津嶋 晴 (ツシマ アキラ)

TSUSHIMA Akira

所属組織

大学院工学研究院 知的構造の創生部門

職名

准教授

研究分野・キーワード

プラズマ物理

メールアドレス

メールアドレス



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1979年

    名古屋大学   理学部   物理学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1984年

    名古屋大学  理学研究科  物理学専攻  博士課程  単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士 -  名古屋大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本物理学会

  •  
     
     
     

    プラズマ・核融合学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • プラズマ科学

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Direct Measurement of Ion Behavior using Modified Ion Sensitive Probe in Tokamak Boundary Plasma

    K. Uehara, A. Tsushima, H, Amemiya, and JFT-2M Group (担当: 共著 )

    Journal of the Physical Society of Japan  1997年04月

論文 【 表示 / 非表示

  • Momentum exchange of a plasma with its surroundings

    JPS Conference Proceedings   1   015048   2014年03月  [査読有り]

    単著

     概要を見る

    一次元プラズマの運動量収支と空間分布についての一般的な関係式を導出する。

    DOI

  • Consideration of secondary electron emission effect for probe measurement

    Takehito Tawaraya, Akira Tsushima, and Shinji Yoshimura

    Japanese Journal of Applied Physics   51 ( 9 ) 096101(1 - 5)   2012年09月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Sheath-plasma criterion of fluid theory with a finite ion temperature

    A. Tsushima, Y. Saitou

    Journal of the Physical Society of Japan   80 ( 4 ) 045001   2011年04月  [査読有り]

    共著

    Web of Science

  • Neutral Particles at the Boundary of Microwave Discharge Plasma in HYPER-I

    A. Tsushima, S. Yoshimura, Y. Saitou

    Plasma and Fusion Research   5   S2075   2010年  [査読有り]

    共著

  • Estimation of Minimum Size of Electrodes for Face-to-Face Double Probe using Two-Dimensional Particle-in-Cell Simulation

    Y. Saitou, A. Tsushima

    Journal of Plasma Fusion Research SERIES   8   906 - 909   2009年  [査読有り]

    共著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 往復運動する電子の振動静電ポテンシャルによる統計加速実験

    井口佳南,津島晴

    プラズマ・核融合学会年会  (大阪大学吹田キャンパス)  2018年12月03日   プラズマ・核融合学会

     概要を見る

    往復運動する電子の振動ポテンシャルによる電子統計加速の振動周波数依存性、電子のエネルギー依存性を調べ、電子の反射時におけるポテンシャル振動の位相の履歴について調べる。

  • 振動ポテンシャルによる電子の加速効率について

    津島晴,井口佳南

    日本物理学会秋季大会  (同志社大学京田辺キャンパス)  2018年09月09日   日本物理学会

     概要を見る

    静電ポテンシャル障壁の振動により反射電子の速度変調を理論的に計算し、多数回の反射における履歴について考察。

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  プラズマ実験物理学

  • 理工学部  電磁気学Ⅱ

  • 理工学部  プラズマ物理学