上野 誠也 (ウエノ セイヤ)

UENO Seiya

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

教授

生年

1957年

研究分野・キーワード

航空機、人工衛星、宇宙工学、誘導制御、制御工学

メールアドレス

メールアドレス



ORCID  https://orcid.org/0000-0001-8495-4802

出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年

    東京大学   工学部   航空学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年03月

    東京大学  工学系研究科  航空学  博士課程  修了

  •  
    -
    1982年03月

    東京大学  工学系研究科  航空学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

  • 工学修士 -  東京大学

学内所属歴 【 表示 / 非表示

  • 2002年05月
    -
    継続中

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   教授  

  • 2001年04月
    -
    2002年04月

    専任   横浜国立大学   大学院環境情報研究院   人工環境と情報部門   助教授  

  • 1996年04月
    -
    2001年03月

    専任   横浜国立大学   大学院工学研究科   助教授  

  • 1988年08月
    -
    1996年03月

    専任   横浜国立大学   工学部   助教授  

  • 2021年04月
    -
    継続中

    併任   横浜国立大学   大学院先進実践学環   教授  

全件表示 >>

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

      宇宙航空研究開発機構   宇宙科学研究本部   客員教授

  • 1999年03月
    -
    2003年03月

      宇宙開発事業団   招聘開発部員

  • 1997年04月
    -
    1997年06月

      電子総合技術研究所   流動研究員

  • 1990年04月
    -
    1993年03月

      航空宇宙技術研究所   客員研究官

  • 1985年04月
    -
    1988年07月

      (株)東芝   /

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本航空宇宙学会

  •  
     
     
     

    計測自動制御学会

  •  
     
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     
     

    日本船舶海洋工学会

  •  
     
     
     

    米国航空宇宙学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙工学

  • 機械力学・制御

  • 制御・システム工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 航空機の最適制御

    研究期間:  - 

  • 人工衛星の姿勢制御

    研究期間:  - 

  • マニピュレータの最適誘導制御

    研究期間:  - 

  • 惑星探査機の最適軌道計画

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 飛行機の百科事典

    青木隆平、阿部和利、上野誠也、長岡栄、中島陸博、星次郎、李家賢一、渡辺紀徳 (担当: 共編者 )

    丸善株式会社  2009年12月 ISBN: 978-4-621-08170-9

  • 航空宇宙工学便覧 -第3版-

    日本航空宇宙学会編 (担当: 共著 )

    丸善  2005年10月

論文 【 表示 / 非表示

  • 乗法的重み付きボロノイ分割を用いた異機種マルチエージェントによる領域分割および機種数選定指標の提案

    市原 紀生, 上野 誠也

    計測自動制御学会論文集 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )  57 ( 3 ) 120 - 127   2021年

    共著

     概要を見る

    <p>This paper describes a partitioning method of region and index of choosing number for heterogeneous swarm of unmanned vehicles using multiplicatively weighted Voronoi tessellation and simple formulation. Although recent researches have verified the effectiveness of swarm of unmanned vehicles at the time of natural disaster etc. and many researches related to them have been made, most of them are homogeneous swarm. On the other hand, there are few researches related to heterogeneous swarm because of their complexity and difficulty of generalizing and formulating models. This paper proposes the method of generalizing heterogeneous swarm model and partitioning method of searching region which is one of the most possible missions for them. In this paper, Voronoi tessellation in computational geometry has been applied which is one of the representative partitioning methods in general.</p>

    DOI CiNii

  • 外乱を含む実機UGVを用いた移動体追従ネットワーク制御

    加太 宏明, 上野 誠也, 土橋 純也

    計測自動制御学会論文集 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )  56 ( 3 ) 81 - 88   2020年

    共著

     概要を見る

    <p>Communication network formation and position control law for multiple unmanned ground vehicles (UGVs) to monitor a moving target at base station is proposed. A monitoring image of the target that acquired by nearby UGV is sent to base station through the communication network. Each UGV forms a communication network and calculates own moving amount with virtual forces using only information in local area. Since an error occurs in movement of real UGV, modified position control law is introduced. Numerical simulation and experiments show the effectiveness of this control law.</p>

    DOI CiNii

  • バーチャルフォースを用いた自律型UAV群による移動体追従制御則

    加太 宏明, 上野 誠也

    計測自動制御学会論文集 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )  55 ( 3 ) 189 - 196   2019年

    共著

     概要を見る

    <p>Position control law for multiple unmanned aerial vehicles (UAVs) to monitor a moving target using virtual forces is proposed. A monitoring image of the target that acquired by a nearby UAV is sent to base through the UAVs network. Each UAV forms a communication network and calculates own moving amount with a virtual forces using only information in local area. Numerical simulations show that the proposed control law is valid.</p>

