辻 隆男 (ツジ タカオ)

TSUJI Takao

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

生年

1977年

研究分野・キーワード

電力系統工学

メールアドレス

メールアドレス

関連SDGs




出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年

    横浜国立大学   工学部   電子情報工学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2006年

    横浜国立大学  工学府  物理情報工学専攻  博士課程  修了

  •  
    -
    2003年

    横浜国立大学  工学府  物理情報工学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  横浜国立大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年04月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   准教授  

  • 2007年04月
    -
    2011年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究院   知的構造の創生部門   助教  

  • 2018年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院理工学府   数物・電子情報系理工学専攻   准教授  

  • 2011年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院工学府   物理情報工学専攻   准教授  

  • 2011年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   理工学部   数物・電子情報系学科   准教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2007年03月

      九州大学   大学院システム情報科学研究院   寄附講座教員

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2010年06月
    -
    継続中
     

    IEEE

  • 2005年04月
    -
    継続中
     

    電気学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 制御・システム工学

  • 電力工学・電力変換・電気機器

  • 制御・システム工学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Economically Enabled Energy Management

    Takao Tsuji, Hyangryul Bae, Jingting Qi (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Economically EnablSupply and Demand Balance Control Based on Balancing Power Market )

    springer  2020年04月 ISBN: 978-981-15-3576-5

  • Economically Enabled Energy Management

    Yasuaki Wasa, Kenta Tanaka, Takao Tsuji, Shunsuke Managi, Kenko Uchida (担当: 分担執筆 , 担当範囲: Economically Enabled Energy Management: Overview and Research Opportunities )

    springer  2020年04月 ISBN: 978-981-15-3576-5

  • Multi-Agent Systems

    Takao Tsuji, Tsutomu Oyama, Takuhei Hashiguchi, Tadahiro Goda, Kenji Horiuchi, Seiji Tange, Takao Shinji, Shinsuke Tsujita (担当: 共著 , 担当範囲: Chapter 13 )

    INTECH  2011年

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 電源多様化に対応した将来型電気エネルギー供給技術

    辻 隆男

      2006年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    電力系統へ様々な電源がフリーアクセスできることを目的として、競争環境下で必要となる系統運用技術について検討。送電系統で必要となる「送電可能容量の高速計算」と、配電系統で必要となる「柔軟な電圧管理方式」について論じた。

  • 自律的な分散方式による需要地系統の電圧制御

    辻 隆男

      2003年03月

    学位論文(修士)   単著

     概要を見る

    分散型電源の導入によって生じる電圧維持問題を対象とし、その対策手法を多角的に検討。特に分散型電源の導入に柔軟に対応できるシステムとして提案されている需要地系統に着目し、その電圧管理の方法について論じた。

論文 【 表示 / 非表示

  • 離島マイクログリッドにおける風力発電のイナーシャ制御のための回転数最適化手法

    川井久尚, 辻 隆男

    新エネルギ-・環境/高電圧 合同研究会資料   FTE-21-026 HV-21-066   2021年07月

    共著

  • 配電系統のセンサ計測情報を用いた複数の整定値切替によるSVR最適制御手法の検討

    後藤隆太, 辻隆男, 大山力,林直輝, 高橋和紀,赤木覚, 橋川一功, 外薗秀康, 桑下敬康

    電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )  141 ( 5 )   2021年05月

    共著

  • 配電系統へのPV大量導入に向けたSVCとSVRの分散型協調制御方式

    大森 智貴, 辻 隆男, 大山 力

    電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )  141 ( 3 ) 264 - 272   2021年03月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>In distribution systems, the introduction of SVC (Static Var Compensator) that can rapidly control reactive power is expected to cope with the steep voltage changes caused by PV (photovoltaic) output changes in terms of proper voltage profile management. On the other hand, voltage control equipment with tap changer such as SVR (Step Voltage Regulator) has been widely used for voltage control in the distribution systems with relatively long feeder lines. It is important issue to fully utilize those ongoing conventional voltage controllers in order to reduce capital investment cost. An interaction between SVC and SVR is one of important issues when they are connected with the same feeder line. Hence, in this paper, we developed a cooperative voltage control method which can realize more reasonable tap operation of SVR based on estimation technique of reactive power output from SVC supposing only local information is available for SVR control.</p>

