梅原 出 (ウメハラ イズル)

UMEHARA Izuru

所属組織

役員

職名

理事(副学長)

生年

1962年

研究分野・キーワード

物性物理学、純良単結晶、極低温、高圧、比熱、強相関電子系

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.phys.ynu.ac.jp/labs/umehara/index.html



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1987年

    富山大学   理学部   物理学科   卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1992年

    筑波大学  工学研究科  物質工学専攻  博士課程  修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  筑波大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2004年04月
    -
    2004年09月

      東京大学   物性研究所   助教授(併任)

  • 2003年10月
    -
    2004年03月

      東京大学   物性研究所   助教授(併任)

  • 2002年10月
    -
    2003年03月

      東京大学   物性研究所   助教授(併任)

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     
     

    日本物理学会

  •  
     
     
     

    高圧力学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性Ⅱ

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 多重極限下での熱測定

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • Thermal and Electronic Properties of Rare Earth Compounds at High Pressure

    Y.Uwatoko,I.Umehara,M.Ohashi, T. Nakano, G. Oomi (担当: 共著 )

    Handbook on the Physics and Chemistry of Rare Earths  2012年10月

  • 高圧技術ハンドブック

    (担当: 共著 )

    丸善  2007年

学位論文 【 表示 / 非表示

  • High Quality-Single Crystal Growth and Fermi Surface Studies of Rare Earth Compounds

    梅原 出

      1992年03月

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    筑波大学大学院工学研究科物質工学専攻 希土類金属間化合物の純良単結晶を育成し、ガルバノマグネティック効果・量子振動効果の測定を通してフェルミ面の観測を行った。重い電子系化合物CeSn3の4f電子が完全な遍歴電子であること、NdIn3においてメタ磁性転移による磁気ブリルアンゾーンの破壊とフェルミ面の回復などを実験的に明らかにした。

論文 【 表示 / 非表示

  • Intermediate valence state of Ce in the novel quaternary compound CeRu2Sn2Zn18

    Wakiya Kazuhei, Sugiyama Yuki, Komagata Takahiro, Uehara Masatomo, Sato Hiroyasu, Gouchi Jun, Uwatoko Yoshiya, Umehara Izuru

    JOURNAL OF ALLOYS AND COMPOUNDS   797   309 - 313   2019年08月

    共著

    Web of Science DOI

  • Magnetic anisotropy of single-crystal ferromagnetic Ce3RuSn6

    Kazuhei Wakiya ,Takeru Tomaki, Minami Kimura, Masatomo Uehara, JunGouchi, Yoshiya Uwatoko, IzuruUmehara

    Journal of Magnetism and Magnetic Materials ( Elsevier )  471   274 - 277   2019年02月  [査読有り]

    共著

    Web of Science DOI

  • Structural, magnetic, and transport properties of novel quaternary compounds RRu2Sn2Zn18 (R = La, Pr, and Nd)

    Kazuhei Wakiya, Yuki Sugiyama, Miharu Kishimoto, Tatsuma D. Matsuda, Yuji Aoki, Masatomo Uehara, Jun Gouchi, Yoshiya Uwatoko, Izuru Umehara

    Journal of the Physical Society of Japan ( Physical Society of Japan )  87 ( 9 ) 094706 - 1-6   2018年09月  [査読有り]

    共著

    DOI

  • Structural, Magnetic, and Transport Properties of Novel Quaternary Compounds RRu2Sn2Zn18 (R = La, Pr, and Nd)

    Wakiya Kazuhei, Sugiyama Yuki, Kishimoto Miharu, Matsuda Tatsuma D., Aoki Yuji, Uehara Masatomo, Gouchi Jun, Uwatoko Yoshiya, Umehara Izuru

    Journal of the Physical Society of Japan ( Physical Society of Japan )  87 ( 9 ) 94706 - 94706   2018年09月

    共著

    CiNii

  • Magnetocaloric effect in single-crystal HoNi with a canted magnetic structure

    Nobuyuki Kinami, Kazuhei Wakiya, Jun Goichi, Yoshiya Uwatoko, Izuru Umehara

    Japanese Journal of Applied Physics ( IOPSCIENCE )  57   103001 - 1-4   2018年08月  [査読有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学理工系大学院でのPBL教育

    梅原 出

    設計工学 ( 公益社団法人日本設計工学会 )  53 ( 10 ) 731 - 737   2018年10月  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   単著

    CiNii

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 重い電子が織りなす反強磁性と超伝導が競合・共奏する系の量子臨界点

    基盤研究(C)

    研究期間:  2012年04月  -  継続中 

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  多重極限物性物理学

  • 大学院理工学府  物理工学キャリアデザイン

  • 大学院理工学府  理工学府海外インターンシップ

  • 大学院理工学府  理工学府MPBL

  • 理工学部  低温物理学

全件表示 >>