    DOI CiNii

  • 画像情報を用いた航空機の失速時の運動推定

    齊藤 雄太, 樋口 丈浩, 上野 誠也, 長崎 史直

    自動制御連合講演会講演論文集 ( 自動制御連合講演会 )  61 ( 0 ) 1708 - 1712   2018年

    共著

    DOI CiNii

  • 小型月着陸実証機の動力降下時におけるコースティングを含む最適降下軌道

    樋口 丈浩, 上野 誠也, 木村 祐太

    航空宇宙技術 ( 一般社団法人 日本航空宇宙学会 )  17 ( 0 ) 55 - 60   2018年

    共著

     概要を見る

    <p>This paper is on optimal trajectory of future lunar lander with coasting in powered descending phase. For the light weight/low cost lunar lander, optical navigation using onboard cameras to identify their current state is one of very few techniques available to achieve the pin-point landing. The optical navigation is to be operated between the powered descending phases, when the orbital maneuvering engine (OME) is turned off. This paper shows the series of different coasting conditions and discusses the effect of the coasting to the trajectory and fuel consumption. The results give some ideas for future gravitational planetary missions, which uses coasting during their powered descending phase. In addition, optimal trajectory with double coasting for the SLIM project is shown in this paper.</p>

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • JSASS宇宙ビジョン2050

    上野 誠也, 平子 敬一, 水野 素子, 今村 太郎, 船木 一幸, 菊地 耕一

    日本航空宇宙学会誌 ( 一般社団法人 日本航空宇宙学会 )  67 ( 8 ) 269 - 274   2019年08月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

     概要を見る

    <p>日本航空宇宙学会が日本航空学会から名称を変更してから2018年で50年となる.これを機に第50期理事会は宇宙長期ビジョンを学会から提言することを決定した.1年間の検討を経て「JSASS宇宙ビジョン2050」を完成させ,2019年に開催された第50期年会講演会で公表した.「JSASS宇宙ビジョン2050」は,外部の意見を取り入れて2050年およびそれ以降の宇宙活動を描いた「宇宙ビジョン2050」,それを実現するための科学技術の進展状況を描いた「宇宙科学技術ロードマップ」,今後検討すべき法政策課題や人文社会科学領域を示した「宇宙総合政策ロードマップ」で構成されている.</p>

    DOI

  • 航空機・宇宙機で用いる制御技術

    上野 誠也, 市川 勉

    計測と制御 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )  57 ( 4 ) 212 - 213   2018年04月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

    DOI

  • 航空機の経路最適化問題の解法

    シミュレーション   27 ( 4 ) 215 - 220   2008年12月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 航空宇宙システムの制御系における信頼性

    日本信頼性学会誌   30 ( 5 ) 386 - 391   2008年07月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 第40回飛行機シンポジウム報告

    日本航空宇宙学会誌   51 ( 590 ) 91 - 93   2003年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 航空機を失速から回復させる誘導制御則の確率最適制御理論的アプローチ

    基盤研究(B)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  上野誠也

  • ホモトピー法を用いた最適離発着順序を与える航空交通管理アルゴリズムの開発

    挑戦的萌芽研究

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  上野誠也

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人工衛星の姿勢制御

  • 航空宇宙工学における最適制御

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 実データに基づいた継続降下運航軌道の推定に関する研究

    提供機関: 電子航法研究所  国内共同研究  

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

  • 複数無人機の協調制御アルゴリズムの構築

    提供機関: 防衛装備庁  国内共同研究  

    研究期間: 2018年04月  -  2022年03月 

  • マルチエージェントによる自律分散協調技術の研究

    提供機関: 三菱電機株式会社  国内共同研究  

    研究期間: 2017年04月  -  継続中 

  • 有人宇宙輸送系の安全性向上に必要な最適帰還軌道生成アルゴリズムの研究

    提供機関: 宇宙航空研究開発機構  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2007年07月  -  2008年03月 

  • 有人宇宙輸送システムへの適用を目指した緊急時誘導則に関する検討

    提供機関: 宇宙航空研究開発機構  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2006年10月  -  2007年03月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院先進実践学環  宇宙航行体軌道論Ⅱ

  • 大学院先進実践学環  宇宙航行体軌道論Ⅰ

  • 大学院環境情報学府  極限環境システム学特論演習

  • 大学院環境情報学府  極限環境システム学特論演習

  • 大学院環境情報学府  極限環境システム学特論

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 防衛装備庁

    2019年08月
    -
    2021年07月

    政府   技術顧問

  • 横浜国立大学生活協同組合

    2018年05月
    -
    継続中

    その他   理事長

  • 宇宙技術および科学の国際シンポジウム

    2015年10月
    -
    2017年09月

    学協会   組織委員長

  • 日本工学会

    2015年06月
    -
    2017年05月

    学協会   理事

  • 日本航空宇宙学会 航空宇宙ビジョン委員会

    2015年04月
    -
    継続中

    学協会   委員長

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • サイエンス・パートナーシップ・プログラム「教員研修」講師

    群馬県教育委員会  (筑波) 

    2003年10月
     
     

     概要を見る

    高校教員に対して宇宙開発の現状を解説する