武田 淳 (タケダ ジュン)

TAKEDA Jun

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

教授

生年

1959年

研究キーワード

量子エレクトロニクス、ナノフォトニクス、光物性、超高速レーザー分光

ホームページ

http://www.ultrafast.ynu.ac.jp



ORCID  https://orcid.org/0000-0002-1197-6821

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1988年11月

    東北大学   理学研究科   物理学専攻   博士課程   修了

  •  
    -
    1984年3月

    上智大学   理工学部   物理学専攻   卒業

学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士 - 東北大学

  • 理学修士 - 東北大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2005年4月
    -
    現在

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   教授  

  • 2001年4月
    -
    2005年3月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   助教授  

  • 2000年4月
    -
    2001年3月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

  • 1994年4月
    -
    2000年3月

    専任   横浜国立大学   工学部   講師  

  • 1989年6月
    -
    1994年3月

    専任   横浜国立大学   工学部   助手  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年4月
    -
    2023年3月

      理化学研究所   客員主幹研究員

  • 2020年4月
    -
    2021年3月

      大阪市立大学   理学研究科   非常勤講師

  • 2019年9月
    -
    2020年3月

      理化学研究所   表面界面科学研究室   客員研究員

  • 2016年4月
    -
    2017年3月

      熊本大学   大学院自然科学研究科   非常勤講師

  • 2012年9月
    -
    2013年2月

      大阪府立大学   理学系研究科   非常勤講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 2010年1月
    -
    現在
     

    応用物理学会

  •  
     
     
     

    日本物理学会

  •  
     
     
     

    アメリカ光学会

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学

  • 自然科学一般 / 半導体、光物性、原子物理

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 超高速レーザ分光

    科学研究費補助金  

    研究期間:

  • ナノフォトニクス

    研究期間:

著書 【 表示 / 非表示

  • Ultrafast Laser Spectroscopy Applicable to Nano- and Micromaterials, in "Nano- and Micromaterials", Advances in Materials Research 9

    ( 担当: 単著)

    Springer-Verlag  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Organic Radical 1,3,5-Trithia-2,4,6-Triazapentalenyl (TTTA) as Strongly Correlated Electronic Systems: Experiment and Theory, in "Nano- and Micromaterials", Advances in Materials Research 9

    ( 担当: 共著)

    Springer-Verlag  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 光物性の基礎と応用(分担) 第2部 測定法「超高速分光」

    ( 担当: 共著)

    オプトロニクス社  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

学位論文 【 表示 / 非表示

  • HgI2・PbI2の発光のUrbach則と励起子緩和の研究(理学博士)

    武田 淳

    1988年11月

    学位論文(博士)   単著  

     詳細を見る

    東北大学 理学研究科
    半導体・絶縁体の励起子基礎吸収端で成り立つUrbach則を,動的過程である発光現象から初めて捉えるのに成功し,その本質を明らかにした。

  • HgI2・PbI2の発光のUrbach則と励起子発光

    武田 淳

    1985年2月

    学位論文(修士)   単著  

     詳細を見る

    東北大学 理学研究科
    励起子基礎吸収端で成り立つUrbach則が発光スペクトル形状にも現れることを層状半導体について明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

総説・解説記事等 【 表示 / 非表示

  • タイムストレッチ法を用いた高繰り返し超高速分光法とその応用

    小林真隆、武田 淳、片山郁文

    レーザー研究   49 ( 4 )   212 - 216   2021年4月  [査読有り]  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   単著  

  • シングルショット時間領域分光

    武田 淳、小林真隆、片山郁文

    光学   49   423 - 428   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著  

  • ディラック電子系におけるテラヘルツ電場誘起現象

    片山郁文、武田 淳、南 康夫

    固体物理   54   589 - 599   2019年11月  [査読有り]  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   共著  

  • 高強度テラヘルツ波によるナノ空間電子制御

    武田 淳、片山郁文、吉岡克将

    固体物理   52 ( 8 )   439 - 446   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:アグネ技術センター   共著  

    その他リンク: https://www.agne.co.jp/kotaibutsuri/kota1052.htm

  • (最近の研究から)ナノカーボンのディラック電子=フォノン間相互作用ダイナミクス

    片山郁文、武田淳、北島正弘

    日本物理学会誌   70   770 - 775   2015年10月  [査読有り]  [依頼有り]

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本物理学会   共著  

    その他リンク: https://www.jps.or.jp/books/gakkaishi/2015/10/70-10researches3.pdf

全件表示 >>

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • TUNNEL CURRENT CONTROL APPARATUS AND TUNNEL CURRENT CONTROL METHOD

