梅澤 修 (ウメザワ オサム)

UMEZAWA Osamu

所属組織

大学院工学研究院 システムの創生部門

職名

教授

研究分野・キーワード

変形と破壊、金属組織学

メールアドレス

メールアドレス



出身学校 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1986年03月

    早稲田大学   理工学部   金属工学科   卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学) -  早稲田大学

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年01月
    -
    2023年12月

      Vysoká Škola Báňská - Technical University of Ostrava   Senior researcher

  • 2001年04月
    -
    2001年10月

      独立行政法人物質・材料研究機構   主任研究員

  • 1996年04月
    -
    2001年03月

      科学技術庁金属材料技術研究所   主任研究官

  • 1993年10月
    -
    1995年03月

      University of Cambridge   Department of Materials Science and Metallurgy   Visiting Fellow

  • 1993年10月
    -
    1995年03月

      新技術開発事業団   研究員

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    継続中
     

    自動車技術会

  • 2008年06月
    -
    継続中
     

    日本熱処理技術協会

  • 2005年01月
    -
    継続中
     

    日本鋳造工学会

  • 2001年12月
    -
    継続中
     

    エコマテリアルフォーラム

  • 2000年04月
    -
    継続中
     

    アルミニウム鍛造技術会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造・機能材料

  • 材料加工・組織制御工学

  • 機械材料・材料力学

  • 環境技術・環境負荷低減

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 高付加価値化材料プロセス設計

    その他の研究制度  

    研究期間:  - 

  • 鉄鋼材料の変形・破壊機構

    研究期間:  - 

  • チタン合金の変形・破壊と組織解析

    科学研究費補助金  

    研究期間:  - 

  • 表面硬化部材の疲労き裂形成

    研究期間:  - 

著書 【 表示 / 非表示

  • Handbook of Ecomaterials

    Yoshikazu Shinohara and Osamu Umezawa (担当: 分担執筆 )

    Springer International Publishing  2019年 ISBN: 978-3-319-68254-9

  • Handbook of Ecomaterials

    Osamu Umezawa, Yoshikazu Shinohara, and Kohmei Halada (担当: 分担執筆 )

    Springer International Publishing  2019年 ISBN: 978-3-319-68255-6

  • Standard Microstructures Group 1: Carbon steel & cast irons

    Materials Technology Education Association (担当: 監修 )

    Yamamoto Scientific Tool Laboratory  2018年06月

  • 改訂版 金属組織の現出と試料作製の基本

    材料技術教育研究会 (編集) (担当: 分担執筆 , 担当範囲: 全編の編集と校正、および11章のEBSD分析および三次元化に必要な試料調整ついて解説した。 )

    大河出版  2016年03月 ISBN: 9784886618177

     概要を見る

    編集代表者として全体の取りまとめと、11章「機器分析用研磨面作成の留意点」の11.4節「SEM-EBSD解析のための試料作製について」と11.5節「シリアルセクショニング法による三次元画像再構築」pp.285-290を分担執筆した。

    Amazon

  • 自動車技術ハンドブック 基礎・理論編<第1分冊>

    自動車技術ハンドブック編集委員会 (編集) (担当: その他 , 担当範囲: 静的破壊、疲労破壊、破壊力学について解説した。 )

    自動車技術会  2015年12月 ISBN: 4904056590

     概要を見る

    第7章「材料と構造強度」の編集を担当し、7-2節「材料強度」pp.220-228について分担執筆した。

    Amazon

全件表示 >>

学位論文 【 表示 / 非表示

  • 高強度非磁性金属材料の極低温高サイクル疲労破壊の研究

    梅澤 修

      1992年10月  [査読有り]

    学位論文(博士)   単著

     概要を見る

    早稲田大学大学院理工学研究科 第1835号, 文部省 乙第901号 高強度非磁性金属材料であるチタン合金とオーステナイト鋼の高サイクル疲労をはじめとした極低温特性を評価するとともに、極低温高サイクル疲労破壊において顕在化する内部き裂発生に着目し、電子顕微鏡を用いて転位組織の発達と微小き裂および破面形成過程を詳細に解析し、高強度材料における不均一変形と組織依存によるき裂形成の基本的なモデルを提示した。

