC法)を組み合わせた数値解析モデルを構築し、その計算結果とレーザー吸収分光測定による結果との比較検証を行った。その結果、ECR加熱が生じるところでリングドーナツ状のプラズマ分布および準安定原子分布が実験と計算の双方で捉えられ、計算の妥当性が確認できた。
    IEPC-2013-186 (11 pages)に掲載

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • 日本航空宇宙学会誌

    会誌集編集委員会委員 

    2017年5月
    -
    2019月3日
     

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 将来深宇宙探査に向けた革新的超小型推進システム技術実証RG

    提供機関: 宇宙航空研究開発機構  国内共同研究  

    研究期間: 2023年06月  -  2024年2月 

  • 将来深宇宙探査に向けた革新的超小型推進システム技術実証RG

    提供機関: 宇宙航空研究開発機構  国内共同研究  

    研究期間: 2022年07月  -  2023年2月 

  • 90%超の効率を維持した推力可変な宇宙推進機

    提供機関: 科学技術振興機構  その他  

    研究期間: 2022年04月  -  2025年3月 

  • 将来深宇宙探査に向けた革新的超小型推進システム技術実証RG

    提供機関: 宇宙航空研究開発機構  国内共同研究  

    研究期間: 2021年06月  -  2022年2月 

  • イオン源と電子源双方の高電流密度化によるデブリ除去用軌道遷移技術の確立

    提供機関: 宇宙航空研究開発機構  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2017年11月  -  2020年3月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2023年度   推進工学基礎

    理工学部

  • 2023年度   熱力学Ⅱ

    理工学部

  • 2023年度   宇宙推進工学特論

    大学院理工学府

  • 2023年度   熱流体システム製作B

    大学院理工学府

  • 2023年度   熱流体システム製作A

    大学院理工学府

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成28年度 横浜国立大学ベストティーチャー賞

    2017年06月06日   横浜国立大学  

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2022年11月
     
     
    第66回宇宙科学技術連合講演会 優秀発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:松川晃己(横浜国立大学大学院理工学府博士課程前期1年) 指導教員:鷹尾祥典 准教授 受賞題目:「溝付きエミッタ構造を持つエレクトロスプレースラスタの作製とイオンビーム特性評価」 授与機関:日本航空宇宙学会 受賞日:2022年11月2日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/28879/detail.html

  • 2021年12月
     
     
    電子情報通信学会研究会 論文発表奨励賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:松本直之(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期2年) 指導教員:鷹尾祥典 准教授 受賞論文:「地球低軌道応用に向けた平面型グラフェン電子源の耐酸素コーティング」 授与者:電子情報通信学会 受賞日:2021(R3)年12月9日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/28477/detail.html

  • 2021年11月
     
     
    プラズマ・核融合学会 若手学会発表賞(学生会員部門)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:江本一磨(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程後期3年) 指導教員:鷹尾祥典 准教授 受賞論文:「磁気ノズル加速におけるエネルギー輸送の数値解析」 授与者:一般社団法人 プラズマ・核融合学会 受賞日:2021(R3)年11月25日 その他:第 38回プラズマ・核融合学会年会 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/27330/detail.html

  • 2020年04月
     
     
    第29回日本航空宇宙学会奨励賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:中村研悟(大学院工学府博士課程前期2019年3月修了生、工学府在籍時に残した成果で受賞) 指導教員:鷹尾祥典 准教授 受賞機関:一般社団法人日本航空宇宙学会 受賞論文:「Numerical Analysis of a Miniature Microwave-discharge Ion Thruster Using Water as the Propellant」 受賞年月:令和2(2020)年4月17日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/24134/detail.html https://doi.org/10.14822/kjsass.68.5_130

  • 2019年04月
     
     
    日本航空宇宙学会 学生優秀発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    佐藤陽亮, 小泉宏之(東京大学准教授), 鷹尾祥典 「小型マイクロ波放電式中和器を対象とした電子引き出し特性の磁場形状依存解析」, 日本航空宇宙学会第50期年会講演会, 2019年4月18-19日, 東京大学 生産技術研究所(An棟・As棟), 1B03 (JSASS-2019-1008) https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/22180/detail.html https://branch.jsass.or.jp/nenkai/

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 日本航空宇宙学会 第55期電気推進・先端推進部門

    2023年03月 - 2024年2月  委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • Editorial Board of Advanced Space Propulsion

    2022年05月 - 2024年4月  Associate Editor

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • The 10th Asian Joint Conference on Propulsion and Power 実行委員会

    2022年04月 - 2023年3月  委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 日本航空宇宙学会 第54期電気推進・先端推進部門

    2022年03月 - 2023年2月  委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

  • 次世代真空エレクトロニクス研究会

    2021年06月 - 現在  学界委員

     詳細を見る

    委員区分:学協会 

全件表示 >>