    Y. Kawada, H. Takahashi, J. Takeda, I. Katayama, Y. Arashida, K. Yoshioka

     詳細を見る

    出願番号:16/108447  出願日:2018年

    出願国:外国  

  • TUNNEL CURRENT CONTROL APPARATUS AND TUNNEL CURRENT CONTROL METHOD

    Y. Kawada, H. Takahashi, J. Takeda, I. Katayama, Y. Arashida, K. Yoshioka

     詳細を見る

    出願番号:16/106134  出願日:2018年

    出願国:外国  

  • トンネル電流制御装置およびトンネル電流制御方法

    武田淳、片山郁文、嵐田雄介、吉岡克将、河田陽一、高橋宏典

     詳細を見る

    出願人:浜松ホトニクス

    出願番号:特願2017-160104  出願日:2017年8月23日

    出願国:国内  

  • トンネル電流制御装置およびトンネル電流制御方法

    武田淳、片山郁文、嵐田雄介、吉岡克将、河田陽一、高橋宏典

     詳細を見る

    出願人:浜松ホトニクス

    出願番号:特願2017-160107  出願日:2017年8月23日

    出願国:国内  

  • テラヘルツ電場波形検出装置

    片山郁文、南 康夫、武田 淳、Jeremy A. Johnson

     詳細を見る

    出願番号:特願2015-17672  出願日:2015年1月30日

    出願国:国内  

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 特別研究員等審査会専門委員表彰

    2018年08月   日本学術振興会  

    受賞者:武田  淳

  • 平成27年度科研費審査委員表彰

    2015年11月   日本学術振興会  

    受賞者:武田淳

  • ベストティーチャー賞

    2011年05月   横浜国立大学  

    受賞者:武田淳

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 位相制御近接場によるハイブリッド極限時空間分光の開拓(20H05662)

    2020年9月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

    代表者:武田淳

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • サブサイクルテラヘルツ近接場分光:超高速ダイナミクスの可視化と制御(20H00326)

    2020年4月 - 2020年8月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    代表者:武田淳

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • ナノ空間コヒーレント熱・電子伝播計測システムの開発(19K22100)

    2019年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究 (萌芽)

    代表者:武田淳

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • テラヘルツ近接場による超高速ナノ空間電子マニュピュレーション

    2018年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    代表者:武田淳

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 超広帯域シングルショット分光:限界駆動下における非線形光学応答の可視化と制御(16H04001)

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    代表者:武田 淳

     詳細を見る

    資金種別:競争的資金

全件表示 >>

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • テラヘルツ電場駆動STM による単一分子発光の 検出と制御

    研究課題/領域番号:202110024  2021年10月 - 2022年9月

    民間財団等  三菱財団助成

  • 反射型エシェロンを用いた生体光反応の時間・周波数実時間マッピング装置の開発(中谷電子計測技術振興財団)

    2009年12月 - 2010年11月

    地方自治体  中谷電子計測技術振興財団

    代表者:武田淳

  • 光捕集性性π共役ナノスターデンドリマーの超高速エネルギー伝達の時間・周波数実時間イメージングと分子振動制御に基づく伝達効率の高効率化(小笠原科学技術振興財団)

    2008年12月 - 2009年11月

    地方自治体  小笠原科学技術振興財団

    代表者:武田淳

  • 2光子吸収過程を用いた強相関物質の巨大光応答性を有する磁気秩序制御の研究

    2008年6月 - 2009年3月

    地方自治体  横浜学術教育振興財団

    代表者:武田淳

  • 光捕集ナノスターデンドリマーの超高速エネルギー伝達の時間・周波数2次元マッピングと高効率レーザー素子への応用(池谷科学振興財団)

    2007年4月 - 2008年3月

    地方自治体  池谷科学振興財団研究助成

    代表者:武田淳

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 分散補償チャープパルス分光法によるシングルショット超高速応答計測

    玉置 亮、鈴木雅史、武田 淳、片山郁文

    第69回応用物理学会春季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 六方晶Ti単結晶における異方的高次高調波発生の起源

    高階君佳、岸岡あかり、内田健人、松永哲也、首藤健一、玉置 亮、武田 淳、田中耕一郎、片山郁文

    日本物理学会第77回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • アト秒⼲渉光学系を⽤いた副殻電⼦の過渡複素応答計測(招待講演)

    増⼦拓紀、⼤島彬広、加藤景⼦、⽚⼭郁⽂、武⽥ 淳、⼩栗克弥  [招待有り]

    第13回放射光学会若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 金属Ti単結晶における異方的高次高調波発生(第32回光物性研究会奨励賞)

    高階君佳、岸岡あかり、内田健人、松永哲也、首藤健一、玉置 亮、武田 淳、田中耕一郎、片山郁文

    第32回光物性研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • ダブルアト秒パルスを用いた過渡屈折分光法による内殻複素ダイナミクスの観測(優秀発表賞)