    DOI

論文 【 表示 / 非表示

  • 種々の初期集合組織を有するAZ31BおよびAZ80マグネシウム合金の高温平面ひずみ圧縮変形下での組織と集合組織の形成機構

    福富 洋志, 朴 亨均, 金 卷煦, 岡安 和人, 長谷川 誠, 梅澤 修

    日本金属学会誌 ( 公益社団法人 日本金属学会 )  83 ( 8 ) 264 - 272   2019年08月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>The effects of pre-existent textures on the evolution behaviors of microstructure and texture at high-temperature plane strain compression deformation of AZ31B magnesium alloy have been studied. Deformation is conducted at 723 K with a strain rate of 5.0 × 10<sup>−2</sup> s<sup>−1</sup>, up to −1.3 in true strain. When non-basal slip systems are the primary slip systems, {11<span style="text-decoration: overline;">2</span>0}<10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0> texture develops. In this case, repeated change in microstructure and texture which was found in the previous work appeared with increasing strain. Namely, replacement of {11<span style="text-decoration: overline;">2</span>0}<10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0> texture with {10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0}<11<span style="text-decoration: overline;">2</span>0> texture and the reverse phenomenon occurs. While the {11<span style="text-decoration: overline;">2</span>0}<10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0> oriented grains are small and with wavy shaped grain boundaries, the {10<span style="text-decoration: overline;">1</span>0}<11<span style="text-decoration: overline;">2</span>0> oriented grains are large and with rather straight grain boundaries. The mechanism of repeated change in microstructure and texture is discussed on the basis of preferential dynamic grain growth mechanism proposed by the authors.</p>

    DOI CiNii

  • Effect of pearlite volume fraction on two-step ductile to brittle transition in ferrite + pearlite structure steel sheets

    Hiroyuki Kawata, Osamu Umezawa

    ISIJ International ( 一般社団法人 日本鉄鋼協会 )  59 ( 7 ) 1344 - 1353   2019年07月  [査読有り]

    共著

     概要を見る

    <p>Multi structural steels exhibit high strength and good formability; however, their performance depends on the volume fraction of the secondary phase. In our previous study, ferrite + pearlite structural steel sheet showed the characteristic two-step ductile-to-brittle transition (DBT) with decreasing temperature, and the absorbed energy curve exhibited a distinct middle shelf. In this study, we evaluated the effect of pearlite volume fraction (<i>V</i><sub>P</sub>) on the DBT behavior by the Charpy impact test with sub-size specimens. For specimens without pearlite, the absorbed energy directly dropped from the upper shelf to the lower shelf with decreasing temperature. For samples with 2–3% pearlite, the absorbed energy corresponding to the transition temperature range was dispersed between the two shelves, and the transition behavior seemed to be the typical DBT behavior. When <i>V</i><sub>P</sub> was increased to 21%, the absorbed energy just above the transition-finish temperature became stable at a middle level between the two shelves; thus, the existence of a distinct middle shelf was confirmed. Although the transition-start temperature increased with increasing <i>V</i><sub>P</sub>, <i>V</i><sub>P</sub> did not affect the transition-finish temperature and the absorbed energy at the middle shelf. These results were analyzed with a simple model based on the Yoffee diagram.</p>

    DOI CiNii

  • Crystal orientation analysis on stress corrosion cracking facets in austenitic stainless steels

    Ryo Wakinaga, Norimitsu Koga, Osamu Umezawa, Motoaki Morita, Shinichi Motoda, Tadashi Shinohara

    Key Engineering Materials   810   64 - 69   2019年07月  [査読有り]  [招待有り]

    共著

    DOI

  • 繰返し曲げ変形におけるアルミニウム線材の結晶⽅位回転と疲労損傷評価

    池谷隼人,梅澤 修,福富洋志

    軽金属   69 ( 6 ) 302 - 308   2019年06月  [査読有り]

    共著

  • A Subsurface fatigue crack generation model in near alpha titanium at low temperature

    Osamu Umezawa, Weibo Li

    Materials Science Forum   941   1336 - 1341   2018年12月  [査読有り]  [招待有り]

    共著

    DOI

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Fe-C-15Cr-W合金における金属間化合物と炭化物による析出強化

    戸田佳明,加瀬谷彰宏,原田直道, 中村優樹, 御手洗容子,梅澤修

    日本学術振興会耐熱金属材料第123委員会報告書(平成31年3月期)     2019年

    会議報告等   共著

  • 鉄鋼材料の熱処理で出現する組織:その歴史を振り返る

    梅澤 修, 守谷英明

    熱処理   58 ( 6 )   2018年12月  [査読有り]  [依頼有り]