    DOI CiNii

  • N-1基準を考慮した電力市場メカニズムに基づく確率的需給制御手法

    小出 明, 辻 隆男, 田中 和幸, 杉本 仁志

    電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )  141 ( 1 ) 1 - 12   2021年01月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>To solve energy and environmental issue, Variable Renewable Energy (VRE) has been greatly promoted and power flow in transmission system becomes more uncertain due to VRE output fluctuation. N-1 criterion has been applied to determine secure generation dispatch or clearing point in the market so far, however, more strict risk management will be needed in the near future with more VRE integration. In this paper, a new market mechanism is proposed to determine clearing point considering overloading probability in addition to N-1 criterion. Supposing the clearing point can be given as a solution of optimal power flow calculation, congestion management is available with adjusting upper and lower limits of thermal capacity of transmission lines in the formulation. The effectiveness of the proposed method was verified through numerical simulation using modified IEEE New England 39 bus system model with taking into account bidding curves of both suppliers and customers.</p>

    DOI CiNii

  • 再生可能エネルギー増加時における地域間連系線を活用した広域需給制御

    辻井 佑樹, 辻 隆男, 大山 力

    電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )  140 ( 7 ) 583 - 594   2020年07月

    共著

     概要を見る

    <p>Introduction of renewable energy sources, such as photovoltaic (PV) and wind turbine (WT), might cause supply-and-demand imbalance over a long time. As a countermeasure for supply-and-demand imbalance, wide-area supply-and-demand control considering tie-line between control areas is considered. As the controlled area expands, the number of generators for satisfying ramp-rate and spinning-reserve also increases. Moreover, since a large number of PV and WT are installed over a wide-area, the output of each PV and WT is almost uncorrelated and smoothed by statistical properties. In this paper, a long-term analysis model for determining optimal output while calculating frequency and tie-line power deviation is used for evaluating the wide-area supply-and-demand control. The simulation results reveal that the frequency of power systems and the fuel cost of generators can be decreased by wide-area supply-and-demand control.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 研究グループ紹介:横浜国立大学 理工学部 数物・電子情報系学科 辻研究室

    辻隆男

    電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )  141 ( 3 ) NL3_16 - NL3_16   2021年03月  [依頼有り]

    その他記事   単著

    DOI CiNii

  • 分散電源の大量連系解析モデルの動向(続報)

    辻隆男, 岡田有功, 清水慶一

    電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌) ( 一般社団法人 電気学会 )  141 ( 3 ) 229 - 232   2021年03月  [依頼有り]

    総説・解説(大学・研究所紀要)   共著

     概要を見る

    The integration of variable renewable energy sources has been greatly promoted worldwide, and power system analysis becomes more important due to the more complexity in the power system with a large number of distributed generators. It is of prime importance to utilize appropriate models according to the purposes of the numerical simulations. Hence, in this paper, the latest trends of simulation models for power system analysis, such as inverters, rechargeable battery, transient stability, and microgrid, were introduced.

    DOI CiNii

  • 東京支部における最近の活動状況:─神奈川支所活動報告─

    辻隆男

    電気学会誌 ( 一般社団法人 電気学会 )  140 ( 11 ) 737 - 737   2020年11月  [依頼有り]

    その他記事   単著

    DOI CiNii

  • 分散電源の大量連系解析モデルの動向

    辻 隆男,岡田 有功,清水 慶一

    電気学会論文誌B(電力・エネルギー部門誌)   138 ( 8 ) 647 - 650   2018年  [査読有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 配電系統の電圧制御におけるリアルタイムプライシングの展望

    辻隆男

    計測と制御   42 ( 1 )   2012年01月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 若手優良発表賞

    2021年03月15日   電気学会 電力・エネルギー部門 新エネルギー・環境技術委員会  

    受賞者:  角川遼河

  • 優秀発表賞

    2021年02月16日   電気学会東京支部神奈川支所   風力発電のイナーシャ制御後の出力低下抑制のためのアドバンスシフト手法  

    受賞者:  川井久尚

  • Best Oral Presentation Award

    2018年06月28日   24th International Conference on Electrical Engineering  

    受賞者:  Hossam Aboelsoud, Takao Tsuji

  • 電気学会優秀論文発表賞

    2010年09月02日    

  • 電気学会優秀論文発表賞

    2008年08月07日    

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 分散制御型外乱オブザーバによるマイクログリッドの周波数制御

    若手研究(B)

    研究期間:  2017年04月  -  2019年03月  代表者:  辻 隆男

  • 電力システムと上水道システムの協調的運用制御方式

    萌芽研究

    研究期間:  2011年04月  -  2013年03月 

  • 優先度を考慮した将来型配電系統の自律分散型電圧分布制御方式

    若手研究(B)

