上野 誠也 (ウエノ セイヤ)

UENO Seiya

所属組織

大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門

職名

教授

生年

1957年

研究分野・キーワード

航空機、人工衛星、宇宙工学、誘導制御、制御工学

メールアドレス

メールアドレス



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1980年

    東京大学   工学部   航空学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1985年03月

    東京大学  工学系研究科  航空学  博士課程  修了

  •  
    -
    1982年03月

    東京大学  工学系研究科  航空学専攻  修士課程(博士前期課程)  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士 -  東京大学

  • 工学修士 -  東京大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

      宇宙航空研究開発機構   宇宙科学研究本部   客員教授

  • 1999年03月
    -
    2003年03月

      宇宙開発事業団   招聘開発部員

  • 1997年04月
    -
    1997年06月

      電子総合技術研究所   流動研究員

  • 1990年04月
    -
    1993年03月

      航空宇宙技術研究所   客員研究官

  • 1985年04月
    -
    1988年07月

      (株)東芝   /

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本航空宇宙学会

  •  
     
     
     

    計測自動制御学会

  •  
     
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     
     

    日本船舶海洋工学会

  •  
     
     
     

    米国航空宇宙学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙工学

  • 機械力学・制御

  • 制御・システム工学

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 航空機の最適制御

    研究期間:  - 

  • 人工衛星の姿勢制御

    研究期間:  - 

  • マニピュレータの最適誘導制御

    研究期間:  - 

  • 惑星探査機の最適軌道計画

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙工学便覧 -第3版-

    日本航空宇宙学会編 (担当: 共著 )

    丸善  2005年10月

論文 【 表示 / 非表示

  • バーチャルフォースを用いた自律型UAV群による移動体追従制御則

    加太 宏明, 上野 誠也

    計測自動制御学会論文集 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )  55 ( 3 ) 189 - 196   2019年

    共著

     概要を見る

    <p>Position control law for multiple unmanned aerial vehicles (UAVs) to monitor a moving target using virtual forces is proposed. A monitoring image of the target that acquired by a nearby UAV is sent to base through the UAVs network. Each UAV forms a communication network and calculates own moving amount with a virtual forces using only information in local area. Numerical simulations show that the proposed control law is valid.</p>

    DOI CiNii

  • 航空機・宇宙機で用いる制御技術

    上野 誠也, 市川 勉

    計測と制御 ( 公益社団法人 計測自動制御学会 )  57 ( 4 ) 212 - 213   2018年

    共著

    DOI CiNii

  • 画像情報を用いた航空機の失速時の運動推定

    齊藤 雄太, 樋口 丈浩, 上野 誠也, 長崎 史直

    自動制御連合講演会講演論文集 ( 自動制御連合講演会 )  61 ( 0 ) 1708 - 1712   2018年

    共著

    DOI CiNii

  • 小型月着陸実証機の動力降下時におけるコースティングを含む最適降下軌道

    樋口 丈浩, 上野 誠也, 木村 祐太

    航空宇宙技術 ( 一般社団法人 日本航空宇宙学会 )  17 ( 0 ) 55 - 60   2018年

    共著

     概要を見る

    <p>This paper is on optimal trajectory of future lunar lander with coasting in powered descending phase. For the light weight/low cost lunar lander, optical navigation using onboard cameras to identify their current state is one of very few techniques available to achieve the pin-point landing. The optical navigation is to be operated between the powered descending phases, when the orbital maneuvering engine (OME) is turned off. This paper shows the series of different coasting conditions and discusses the effect of the coasting to the trajectory and fuel consumption. The results give some ideas for future gravitational planetary missions, which uses coasting during their powered descending phase. In addition, optimal trajectory with double coasting for the SLIM project is shown in this paper.</p>

    DOI CiNii

  • 小型月着陸実証機SLIM の着陸降下軌道最適化

    植田 聡史, 伊藤 琢博, 樋口 丈浩, 上野 誠也, 坂井 真一郎

    航空宇宙技術 ( 一般社団法人 日本航空宇宙学会 )  17 ( 0 ) 45 - 54   2018年

    共著

     概要を見る

    Thanks to recent lunar exploration missions, high-resolution lunar surface observation data was obtained. In future lunar exploration, landing is being requested at a specific point having higher scientific interest than other areas. The SLIM project is demonstrating pinpoint landing technology, which entails a combination of “autonomous image-based high-precision navigation technology” and “autonomous guidance technology intended to generate a fuel-optimum landing trajectory.” This paper presents powered descending trajectory design in terms of trajectory optimization. As usually considered in general space mission development, an optimal solution in terms of minimum fuel consumption is the basis of investigation. This study addresses trajectory optimization considering specific objective functions derived from practical constraints regarding mission design, such as altitude, downrange length, and visibility from ground stations. In this paper, nominal trajectory design considering minimum fuel consumption is first presented, followed by parametric studies to identify the sensitivity to changes in initial conditions under which powered descending starts. Finally, trajectory optimization results with various types of objective functions are presented.

    DOI CiNii

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 航空機の経路最適化問題の解法

    シミュレーション   27 ( 4 ) 215 - 220   2008年12月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 航空宇宙システムの制御系における信頼性

    日本信頼性学会誌   30 ( 5 ) 386 - 391   2008年07月

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 第40回飛行機シンポジウム報告

    日本航空宇宙学会誌   51 ( 590 ) 91 - 93   2003年

    総説・解説(学術雑誌)   単著

  • 年間展望(2000) -航空関係・宇宙関係- (5.飛行力学関連)

    会誌編集委員会

    日本航空宇宙学会誌   49 ( 566 ) 39 - 52   2001年

    総説・解説(学術雑誌)   共著

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人工衛星の姿勢制御

  • 航空宇宙工学における最適制御

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 有人宇宙輸送系の安全性向上に必要な最適帰還軌道生成アルゴリズムの研究

    提供機関: 宇宙航空研究開発機構  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2007年07月  -  2008年03月 

  • 有人宇宙輸送システムへの適用を目指した緊急時誘導則に関する検討

    提供機関: 宇宙航空研究開発機構  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2006年10月  -  2007年03月 

  • 再使用型宇宙輸送システムにおける実時間基準軌道生成に関する検討

    提供機関: 宇宙航空研究開発機構  企業等からの受託研究  

    研究期間: 2004年12月  -  2006年03月 

  • 有翼飛翔体の最適誘導論理の研究 ㈱IHIエアロスペース

    国内共同研究  

    研究期間: 2000年  -  2001年 

  • プロペラ艇の高速旋回操船性に関する調査 シップ・アンド・オーシャン財団

    国内共同研究  

    研究期間: 1999年  -  2002年 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  海洋宇宙システム工学国際インターンシップ

  • 大学院理工学府  サブ・リサーチ海洋宇宙システム工学演習

  • 大学院理工学府  海洋宇宙システム工学教育研修

  • 大学院理工学府  海洋宇宙システム工学特別研究

  • 大学院理工学府  海洋宇宙システム工学特別演習

全件表示 >>

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 総合工学委員会工学基盤における知の統合分科会 自動制御の多分野応用小委員会

    2009年02月
    -
    2011年09月

    その他   委員

  • 学位審査会 工学・芸術工学専門委員会

    2004年04月
    -
    2010年03月

    その他   専門委員

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • サイエンス・パートナーシップ・プログラム「教員研修」講師

    群馬県教育委員会  (筑波) 

    2003年10月
     
     

     概要を見る

    高校教員に対して宇宙開発の現状を解説する