田村 洋 (タムラ ヒロシ)

TAMURA Hiroshi

所属組織

大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門

職名

准教授

ホームページ

http://www.cvg.ynu.ac.jp/G1/

関連SDGs



写真a

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    横浜国立大学   工学部   建設学科 シビルエンジニアリングコース   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2012年03月

    横浜国立大学  工学府  社会空間システム学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  横浜国立大学

  • 修士(工学) -  横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション研究院   都市イノベーション部門   准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   建築都市・環境系学科   准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   都市科学部   都市基盤学科   准教授  

  • 2019年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院都市イノベーション学府   都市地域社会専攻   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

      東京工業大学   環境・社会理工学院 土木・環境工学系   助教

  • 2014年04月
    -
    2016年03月

      東京工業大学   大学院理工学研究科 土木工学専攻   助教

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

      東北大学   大学院工学研究科 土木工学専攻   助教

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2009年
    -
    継続中
     

    一般社団法人 日本鋼構造協会

  • 2008年
    -
    継続中
     

    公益社団法人 土木学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 土木材料・施工・建設マネジメント

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年11月
     
     

    6大学工学系人材養成機構ACEワークショップ

  • 2014年10月
     
     

    日本教育工学会FD研修会「大学教員のためのFD研修会~アクティブラーニング実現に向けて~」

  • 2012年11月
    -
    2013年03月

    東北大学 2012年度 新任教員プログラム

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 高力ボルトのキャリブレーション試験の1考察

    南 邦明, 田村 洋, 筒井 康平, 藤野 大地, 白旗 弘実, 内田 大介, 吉岡 夏樹

    構造工学論文集   67   273 - 281   2021年04月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • 高架橋上に設置された照明柱の耐震性評価

    右高 裕二, 松原 拓朗, 細井 雄介, 藤野 陽三, 田村 洋, Dionysius Siringoringo, 髙橋 竜太

    第23回橋梁等の耐震設計シンポジウム 論文集     2021年01月

    共著

  • 道路橋を対象とした健全度判定結果ならびに保全工事費用の分析

    田村 洋, 若林 ゆきこ, 山田 均, 勝地 弘

    構造工学論文集 A ( 公益社団法人 土木学会 )  67 ( 0 ) 464 - 478   2021年

    共著

     概要を見る

    <p>Analysis on bridge health inspection results and maintenance work cost records were conducted targeting road bridges in Kanagawa prefecture, which may provide a helpful perspective for estimation of future maintenance cost of bridges. The inspection results of 336 bridges were analyzed by type of structural members and implied tendency so that corrosion in steel girders and cracking in concrete girders and slabs progress relatively slowly but some types of concrete member deteriorations are found after escalation. The maintenance work cost record showed that total cost accumulation for repairing work of concrete bridges occurs rarely but drastically at one time. Besides, in steel bridges total cost accumulation for repairing increases slowly but steadily due to paint deterioration or corrosion.</p>

    DOI CiNii

  • 高力ボルト継手のすべり係数に関する解析的簡易推定の試み

    和 暢,田村 洋,山田 均,勝地 弘

    鋼構造年次論文報告集 ( 日本鋼構造協会 )  28   146   2020年11月  [査読有り]

    共著

  • 鋼材を使用した教育用座屈実験の提案

    田村 洋, 古川 陽, 佐々木 栄一, 廣瀬 壮一

    土木学会論文集H(教育) ( 公益社団法人 土木学会 )  76 ( 1 ) 9 - 24   2020年01月

    共著

     概要を見る

    土木系実験科目において鋼材を対象とした座屈実験を実施できれば,詳細な観察・計測,弾塑性座屈が扱え,日常生活では目にしにくい現象を再現できることから,高い学習効果が期待される.本論文では,鋼材を対象とした曲げ座屈実験を提案する.提案する実験は,アクリル材,木材,紙等を対象とした座屈実験と同程度の実験の自由度を保持するとともに,低コストで実施でき指導目的等に応じて内容を調整可能なものとしている.本論文では,実験の提案のみでなく,全国の国公立大学および高等専門学校における力学系実験科目の実施状況に関する調査結果や,提案する実験を東京工業大学にて実施した際の評価結果についても述べる.受講生による事後アンケートの回答の分析からは,鋼材を対象としたことに対する受講生の評価が高いことが確かめられた.

