武田 穣 (タケダ ミノル)

TAKEDA Minoru

所属組織

大学院工学研究院 機能の創生部門

職名

教授

生年

1964年

研究分野・キーワード

応用微生物学・応用生物化学

メールアドレス

メールアドレス



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Purification and properties of an enzyme capable of degrading the sheath of Sphaerotilus natans   2000年11月

    【論文】 Presence of alternating glucosaminoglucan in the sheath of Thiothrix nivea  2012年01月

    【工業所有権】 アミノ化セルロース及びアミノ化セルロースの製造方法  2018年06月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Enzymatic degradation of β-1,4-linked N-acetylglucosaminoglucan prepared from Thiothrix nivea   2018年04月

    【著書】 生物化学工学の基礎  2018年08月

    【論文】 Elongation pattern and fine structure of the sheaths formed by Thiothrix nivea and Thiothrix fructosivorans  2017年02月

    【データベース及びソフトウェア】 MDパラメータ設定支援プログラムo2p  2017年09月

    【工業所有権】 アミノ化セルロース及びアミノ化セルロースの製造方法  2018年06月

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    島根大学   農学部   農芸化学   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年

    筑波大学  農学研究科  応用生物化学  博士課程  修了

  •  
    -
    1990年

    島根大学  農学  農芸化学  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学) -  筑波大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本農芸化学会

  •  
     
     
     

    日本生物工学会

  •  
     
     
     

    日本水環境学会

  •  
     
     
     

    酵素工学研究会

  •  
     
     
     

    化学工学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 細菌学(含真菌学)

  • 応用生物化学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 微生物による金属イオンの除去

    研究期間:  - 

  • 新規な多糖リアーゼの諸性質の検討

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • 有鞘細菌の鞘の構造解析

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 生物化学工学の基礎

    松井徹、上田誠、黒岩崇、武田穣、徳田宏晴 (担当: 共著 )

    コロナ社  2018年08月 ISBN: 9784339067569

  • Arsenic: Sources, Environmental Impact, Toxicity and Human Health - A Medical Geology Perspective

    Danladi Mahuta Sahabi and Minoru Takeda (担当: 共著 , 担当範囲: 第12章 「Biological Filtration Technology for Removal of Arsenic from Groundwater」(pp. 221-246) )

    Nova Science Publishers  2013年03月 ISBN: 9781620813201

     概要を見る

    深刻な健康被害をもたらすヒ素汚染の実情、汚染源の実体、ヒ素除去の方策など、ヒ素問題に関する最新の研究成果を多面的かつ包括的にまとめられている。執筆を担当したのはヒ素の生物学的手法による処理について解説した。

  • Polysaccharides: Development, Properties and Applications

    Ashutosh Tiwari et. al. (担当: 共著 )

    Nova Science Publishers  2010年 ISBN: 978-1-60876-5

  • 微生物の世界

    日本菌学会、日本藻類学会等 (担当: 共著 )

    筑波出版会  2006年07月 ISBN: 9784924753563

    Amazon

  • 物質科学入門

    渡辺 正義 (著),‎ 米屋 勝利 (著) (担当: 共著 )

    化学同人  2002年09月 ISBN: 9784759808766

    Amazon

論文 【 表示 / 非表示

  • DNA解析からのゴチュジャン膨れ事故原因解明

    白至桓, 鈴木市郎, 武田 穣,小泉淳一

    生物工学会誌   97 ( 5 ) 246 - 252   2019年05月  [査読有り]

    単著

  • Formation of Gold Particles via Thiol Groups on Glycoconjugates Comprising the Sheath Skeleton of Leptothrix

    Tatsuki Kunoh,Yoshihiro Kusano,Minoru Takeda,Makoto Nakanishi,Syuji Matsumoto,Ichiro Suzuki,MikioTakano,Hitoshi Kunoh,Jun Takada

    Geomicrobiology Journal   36 ( 3 ) 251 - 260   2019年  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Development of PolyParGen Software to Facilitate the Determination of Molecular Dynamics Simulation Parameters for Polymers

    YABE Makoto, MORI Kazuki, UEDA Kazuyoshi, TAKEDA Minoru

    Journal of Computer Chemistry, Japan -International Edition ( 日本コンピュータ化学会 )  5 ( 0 )   2019年

    共著

     概要を見る

    <p>In the case that the parameters to describe the force field, such as bond angles and charges, cannot be added to the library of a molecular dynamics (MD) simulation, self-development of the force field should be considered by performing quantum mechanics calculations and/or utilizing an automatic parameter generation tool. However, these techniques are not suitable for macromolecules with a large number of atoms. Typically, the force field of an oligomer containing three unit structures (a unit at both ends and a repeating unit at the center) is calculated and converted to polymer form (both ends + central part × n). Considering this, we recently developed the program o2p, which is a semi-automated program designed to set up the force field for polymers with repeating structures. However, it is difficult to apply this method to macromolecules with complex repeating structures. Thus, in this project, we developed PolyParGen, a new open-source automatic force field generation program for Gromacs that can relatively easily and reliably simulate the MD of complex macromolecules. The proposed program (1) divides the structure of the polymer into substructures with a number of atoms within the limit of the handling size for the automatic parameter generation tool program; then, (2) acquire the parameters for each divided substructure, and finally, (3) combine the parameters of these substructures to obtain the parameters for the whole polymer. By automating these processes, it is possible to acquire a parameter of a polymer having complicated structures. This program was evaluated by simulating the polymers P3EHT and F-P3EHT in chloroform. In agreement with previous reports, fluorination was found to cause F-P3EHT to adopt an extended structure, thereby indicating the effectiveness of the proposed program.</p>

    DOI CiNii

  • Identification and characterization of the S-layer formed on the sheath of Thiothrix nivea

    Yuta Kawasaki, Kaishi Kurosaki, Daisuke Kan, Isabele Kazahaya Borges, Ayumi Satake Atagui, Michio Sato, Keiko Kondo, Masato Katahira, Ichiro Suzuki, Minoru Takeda

    Archives of Microbiology ( SPRINGER )  200 ( 8 ) 1257 - 1265   2018年10月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI PubMed

  • Causative microorganisms on swelling incident of gochujang.