    研究期間:  2009年04月  -  2011年03月  代表者:  辻 隆男

  • むだ時間を考慮した将来型配電系統の自律分散型電圧分布制御方式

    若手研究スタートアップ

    研究期間:  2007年04月  -  2009年03月  代表者:  辻 隆男

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 平常時の電力系統の階層型電圧制御の高度化を目的としたコーディネートVQCの提案

    小関英雄, 辻隆男

    令和3年電気学会全国大会  2021年03月11日   一般社団法人 電気学会

  • Fundamental Study for Intelligent Battery Scheduling of a Microgrid with Solar Power Generation and Trading with Utility Grid

    Mahmoud Mohamed, Takao Tsuji

    令和3年電気学会全国大会  2021年03月11日   一般社団法人 電気学会

  • PCSの無効電力制御のパラメータ設定による電力系統の過渡安定性への影響

    梅村一輝, 辻隆男

    令和3年電気学会全国大会  2021年03月11日   一般社団法人 電気学会

  • 風力発電のイナーシャ制御後の出力低下抑制のためのアドバンスシフト手法

    川井久尚, 辻隆男

    第10回 電気学会東京支部神奈川支所研究発表会  2021年02月16日   電気学会東京支部神奈川支所

     概要を見る

    風力発電を含む離島マイクログリッドにおいて,事故発生などの擾乱発生時の周波数低下を効果的に緩和することを目的に,風力発電の出力を一時的に増加させるイナーシャ制御が従来より検討されている。同制御手法の適用に際しては,周波数制御へ貢献した後に風車回転数を回復させるために出力低下が必要となる課題がある。この対策として,本稿では初めから風車の回転数を増加させておく手法を検討した。必要となる回転数の増加幅を解析的に導出し,その有効性を数値計算により示した。

  • 風力発電を含む弱連系系統における自端計測情報による電圧安定化手法

    鈴木健太, 辻隆男

    第10回 電気学会東京支部神奈川支所研究発表会  2021年02月16日   電気学会東京支部神奈川支所

     概要を見る

    短絡容量の小さい電力系統において分散電源から大容量の逆潮流を送電すると,発電端の電圧が降下して電圧不安定に至る現象が知られている。このような現象を回避するための基礎検討として,本稿では発電端で観測できる送電量と電圧変動との感度分析から電圧不安定現象の発生リスクを検出する手法を提案した。特に,出力変動と電圧変動との相関分析に基づき,感度分析に用いるフィルタの設計方法について検討した。

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  エネルギー・制御実習

  • 大学院理工学府  電力系統保護システム特論

  • 大学院理工学府  先端制御・エネルギーシステム実証F

  • 大学院理工学府  先端制御・エネルギーシステム実証S

  • 大学院理工学府  先端制御・エネルギーシステム設計F

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2021年02月
     
     
    優秀発表賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    受賞者:川井久尚(横浜国立大学大学院) 指導教員:辻隆男 准教授 受賞論文:「風力発電のイナーシャ制御後の出力低下抑制のためのアドバンスシフト手法」 授与団体:電気学会東京支部神奈川支所 受賞年月:2021(R3)年2月16日 その他:2020年度 第10回 電気学会東京支部神奈川支所 研究発表会

  • 2019年02月
     
     
    優秀発表賞(電気学会東京支部神奈川支所 研究会報告)   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    庄野香帆,優秀発表賞(電気学会東京支部神奈川支所),“サージ法による配電系統の事故点標定手法における進相コンデンサの影響分析”,2019年2月19日

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 総合資源エネルギー調査会

    2021年04月
    -
    2022年04月

    政府   臨時委員

  • 「エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業/ポルトガル共和国における自動ディマンドレスポンス実証事業」個別テーマ/事後評価委員会

    2020年12月
    -
    2022年03月

    政府   NEDO技術委員

  • 再生可能エネルギーの大量導入に向けた次世代電力ネットワーク安定化技術開発/日本版コネクト&マネージを実現する制御システムの開発 検討委員会

    2020年10月
    -
    2021年03月

    政府   有識者委員

  • 広域連系系統のマスタープラン及び系統利用ルールの在り方等に関する検討委員会

    2020年08月
    -
    2022年08月

    政府   委員

  • 洋上風力発電の現状とその普及の鍵となる電力技術調査専門委員会

    2020年07月
    -
    2023年06月

    学協会   委員

全件表示 >>