    総説・解説(学術雑誌)   共著

  • 鋼の焼入性と合金元素

    梅澤 修, 古賀紀光

    熱処理技術セミナー(平成30年度第3回) ( 日本熱処理技術協会 )  ( 1 ) 1 - 8   2018年11月  [依頼有り]

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)   共著

  • 鉄鋼材料の疲労特性と熱処理

    梅澤 修

    MECHANICAL SURFACE TECH   43   38 - 40   2018年04月  [依頼有り]

    総説・解説(商業誌)   単著

  • 複層組織の不均一変形とき裂形成をつなぐには

    梅澤 修, 古賀紀光

    材料の力学特性向上を目指して―最近の実験・計算手法の進展に基づく本質的な理解― ( 日本金属学会 )    9 - 16   2018年03月  [依頼有り]

    講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)   共著

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • チタン合金およびチタンからなる基体とその表面処理方法

    特願 2011-215240 

    梅澤 修

  • 鋳物用アルミニウム合金

    特願 2007-058303  特許 4551995

    大澤嘉昭,高森 晋,皆川和己,垣澤英樹,梅澤 修,原田幸明

  • Al-Si系合金の製法

    特願 2003-378043  特許 4103959

    梅澤 修

  • アルミニウム系鋳造合金の凝固結晶組織を制御する方法

    特願 2002-379104 

    大澤嘉昭,高森 晋,皆川和己,垣澤英樹,梅澤 修,原田幸明

  • 高燐鋼板製造装置及び高燐鋼板製造方法

    特願 2001-280468  特許 3549000

    中嶋 宏,高谷英明,梅澤 修,平田耕一

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 論文賞

    2019年07月23日   国際低温材料会議  

    受賞者:  古賀紀光, 張偉思, 梅澤修, Valentin Tschan, Jan Sas, Klaus-Peter Weiss

  • 論文賞

    2018年05月31日   日本熱処理技術協会   ガス窒化処理したSCM435鋼の回転曲げ疲労強度に及ぼす表面化合物相の影響  

    受賞者:  平岡 泰,石田暁丈,梅澤 修

  • 創立70週年記念表彰

    2017年05月   自動車技術会  

    受賞者:  梅澤 修

  • 論文賞

    2015年06月04日   日本熱処理技術協会   低合金鋼のガス窒化により形成する化合物層中のγ’相およびε相の相安定性に及ぼす炭素量の影響  

    受賞者:  平岡 泰,渡邉陽一,梅澤 修

  • 技術賞(粉生賞)

    2015年06月04日   日本熱処理技術協会   不均一変形にともなうき裂形成問題の組織学的解析と高疲労強度化のための金属組織制御  

    受賞者:  梅澤 修

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 転位の集団運動とひずみ不整合に着目した内部疲労き裂形成の解明

    基盤研究(C)

    研究期間:  2016年04月  -  2019年03月  代表者:  梅澤 修

その他競争的資金獲得・外部資金受入状況 【 表示 / 非表示

  • 鋼中炭素の存在状態評価と微小球反発硬さ試験法の適用開発

    提供機関:  池谷科学技術振興財財団  単年度研究助成

    研究期間: 2019年04月  -  2020年03月 

  • 原型炉超伝導TFコイルに向けた極低温用構造材料の高強度化に関する研究開発

    提供機関:  地方自治体  委託研究

    研究期間: 2018年11月  -  2019年03月  代表者:  梅澤 修

  • 疲労変形によりBCC鉄中の粒界近傍に形成するひずみ不整合とき裂発生モデルの解析

    提供機関:  地方自治体  鉄鋼研究振興助成

    研究期間: 2014年06月  -  2016年05月 

  • 炭酸カルシウムスケール付着を抑制する鋼の表面改質技術の開発

    提供機関:  NEDO  NEDO平成25年度地熱発電技術研究開発

    研究期間: 2013年09月  -  2016年02月  代表者:  盛田元彰

研究発表 【 表示 / 非表示

  • A Subsurface fatigue crack generation model in near alpha titanium at low temperature

    Osamu Umezawa, Weibo Li

    Thermec 2018  2018年07月12日  

  • Growth of ecomaterials and eco-efficiency in major metallic structural materials

    Osamu Umezawa, Yoshikazu Shinohara, Kohmei Halada

    13th International Conference on Ecomaterials 2017 (ICEM13)  (バンコク、タイ)  2017年11月20日  

