谷村 誠 (タニムラ マコト)

TANIMURA Makoto

所属組織

研究推進機構

職名

准教授

研究分野・キーワード

固体物理,相転移(相変化),回折結晶学,透過型電子顕微鏡法  

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs



代表的な業績 【 表示 / 非表示

  • 【論文】 Phase transition with non-deterministic nature in the Ni3Al0.45V0.50 alloy   2008年05月

    【論文】 Diffusion blocking, path variability and bifurcation of final state in the phase separation of Ni3(Al, V)1-δ alloys  2007年

    【論文】 The role of antiphase boundaries in the kinetic process of the L12->D022 structural change of an Ni3Al0.45V0.50 alloy  2006年09月

直近の代表的な業績 (過去5年) 【 表示 / 非表示

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 1986年04月
    -
    1990年03月

    早稲田大学   理工学部   材料工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 1990年04月
    -
    1992年03月

    早稲田大学  理工学研究科  材料工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  早稲田大学

  • 修士(工学) -  早稲田大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   研究推進機構   機器分析評価センター   准教授  

  • 2016年04月
    -
    2020年03月

    専任   横浜国立大学   機器分析評価センター   准教授  

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 1992年04月
    -
    2016年03月

      株式会社日産アーク研究部   /

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 1991年
    -
    継続中
     

    日本金属学会

  • 1991年
    -
    継続中
     

    日本物理学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ナノ構造物理

  • ナノ材料工学

  • 数理物理・物性基礎

  • 物性Ⅱ

  • 物性Ⅰ

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ミクロの世界・物質編 〜目で見る物性論〜

    日本電子顕微鏡学会(編者) (担当: 分担執筆 )

    学際企画  1998年 ISBN: 9784906514274

  • 電子顕微鏡 Q&A −先端材料解析のための手引き−

    (担当: 分担執筆 )

    アグネ承風社  1996年12月 ISBN: 978490050872

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 置換型規則構造を有する金属間化合物における構造変化の研究

    谷村 誠

      1998年03月

    未設定   単著

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of ceramics/polymer heterointerface on dielectric property of self-assembled BaTiO3/poly-L-lactic acid composite materials

    Takeda Mariko, Yoshino Kentaro, Ito Akira, Tanimura Makoto, Inoue Yasuhide, Koyama Yasumasa, Munaka … 全著者表示

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN ( 公益社団法人 日本セラミックス協会 )  129 ( 3 ) 135 - 142   2021年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>The dispersion state of barium titanate (BT) particle groups in self-assembled BT/poly-L-lactic-acid (PLLA) composites prepared under different fabrication conditions was investigated. In particular, the BT/PLLA/BT heterointerface in the BT aggregates by the self-assembly process was analyzed and the effect of the BT/PLLA/BT heterointerface and the BT/BT interface on the dielectric properties of BT/PLLA composites were investigated. BT/PLLA composites were fabricated by adding BT particles and BT granules with low and high-speed kneading conditions. The volume fraction of BT in composites varied from 5 to 20 vol.%. The BT aggregates having a BT/PLLA/BT heterointerface were formed under the low-speed kneading condition and the BT agglomerates having a BT/BT interface were formed under the high-speed kneading condition within the self-assembly process. The tan δ of the BT/PLLA composite of self-assembled BT aggregates having the BT/PLLA/BT heterointerface was lower than that of the BT granules having the BT/BT interface. The dielectric constant (ε′) of the self-assembled composite was increased by growing an average secondary particle area of BT fillers. In contrast, the average secondary particle area of BT granules was increased, as compared with 5 vol.% of BT. However, the change in ε′ was saturated. The slopes of the change in the ε′ depending on the secondary particle area of BT fillers were different between the self-assembled BT aggregates having the BT/PLLA/BT heterointerface and the BT granules having the BT/BT interface. Thus, it was suggested that it was an important role in improving the dielectric properties to form ceramic secondary particle groups having the ceramics/polymer/ceramics heterointerface by the self-assembly process.</p>

    Web of Science DOI CiNii

  • Temperature dependence of the Raman spectra of multilayer graphene nanoribbons fabricated by unzipping method

    Tsujimoto Marina, Tanimura Makoto, Tachibana Masaru

    DIAMOND AND RELATED MATERIALS   109   2020年11月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Solvent-mediated phase transformation of C60 crystals with well-defined hexagonal shape

    Saori Yamamoto, Yuto Funamori, Yuko Kaneda, Makoto Tanimura, Masaru Tachibana

    Chemical Physics Letters ( Elsevier B.V. )  730   105 - 111   2019年05月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Effect of nitrogen and iron in carbon nanowalls on oxygen reduction reaction

    Moeka Taniguchi, Ryo Yoshie, Kazuma Akikubo, Akira Tateno, Kozue Hotozuka, Norihito Kawaguchi, Taka … 全著者表示

    Electrochimica Acta ( Elsevier Ltd. )  306   132 - 142   2019年03月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • A Metastable State with Partially Closed Regions in Pd3Al0.2V0.8 Alloy

    M. Tanimura, T. Koutake, T. Mizuno and Y. Koyama

    J. Phys. Soc. Jpn.   83 ( 7 ) 074005 - 1-6   2014年07月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第 1 回日本金属学会優秀ポスター賞

    2003年10月   日本金属学会   Ni3(Al, V)合金の相分離過程における逆拡散  

    受賞者:  谷村誠

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • アモルファス系電池用材料の局所原子配列と充放電機構

    基盤研究(A)

    研究期間:  2017年04月  -  2020年03月  代表者:  平田秋彦

     概要を見る

    本研究では、従来手掛けてきたオングストロームビーム電子回折実験に関連した新たな解析技術の開発を行い、リチウムイオン電池のアモルファス負極材の解析にこれらの技術も応用することで、これまでに得られなかったアモルファス電池材の局所構造の情報を得られるようになった。さらに、実際に充放電を行ったアモルファス材についても解析を行い、充放電過程における局所構造の情報を得られるようになった。今後、リチウムイオン電池の充放電機構解明のため、さらに微視的な詳細を得る予定である。

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 環境整合的なサーマルフォノニクス材料の創成に関する研究

    提供機関: 東京都市大学  国内共同研究  

    研究期間: 2018年04月  -  継続中 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  先端機器分析特論

  • 教養教育科目  物質と量子の相互作用 ~機器分析を始める前に

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   固体物性B

  • 早稲田大学   固体物性演習

  • 早稲田大学   固体物理

  • 早稲田大学   工学基礎実験 ~X線回折

  • 早稲田大学   既約表現論 演習

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学 環境整合材料基盤技術共同研究拠点

    2018年04月
    -
    継続中

    その他   実行委員

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 固体材料解析の基礎講座

    機器分析評価センター  (横浜国立大学機器分析評価センター) 

    2019年09月
     
     

  • 高校生のための分析入門講座 「テクノワールド2019」

    機器分析評価センター  (横浜国立大学機器分析評価センター) 

    2019年07月
     
     

  • 固体材料解析の基礎講座

    機器分析評価センター  (横浜国立大学機器分析評価センター) 

    2018年09月
     
     

  • 高校生のための分析入門講座 「テクノワールド2018」

    機器分析評価センター  (横浜国立大学機器分析評価センター) 

    2018年07月
     
     

  • 固体材料解析の基礎講座

    工学研究院  (横浜国立大学機器分析評価センター) 

    2017年09月
     
     

全件表示 >>

 

学内活動 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月
    -
    継続中
      施設部会構成員   (全学委員会)

  • 2016年04月
    -
    継続中
      労働安全衛生委員会委員   (全学委員会)