    大島彬広、増子拓紀、片山郁文、武田 淳、小栗克弥

    第6回フォトニクスワークショップ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

全件表示 >>

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 光カーゲート時間分解 光学利得スペクトル測定法の開発とZnO関連 物質のキャリアダイナミクスの解明

    提供機関: 東北大学金属材料研究所  国内共同研究  

    研究期間: 2007年04月  -  2008年3月 

  • 光カーゲート時間分解 光学利得スペクトル測定法の開発とZnO関連 物質のキャリアダイナミクスの解明

    提供機関: 東北大学金属材料研究所  国内共同研究  

    研究期間: 2006年04月  -  2007年3月 

  • バイオ・ナノ材料の光機能性評価に供する超 高速実時間マッピング装置の開発」(研究代表者)

    提供機関: 科学技術振興機構(JST)  出資金による受託研究  

    研究期間: 2005年04月  -  2006年3月 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 2022年度   量子力学Ⅱ

    理工学部

  • 2022年度   量子光学

    理工学部

  • 2022年度   超高速光科学特論

    大学院理工学府

  • 2022年度   総合応用工学概論

    理工学部

  • 2022年度   先端レーザー分光学概論

    大学院理工学府

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成22年度ベストティーチャー賞

    2011年05月   横浜国立大学  

    受賞者(グループ): 武田淳

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年12月
     
     
    第32回光物性研究会奨励賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:高階君佳(横浜国立大学大学院理工学府 博士課程前期 2年) 指導教員:片山郁文 教授、武田淳 教授 受賞論文:「金属Ti単結晶における異方的高次高調波発生」 授与者:第32回光物性研究会(オンライン、2021年12月10-11日) 受賞日:2021(R3)年12月20日 http://phys.iina.kumamoto-u.ac.jp/HIKARI/index.html

  • 2021年11月
     
     
    優秀プレゼンテーション賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:大島彬広(横浜国立大学大学院理工学府) 指導教員:武田淳 教授 受賞論文:「ダブルアト秒パルスを用いた過渡屈折分光法による内殻複素ダイナミクスの観測」 授与者:第6回フォトニクスワークショップ(2021年11月5-6日) 受賞日:2021(R3)年11月 https://annex.jsap.or.jp/photonics/event-schedule/211105-1106

  • 2020年04月
     
     
    Best Student Oral Paper Award(ALPS2020)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞者:大島彬広(横浜国立大学 大学院理工学府数物・電子情報系理工学専攻 博士前期課程1年) 指導教員:武田淳 教授、片山郁史 教授 受賞論文:「単一アト秒パルスを用いた極端紫外干渉分光」 授与機関:ALOS2020 組織委員会(第 9回 Advanced Lasers and Photon Sources 国際会議) 受賞年月:2020(R2)年4月22日 https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/24305/detail.html

  • 2018年10月
     
     
    応用物理学会講演奨励賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     詳細を見る

    受賞区分:博士後期 組織:横浜国立大学 大学院工学府 組織名(和):応用物理学会 組織名(英): 主たる指導教員:有

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 教科書検定調査審議会

    2019年04月 - 2020年3月  臨時委員

     詳細を見る

    委員区分:政府 

  • 電気通信大学教育研究職員選考委員会外部委員

    2018年12月  教育研究職員選考委員会外部委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • 特別研究員等審査会

    2018年08月 - 2019年11月  専門委員及び国際事業委員会書面審査委員・書面評価委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • 東京農工大学工学研究院テニュアトラック教員中間評価外部審査委員

    2016年12月 - 2017年3月  中間評価外部審査委員

     詳細を見る

    委員区分:その他 

  • 文部科学省

    2016年04月 - 2017年3月  教科用図書検定調査審議会臨時委員

     詳細を見る

    委員区分:政府 

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 物理科学の最前線(東北大学)

    役割:講師

    東北大学理学研究科  東北大学  2018年6月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 教育関係者, 研究者, 社会人・一般

    種別:講演会

  • 都市エリア産学官連携促進事業研究交流会(テクニカルショウヨコハマ2008)

    横浜市  パシフィコ横浜アネックスホール  2008年2月

     詳細を見る

    種別:講演会

    ナノミクロ構造制御と光制御による高機能3次元マイクロ機械システムの開発

  • 全日本科学機器展

    東京ビックサイト  2006年11月

     詳細を見る

    種別:講演会

    時間・周波数分解2次元フェムト秒実時間イメージング分光装置の開発

  • 神奈川県産学公交流研究発表会

    神奈川県産業技術センター  海老名  2006年10月

     詳細を見る

    種別:講演会

    実時間イメージング分光装置の開発と超高速過渡現象の時間・周波数2次元マッピング

  • テクニカルショウ・ヨコハマ

    パシフィコ横浜  2006年2月

     詳細を見る

    種別:講演会

    ナノミクロ制御物質科学:新規な構造と機能の創成

全件表示 >>