    Ji Hwan Back, Ichiro Suzuki, Minoru Takeda, Jun-ichi Koizumi

    Japan Journal of Food Engineering ( Japan Society for Food Engineering )  19 ( 2 ) 105 - 110   2018年06月  [査読有り]

    共著

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 微生物群衆を用いたバイオフィルトレーションによる地下水からの除鉄・除マンガン

    鈴木市郎、武田穣、小泉淳一

    日本醸造協会誌   104 ( 6 ) 405 - 41   2009年  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 汚泥中の細菌によるプラスチックの生産

    武田 穣

    合成樹脂 ( 日本合成樹脂技術協会 )  42 ( 1 ) 53 - 56   1996年01月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    CiNii

作品・芸術・データベース等 【 表示 / 非表示

  • PolyParGen

    コンピュータソフト 

    2019年05月
    -
    継続中
     

  • o2p

    武田 穣  コンピュータソフト 

    2016年01月
    -
    継続中
     

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • アミノ化セルロース及びアミノ化セルロースの製造方法

    特願 特願2018-121990 

    武田 穣

  • COMPOSITE SHEET OF BIOCELLULOSE AND FILAMENTOUS BACTERIA

    特願 特願2016-247538 

    柴垣奈佳, 子グレゴア・セバスチャン, 武田穣

     概要を見る

    細菌由来のバイオセルロースと細菌由来のマイクロチューブからなる複合シートの作成

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • マイクロチューブを形成する塩基性分岐多糖における希少デオキシ糖残基の重要性

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月 

  • マイクロチューブを成す塩基性分岐多糖の構造決定と形態形成機作の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2013年04月  -  2016年03月  代表者:  武田 穣

  • マイクロチューブを形成する新規な含硫黄糖質の構造決定と超分子化機作の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2010年04月  -  2013年03月 

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • JICA受託事業(日系研修)

    提供機関:  国際協力機構 

    研究期間: 2019年05月  -  2020年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Aggregative property of glucosaminoglucan prepared from a sulfur-oxidizing bacterium, Thiothrix nivea

    K. Kondo, R. Tomonaga, M. Kato, H. Mori, R. Usami, T. Murakami, M. Katahira, M. Takeda

    The 10th International Symposium of Advanced Energy Science   2019年09月05日  

  • グルコース-グルコサミンβ-1,4交互共重合体の水中における挙動の解析

    森 帆乃未、加藤 愛、冨永 遼、近藤 敬子、片平 正人、武田 穣

    第33回日本キチン・キトサン学会大会  2019年08月28日  

  • Proposal of an operation guideline to produce preservative-free gochujang of low swelling risk

    Ji-Hwan Back, Ji-Young Yang, Jun-ichi Koizumi, Ichiro Suzuki, Minoru Takeda

    2019 KoSFoST International Symposium and Annual Meeting  (Songdo ConvensiA (Korea))  2019年06月26日  

  • 環境微生物によるセルロースの修飾–ナノファイバーへの応用

    武田 穣

    横浜国立大学 新技術説明会  2019年06月20日  

  • グルコース・グルコサミン交互共重合体を用いたセルロースのアミノ化

    上原大輝、菅大介、藤原篤夫、森帆乃美、宇佐美亮児、鈴木市郎、武田穣

    日本農芸化学会2019年度大会  (東京)  2019年03月27日  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Advanced Materials Letters

    Editor 

    2010年06月
    -
    2017年
     

  • 酵素工学ニュース

    編集 

    2002年04月
    -
    継続中
     

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 細菌の単離・同定

  • 多糖の構造解析

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 多糖系徐放性素材の開発

    提供機関: ロンドリーナ大学  国際共同研究  

    研究期間: 2018年04月  -  継続中 

  • 新規有鞘細菌の鞘の分析

    提供機関: バーモント大学  国際共同研究  

    研究期間: 2014年04月  -  継続中 

  • 新規有鞘細菌の生態学的特徴づけ

    国際共同研究  

    研究期間: 2014年04月  -  継続中 

  • バイオセルロースの高付加価値化に関するThiothrix属の鞘の評価

    提供機関: 日本ロレアル  国内共同研究  

    研究期間: 2013年05月  -  2014年12月 

  • バイオマスの高付加価値化を目指した細菌由来の自己組織化複合糖質の構造解析

    提供機関: 京都大学エネルギー理工学研究所  学内共同研究  

    研究期間: 2011年04月  -  継続中 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  バイオ創生・計測工学実習F

  • 大学院理工学府  バイオ創生・計測工学実習S

  • 大学院理工学府  バイオとライフ技術の創生F

  • 大学院理工学府  バイオとライフ技術の創生S

  • 大学院理工学府  バイオとライフの解析技術F

全件表示 >>

 

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 神奈川県厚木高校「知の探究講座」

    2018年10月
     
     

  • インドからの学部学生の短期受入事業

    2018年06月
     
     

  • 酵素工学研究会 第78回講演会 

    (秋田) 

    2017年10月
     
     

  • 酵素工学研究会 第74回講演会

    (東京) 

    2015年10月
     
     

  • 現代社会と理工学-理工学が拓く未来の社会-

    横浜国立大学公開講座委員会  (横浜) 

    2015年09月
     
     

     概要を見る

    微生物の未知の可能性

全件表示 >>