田中 良巳 (タナカ ヨシミ)

TANAKA Yoshimi

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

准教授

生年

1971年

研究分野・キーワード

ソフトマター物理学、 レオロジー、バイオメカニクス



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1994年03月

    京都工芸繊維大学   繊維学部   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(人間・環境学) -  京都大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    日本物理学会

  • 1998年04月
    -
    継続中
     

    日本レオロジー学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物物理・化学物理・ソフトマターの物理

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ゲルの破壊現象における溶媒効果

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

     概要を見る

    ゲルの破壊強度や亀裂進展挙動に対する環境液体の効果を解明する

論文 【 表示 / 非表示

  • The Gradient Flow Structure of an Extended Maxwell Viscoelastic Model and a Structure-Preserving Finite Element Scheme

    Kimura Masato, Notsu Hirofumi, Tanaka Yoshimi, Yamamoto Hiroki

    JOURNAL OF SCIENTIFIC COMPUTING   78 ( 2 ) 1111 - 1131   2019年02月

    共著

    Web of Science DOI

  • Anomalous Diffusion of Particles Dispersed in Xanthan Solutions Subjected to Shear Flow

    Takikawa Yoshinori, Yasuta Muneharu, Fujii Shuji, Orihara Hiroshi, Tanaka Yoshimi, Nishinari Katsuyoshi

    JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN   87 ( 5 )   2018年05月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Direct observation of orientation distributions of actin filaments in a solution undergoing shear banding

    Sato K., Kunita I., Takikawa Y., Takeuchi D., Tanaka Y., Nakagaki T., Orihara H.

    SOFT MATTER   13 ( 14 ) 2708 - 2716   2017年04月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Strong but Slippery Adhesion of Mushroom-Shaped Polysaccharide Gels

    Tanaka Yoshimi, Nakamichi Teppei

    MATHEMATICAL ANALYSIS OF CONTINUUM MECHANICS AND INDUSTRIAL APPLICATIONS   26   3 - 13   2017年

    共著

    Web of Science DOI

  • フェーズフィールドを用いたき裂進展モデルとその拡張

    高石 武史, 田中 良巳, 木村 正人

    計算力学講演会講演論文集 ( 一般社団法人 日本機械学会 )  2017 ( 0 )   2017年  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    Two examples of extention of crack growth model with phase field approach are derived. A crack growth model for visco-elastic material is introduced from exctended free energy which add effect of Maxwell fluid. Another model with effect of H-embrittlement is introduced by adding some equations. Ability of phase field model which can describe crack growth phenomena of various material is shown.

    DOI CiNii

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ゲル破壊現象における溶媒効果に関する研究

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  継続中  代表者:  田中良巳

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 高分子や他のソフト材料の破壊や非線形力学挙動

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院環境情報学府  社会インフラにおけるリスクと安全

  • 大学院環境情報学府  ソフトマター物理演習

  • 大学院環境情報学府  ソフトマター物理

  • 大学院環境情報学府  環境ソフトマター科学Ⅱ

  • 大学院環境情報学府  環境ソフトマター科学Ⅰ

全件表示 >>