  • グリーンモノづくりの課題とアジアの役割

    第11回エコマテリアル国際会議プレシンポジウム—日本発のモノづくり:東南アジア(ベトナム)展開への期待—  (東京)  2013年03月21日  

  • Subsurface Crack Generation Under Rolling Contact Fatigue in Steels

    The First Symposium on Ecomaterials and Processing Technology  (北京)  2012年10月22日  

  • Crack Growth Modeling Under Rolling Contact Fatigue

    日本鉄鋼協会第164回秋季講演大会  (松山)  2012年09月  

全件表示 >>

学会誌・論文誌編集等 【 表示 / 非表示

  • Key Engineering Materials

    Technical reviewer 

    2018年12月
    -
    2019年
     

  • Materials Transactions, Special Issue “Growth of Ecomaterials as a Key to Eco-Society V”

    2017年10月
    -
    2018月08日
     

  • Key Engineering Materials

    Technical reviewer 

    2016年12月
    -
    2017月04日
     

  • ふぇらむ

    委員長 

    2016年04月
    -
    2018月03日
     

  • 日本金属学会誌78巻11号「分析・解析法の多面的アプローチ‐表面・界面現象の解明を例にして‐」

    2014年11月
    -
    2014月11日
     

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 多結晶金属の不均一変形とき裂発生モデリング

  • 不均一変形材料の疲労破壊

  • 軽量・難加工金属の高付加価値化成形

共同・受託研究情報 【 表示 / 非表示

  • 表面硬化部材の疲労損傷研究部会

    国内共同研究  

    研究期間: 2019年04月  -  2022年03月 

  • 表面硬化部材の疲労損傷研究部会

    国内共同研究  

    研究期間: 2017年03月  -  2019年03月 

  • 鉄鋼のミクロ組織要素と特性の量子線解析研究会

    提供機関: 日本鉄鋼協会  その他  

    研究期間: 2017年02月  -  2020年01月 

  • 社会技術イノベーションのための材料技術研究の推進−YNU研究教育総合連携方式の開発−

    学内共同研究  

    研究期間: 2011年04月  -  2016年03月 

  • 環境負荷低減のための微粒子投射法DLCによる自動車アルミ部材の開発

    国内共同研究  

    研究期間: 2009年05月  -  2012年03月 

全件表示 >>

 

担当授業科目(学内) 【 表示 / 非表示

  • 大学院理工学府  疲労強度組織学特論

  • 大学院理工学府  材料工学インターンシップS

  • 大学院理工学府  材料工学インターンシップM

  • 大学院理工学府  材料工学インターンシップL

  • 大学院理工学府  材料工学R&DスタジオB

全件表示 >>

担当経験のある授業科目(学外) 【 表示 / 非表示

  • 横浜市立大学   基礎結晶科学

  • 東海大学   材料学特論II

  • 東京工業大学   材料設計と評価技術の最前線

  • 東京工業大学   金属工学特別講義第一

  • 放送大学   鉄と鋼の材料技術

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月
     
     
    日本鉄鋼協会 学生ポスターセッション努力賞   (学生の学会賞等の受賞実績)

     概要を見る

    早川祐二郎, Ti-38 mol%Nb合金の高温圧縮変形と組織形成, 2019年3月21日

 

学外審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 日本熱処理技術協会

    2018年06月
    -
    継続中

    学協会   理事

  • 日本鉄鋼協会

    2016年04月
    -
    2018年04月

    学協会   理事

  • 日本鉄鋼協会会報委員会

    2016年04月
    -
    2018年03月

    学協会   委員長

  • エコマテリアルフォーラム

    2015年08月
    -
    継続中

    学協会   理事

  • (科学技術・学術政策研究所)科学技術動向研究センター

    2013年06月
    -
    2015年03月

    政府   専門調査員

全件表示 >>

社会活動(公開講座等) 【 表示 / 非表示

  • 14th International Conference on Ecomaterials

    2019年12月
     
     

  • 第44回「組織検査用試料の作り方(組織の現出)」講習会

    2019年03月
     
     

  • 8th New Methods of Damage and Failure Analysis of Structural Parts

    2018年09月
     
     

  • 第43回「組織検査用試料の作り方(組織の現出)」講習会

    2018年03月
     
     

  • 13th International Conference on Ecomaterials

    2017年11月
     
     

全件表示 >>