田辺 瑠偉 (タナベ ルイ)

TANABE Rui

所属組織

先端科学高等研究院

職名

特任教員(准教授)

研究分野・キーワード

情報セキュリティ、ネットワーク、マルウェア解析

ホームページ

http://sandprint.wixsite.com/rui-profile



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Detect Me If You ... Oh Wait. An Internet-Wide View of Self-Revealing Honeypots   2019年

    【論文】 Evasive Malware via Identifier implanting  2018年06月

    【学術関係受賞】 情報処理学会2017年度山下研究記念賞  2017年03月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Adaptive Observation of Emerging Cyber Attacks targeting Various IoT Devices   2021年05月

    【論文】 Disposable Botnets: Examining the Anatomy of IoT Botnet Infrastructure  2020年08月

    【論文】 Detect Me If You ... Oh Wait. An Internet-Wide View of Self-Revealing Honeypots  2019年

    【論文】 Evasive Malware via Identifier implanting  2018年06月

    【学術関係受賞】 情報処理学会2017年度山下研究記念賞  2018年03月

プロフィール 【 表示 / 非表示

  • 2017年3月横浜国立大学大学院 環境情報学府情メディア環境学専攻 博士課程後期修了.博士(情報学). 同年4月より横浜国立大学大学院環境情報研究院で産学官連携研究員として勤務. 2018年4月より横浜国立大学先端科高等研究院特任教員(助教). 2021年4月より横浜国立大学先端科高等研究院特任教員(准教授). 情報セキュリティ,特にネットワークの研究に従事. 2017年情報処理学会山下記念研究賞受.

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2017年03月

    横浜国立大学  環境情報学府  情報メディア環境学  博士課程  修了

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    横浜国立大学  環境情報学府  情報メディア環境学  修士課程(博士前期課程)  修了

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2021年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(准教授)  

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    専任   横浜国立大学   先端科学高等研究院   特任教員(助教)  

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 情報セキュリティ

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Adaptive Observation of Emerging Cyber Attacks targeting Various IoT Devices

    Seiya Kato, Rui Tanabe, Katsunari Yoshioka, Tsutomu Matsumoto

    IFIP/IEEE International Symposium on Integrated Network Management (IFIP/IEEE IM2021)     2021年05月  [査読有り]

    共著

  • 広域ネットワークスキャンに基づくオープンソースハニーポットの運用実態調査

    森下瞬, 上野航, 田辺瑠偉, Carlos Ganan, Michel J.G. van Eeten, 吉岡克成, 松本勉

    情報処理学会論文誌 ( 情報処理学会 )    2020年09月  [査読有り]

    共著

  • Disposable Botnets: Examining the Anatomy of IoT Botnet Infrastructure

    Rui Tanabe, Tatsuya Tamai, Akira Fujita, Ryoichi Isawa, Katsunari Yoshioka, Tsutomu Matsumoto, Carl … 全著者表示

    International Conference on Availability, Reliability, and Security (ARES2020)     2020年08月  [査読有り]

    共著

  • IoT機器の実機を用いたマルウェア動的解析手法の検証

    原悟史, 熊佳, 玉井達也, 田宮和樹, 田辺瑠偉, 藤田彬, 吉岡克成, 松本勉

    電子情報処理学会論文誌 ( 電子情報処理学会 )  103 ( 8 )   2020年08月  [査読有り]

    共著

  • Dangers of IP Camera - An Observational Study on Peeping

    Tamiya Kazuki, Bokhari Aamir H., Ezawa Yuta, Nakayama Sou, Tie Ying, Tanabe Rui, Fujita Akira, Yosh … 全著者表示

    Journal of Information Processing ( 一般社団法人 情報処理学会 )  28 ( 0 ) 502 - 510   2020年

    共著

     概要を見る

    <p>Existing research on information security for IP cameras has been primarily focused on issues with authentication or malware, but not on the peeping method itself. How cyber peeping is conducted in real world can further help in strengthening defenses accordingly and spread more awareness about dangers of IP camera. In this research, we observed peeps by setting up a honeypot using decoy cameras in two scenarios. First, where background information (handwritten URL and ID/password bait) can be read by humans. Second, simulating a living-room in a home environment. As a result, many examples of peeping into the decoy cameras were confirmed in reality. Also, a rapid increase in peeping (over 20, 000 times/day) was seen after a decoy camera's feed got posted on a well-known website, showing a large scale peeping danger also exists due to such websites. The results of this study were used in several TV programs to show the dangers of using IP cameras over a national broadcasting station and also were directly shared with IP camera vendors, resulting in the improvement of IP camera security. Therefore, we believe that this study can further help in improving the security and awareness on the dangers associated with IP cameras.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • コンピュータセキュリティシンポジウム2018

    2018年10月
     
     

    学協会   プログラム委員

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • コンピューターセキュリティシンポジウム2018

    (長野県、日本) 

    2018年10月