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 構造物の設計・施工におけるヒューマンエラ分類と対処―工場建物における事例研究ともに―

    田村 洋,ほか11名

    橋梁と基礎   Vol.53 ( No.11 ) 52 - 55   2019年11月

    書評,文献紹介等   共著

  • 高力ボルト摩擦接合継手における接触面の多様化と異種接合面継手に関する検討

    田村 洋,南 邦明,濱 達矢,内田大介,吉岡夏樹,茂呂 充

    橋梁と基礎 ( 建設図書 )  Vol.53 ( No.8 ) 37 - 40   2019年08月  [査読有り]

    総説・解説(その他)   共著

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 解析方法,解析プログラム,および解析装置

    特願 2016-156441  特開 2018-025434 

    佐々木栄一 ・田村洋・蛯沢佑紀・小林裕介・竹谷晃一・阿久津絢子・菅沼久忠・田辺篤史

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 論文奨励賞

    2016年06月   土木学会   修正ワイブル応力に基づく鋼部材の地震時脆性破壊発生限界の評価  

    受賞者:  田村洋

  • 論文賞

    2014年11月   日本鋼構造協会   溶接部の止端形状が地震時脆性破壊の発生限界状態に及ぼす影響  

    受賞者:  田村洋,佐々木栄一,山田 均,勝地弘

  • 論文賞

    2012年11月   日本鋼構造協会   地震時に曲げを受ける溶接部の延性き裂発生に与える溶接部形状の影響と止端仕上げによる抑制効果  

    受賞者:  田村洋,佐々木栄一,金成東,山田均,勝地弘

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ひずみ速度制御型の高効率な修正ワイブル応力同定試験の開発と溶接部への適用

    基盤研究(C)

    研究期間:  2020年04月  -  2024年03月  代表者:  田村 洋

  • 微視的形成過程を考慮した地震時の鋼部材における表面亀裂発生予測式の提案

    若手研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  田村 洋

  • 鋼構造物における地震時脆性破壊発生機構の解明と汎用性の高い限界状態評価手法の提案

    若手研究(B)

    研究期間:  2013年04月  -  2018年03月  代表者:  田村洋

  • 脆性破壊制御による鋼構造物における地震時損傷リスクの低減

    特別研究員奨励費

    研究期間:  2011年04月  -  2012年03月  代表者:  田村洋

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • フリクションシム挿入による鋼橋当て板補修における摩擦面のすべり係数向上

    提供機関:  一般社団法人 日本鉄鋼連  鋼構造研究・教育助成事業(鋼構造研究支援助成)

    研究期間: 2021年04月  -  2022年03月  代表者:  田村 洋

  • 橋りょう鋼部材FRP補強部の疲労耐久性に関する実験的検討

    提供機関:  民間財団等  2020年度阪神高速若手研究者助成

    研究期間: 2020年04月  -  2021年03月  代表者:  田村洋

  • 破壊力学的手法による高力ボルト継手のすべり係数評価と保全工事でのすべり係数確保

    提供機関:  民間財団等  上田財団 第10期 助成

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 高架橋上に設置された照明柱の耐震性能評価(その 1)

    右高 裕二, 柳瀬 匡雄, 松原 拓朗, 細井 雄介, 藤野 陽三, 田村 洋, シリンゴリンゴ ディオン, 髙橋 竜太

    土木学会第75回年次講演会  2020年09月  

  • 高力ボルト継手の接触面数と無機ジンクの膜厚がボルト軸力の低下に及ぼす影響

    村井 武尊, 内田 大介, 南 邦明, 田村 洋, 吉岡 夏樹

    土木学会第75回年次講演会  2020年09月  

  • 母板と連結板で接触面仕様が異なる高力ボルト継手の適用性に関する追加検討

    和 暢, 田村 洋, 南 邦明, 内田 大介, 吉岡 夏樹, 茂呂 充, 濱 達矢

    土木学会第75回年次講演会  2020年09月  

  • 高力ボルトのキャリブレーション試験方法の改良提案

    藤野 大地, 南 邦明, 田村 洋, 筒井 康平, 白旗 弘実, 内田 大介, 吉岡 夏樹

    土木学会第75回年次講演会  2020年09月  

  • リラクセーション試験の初期値の設定方法が試験結果に及ぼす影響

    白旗 弘実, 南 邦明, 田村 洋, 内田 大介, 吉岡 夏樹, 筒井 康平, 藤野 大地

    土木学会第75回年次講演会  2020年09月  

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 都市科学部  構造力学Ⅱ

  • 都市科学部  都市基盤応用数学Ⅱ

  • 都市科学部  構造力学Ⅲ

  • 大学院都市イノベーション学府  鋼構造学特論

  • 大学院都市イノベーション学府  鋼構造学

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 第23回工学教育賞(業績部門)

    2019年09月04日   日本工学教育協会  

    受賞者: 三木 千壽 ・佐々木 栄一・白旗 弘実・木下 幸治・鈴木 啓悟・田村 洋

  • 東工大工系教育賞

    2017年11月   東京工業大学  

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本鋼構造協会 若手構造技術者連絡小委員会

    2019年08月
    -
    継続中

    学協会   幹事

  • 日本鋼構造協会 年次研究発表会小委員会

    2018年04月
    -
    継続中

    学協会   委員

  • 橋梁と基礎 海外文献研究グループ

    2017年02月
    -
    継続中

    その他   メンバー

  • 鋼橋技術研究会 高力ボルト施工部会

    2016年11月
    -
    継続中

    学協会   技術幹事(WG3)

  • 土木学会 鋼構造のインターフェースストラクチャの有限要素モデル化に関する調査研究小委員会

    2016年11月
    -
    2018年10月

    学協会  

全件表示 >>